泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    社会・ニュース


    NO.8258049
    コロナ感染男性がパブで“驚くべき”行動 怒るオーナー「テロ以外の何ものでもない」
    コロナ感染男性がパブで“驚くべき”行動 怒るオーナー「テロ以外の何ものでもない」
    9日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、新型コロナウイルスに感染した男性の“驚くべき行動”を伝えた。

    愛知・蒲郡の50代男性は4日、陽性と判明したため医療機関から自宅待機を要請された。

    だが、周囲に「(ウイルスを)ばらまいてくる」と話し外出。

    居酒屋、パブをはしごした。

    番組では感染男性が訪れたパブの店内映像を放映。

    男性は電話で開店時刻を確認し、オープン15分前に到着した。

    店内ではおしぼりで顔、頭、耳を拭いた。

    店内の女性を指名すると、自分の上着を女性に着せようとしたり、肩に手を回したり、カラオケに興じた。

    2人でケータイを操作する様子も映っており、意図的に密着したと思われる行動だった。

    店内の様子が一変したのはオーナーからの電話だった。

    オーナー同番組の取材に「知人から連絡があり『今から駅前でばらまいてくる』と(感染男性が)息子に言ったみたい。その息子のお知り合いに連絡がいって『パブとパチンコ店、駅前、全部ばらまいてくるから』と。店に確認とったら、もう中にいるって…」と説明。

    オーナーに連絡した知人男性は「あしたから隔離だから、外出してはいけないと保健所から連絡あったんだけど、『みんなにうつしてくる』『つば吐きまくってくるわ』って言ってた」と状況を説明。

    オーナーに「入れたらアカン」と電話すると「もう入ってますよだった。一歩遅かった」と残念がった。

    知人男性は警察にも通報したいう。



    【日時】2020年03月09日 10:46
    【ソース】東スポWeb





    【【殺人未遂】コロナ感染男性がパブで“驚くべき”行動】の続きを読む


    NO.8247257
    「生活できない」感染者の勤務先公表、繁華街に激震
    「生活できない」感染者の勤務先公表、繁華街に激震
    大分県内で3日に初確認された新型コロナウイルス感染者に関し、大分市と県は勤務先である同市都町の飲食店名を公表した。

    店や周辺に行った人などへ注意喚起を促すための店名公表だったが、これを受け、周辺の飲食店では予約のキャンセルが相次ぎ、自主休業に追い込まれる店も出ている。

    感染予防に必死な行政側の対応が風評被害につながるという“悲劇”が生まれている。

    感染した30代女性が勤務する飲食店が入居するビルでは3日夜、営業を示すテナントの飲食店の看板がいくつも消えていた。

    ビル内の他の店に対し市保健所は通常営業を認めているが、ある居酒屋は公表後に15人のキャンセルが出て、休業を決めた。

    60代の女性店主は「万が一感染が拡大して、お客さんに迷惑をかけてはいけないから」。

    近くの別の居酒屋でも男性店長(42)が「店を閉めるしかないが、1カ月同じ状態が続いたら生活できない。勤務先の名前を出すなら、近隣の店舗の対応についても具体的に指示してほしかった」と語った。

    都町のあるキャバレーには3日夜、「(感染が確認された女性は)この店で働いていなかったか」「都町は危ないから飲みに行けない」などの電話が10件以上あったという。

    この店は当面営業を続ける方針だが、出勤女性の数を10人から5人に半減。

    接客時にマスクを着けさせるわけにはいかず、従業員の待合室に除菌用のウエットティッシュを置いて対応するという。

    勤務する女性(24)は「得意客に『うちの店は大丈夫』と連絡しても、返事は『しばらく行けない』ばかり。これから花見や歓送迎会で客が増えるはずだったのに」とうなだれる。



    【日時】2020年03月05日 09:58
    【ソース】西日本新聞
    【関連掲示板】





    【【武漢肺炎】「生活できない」感染者の勤務先公表、繁華街に激震】の続きを読む


    NO.8180988
    クルーズ船、全員検査は是か非か 揺れる政府の見解
    クルーズ船、全員検査は是か非か 揺れる政府の見解
    3500人余りの乗客乗員が待機を強いられているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。

