泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    2018年12月


    NO.4158396
    朝からセクシーすぎ!『ビビット』真矢ミキ 豊満なバストが話題
    朝からセクシーすぎ!『ビビット』真矢ミキ 豊満なバストが話題
    女優の真矢ミキ(51)とTOKIOの国分太一(40)がダブルMCを務める朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)。

    今年春の番組スタートから視聴率の低迷が叫ばれ続けているが、ここ最近ネット上でにわかに注目を集めている。

    真矢の見事なスタイルに男性視聴者が釘づけになっているのだ。

    このところ暑さが続くせいか、真矢はノースリーブなどの涼しげな衣装でスタジオに登場している。

    そうした服装の中にはかなり大胆に胸元が開いているタイプもあり、清涼感と共にセクシーな雰囲気を濃厚に漂わせる。

    4日の放送では、テカテカと眩しいサテン生地のトップスを着ており、コメントをするたびに豊満なバストを揺らしていた。

    まるで巨乳を強調するかのようなピッタリとした衣装から伸びる二の腕も色っぽく、プルプルとお肉が震える様子に多くの視聴者が食いついたようだ。

    ネット上には、そんな真矢の姿を切り取った画像が無数に貼られており、「朝からセクシーすぎる」「相変わらず美人だな〜」「この肉感がタマらん!」「パッツンパッツンな胸元がエロいわ」などと男性ファンから興奮気味なコメントが寄せられている。

    しかし真矢といえば元宝塚歌劇団のトップスター。

    男役として絶大な人気を誇った彼女には、当然ながら同性のファンも多い。

    かつてオリコンが発表した「女性が選ぶカッコイイ女性有名人」や「女性が選んだ"イイ女"だと思う女性有名人」などのランキング調査でも上位に選ばれており、女性の憧れる女性というイメージがある。

    番組サイドとしても同性からの支持があるからこそMCに抜擢したに違いない。

    そうした背景があるにもかかわらず、セクシーな印象の衣装ばかりを着ては女性から思わぬ反感を買ってしまう恐れもありそうだが...。

    「平均視聴率で1%台を記録するなど、『ビビット』の不振は深刻なものがあります。一部メディアでは『今秋にも打ち切りか!?』と伝えるところもあるほど。そうした状況を打破するためにも、真矢さんのセクシーな衣装で少しでも話題を集めたいとの思いがあるのかも。同時間帯に放送されているNHKの『あさイチ』では、司会の有働由美子アナ(46)の"脇汗騒動"で注目されたこともありましたからね」(芸能ライター)

    もともと女性ウケがよく、その上男性ファンも虜にするとなれば、『ビビット』にも光明が見えそうだ。

    しかしその一方で、そう簡単にはいかないのではとの声もある。

    「1996年の秋から2014年の春まで続いた『はなまるマーケット』の後継番組として始まった国分さんMCの『いっぷく!』は、視聴率の低迷からわずか1年で終了となりました。TBSとすれば長寿番組に見切りをつけて、ジャニーズアイドルの国分さんに賭けた格好になりますが、正直なところ思ったほどの結果は得られなかった。そこで『はなまる』の薬丸裕英さん(49)と岡江久美子さん(58)のコンビを再現しようと、『ビビット』に真矢さんを迎えたといわれています。年齢差もちょうど同じようなものですし、愛嬌のある国分さんとシッカリ者の真矢さんは、まさに薬丸&岡江と似たような関係性といえるでしょう。しかし、それゆえ新鮮な印象が薄く、視聴者からは『はなまるのままでよかったのでは』との声もあります。番組の企画にもそうした"二番煎じ感"は表れており、『あさイチ』で女性の性に関する特集が組まれて大きな反響を呼べば、『ビビット』でも女性向けのセクシービデオを紹介するなど、後追いが目立つこともしばしば。日本テレビ系の『スッキリ!!』を卒業したばかりのテリー伊藤さん(65)をさっそくコメンテーターに迎えたことにも、多くの関係者から驚きの声が上がっていましたね」(テレビ関係者)

