NO.7056559
熊田曜子炎上続く 自分を被害者に仕立て上げる「高等テク」
熊田曜子炎上続く 自分を被害者に仕立て上げる「高等テク」
タレントの熊田曜子による“児童館騒動”は、いまだに炎上が続いている。

熊田は4日、自身のブログで5歳、3歳、4カ月の娘3人を連れ、東京都墨田区の児童館分館を訪れたが、“大人1人につき子ども2人まで”というルールのために、利用を断られたことを、具体的な施設名を出しながら報告。

この話題がワイドショーなどで物議を醸す中、熊田が6日夜に夕食の画像を投稿したインスタグラムのコメント欄には、料理とは無関係な児童館騒動への批判の声が殺到し、炎上状態となっている。

「熊田のブログは高等なテクを駆使した、児童館への悪意あるディスりですよ。“大人1人につき子ども2人まで”という児童館のルールは、子どもの安全面に配慮すれば、それなりに妥当性があるもの。何よりも利用規約に明記されており、熊田が事前に知らなかったはずがありません。それを熊田はあたかも初めて知ったかのごとく、ブログに〈まさか、そんな決まりが……〉と書くことによって、児童館側が突然、理不尽なルールを押しつけてきた印象を読者に与えています」(スポーツ紙記者)

さらに、熊田は4カ月の赤ちゃんを抱っこ紐で抱くことを提案するも、児童館側に却下されたと記している。

「児童館側の頑迷さを強調することによって、自身への同情を集めようとする記述ですね。ホンネは『自分は芸能人だし、有名人なのだから、少しぐらい融通を利かせろ』といったところでしょう。ブログ全編を貫いているのは、芸能人である自分を優遇しない児童館への怒りです。最終的に利用を断られた熊田親子は雨の降る中、高架下にある公園で雨に濡れずに楽しく遊んだとブログにありますが、これもいかにも児童館側に追い出された印象を与え、憐れさを誘っています。分館はダメでも、本館は人数制限がないのだから、雨の降る公園ではなく、そちらに行けばいいだけのこと。このような一連のやり口は、まったくもって狡猾と言うしかありません」(同)

かくして、子育てに無理解なお役所仕事の児童館に理不尽な扱いを受けた“かわいそうな熊田親子”というストーリーが完成するわけである。

そして、〈完全に私のミスです〉としおらしく反省のポーズを見せるも、児童館に批判の矛先が向くよう、具体的な施設名を挙げることも忘れない。

結局、熊田のブログは子育てへの問題提起などではなく、特別扱いを拒まれた芸能人が鬱憤を晴らすためにデッチ上げた“作文”にすぎないのではないか。
【日時】2018年11月09日 12:00
【提供】日刊サイゾー





児童館ブログが騒動に “三児の母”熊田曜子に政界転身の目 児童館ブログが騒動に “三児の母”熊田曜子に政界転身の目
タレント熊田曜子(36)の児童館入館拒否ブログが賛否両論の騒動を巻き起こしている。マスコミの間では国会でも議論になった「保育園落ちた日本死ね」の主婦…
(出典:エンタメ総合(日刊ゲンダイDIGITAL))


熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
25キロバイト (3,463 語) - 2018年9月20日 (木) 03:50



(出典 kyoumogenki.net)