    新型コロナウイルスの感染者拡大に伴い、全員に対するウイルス検査の是非をめぐって政府内で見解が揺れている。
    乗客には重症化リスクの高い高齢者や持病のある人が多く、全員を検査すれば感染者の早期発見にメリットがある。

    一方、検査の処理能力には限界がある上、結果的に待機期間が延びる可能性もあり、難しい判断を迫られているようだ。

    「国民の不安や懸念にしっかり対応していくことが大事。できるのであれば、やっていきたい」。

    加藤勝信厚生労働相は10日の記者会見でこう述べ、クルーズ船の乗客乗員全員の検査を検討していることを明らかにした。

    感染者の増加に伴い、検査の必要性を指摘する声も寄せられているという。

    一方、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は同日、「現状では厳しいものがある。発熱などの症状が出ている人、高齢の人を中心に先行して検査を行いたい」と全員の検査は困難との異なる認識を示した。

    検査態勢追いつかず

    船内での感染者は、10日に65人増えて135人に一気に拡大した。

    政府内で見解が揺れているのも、感染者の増加に歯止めがかからない中、検査態勢が追いつかない現状があるからだ。

    政府関係者も「他の場所で集団感染が発生した場合に対応できなくなる恐れがある」と危惧する。

    厚労省は3日からの検疫作業で、検査対象を従来の基準にのっとり、(1)発熱やせきの症状がある人(2)有症者の濃厚接触者(3)途中下船後に感染が判明した香港の男性の濃厚接触者−に限定。

    当初は273人だったが、船内待機が長引くにつれ、体調不良を訴える人が相次ぎ、10日までに439人に膨らんだ。

    まだ検査待ちの人もいるという。



    【日時】2020年02月11日 18:51
    【ソース】産経ニュース





    booking.com



    【【クルーズ船】全員検査は是か非か 揺れる政府の見解】の続きを読む


    NO.8165410
    救護品、韓国のほうが多く送ったのに…中国、日本だけに「感動」と言った理由
    救護品、韓国のほうが多く送ったのに…中国、日本だけに「感動」と言った理由
    私は非常に感動した。

    感染症は一時的なものだが、友情は末永いものだ「4日午後3時(現地時間)、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に対する質疑応答中、」支持と理解に感謝し、心に刻みたい「と話した。華報道官が公開的に謝意を表した国は日本だった。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)の表現を借りれば」長年の宿敵に対する珍しい発言だった。

    これはたくさんの日本人が駐日中国大使館SNSに残した応援コメントをどう思うかという質問に対する答えだった。

    華報道官は前もって準備でもしていたかのように日本はごく初期に我々を助けるために何でもすると明らかにしたとし、マスクや保護服など日本が送った救護品を一つひとつ挙げた。

    そのわずか6時間前、シン海明・駐韓中国大使が韓国の湖北省発旅行客入国制限措置に対して評価しないと述べたこととは比較される。

    日本も韓国と同じ水準の入国制限をしているためだ。

    華報道官は5日の定例記者会見では防疫物品を支援した21カ国を列挙して韓国にも謝意を表した。だが、前日の日本だけに対する「特別な感謝」とは表現の程度が違った。

    成均館(ソンギュングァン)大学成均中国研究所の5日の報告書によると、韓国企業約20社が中国に送った寄付と救援物資は約8926万人民元(約14億579万円)相当だ。日本の後援額(4652万人民元)より多い。

    これに関連して、韓中関係の限界が再び表面化したという指摘だ。韓国外大国際地域大学院のカン・ジュンヨン教授は「中国の立場では、文在寅(ムン・ジェイン)政府が中国と近づくといいながらも、一帯一路構想など韓国と戦略的協力が必要な側面では実際に進展がないという不満と失望感がある。これについて韓国に対しては圧迫戦術が有効だと考えたのだろう」と分析した。