    視聴率的に苦しい戦いが強いられている『ビビット』。

    真矢の色っぽい姿で注目を集めている今こそ、独自の企画を放送するチャンスなのかもしれない。

    真矢本人による美熟女のためのバストのお手入れ方法などを紹介すれば、話題になりそうだが...。
    【日時】2015年08月06日 10:00
    【提供】メンズサイゾー





    booking.com



    【【真矢ミキ】朝からセクシーすぎ!『ビビット』豊満なバストが話題】の続きを読む


    NO.7163180
    『下町ロケット』阿部寛の“不適切発言”に批判が続出
    『下町ロケット』阿部寛の“不適切発言”に批判が続出
    果たして、冗談を言っていい場面だったのか? 12月23日、阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系)の最終話が放送され平均視聴率16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己最高を記録。

    1月2日に放送される「特別編」に弾みをつけた。

    同作は、前作のロケットから農業にテーマを変え、佃製作所が無人トラクターの開発に挑むというストーリーだ。

    最終話のクライマックスは、阿部が社長を務める佃製作所が帝国重工と無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの性能をモーター技研によるテストで競い勝利するシーン。

    社員全員で喜びを分かち合う姿に視聴者もグッときたようだ。

    しかし、その際に阿部演じる佃社長のセリフには批判の声が上がっているという。

    「トランスミッションの性能評価テストは帝国重工とのガチンコ対決。勝てばロケットとトラクターの仕事を総取りする一方、負ければ全て失うまさに社運がかかった絶対に負けられない戦いでした。さらに、直前で見つかったたった1回の不具合に対して、開発チームだけでなく社員全員が夜を徹して働き続けて、なんとか原因を突き止めることができた。テスト結果は書面で送られてくるため、バイク便が来るたびに社員全員が緊張。そんなギリギリの戦いの中で、テスト結果を見た佃社長は『みんな……残念ながら……圧勝だー』と報告したのです。一回落としたことで、社員全員が下を向いて落胆。その後、歓喜に包まれたのですが、これには視聴者からは『社運かかってる場面で残念ながら圧勝だとか言われたらキレるやろ』『バラエティじゃないんだから』と批判の声が相次ぎました。もっとも、9話でも『残念ながら……うちのバルブシステムの採用が決定した』とこのフレーズを使っていたことから、視聴者は勝利を確信していたようですが」(テレビ誌ライター)

    現実世界で同じことを言ったら、社員からボコボコにされたかも?
    【日時】2018年12月30日 10:00
    【提供】日刊サイゾー








    【【下町ロケット】阿部寛の“不適切発言”に批判が続出】の続きを読む


    NO.7163322
    有働由美子アナ 『news zero』に交際相手が“CM援助”!?
    有働由美子アナ 『news zero』に交際相手が“CM援助”!?
    長らく結婚が取り沙汰されている有働由美子アナウンサーだが、交際相手である会社社長・A氏の業務について、一部関係者の間で「公私混同では」という声が出ているという。

    交際発覚から5年近く経過し、現在でも「結婚秒読み」と報じられる両者だが、果たしてこの営業行為は“セーフ”なのだろうか。

    各報道では、A氏が静岡県にある老舗設備関係会社の御曹司で、有働アナとは仕事を通じて知り合ったことや、有働アナよりも5歳年下であること、バツイチで子持ちであることなどが伝えられている。

    「当時、有働アナは現役のNHK局員で、将来は理事待遇のエグゼクティブアナウンサーに上り詰めるとも言われていた。さらに、交際をスクープした『女性自身』(光文社)の直撃に、A氏は『(有働アナに迷惑が掛かるので)少し連絡を控えます』とコメント。お互いの立場に鑑みて、波風を立てないような関係を築こうとしていたようです」(週刊誌記者)

    しかしその後も交際は順調に続いており、有働アナは昨年3月にNHKを退職。

    フリーに転身し、現在は『news zero』(日本テレビ系)でメインキャスターを張っている。

    「すでに両親にもA氏を紹介済みという情報もあり、今度こそ結婚待ったなしと言われるように。有働アナは2018年の『好きなアナウンサーランキング』(オリコン)でトップも獲得しており、まさに公私とも順調ですが、唯一の心配事は、肝心の『news zero』の視聴率が伸び悩んでいることくらいでしょう」(同)

