泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    芸能


    NO.7211659
    真木よう子、移籍後初の連ドラ主演も「滑舌悪い」と酷評
    真木よう子、移籍後初の連ドラ主演も「滑舌悪い」と酷評
    真木よう子が主演を務める連続テレビドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜』(テレビ東京系)の初回が1月21日に放送され、平均視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

    真木は、昨年9月にレプロエンタテイメントに移籍してから初の連ドラ主演ということで、注目を集めていたが……。

    「同作は雑誌『モーニング』(講談社)に連載されていたマンガ『この女に賭けろ』が原作。真木は、女性管理職として、大胆な発想で業績不振に陥っている都市銀行支店の立て直しをはかっていくという役どころです。さらに、テレビ東京の公式サイトで『天然な鈍感さと強さを併せ持つ、キュートな銀行員』と説明されているように、物腰が柔らかな女性ということのようでしたが『真木はサバサバしたイメージで、キュートとは違う』との声も。さらに以前から『声が聞き取りにくい』との指摘が多くありましたが、今回も『滑舌悪い』『なんか話し方変じゃない?』といった声が上がっていました」(芸能ライター)

    真木は、18年に『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)で主演を務めたが、全国ネットのゴールデンで放送されたドラマにもかかわらず、全話平均視聴率4.5%という散々な結果に。

    「当時は、痛々しいほど激ヤセした姿に同情する声も出ていましたが、今回は、ふっくらとして健康的な姿に戻ったようにも見えました」(同)

    真木といえば、17年8月、コミックマーケットへの参加表明と同時に、フォトマガジンを販売するためのクラウドファンディングを呼びかけたことで「金儲けに走りすぎ」などと炎上。

    その後、出演予定だった映画を突然降板するなどの騒動も、記憶に新しいが……。

    「前例から考えて、メンタル的にもろい部分があると懸念される真木だけに、今回の主演ドラマも大爆死するようなことがあれば、精神面が心配です。とはいえ、今回のドラマは、真木のしゃべり方にこそ指摘する声が上がっていますが、内容に関しては『面白い』という意見も出ており、今後が期待できるドラマといえるでしょう」(同)

    レプロとしても、のんの独立騒動で悪い印象を世間に与えてしまっただけに、ここで真木がいい結果を出してくれれば、双方にとっていい展開になるのではないだろうか。
    【日時】2019年01月22日 18:21
    【提供】サイゾーウーマン





    booking.com



    【【真木よう子】移籍後初の連ドラ主演も「滑舌悪い」と酷評】の続きを読む


    NO.7202712
    森咲智美 ノーブラ状態でGカップ美巨乳を大胆露出
    森咲智美 ノーブラ状態でGカップ美巨乳を大胆露出
    「日本一エロすぎるグラドル」と称されるグラビアアイドルの森咲智美(26)が、ノーブラ姿で横乳をあらわにしたセクシーショットを公開。

    美しいバストラインと過激な露出に男性ファンが歓喜している。

    森咲は18日付の自身のInstagramに告知を書き込みながら「#インスタグラビア」などのタグをつけて画像を投稿。

    サイド部分が大きく開いた衣装からノーブラ状態の横乳があらわになっており、まるて「裸エプロン」のような過激ショットだ。

    森咲はGカップ爆乳の持ち主だが、ノーブラでもツンと上を向いたバストラインが浮かび上がり、惚れ惚れするような美巨乳ぶりを発揮している。

    下半身もヒップラインと程よくむっちりした太ももを大胆に露出し、色っぽい表情も相まって男心のツボを刺激。

    まさに「日本一エロすぎる」のキャッチフレーズにふさわしいセクシーショットといえる。

    これにネット上では「おっぱいええ形してるわー」「これはエロすぎ」「横乳がめちゃめちゃセクシー」「ボディラインが美しすぎる」などと興奮状態の絶賛コメントが殺到。

    極上のボディラインと横乳に悩殺される男性が続出しているようだ。

    先日Instagramなどで披露された、森咲自身の目線でおっぱいを撮影したセクシーショットも話題に。

    画面から胸の谷間が飛び出してきそうなド迫力ショットとなっており、Gカップ爆乳のボリューム感が伝わってくるカットに「すごいアングル!」「いい眺めすぎる」などとファンは大興奮。

