泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。




    【老害】張本氏またまた大谷選手批判に異論続出⇒「大谷捻挫の原因は走りこみ不足」


    NO.6314705
    張本氏「大谷捻挫の原因は走りこみ不足」持論に異論続出
    張本氏「大谷捻挫の原因は走りこみ不足」持論に異論続出
    野球評論家の張本勲氏(77)が、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(23)が2018年4月27日(日本時間28日)に出場した試合で左足首を捻挫した原因に、「走りこみ不足」を挙げた。

    この発言は、29日放送の「..



    【日時】2018年04月29日
    【ソース】J-CASTニュース





    【【老害】張本氏またまた大谷選手批判に異論続出⇒「大谷捻挫の原因は走りこみ不足」】の続きを読む


    【朗報】愛媛で脱走した受刑者の男広島市内で確保⇒どうやって広島まで移動したのか?


    NO.6315343
    愛媛で脱走した受刑者の男確保
    愛媛で脱走した受刑者の男確保
    愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件で、広島県警は30日、同容疑者によく似た男の身柄を広島市内で確保した。指紋などから平尾容疑者と確認された。 愛媛、...



    【日時】2018年04月30日 12:49
    【提供】共同通信





    booking.com



    【【朗報】愛媛で脱走した受刑者の男広島市内で確保⇒どうやって広島まで移動したのか?】の続きを読む


    NO.6312681
    菜々緒に再び「整形疑惑」が持ち上がった理由
    菜々緒に再び「整形疑惑」が持ち上がった理由
    (C)まいじつタレントの菜々緒に対して“整形疑惑”が再燃している。今回は、美容外科医が整形手術をした可能性を指摘している。菜々緒は現在、日本テレビ系列で放送中の連続ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・...



    【日時】2018年04月29日 10:00
    【提供】まいじつ







    【【顔面改造】菜々緒に再び「整形疑惑」が持ち上がった理由】の続きを読む


    【悲報】武井咲、ファンクラブ解散でこのまま引退か???


    NO.6313503
    武井咲、このまま引退の可能性浮上も
    武井咲、このまま引退の可能性浮上も
    今年3月に第一子女児の出産を発表し、現在は育休中の女優・武井咲が、映画『るろうに剣心』の続編で復帰するという。

    突然のできちゃった婚のため、複数の仕事に穴を空けた武井だが、復帰作もまた“いわくつき”の作品となるようだ。

    「武井は昨年9月、かねてから交際が報じられていたEXILE・TAKAHIROと結婚。同時に妊娠も発表し、同10月クールの連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)の撮影終了後、産休に入りました。武井の所属事務所・オスカープロモーションにとっては、妊娠はおろか結婚すら青天の霹靂で、同ドラマ以外に決まっていた仕事はキャンセルせざるを得ませんでした」(芸能プロ関係者)

    それでもオスカーは、当初から武井を「2018年夏」には復帰させる気満々だったとか。

    しかし、4月24日発売の「女性自身」(光文社)によると、武井は育児への専念を希望しているとのことで、さらには、ファンクラブの解散まで報じられた。

    「そんな中、武井がヒロイン・神谷薫役で出演していた映画『るろうに剣心』の新作プロジェクトが始動したんです。同作はもともと18年早々のクランクイン予定でしたが、はじめは武井の妊娠で白紙になりかけ、その後、昨年11月に原作者である漫画家・和月伸宏が児童ポルノ所持の容疑で書類送検されたことで、プロジェクトは完全にストップしていました」(同)

    しかし今月23日、和月の連載を休止していた「ジャンプスクエア」の発行元・集英社が、同誌6月4日発売号から再開させると発表。

    これを機に、映画のプロジェクトも再び動き出したようだ。

    「撮影開始は当初の予定より遅れますが、今年冬以降にはスタートする方向で、監督や出演者のスケジュールも押さえられつつあります」(映画関係者)

    こうして武井にも、“復帰の場”が用意された形になった。

    しかし、作者の不祥事によって保留になっていたいわくつきの映画が、武井の復帰作になることを、オスカーはどう思っているのか?

    「世間の目も気になるところでしょうが、武井を放っておくと“このまま引退”という可能性もあっただけに、事務所的には、やはりひと安心なのではないでしょうか」(前出・芸能プロ関係者)

    育児専念を希望しているという武井にとって、このタイミングでの復帰は不本意かもしれないが、ファンのためにも役者の熱意を取り戻してほしいものだ。

    【日時】2018年04月29日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン





    【【悲報】武井咲、ファンクラブ解散でこのまま引退か???】の続きを読む


    【NHK当事者意識ゼロ】『Rの法則』説明会も「謝罪ナシ」⇒TOKIO山口の強制わいせつについて


    NO.6310827
    TOKIO山口の強制わいせつ『Rの法則』説明会も「謝罪ナシ」
    TOKIO山口の強制わいせつ『Rの法則』説明会も「謝罪ナシ」
    TOKIO・山口達也の強制わいせつ事件の発端となった、NHK教育テレビ『Rの法則』が、4月27日に出演者の所属プロダクション向けの「説明会」を開催したと報じられている。

    番組は打ち切りもやむなしの状況だが、NHKサイドの見解や物言いに、参加者から不審の声が続出しているという。

    「女子高生のプライバシー保護のため、被害者との出会いや交流を持つようになったきっかけが『Rの法則』であるということは、各マスコミとも慎重に報じています。しかし、同番組が行った説明会はあくまで『現状説明』に徹したもので、プロダクションや出演者の保護者に対する謝罪などは、一切ありませんでした」(芸能プロ関係者)

    番組は5月3日まで放送休止となり、NHKサイドはその後も継続可否の結論が出るまで、別の番組を放送するとしている。

    「まず、事件についてはほぼ触れずに、『現場としては番組を続けたいと考えている』『予定されているロケも、このまま決行する』『番組を守っていきたい』と、局サイドの意向ばかりを聞かされ、驚きました。番組の存続が決まらなければ、再発防止の対策なども不要になるでしょうが、それでも最低限の経緯説明や謝罪はほしかった。継続が決まったとしても、保護者の不信感は残るし、自分たちとしてもタレントを出演させたい、という気持ちは維持できません」(同)

    また、すべては希望的観測ながら、継続が決定した場合の展望についても、いくつか説明が行われたという。

    「新司会者の選定や、番組タイトルの変更、企画も多少変えていくとしながら、『出演者に関しては山口さん以外、なるべく据え置きにしたい』ということでした。これらはあくまで現場の希望であり、番組の進退は上層部の判断待ちという状況ながら、制作局としてはなんとしてでも『Rの法則』を継続させたい意向のようです」(別の芸能プロ関係者)

    しかし『Rの法則』は以前にも、一部週刊誌で「アイドルの出会いの温床となっている」などと報じられたことがあった。

    「そこに山口さんの事件が起こったとあっては、もう“週刊誌のガセ”という言い逃れはできないでしょう。出演者同士の不適切な交流を防げず、『臭いものにフタ』的な延命措置を図ろうとする、NHKの神経が理解できません」(同)

    身内からも打ち切り論が噴出するなか、果たしてNHK上層部はどんな判断を下すのだろうか。

    【日時】2018年04月28日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン





    【【NHK当事者意識ゼロ】『Rの法則』説明会も「謝罪ナシ」⇒TOKIO山口の強制わいせつについて】の続きを読む

    このページのトップヘ