    有働アナの電撃就任により、より高視聴率が見込まれるはずだった『news zero』だが、出だしこそ10%を超えたものの、その後一時的に4%台にまで急落。

    現在も2桁に届くほうが珍しく、12月は6〜7%程度の水準になっている。

    A氏にとってもこの点は見逃せないのか、この年末になって局関係者から、こんな話が聞こえてくるようになったという。

    「A氏サイドから、自身の会社の企業CMを、『news zero』の放送中に流したいという要望が入っているんです。放送は静岡限定になりますが、低視聴率に苦しむ『news zero』への間接的な金銭援助に見えてしまうだけに、『公私混同では』という声も出ています。とはいえ好感度が高い有働アナだけに、特に問題にはならないのかもしれませんが」(広告代理店関係者)

    19年の『news zero』は、静岡限定ながら有働アナの“間接的公然支援”が放送されるかも知れない。
    【日時】2018年12月30日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】








    【【有働由美子】『news zero』に交際相手が“CM援助”⁉】の続きを読む


    NO.6496621
    16歳少年にジャニー喜多川が繰り返した性行為 ジャニタレ決死の告発
    16歳少年にジャニー喜多川が繰り返した性行為 ジャニタレ決死の告発
    ■16歳、ジャニー喜多川と”夫婦同然”だった日々 
    女子高生に対して、強制わいせつを行った容疑で書類送検され、TOKIOから脱退、ジャニーズ事務所から契約解除された山口達也。

    同事務所社長のジャニー喜多川氏は、〈私自身はすべての所属タレントの「親」としての責任を負いながら今後とも彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます〉 とコメントを発表していたが、実は「親」であるはずの彼こそが、スターを夢見る少年たちへの強制わいせつの加害者であったという疑惑の過去について、前回は、ジャニーズ事務所初のグループである「ジャニーズ」の元メンバー・中谷良氏が1989年に上梓した『ジャニーズの逆襲』(データハウス)からその告発を紹介した。

    当時、11歳だった中谷少年への悪魔の行為は、昨年、厳罰化された改正刑法を適用すれば完全にアウト。

    今なら、間違いなく逮捕されている事案であった。

    だが、この中谷氏の勇気ある告発は、その前年、88年12月に出版され、大変な話題となった、元フォーリーブスのリーダー、北公次(故人)による、『光GENJIへ―元フォーリーブス北公次の禁断の半生記』(データハウス)がなかったら、なされていたかはわからない。

    同著の中で、北氏は、ジャニー喜多川氏との出会いから、彼との“夫婦同然”だったという毎日、そして毎夜のように繰り返されたホモセクハラ行為(※)のすべてを明かしていたのだ。

    とにかく、その描写はBL小説も真っ青の過激さで、いま読んでも驚かされるばかり。

    16歳のときに、初めてジャニー氏に下半身を弄ばれたときの描写がこうだ。

    〈ジャニーさんも裸になり、おれのからだに密着してくる。両手でジャニーさんのからだを突き放そうとするが、上に乗ったジャニーさんはたくみにおれのからだを舌で愛撫しながら、手で勃起したペニスをしごき続ける。心の中で必死に嫌がっても、巧みな技巧でおれはあっという間に放出してしまった〉 ほかにも、〈ジャニーさんは勃起したおれのペニスを口に含み、音を立ててしゃぶっていく。微妙な舌と唇の動きでたちまちのうちにおれはジャニーさんの口の中に射精すると、そのままジャニーさんは飲み込んでいく――〉 といったシーンのオンパレード。

    さらに、〈おれの股を閉じさせて、その隙間にジャニーさんの怒張したペニスをはさみこみ、何度も何度も上下に動きながらジャニーさんはおれの腹とふとももの付近に大量の精液を発射する〉 と、ファッションヘルスの素股プレイさながらの行為もあったし、北氏の肛門を犯したことがあったことも、同著では克明に明かされていた。

    元TOKIOの山口は、当初、女子高生に強引にキスをしたと報じられていた。

    だが、その後、実は頰を舐め、腰やバストを弄って、ベッドに押し倒したことも明らかになっているが、ジャニー氏は、軽くそのレベルを超えた行為を、毎日のように北氏に行っていたというのだ。

