NO.6996392
『黄昏流星群』、初回平均7.3% 「フジがまたやらかした」
『黄昏流星群』、初回平均7.3% 「フジがまたやらかした」
フジテレビ系「木曜劇場」枠で10月11日にスタートした連続ドラマ『黄昏流星群』が、初回平均視聴率7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。

同枠は、7月期に放送していた『グッド・ドクター』が数字、評判ともに良かっただけに、ネット上では「フジが調子に乗って、またやらかした」と、呆れられている。

「『黄昏流星群』は、漫画家・弘兼憲史氏が『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載中の原作から第1集『不惑の星』をベースに実写化したもの。エリート銀行員として生きてきた主人公・瀧沢完治(佐々木蔵之介)は真璃子(中山美穂)という妻を持ちながら、目黒栞(黒木瞳)に恋をする。そして真璃子も、娘の婚約者・日野春輝(ジャニーズWEST・藤井流星)と禁断の恋に落ちる、といった“大人のラブストーリー”です」(芸能ライター) 

第1話は、完治が左遷宣告を受けたショックにより、家族に嘘をついて単身スイス旅行へ。

そこで栞と出会い、帰国後も運命的な再会を果たすのだった。

一方、真璃子は夫の浮気を心配しながらも、何もできない日々を過ごすなか、思わぬタイミングで春輝と顔を合わせる……という展開だった。

「小児医療の現場が舞台だった『グッド・ドクター』は、初回から注目を集めて平均視聴率11.5%の好発進を切ると、主演の山崎賢人の演技も評価され、全話を通して11.2%をマーク。これに対し『黄昏流星群』は、要は“不倫モノ”とあって、それだけで拒否反応を示す視聴者も多いのですが、『これをドラマ化しようと思ったフジが悪い』『「グッド・ドクター」が好評で調子に乗ったか』『「グッド・ドクター」の視聴者層には合わないでしょ。離脱者続出しそう』などと、局への批判が飛び交っています」(同) 

「なんでこのタイミングで不倫ドラマを持ってくるかな。まぁ、いかにもフジらしいやらかし方だね」と呆れる者も少なくないが、キャストへの不満も聞かれる。

「中山には、かつて辻仁成と離婚した際に親権を放棄したことや、離婚の背景に自身の不倫疑惑があったことから、『自分は子どもを捨てたくせに、よく母親役ができるよな』『どんな気持ちで出演してるのか知らないけど、気持ち悪いわ』といった声が。一方、黒木にもアンチが多いようで、『せめて佐々木の相手が黒木じゃなかったらなぁ』『黒木ってだけで見る気が失せる』などと言われています」(同) 

また、もともと女性人気の高かった佐々木も、元なでしこジャパン・丸山桂里奈が昨年出演したバラエティで“超有名俳優”と交際していた過去に言及した際、そのエピソード内容から「佐々木と付き合っていたのではないか」との疑惑が浮上。

「そのせいで、今や『丸山とのウワサがチラつく』『佐々木さん好きだったけど、丸山の元カレ疑惑でもう無理』と、好感度ダウン。ドラマについては、ほかにも『演出が古臭い』『無駄なトレンディ感が恥ずかしい』といった書き込みが寄せられています」(同)

「木曜劇場」枠は『グッド・ドクター』で約4年ぶりに全話平均2ケタ台を達成したことが話題になったが、フジが完全復活と言われるまでには、まだ先が長そうだ。
【日時】2018年10月12日 14:30
【提供】サイゾーウーマン







ドラマ『こんな未来は聞いてない!!』出演の岐洲匠所属「フォスター」も参加 10月スタートのドラマ出演者の事務所が新人募集「秋ドラマ特別オーディション」開催 ドラマ『こんな未来は聞いてない!!』出演の岐洲匠所属「フォスター」も参加 10月スタートのドラマ出演者の事務所が新人募集「秋ドラマ特別オーディション」開催
…』出演の矢本悠馬が所属「ソニー・ミュージックアーティスツ」・木曜劇場『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』出演の石川恋が所属する「テンカラット」・『…
(出典:エンタメ総合(デビュー))


黄昏流星群』(たそがれりゅうせいぐん)は、弘兼憲史の劇画である。小学館発行の青年向け漫画雑誌『ビッグコミックオリジナル』で1995年22号から連載されている。 2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。 1997年にNHKで、2011年と2012年に関西テレビでテレビドラマが制作された。
17キロバイト (1,524 語) - 2018年10月12日 (金) 16:42



(出典 i.ytimg.com)