    なかなか見ることができない「本人目線」ということもあってファンを大いに沸かせている。

    また、普段着と下着姿をセットで披露する「#これがこう」シリーズも好評。

    SNSで趣向を凝らしたセクシーショットを頻繁に投下し、ファンを楽しませるサービス精神を発揮している。

    これがさらに男性ファンを増加させることになり、人気はうなぎ上り状態になっているようだ。

    昨年、森咲は数々の雑誌で表紙やグラビアを飾り、初のソロ写真集『T&M』(ワニブックス)のリリースやキネマ旬報社主催『グラビア・オブ・ザ・イヤー2018』のグランプリ獲得など大活躍だった。

    今年も発売中の「エキサイティングマックス!Special」(ぶんか社)の表紙を飾り、カルチャー誌「QuickJapan」(太田出版)のグラビア企画に登場するなど、その勢いはまったく衰える気配がない。

    「日本一エロすぎるグラドル」というキャッチコピーは相当な重圧もありそうだが、誰も異論がないほどのセクシーさを見せつけることで不動の地位を築いたともいえる。

    今後も雑誌やSNSなどで披露される大胆な姿に注目だ。
    【日時】2019年01月18日 16:00
    【提供】メンズサイゾー








    【【森咲智美】ノーブラ状態でGカップ美巨乳を大胆露出】の続きを読む


    NO.5714966
    「2万円超えの7冊券」板野友美、写真集の特典に「えげつない」
    「2万円超えの7冊券」板野友美、写真集の特典に「えげつない」
    板野友美が8月25日、3冊目となる写真集『release』(講談社)を発売する。

    同書は、アイドルではなく“人間・板野友美”を重視した作品だといい、先攻公開された写真では、AKB48時代には見られなかった、お尻を大胆に露出した姿も披露している。

    「7月上旬に、写真集の発売が告知されると、ネット上では『音楽活動がうまくいかないから脱いだとしか思えない』『いまさら露出度の高い写真集を発売しても需要ない』など、否定的な声が飛び交いました。事実、板野が5月にリリースした最新シングル『♯いいね!』は、オリコン週間CDシングルランキングで初登場11位、推定売り上げ枚数7,045枚とパッとせず。そもそもシングルリリース自体、昨年4月の『HIDE&SEEK』以来1年ぶりで、同作も初登場11位という記録でした。世間的には、“過去の人”といったイメージが強いかもしれません」(芸能ライター)

    こうした中での写真集発売だが、ネット上では、大々的な“特典商法”にも、批判の目が向けられている。

    「発売記念イベントとしてお渡し会が実施され、購入する冊数によって特典が違う仕組みになっています。『1冊券』『2冊券』『3冊券』『5冊券』『7冊券』の5パターンが用意され、7冊券は2万412円で、『写真集7冊(サイン本1冊、サインなし本6冊)』『握手』『ポスター3種類(全種類)』『2ショットチェキ』がつくとのこと。昨今、1人のファンに同じ写真集を複数購入させる特典商法は珍しくないものの、“脱アイドル”と銘打った写真集でこうした売り方をすることに、ネットユーザーからは『えげつない』『恥ずかしいと思わないの?』『熱心なオタクが残ってるかどうか』といった冷ややかな声が噴出しています」(同)

    板野は、15年7月、芸能活動10周年を記念して、フォトブック『Tomomi Itano 10th ANNIVERSARY PHOTO BOOK Luv U』(主婦と生活社)を発売していたが、「売り上げ部数は3,000部程度で、出版社は大赤字だったという話も。今回の写真集では、肌の露出が多いため、男性ファンにはウケるかもしれませんが、それでも『もっと過激な写真じゃないと売れない』『また大赤字じゃない?』などと業界内でもっぱらのウワサです」(同)。

    果たして板野は、前評判を覆し、写真集の売り上げを伸ばすことができるのだろうか。
    【日時】2017年08月14日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン








    【【板野友美】「2万円超えの7冊券」写真集の特典に「えげつない」の声・・・】の続きを読む


    NO.7210814
    清水あいり、男を惑わす「関西弁あいうえお作文」が大反響!
    清水あいり、男を惑わす「関西弁あいうえお作文」が大反響!
    21日放送の『女が女に怒る夜2019愚痴始めSP』(日本テレビ系)に出演したグラビアアイドルの清水あいり(26)が、「エロすぎてヤバい」と話題になっている。