    もちろん、すべては北氏の主張なわけだが、そのすべてが本当なら、山口らタレントへの監督責任を問う以前の問題。

    これが、ジャニー氏が築き上げたアイドル帝国の真の姿であったなら、ファンへの裏切り以外の何物でもないだろう。

    ※今日では差別意識を助長する表現ですが、「逆セクハラ」同様、「セクハラ」が男性から女性への“行為”と限定されていた当時の社会的状況を伝えるため、時事用語と捉え、1999年の「週刊文春」(文藝春秋)報道から引用しています。
    【日時】2018年06月20日 21:00
    【提供】サイゾーウーマン







    【【禁断の...】16歳少年にジャニー喜多川が繰り返した性行為 ジャニタレ決死の告発】の続きを読む


    NO.7163149
    川村ゆきえが 『週プレ増刊』袋とじで平成最後の大露出!
    川村ゆきえが 『週プレ増刊』袋とじで平成最後の大露出!
    “グラビア界のレジェンド”として、2003年のデビューから15年を迎えた現在も最前線で活躍する川村ゆきえ(32)が、26日発売の『週刊プレイボーイグラビアスペシャル増刊NEW YEAR2019』(集英社)に登場。

    袋とじで“平成最後の大露出”に挑んだ。

    川村は2003年にグラビアデビューし、翌年に『週刊ヤングジャンプ』主催の「制コレ」で準グランプリを獲得。

    身長158・バスト87・ウエスト59・ヒップ87センチの圧巻のスタイルでトップグラドルとして活躍し、これまでにリリースした写真集は14冊、DVDは40本を超える。

    今回は、新人から注目株まで多数が登場する『週プレ』別冊で、堂々と袋とじに登場。

    平成を代表するレジェンドが、平成最後の年末を圧巻のボディで盛り上げる。
    ネットの反応
    ・全然いけるやん
    ・人妻みたいな顔してるしこれはこれでいい
    ・どスケベ人妻って感じやな
    ・まだ間に合います
    ・誰か嫁にもらったれよ
    ・むしろ水着やらずに何やってたんだ
    ・ホンマええわーワイと付き合ってくれんかな
    ・あと5センチ背が高ければ最強だった
    ・いつでも嫁にこい
    ・ゆきえの真骨頂は脇やぞ
    ・たぬき顔のレジェンド
    ・ワイが初めてみたの中学のときやでくっそかわいくてシコりまくった
    ・AV業界なにしてんねん もっと金積んでオファー出せや
    ・男汁出そうになった
    ・ダルンダルンやんw
    ・熟れ熟れ
    ・いい具合にくたびれてエロい
    ・ほんと好きだけどそろそろIT社長とかと結婚して幸せになってほしい
    ・演技とかいけたなら女優路線もあったんちゃうか
    ・写真によってえちえちな時とママ感出てる時があるな
    ・デカケツ最高
     >ハズキルーペもひとたまりもありません
    【日時】2018年12月30日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】





    【【川村ゆきえ】 『週プレ増刊』袋とじで平成最後の大露出!】の続きを読む


    NO.7163357
    前田日明氏、「みんな何言っているか全然わかんなかった」
    前田日明氏、「みんな何言っているか全然わかんなかった」
    「新格闘王」といわれた元プロレスラーで実業家の前田日明氏(59)が29日放送の日本テレビ系「有吉大反省会2時間SP アイドルだらけの衝撃カミングアウト2018」(土曜・後9時)に出演。

    新日本プロレス所属時代にリング上で「誰が一番強いか決まるまでやればいいんだ」とマイクアピールした名場面(1987年6月12日・両国国技館)の真相を明かした。

    番組MCの有吉弘行(44)が「この番組に出て下さるプロレスラーの方々は、みんな滑舌が悪い」と天龍源一郎(68)、長州力(67)、藤波辰爾(65)を列挙。

    そして「前田さんは滑舌はいいんですけど、ちょっと聞き取りにくい」と話し、前田氏がマイクアピールしているいくつかの場面のVTRを放送した。

    これを見た前田氏は「(自分でも)分からないです」と苦笑い。

    さらに「当時ロシア人と付き合っていたから、ロシア語が混じっていたのかも」とスタジオを笑わせた。

    有吉が「長州さんとか藤波さんは、滑舌悪いと思いますか?」と質問すると、前田氏は「『俺たちの時代闘争』でマイクパフォーマンスがあったじゃないですか」といい、「長州さんがマイクを取って『フガフガフガフ..