    原則のない韓国政府の対応も問題だった。2日、新型コロナ対策を発表しながら、観光ビザの発行や旅行警報発令などをめぐって一進一退したことは、政府が習近平中国国家主席の訪韓成功などのために中国を意識しすぎているような印象を与えた。昨年12月の韓中首脳会談時は中国が文大統領の発言をわい曲して発表したにもかかわらず、政府は公開的な批判さえしなかった。



    【日時】2020年02月05日 06:50
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】








    【【笑える】救護品、韓国のほうが多く送ったのに…中国、日本だけに「感動」と言った理由】の続きを読む


    NO.8165472
    眞子さま、お気持ちは変わらず「100%結婚します」
    眞子さま、お気持ちは変わらず「100%結婚します」
     秋篠宮家の長女、眞子さま(28才)の「結婚の延期」が2018年2月6日に文書で発表されてから、丸2年が経った。当時、お気持ちを記した文書には、こう記されていた。

    《私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、(中略)再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました》

     その「再来年」が、ついにやってきた。ある皇室関係者は、「この2年間は、皇室という環境がいかに閉じられた世界であるかを改めて痛感した」と語る。

    「世間では、小室圭さん(28才)とのご結婚によって眞子さまが幸せになられるのか、心配する声があふれてきました。しかし、結果的には、そうした声は眞子さまのお耳には一切、届いていらっしゃらない。もしお聞きになられていても、まったく意に介されてはいないように、周囲にはお見受けされるようです。

     眞子さまは、留学中の小室さんと熱心にご連絡を取られ、心が離れるどころか、ますます“約束の2年後”を待ち遠しく思われてきたようです。いよいよ今年に入り、3年前に行われた婚約内定会見で明かされたような『温かく笑顔あふれる家庭』が目の前に迫ってきていると、喜ばれていらっしゃるそうです」

     結婚についての発表がいつあるのか──それが今、皇室メディアの間で関心事になっている。

    《昨年(2018年)の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております》

     秋篠宮さま(54才)は昨年11月の誕生日会見で、そう語られた。秋篠宮家の当主がそうおっしゃっているのだから、世間では近々、「何らかの発表」がされると受け止められている。

    「順当にいけば、5月のゴールデンウイーク前の発表になるのではないでしょうか。2月23日には天皇陛下が60才の誕生日を迎えられます。令和になって初めての天皇誕生日という大変おめでたい雰囲気の中で、水を差すような発表はしづらいことが、理由の1つ。もう1つは、4月中旬に、秋篠宮家にとっての晴れ舞台となる『立皇嗣の礼』がありますから、影響が出ないように、それが終了してからの発表になるとみられます」(皇室記者)



    【日時】2020年02月06日 07:00
    【ソース】NEWSポストセブン





    【【洗脳】眞子さま、お気持ちは変わらず「100%結婚します」】の続きを読む


    NO.8141569
    「二日酔い」運転の摘発急増 秋田県警まとめ 昨年は最大3倍増
    「二日酔い」運転の摘発急増 秋田県警まとめ 昨年は最大3倍増
    昨年1年間の飲酒運転摘発で、通勤時間帯が最大3倍と急増したことが秋田県警本部のまとめでわかった。

    「一晩寝たから平気だ」と二日酔いでも運転してしまう人が少なくないが、摘発されれば高額な罰金や免許の停止・取り消しと停職や免職、事故を起こせば命にもかかわり、代償は計り知れない。

    交通指導課によると、昨年1年間の飲酒運転摘発総数は332件で、前年比35件、前々年比で80件増。

    警察庁の方針を受けて県警も飲酒運転取り締まりを強化したことが増加の背景にあるが、同課は「これはあくまで氷山の一角に過ぎない」と強調する。

    同課によると、最近は繁華街近くの駐車場に止めた車で仮眠したり、帰宅して就寝しても二日酔い状態で運転したりして摘発される人が増えている。

    時間帯別摘発件数をみると20〜22時23件、22〜24時29件、0〜2時56件、2〜4時38件、4〜6時28件、6〜8時46件、8〜10時26件、10〜12時17件、12〜14時13件、14〜16時18件、16〜18時23件、18〜20時15件。