#9 [匿名さん] :2018/10/12 18:24

>>0 アラフィフ世代で、女の1人も付き合ったことなかったらそっちのほうが変だよ(笑) 独身なのは本人の自由だし〜。 独身だから、だれとも付き合うなとでも言うのかね? 単に、いちゃもん専門。 私生活までうるせ〜な(笑) どーでもいいじゃんか。 いろんな役演じるのが 芸能人だろ


#14 [匿名さん] :2018/10/12 18:42

>>0
またじゃない。
毎回の事だ。


#40 [匿名さん] :2018/10/12 19:28

>>0
キャスト最悪じゃん。


#3 [匿名さん] :2018/10/12 17:52

ますだおかだの増田が出てきた瞬間*つまらんなった。
ドラマで芸人使うなって思う、特に関西弁の芸人。


#8 [匿名さん] :2018/10/12 18:16

>>3 佐々木蔵之介と、お互いに 同じ会社の同僚。今回、ドラマで初共演が叶っただけ。俳優になる前は、広告代理店のサラリーマン


#10 [匿名さん] :2018/10/12 18:24

今はコテコテ恋愛物はあんま需要ないだろ、まして不倫
フジはやっぱずれてるな


#17 [匿名さん] :2018/10/12 18:47

>>10
昼顔は当たったべ


#18 [匿名さん] :2018/10/12 18:48

中高年の不倫話…しかも、中山美穂…


#23 [匿名さん] :2018/10/12 19:01

>>18 ある意味、私生活と被る(笑)


#19 [匿名さん] :2018/10/12 18:48

モンテ・クリストみたく復讐モノがいいよ


#21 [匿名さん] :2018/10/12 18:50

>>19
同意!モンテ以上の作品は暫く出ないだろう


#30 [匿名さん] :2018/10/12 19:12

キャストの平均年齢が高過ぎ❗
中山美穂の時代は、終わってる。
今は、中山忍の時代だよ‼


#33 [匿名さん] :2018/10/12 19:18

>>30 だってー 元々のあらすじが、漫画の脚本(人生の折り返し年齢を過ぎた大人の恋愛ドラマ)なんだもん。 どーしても、キャストが中年になるよな〜 アラフィフで、リアルも50歳の佐々木が主人公。


#36 [匿名さん] :2018/10/12 19:23

佐々木蔵之助は嫌いじゃないけど、同じ役が彼じゃなくて木村一也か中村繁之だったらもうちょっと見たかった。


#38 [匿名さん] :2018/10/12 19:27

>>36 ん? 木村一也?とは、故 横山やすし の息子の木村一八?


#37 [匿名さん] :2018/10/12 19:25

あの半ズボンのチビとは別れたのか?


#39 [匿名さん] :2018/10/12 19:27

>>37 だれ?


#41 [匿名さん] :2018/10/12 19:31

鼻フック
わがまま婆
結婚出来ない
虎之介
こんなの観る価値どこにあるの(笑)


#47 [匿名さん] :2018/10/12 19:34

>>41 結婚できないんじゃなくしないだけ笑 逆に 結婚はしてるが我が儘な奴なんか 沢山いる


#46 [匿名さん] :2018/10/12 19:34

婆の黒木瞳
婆の中山美穂
雑魚俳優の佐々木蔵之介
こいつらが絡んでるドラマ面白いと思うのか(笑)


#48 [匿名さん] :2018/10/12 19:35

>>46 未成年キャストなら納得かい(笑)


#53 [匿名さん] :2018/10/12 19:40

>>46
黒木瞳は、娘の事件知ってから魅力無いね
中山美穂は、妹の方が良くないかな?
蔵之介は、主役クラスは無理だろ


#68 [匿名さん] :2018/10/12 20:06

漫画の実写版で是非とも観てみたいのは
魁男塾と銀河・流れ星銀と暴力大将と熱笑花沢高校と北斗の拳だな


#72 [匿名さん] :2018/10/12 20:24

>>68
年バレるぞwww


#74 [匿名さん] :2018/10/12 20:47

高校生の頃部活の遠征先の宿泊で、同じ部屋になった先輩に、突然カミングアウトされた。戸惑っていると、いきなりベッドに押し倒されて、*された。


#80 [匿名さん] :2018/10/12 21:02

>>74 体育会系の*ザルは
ドラマにできないからねぇ


#85 [匿名さん] :2018/10/12 21:39

私は弘兼憲史が大嫌いだからザマァ。(笑)


#93 [匿名さん] :2018/10/12 21:57

>>85
お前は弘兼様の爪の垢でも煎じて飲んどけよ (笑い)


#98 [匿名さん] :2018/10/12 22:10

>>93
パナソニック関係者。