    【日時】2018年12月30日 14:24
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】





    【【前田日明】「みんな何言っているか全然わかんなかった」】の続きを読む


    NO.4457024
    スキャンダル連発、死屍累々の卒業生たち…AKB鎮魂の2015年
    スキャンダル連発、死屍累々の卒業生たち…AKB鎮魂の2015年
    AKB48や派生グループの浸透度は、もはやアイドルの領域のみならず、芸能界全体でもジャニーズなどに並ぶ一大知名度をほこるまでになったことは、誰もが認めるところだろう。

    ただ、今年に入って、青天井だった以前の人気は失われつつある。

    無論、大衆が飽きてきたという部分もあるだろうが、それに輪をかけるようなスキャンダルの応酬やあまりの“図々しさ”に辟易した部分もあるように思えてならない。

    ■2020年東京五輪開会式の「JAPAN48」説をマツコ一蹴!

    かねてより東京五輪にからむことが予想されているAKB48グループだが、開会式にAKB48グループの選抜メンバーで結成された「JAPAN48」が出演するとの、東京スポーツの臆測記事が今年1月の『5時に夢中!』(TOKYO TX)で紹介された際、マツコ・デラックスが「選抜メンバーでJAPAN48はやってくださって結構ですけど、絶対、開会式やってほしくないね! 開会式と閉会式は本当に恥ずかしくないものにして!」と力説。

    芸妓さんを100人くらい集め、黒のお引きずり(裾の長い着物)で、畳を敷いて踊りをやってもらい、静寂な開会式にすべきという意見を出した。

    ネット上では「さすがマツコ!」「賛成」とマツコを称賛する声とともに、「AKBだけは勘弁」という嫌悪感をあらわにした声が多数。

    AKB48という存在を「日本が誇る文化」と考えていない一般人が多く存在することを認識するいい例だった。

    秋元康が東京五輪組織委理事に選ばれ、開会式の演出をする可能性が出てきたことに関しても、ネット上で「反対署名運動」が起こったほど。

    どれだけ嫌われているのだと驚くが、15年に関しては、その後追い討ちをかけるようにAKB48のイメージ低下を推し進めるようなスクープが連発されることになる。

    ■「AKB食いの天才」手越祐也と柏木由紀の浴衣抱擁写真流出!

    6月、柏木由紀とNEWS・手越祐也の“密着ラブラブ写真”が、「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。

    同誌は一緒にスノボ旅行に行ったと思われるツーショット写真を掲載し、箱根にある高級旅館でセミスイートに宿泊したと報じた。

    運営側は同月に仙台で行われる握手会イベントへの、柏木の不参加を発表。

    ファンの絶望を込めた罵声を受けることが確実と思っての配慮だったのだろう。

    その後も柏木はファンには一切謝罪することなく、いつの間にやら一線に復帰。

    流出写真について“完全スルー”のまま、現在もグループの活動に参加している状態である。

    ネット上では「運営は、早く処分発表しろ」「ファンへの謝罪、まだ?」「おいおい、このままスルーするつもり? 投票した金返せ」「ファンをバカにするな」と憤りを隠せないファンも多数だった。