    この番組は、MCの上田晋也(48)に対して12人の女性ゲストが女のホンネをぶちまけるトークバラエティ。

    清水はコーナーゲストとして出演し、怒れる12人の女性タレントの前で破壊力抜群のセクシーテクニックを披露した。

    グラビア界屈指の「フィギュアボディ」と評判で、まん丸のHカップ美巨乳は「国宝級」とまで称される清水。

    大阪出身の彼女はおっとり口調の関西弁の使い手で、その柔らかボイスでも男性ファンをメロメロにする。

    今回話題のモテテクも、「男を惑わす関西弁あいうえお」だ。

    清水は「あいうえお作文」の要領で、男心をくすぐるセリフを披露。

    最初の「あ」は「あかん♪」で、清水はカメラをジッと見つめてやたらと艶っぽい表情を浮かべる。

    続けて、この「あかん」は「外で彼氏に抱きしめられたり、手を繋がれたりしたときに、『こんなとこで…あかん』って言う」と詳しいシチュエーションを説明した。

    さらに清水は「いやや♪」と、甘い吐息まじりで「い」を発表。

    これには上田も「このコーナー大好きかも」と思わずもらしており、一気に彼女の虜になっていた。

    ちなみに、「いやや」は「そろそろ帰ろうかって言われたときに、男性の服の裾をつまみながら『もう帰っちゃうん? いやや』って…」と使うそうだ。

    また、「う」は「うつってしもた」だとか。

    これだけだとよくわからないが、清水は「男性の仕草や口ぐせ」が、ついうつってしまったときに使うという。

    人は好感を抱く相手の表情などを無意識でマネすることがあると言われるが、それを清水はモテ技として実践しているのかもしれない。

    それから清水は、「終電間近になったときの『もうちょっとだけええやん』」の「ええやん」を発表。

    ラストの「お」は「ちょっと男らしい姿を見たとき」に使う「男の子やなぁ」で、最後まで艶っぽい魅力を発揮し続けるのだった。

    これにネット上の男性視聴者は、「エロすぎでしょ」「こんな“あいうえお”使われたらヤバい」「一気に好きになった」などと大盛り上がり。

    グラビアファンのみならず、これまで清水のことを知らなかった視聴者も目を奪われたようで、Twitterでは一時期「清水あいり」がトレンドワードの1位になるほどの大きな反響を呼ぶことになった。

    完成度の高い「あいうえお作文」を披露し、全国放送の特番で見事に結果を残した清水。

    実は彼女には、特技の琉球空手を生かした「童貞を殺す空手」など、今回のモテ技のほかにも持ちネタがいくつもある。

    極上ボディだけでなく芸達者な一面もある彼女は、今後バラエティ界で大暴れするのかもしれない。
    【日時】2019年01月22日 13:00
    【提供】メンズサイゾー





    【【清水あいり】男を惑わす「関西弁あいうえお作文」が大反響!】の続きを読む


    NO.7209902
    元NMB須藤凜々花が芸能界引退を発表 「哲学者」目指す
    元NMB須藤凜々花が芸能界引退を発表 「哲学者」目指す
    元NMB48でタレントの須藤凜々花(22)が、1月いっぱいで芸能界を引退することが21日、分かった。

    所属事務所がマスコミ各社に発表した。

    今後は哲学者を目指すという。

    関係者によると、昨年3月ごろから引退へ向けての相談を受けていた。

    夫婦仲は引き続き良好で、当面はドイツ留学のために国内の大学への進学を目指す。

    須藤は17年8月にNMBを卒業。

    昨年4月に20代の一般男性と結婚したが、同12月からは体調不良で仕事のキャンセルが続いていた。

    今月15日には「ほんわかテレビ」の収録に参加し、稼働できる状態に戻っている。

    29日には「ほんわかテレビ」の収録に参加予定。

    最後の仕事は31日、インターネットラジオ「渋谷WREP学園」の生放送になる。

    須藤は所属事務所を通じ、コメントを発表。

    「心身ともに、体調不良が続き、お休みを少しさせていただいておりましたが、1月いっぱいをもって、芸能活動を終了させていただくことになりました。突然のご報告になり、申し訳ございません」と報告した。

    さらに「私は、哲学者になるという夢を抱いて、NMB48に加入しました。そして、メンバー、スタ..