    終日に及んでいるが、一般的な飲酒後時間帯20〜2時が108件と3分の1を占め、平成30年は297件中93件、29年も252件中103件と多い。

    一方、一般的な通勤時間帯の6〜8時は昨年が46件、30年35件、29年16件と、2年で3倍になっている。

    8〜10時も昨年26件、30年32件、29年14件で、急増したことがわかる。

    「飲みすぎたり遅くまで飲んだりすれば二日酔いになる。一晩寝ても、体内に基準以上のアルコールが残って運転すれば飲酒運転になる」と同課。

    アルコール依存問題などに取り組むNPO法人アスクによると、日本酒1合のアルコールが分解されるには個人差があるが、大まかに男性で4時間、女性は5時間かかるとされる。

    飲酒運転で摘発されれば、仕事にもかかわる。

    県教委は昨年6月、50代男性教諭を懲戒停職1年にした。

    男性は夕方からウイスキーをボトル半分ほど飲み、10時間以上睡眠を取ったが、翌朝出勤時に摘発された。

    停職処分でざっと700万円の年収も失った。

    12月には県警の20代男性署員が摘発され依願退職。

    署の宴会で午後11時まで飲み、翌朝8時半に車で出勤後、上司が酒臭いのに気付き呼気検査して判明した。

    同課は「二日酔い運転で対向車線にはみ出して正面衝..



    【日時】2020年01月27日 16:04
    【ソース】産経ニュース
    【関連掲示板】







    【【悲報】「二日酔い運転」の摘発急増!!!】の続きを読む


    NO.8126797
    韓国、0.00000000696ミリシーベルトを問題視する背景
    韓国、0.00000000696ミリシーベルトを問題視する背景
    2020年の幕開けとともに、韓国による“放射能五輪”キャンペーンが激化している。

    1月6日には、韓国で「サイバー外交使節団」を自称する民間団体VANKがソウル・日本大使館建設予定地の壁に貼り出したポスターが物議を醸した。

    防護服姿の人物が聖火を掲げて走る絵柄に、「TOKYO 2020」の文字を重ねたデザインだったからだ。

    東日本大震災以降、日本が放射能に汚染されていると主張し、世界に印象付けるかのような韓国の活動は、民間だけに限らない。

    韓国政府は2011年の福島第1原発の事故を受け、2013年9月から日本の8県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉)のすべての水産物と、14県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、神奈川、長野、埼玉、山梨、静岡、新潟)の農産物のうち27品目を輸入禁止にしている。

    日本はこの輸入規制が非科学的であるとして世界貿易機関(WTO)に提訴した。

    すでにこれらの県の水産物や農産物から原発由来の放射性物質はほぼ検査機器の測定限界以下にまで下がっているからだが、昨年4月に日本が敗訴するという想定外の事態となった。

    あまり知られていないが、韓国の規制は、上記の「輸入禁止..



    【日時】2020年01月22日 07:00
    【ソース】NEWSポストセブン
    【関連掲示板】





    【【韓国】0.00000000696ミリシーベルトを問題視する背景は?】の続きを読む


    NO.8137220
    中国新型コロナウイルスから脱出 28日にも武漢にチャーター便 在留日本人帰国、全日空が担当
    中国新型コロナウイルスから脱出 28日にも武漢にチャーター便 在留日本人帰国、全日空が担当
    中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を受け、日本政府が、28日にも武漢市の在留邦人を帰国させるためのチャーター機を運航することが分かった。

    成田−武漢の定期便を飛ばす全日本空輸が担当する見通し。

    政府関係者が26日夜、明らかにした。



    【日時】2020年01月26日 21:25
    【ソース】産経新聞





    【【漸く】中国新型コロナウイルスから脱出 28日にも武漢にチャーター便で在留日本人帰国、全日空が担当】の続きを読む

    このページのトップヘ