    嵐が収まっているのを待ったということだろうか。

    それにしても、鬼頭桃菜(当時SKE48メンバー)との熱愛も報じられた手越だが、鬼頭はといえばその後AV女優・三上悠亜としてアダルト業界に転身した。

    もしかしたら今後柏木も……なんて想像をしたファンもいたのではないだろうか。

    その点に関しては少し期待である。

    ■お盛んすぎダゾ! 派生グループも淫行にフェラ画像にやりたい放題

    本家AKBだけではない。

    派生グループにも今年はスキャンダルが連発した。

    11月、乃木坂46の姉妹グループで、今年8月に結成された「欅坂46」メンバー・原田まゆ(現在は脱退)の「チチ揉み・キスプリクラ」流出騒動が起こった。

    流出自体はもはや珍しくないAKBグループだが、原田のお相手はなんと中学校の教師。

    原田が当時17歳であったため、犯罪の部類に入る「淫行」ではと大騒ぎになった。

    ネットでは特定作業が盛り上がり、男の赴任する学校や名前とされる情報も公開されてしまった。

    ただ、乃木坂46の結成時と比較して、極めて注目度の低かった欅坂46の名前が一気に知れ渡ったことは間違いない。

    AKB48の度重なる熱愛報道のおかげで、アイドルの清廉姓を信じなくなっている一般人は極めて多い。

    運営側としては、いい宣伝になったという考えがあってもおかしくないだろう。

    と思ったら、今度は同じ欅坂46の長濱ねるの彼氏とのキス写真が流出。

    結成した瞬間に2度もスキャンダルがあったのはさすがに痛手ではなかったか。

    長濱はグループ加入前、欅坂のグループオーディションの最終選考の当日、母親から地元・長崎へ連れ戻されてしまったという経緯があり、その後、父と運営サイドが話し合い、福岡で行われていた乃木坂46のコンサートを両親と本人に見せて母親を説得したという“美談”があっただけに、恥ずかしいデビューとなってしまった。

    さらに、SKE48(当時)の辻のぞみと思われる女性と彼氏との「フェラ画像」が流出。

    ここまで生々しい流出はなかなかないため、ここでもネットは祭り状態。

    当然辻はグループを脱退したが、AV業界の関係者が色めきたってデビューに動いているという話もある。

    その部分は少し期待である。

    ■死屍累々の卒業生たちと迷走する古参メンバー

    かつてAKB48を象徴する存在であった前田敦子・大島優子は、女優として活動中。

    だが、前田は映画『イニシエーション・ラヴ』の評判がよかった程度で、他の話題は歌舞伎役者・尾上松也とのなんとも微妙な恋愛事情に終始(そして破局)。

    最近は妙に可愛くなったということで、恒例の「あご削り疑惑」も浮上。

    顔面センターではなくなったのはいいニュースではあるのか。

    大島は、前田以上に演技では散々。

    『ヤメゴク』(TBS系)では主演を張ったものの、視聴率は6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低迷。

    極道に立ち向かう主役が、身長152センチの小柄な大島ではどうしても迫力が出ないという声もあった。

    大島はさらに、映画『アベンジャーズ』でスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウのコスプレ姿をインスタグラムで公開したが、ネットには「スタイル悪すぎ」「スカーレットにあやまれ」とブーイングが雪崩れのように押し寄せた。

    「小さいおばさん」の声も多く、今後の浮上は簡単ではなさそう。

    「あの人は今」状態の篠田麻里子は、上記2名よりもさらに深刻。

    テレビ出演もほとんどなく、最近の「彼氏できた」発言も完全スルー状態という有り様だ。

    卒業当時の情報によれば、当時篠田は、運営サイドの上層部、それこそ秋元氏から窪田康志AKS前社長まで、トップ陣営とも連絡を取り合ったり、食事に行くほどの仲だった。

    しかし、そこで彼らがついしゃべってしまった機密事項を、篠田はほかのメンバーやスタッフに言いふらしてしまったそう。

    そのことが問題視されるようになり、結果的には“クビ”だったという。

    それが尾を引いて、今でも助けてもらえないということだろうか。

    現メンバーの島崎遥香は、Twitterで「好きな人の話もする」、原爆の日である8月6日に「ぱるるの日」発言、体調不良を理由に握手会をサボってフランスの映画祭には行くなど、何か行動するたびに大炎上を連発。