    【日時】2019年01月21日
    【ソース】デイリースポーツ







    【【須藤凜々花】芸能界引退を発表「哲学者」目指す】の続きを読む


    NO.7206268
    安位薫 ド迫力のHカップ爆乳大開放! 最新イメージ作の期待高まる
    安位薫 ド迫力のHカップ爆乳大開放! 最新イメージ作の期待高まる
    「週刊プレイボーイ」(集英社)の『次世代グラドル恵体番付』で東の横綱に選ばれたグラビアアイドルの安位薫(やすい・かおる/19)が、今月25日に通算3作目のイメージDVD&ブルーレイ『ピュア・スマイル』(竹書房)をリリースする。

    そのジャケット写真の「恵体」ぶりにグラビアファンが熱い視線を送っており、注目度が急上昇している。

    安位は昨年2月に水着グラビアデビューしたばかりの19歳。

    黒髪ショートカットの美形でまだまだ初々しい表情ながら、92センチのHカップ爆乳の持ち主というギャップ感が大きな魅力だ。

    『次世代グラドル恵体番付』では「恵体=類いまれな豊満バストやヒップを持ち、男性たちを魅了する」と定義されており、まさにその言葉通りのダイナマイトボディである。

    同番付で最高位の横綱に選ばれたことで話題性が一気に増しており、そんななかでリリースされる最新イメージ作は期待値が大きく上がっている。

    注目のジャケット写真は、恵体ぶりがいかんなく発揮された堂々たるビキニショット。

    Hカップの爆乳がまったく水着に収まりきっておらず、横乳や下乳がハミ出しまくっている。

    上半身や腰回りも男心をくすぐるグラマラス感を見せつけており、これでもかというほど逸材感を放っている。

    裏ジャケットでも、ビキニ姿やランジェリー姿でド迫力バストを大胆に露出。

    大事な部分がチラリしてしまいそうなほど鋭角な超ハイレグ水着をまとったカットもあり、3作目にして過激度は最高潮に達しているようだ。

    安位自身も「今までのDVDのなかで一番セクシーで自信作です!」とアピール。

    かなりの衝撃作となりそうである。

    これにネット上では「ロケットおっぱいがはみ出してる!」「胸がすごすぎる」「最高のカラダ」「食い込みがたまらん」などと絶賛コメントが殺到。

    ジャケット写真の時点で悩殺されてしまう男性が続出しており、最新イメージ作へのファンの期待がぐんぐんと高まっている。

    昨年10月には話題の「ZOZOスーツ」をまとった写真をTwitterに投稿し、あまりの胸のボリューム感に「巨乳を超えた爆乳」などと話題になったこともある。

    当然ながらHカップ爆乳に魅了されている男性が多いようだが、安位は2017年に事務所に入った当時はGカップ。

    それから現在はHカップにまで成長しており、これからまだ大きくなる可能性がある。

    「恵体番付」だけでなく「ボイン番付」でも横綱を狙えそうな勢いだ。

    昨年12月に「週刊プレイボーイ」に二度目の登場を果たした際には、人生初の「手ブラ」に挑戦。

    「恥ずかしすぎて赤面しました」と照れながらも脱ぎっぷりの良さは申し分なく、ルックス、ボディ、露出度の高さの三拍子を兼ね備えている。

    すでにグラビアデビュー当初から「グラビア界の次世代センター最有力」と業界内でも評価が高かった安位。

    過去最高にセクシーな最新イメージ作のリリースによって、ブレイクを決定付けることになるのだろうか。
    【日時】2019年01月20日
    【提供】メンズサイゾー





