飲食店など向けに業務用食品を提供するスーパーとして2000年に兵庫県で誕生した「業務スーパー」。一般客でも買い物ができ、品質がよく安いことから人気を呼び、全国でチェーン店が展開されるようになりました。


その「業務スーパー」が最近、ネットで話題になっています。今回はその理由を探っていきます(以下、取り扱い商品、税別価格等はすべて2018年1月現在)。

●コスパ最高!多種多様な品揃え

「業務スーパー」がネットで話題になっている最大の理由は、品質がよくてお買い得、つまりコスパがよいということ。そこで、お得なプライベートブランドから人気の数点ご紹介します。

コシがあってモチモチと大人気の「冷凍讃岐うどん」は200g玉が5食入って147円(税別、以下同)。一般の袋入り食パン約2倍分の「天然酵母食パン」は185円。焼き魚や餃子のタレとしても使える「ゆずぽん酢」は1092gの大容量で185円。炒め物や煮込み料理にも便利な「徳用ウインナー」はたっぷり1000g入って460円です。

また、世界のおいしい食べ物を、直輸入により安く販売していることも魅力で、カレーペーストやスイートチリソース、フォーや姜葱醤(ツォンジャンジャン)など、本場のアジアン食材も多数揃っているということです。公式サイトでは、イスラム法で認められた食べ物「ハラールフード」を特集するなど、世界の食文化を多様な観点から取り扱っています。

●ネットでも話題!フォトジェニックなスイーツたち

そしてもう一つ、人気の理由にいわゆる「SNS映え」があります。ビジュアル的にインパクト大の商品としては、まず名物の1リットルパック入りスイーツシリーズを挙げることができます。水ようかん、プリン、杏仁豆腐、各種ゼリー…、7~8人分の四角柱のスイーツがパックの形そのままで「にゅるん」と出てくる様子は圧巻です。

つぎに挙げるなら、大きな豆腐パックに入っているような、500gのリッチケーキシリーズ。こちらは冷凍デザートですので、冷凍庫から取り出して自然解凍したうえでひっくり返してお皿に取り出すのですが、ショコラ、チーズ、抹茶味があり、半解凍でいただくのもおすすめとのこと。

各国から直輸入された、フォトジェニックなお菓子も多数あります。ベルギーのワッフル、アメリカのニューヨークチーズケーキ、フランスのミックスベリータルト、オランダのクラシックアップルパイなどなど。しかも、こうした世界のスイーツが手軽にリーズナブルに購入できるのです。

●とくにオススメ、3つの商品

魅力あふれる商品が多数ある「業務スーパー」ですが、そのなかでも今回とくに注目なのは次の3点。

1つ目は、冷蔵(チルド)の「上州高原どりむね肉」(880円)です。ネットでも大人気の高コスパ商品は、2kg入りでボリューム満点。一度も冷凍されていないお肉ですので、使わない分は小分けにして冷凍保存もOKです。ビタミンEが豊富な飼料で育てられ、国内自社関連工場製造・直送の安全安心で新鮮な健康鶏。ももやささみなどほかの部位も揃っています。なお、エリアによっては「吉備高原どり」シリーズが販売されています。

2つ目は「ちゃんこ鍋の素」(97円)です。ストレートタイプの鍋の素シリーズの一品で、『サンキュ!』(2018年2月号、ベネッセコーポレーション)でも「業務スーパー」広報担当のこの冬のイチオシとして「炊き込みごはんや茶碗蒸しのだしにも使える!」と取り上げられています。寄せ鍋、塩鍋、キムチ鍋もあり、寒い季節にうれしい秋冬限定商品です。

3つ目は「伊達ごまだれ餅」(298円)です。要望多数により再販された和スイーツだけあって、つるりとした表面の白いお餅を一口噛めば、もっちり食感の中から黒ごまの風味のほんのりした甘みが、お口全体にふんわりと広がります。自然解凍でそのまま手軽においしくいただけますが、アイスクリームなどとあわせて本格和スイーツにアレンジしても。なお、宮城名物「ずんだ餅」もあり、こちらもオススメです。

●webでチェック! そしてお近くの店舗へ

食品会社として何より大切な品質に対する安全安心への取り組みを独自でも行い、公式サイトなどでも情報公開を行っている「業務スーパー」。同じく公式サイトにて、チラシやお得情報、店舗案内やレシピの紹介なども積極的に発信しています。

まだの人は一度webでチェックした後、店舗のほうへ足を運んでみるといいかもしれません。ただし店内商品は大容量が基本。買いすぎに注意し、保存について考えておくことも忘れずに。
【日時】2018/02/12
【提供】エンタメウィーク