    見た目も日に日に病んでいるようで、今後が心配である。

    来年3月でAKBを卒業する高橋みなみは、卒業前の初センターポジションのシングルが、21作連続で更新していた「初週ミリオン」の記録を途絶えさせてしまった。

    総監督が聞いて呆れる。

    現AKB48の女王である指原莉乃は、この中では一番安泰か。

    ジャニーズとの携帯ケースお揃いの疑惑はあったものの、バラエティには引っ張りだこだ。

    卒業生も現役生も、そしてこれからスタートする新人たちもガタガタのAKBグループ。

    来年一気に扱いが落ち込む気がするのは、筆者だけではないだろう。

    板野友美の話をするのを忘れてしまったが、彼女はそっとしておこうと思う。
    【日時】2015年12月30日 13:00
    【提供】日刊サイゾー





    booking.com



    【【スキャンダル】連発、死屍累々の卒業生たち…AKB鎮魂の2015年】の続きを読む


    NO.5961516
    隠れ巨乳の欅坂46・渡辺梨加が初水着披露「ダイエットさせるな」
    隠れ巨乳の欅坂46・渡辺梨加が初水着披露「ダイエットさせるな」
    欅坂46の渡辺梨加(22)が5日、東京・福家書店新宿サブナード店で行われたファースト写真集「饒舌な眼差し」(集英社)の発売記念イベントに出席した。

    欅坂46メンバーで初のソロ写真集発売となり、「私の写真集が出るとは思っていなかったので、ドキドキしています」と照れ笑いした。

    ギリシャで撮影し、初の水着ショットにも臨んだ。

    水着は中学の授業で着たスクール水着以来という。

    「最初はすごく恥ずかしかったんですけど、ギリシャは景色もよくて、プールも海も久しぶりですごく楽しくて、気づいたら恥ずかしさを忘れていました」と笑った。

    写真集撮影に向けて、3カ月間の食事制限と加圧トレーニングを行ったという。

    パンや甘い物を食べずに、リンゴなどを食べていたという。

    「最後の1カ月間は本気を出しました。7キロくらい落としました。頑張りました」とほほえんだ。

    写真集の出来映えは自己採点で「100点です」という。

    乃木坂46の白石麻衣(25)にも写真集を渡したという。

    「『後でゆっくり見ておくね』と言ってくださいました。憧れの存在です。白石さんの写真集を見て勉強させていただきました」と話した。

    大ヒット中の白石のセカンド写真集「パスポート」と同様に、「饒舌な眼差し」も初版10万部の好スタートを切っている。

    「写真集を見てくれる人がいるのかと思って、不安だったんですけど、うれしいです。(10万人という数字は)想像できないです」と喜んだ。

    同写真集の発売を記念して、ライブ配信サービスSHOWROOMで、7日よる10時からスペシャル番組『饒舌って書けない?』の配信が決定した。

    飛行機を3本乗り継いでたどり着いたというギリシャロケの裏側、 初めての写真集に対する想いなどを饒舌に語るそう。

    『饒舌って書けない?』は7日よる10時よりSHOWROOMにて配信。

    ネットの反応
    ・おっぱいを返せバカヤロー(´;ω;`)
    ・これじゃない感
    ・胸から痩せるっていうからなあ
    ・7キロ落としてこれって落とす前はどんだけだったんだよ
    ・全く同じ感想w
    ・で、次に待っているのはリバウンド。
    ・ぽっちゃりお腹だったんやろ
     部分痩せなんて出来ないのにウエスト締めるために胸失うっていうね
    ・7キロって、糖尿患ったオヤジが減らすレベルの数字だぞ。
    ・水着なのに、このガッカリ感は何なんだ?
    ・おれは尻で判断する
    ・日本人体型だと痩せるとこうなるよな
    ・グラビアのために痩せるとか頭悪すぎるんだよなあ
     デブなんて修正でごまかすんだから
    ・欅は女子ヲタも多いからひかれないよくにエロくないショット使ったんだろ
     これから段階的にエロイの出してくよ
    ・だから坂道は贅肉を隠すために水着にならないし、露出のある衣装を着ない。
    ・長濱もそうだけど、あのムチムチ具合が最高だったのに余計な手を加えるとか
    ・欅には鈴本という、アイドルの中でもトップクラスの隠れ巨乳がいる
    ・本人が嫌なんだろ
     太ってても臆することなくグラビア出るほうが特殊
    ・このままじゃ恥ずかしくて脱げないから本人が気合い入れたんだろ。
     運営のせいじゃないww
    ・もっとさ〜勃起するような仕上がりにできないのかよ
    【日時】2017年12月06日
    【提供】gossip!








    【【渡辺梨加】隠れ巨乳の欅坂46 初水着披露「ダイエットさせるな」】の続きを読む

    このページのトップヘ