    【【安位薫】 ド迫力のHカップ爆乳大開放!最新イメージ作の期待高まる】の続きを読む


    NO.7209708
    中森明菜のトラウマ “金屏風事件” の代償
    中森明菜のトラウマ “金屏風事件” の代償
    平成元年

    平成元年が始まったのは1989年1月8日からだった。

    国内では初となる消費税、税率3%が施行されたのはこの年から。

    任天堂が『ゲームボーイ』を発売し、大ヒット。

    NHKはBS衛星第1・第2テレビの本放送を開始した。

    ファッションでは“渋カジ”やラルフローレンが大人気で、小説『TUGUMI』で作家の吉本ばなながブレイクし、村上春樹の『ノルウェイの森』も大ヒットする、小説の当たり年でもあった。

    そんな中、国民的漫画家・手塚治虫が死去。

    美空ひばりもこの世を去った年でもある。

    まだバブル景気がピークを迎えたこの年の芸能界で、一番の話題といえばこの2人の動向だったことは間違いないだろう。

    平成元年の7月11日、中森明菜(当時23歳)が近藤真彦(当時24歳)の自宅で衝撃の自殺未遂を起こしたことだった。

    仕事を終え六本木の自宅マンションに帰った近藤は、浴室に血まみれで横たわる明菜を発見。

    明菜の自傷状態は左肘内側に深さ2センチ、長さ8センチの深いもので、神経に達するほどの重傷だった。

    すぐさま慈恵医大病院に運ばれ、6時間にも及ぶ手術の結果、一命を取り留める。

    当時、現場を取材したベテラン記者..



    【日時】2019年01月21日 17:06
    【ソース】週刊女性PRIME





    【【中森明菜】トラウマ “金屏風事件” の代償】の続きを読む


    NO.7024620
    森咲智美 バストトップ以外ほぼ丸出し!凄まじい色気にファン大興奮
    森咲智美 バストトップ以外ほぼ丸出し!凄まじい色気にファン大興奮
    「日本一エロすぎるグラドル」として人気の森咲智美(26)が、本日発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の巻末グラビアに登場。

    自身初の「ヤンジャン」で、持ち前の色気と最強ボディを見せつけた。

    「強度」にこだわったという今回のグラビア。

    そのトップページで、森咲は超極小タイプのビキニを身につけて見事なGカップボディを見せつける。

    バストトップ以外ほぼ丸出しといった感じのビキニ姿で、初っ端から男を釘づけにするセクシーショットになっている。

    ページをめくると、変形タイプの水着をまとい大胆なM字開脚。

    丸々とした美巨乳が目を引くだけでなく、両手を上げてワキ全開の彼女は「早くきて…」とコチラを誘っているようで、すさまじい色気を感じさせるショットだ。

    また、スパンコールのド派手な水着を身につけたカットでは、いつにも増して化粧が濃いめで、アダルトな魅力を発揮している。

    その一方で、ツインテールでミニスカートをはいているカットでは、あどけない一面を披露。

    といっても、このツインテールカットでは半透明のブラをつけており、かなり刺激的な姿であることは間違いない。

    「全カットクライマックス」というキャッチコピーどおり、すべてが森咲らしいエロスを感じさせる今回のグラビア。

    森咲本人も、「王道青年誌でこんなにエロくて大丈夫かな?と思っちゃうほど森咲智美らしく攻めてます」とアピールしており、その言葉どおりの過激な仕上がりになっている。

    これにネット上のファンからも、「さすがのクオリティ」「やっぱりエロすぎます」「青年誌グラビアの限界では?」などと絶賛コメントが続出することになった。

    森咲といえば、22日にファースト写真集『T&M』(ワニブックス)が発売となったばかりで、こちらも大好評。

    その表紙はビーチをバックにした一糸まとわぬ全裸ショットで、これだけでもかなり衝撃的だ。

    さらに作中では丸裸で下半身だけを隠しているカットもあり、「限界突破」といえる脱ぎっぷりの良さを発揮した。

    名古屋のご当地アイドルからソログラドルに転身し、抜群のプロポーションと大人の色気を武器に瞬く間にトップグラドルの仲間入りを果たした森咲。

    今回、初登場の「ヤンジャン」で持ち前のエロスを見せつけた彼女には、これからもグラビア界を盛り上げ続けてほしいものだ。
    【日時】2018年10月25日 13:00
    【提供】メンズサイゾー
    【関連掲示板】





    booking.com



    【【森咲智美】バストトップ以外ほぼ丸出し!凄まじい色気にファン大興奮】の続きを読む

    このページのトップヘ