泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    事件


    NO.8258049
    コロナ感染男性がパブで“驚くべき”行動 怒るオーナー「テロ以外の何ものでもない」
    コロナ感染男性がパブで“驚くべき”行動 怒るオーナー「テロ以外の何ものでもない」
    9日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、新型コロナウイルスに感染した男性の“驚くべき行動”を伝えた。

    愛知・蒲郡の50代男性は4日、陽性と判明したため医療機関から自宅待機を要請された。

    だが、周囲に「(ウイルスを)ばらまいてくる」と話し外出。

    居酒屋、パブをはしごした。

    番組では感染男性が訪れたパブの店内映像を放映。

    男性は電話で開店時刻を確認し、オープン15分前に到着した。

    店内ではおしぼりで顔、頭、耳を拭いた。

    店内の女性を指名すると、自分の上着を女性に着せようとしたり、肩に手を回したり、カラオケに興じた。

    2人でケータイを操作する様子も映っており、意図的に密着したと思われる行動だった。

    店内の様子が一変したのはオーナーからの電話だった。

    オーナー同番組の取材に「知人から連絡があり『今から駅前でばらまいてくる』と(感染男性が)息子に言ったみたい。その息子のお知り合いに連絡がいって『パブとパチンコ店、駅前、全部ばらまいてくるから』と。店に確認とったら、もう中にいるって…」と説明。

    オーナーに連絡した知人男性は「あしたから隔離だから、外出してはいけないと保健所から連絡あったんだけど、『みんなにうつしてくる』『つば吐きまくってくるわ』って言ってた」と状況を説明。

    オーナーに「入れたらアカン」と電話すると「もう入ってますよだった。一歩遅かった」と残念がった。

    知人男性は警察にも通報したいう。



    【日時】2020年03月09日 10:46
    【ソース】東スポWeb





    【【殺人未遂】コロナ感染男性がパブで“驚くべき”行動】の続きを読む


    NO.8247257
    「生活できない」感染者の勤務先公表、繁華街に激震
    「生活できない」感染者の勤務先公表、繁華街に激震
    大分県内で3日に初確認された新型コロナウイルス感染者に関し、大分市と県は勤務先である同市都町の飲食店名を公表した。

    店や周辺に行った人などへ注意喚起を促すための店名公表だったが、これを受け、周辺の飲食店では予約のキャンセルが相次ぎ、自主休業に追い込まれる店も出ている。

    感染予防に必死な行政側の対応が風評被害につながるという“悲劇”が生まれている。

    感染した30代女性が勤務する飲食店が入居するビルでは3日夜、営業を示すテナントの飲食店の看板がいくつも消えていた。

    ビル内の他の店に対し市保健所は通常営業を認めているが、ある居酒屋は公表後に15人のキャンセルが出て、休業を決めた。

    60代の女性店主は「万が一感染が拡大して、お客さんに迷惑をかけてはいけないから」。

    近くの別の居酒屋でも男性店長(42)が「店を閉めるしかないが、1カ月同じ状態が続いたら生活できない。勤務先の名前を出すなら、近隣の店舗の対応についても具体的に指示してほしかった」と語った。

    都町のあるキャバレーには3日夜、「(感染が確認された女性は)この店で働いていなかったか」「都町は危ないから飲みに行けない」などの電話が10件以上あったという。

    この店は当面営業を続ける方針だが、出勤女性の数を10人から5人に半減。

    接客時にマスクを着けさせるわけにはいかず、従業員の待合室に除菌用のウエットティッシュを置いて対応するという。

    勤務する女性(24)は「得意客に『うちの店は大丈夫』と連絡しても、返事は『しばらく行けない』ばかり。これから花見や歓送迎会で客が増えるはずだったのに」とうなだれる。



    【日時】2020年03月05日 09:58
    【ソース】西日本新聞
    【関連掲示板】





    【【武漢肺炎】「生活できない」感染者の勤務先公表、繁華街に激震】の続きを読む


    NO.8137220
    中国新型コロナウイルスから脱出 28日にも武漢にチャーター便 在留日本人帰国、全日空が担当
    中国新型コロナウイルスから脱出 28日にも武漢にチャーター便 在留日本人帰国、全日空が担当
    中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を受け、日本政府が、28日にも武漢市の在留邦人を帰国させるためのチャーター機を運航することが分かった。

    成田−武漢の定期便を飛ばす全日本空輸が担当する見通し。

    政府関係者が26日夜、明らかにした。



    【日時】2020年01月26日 21:25
    【ソース】産経新聞





    【【漸く】中国新型コロナウイルスから脱出 28日にも武漢にチャーター便で在留日本人帰国、全日空が担当】の続きを読む


    NO.8098179
    「経営者として三流、犯罪者なら一流」のゴーンは日本に何を残したか
    「経営者として三流、犯罪者なら一流」のゴーンは日本に何を残したか
    ■ゴーンは皇帝ではない「カルロス・ゴーン逃亡」のニュースは、メディア閑散期の日本の年末を大いに騒がせた。

    逃亡の方法や詳細は諸説入り乱れており、いまだ判然としないし、トルコでは関与したとされる航空会社の幹部が逮捕されている。

    保釈条件に違反して逃げた逃亡者=ICPO(国際刑事警察機構、インターポール)国際手配犯であるため慣例に従って、以下敬称は付けない。

    犯罪の結果の懲罰を恐れる関係者の口は堅いであろうし、捜査機関による解明にも相当な時間がかかるであろう。

    ただ、ゴーンが二重(多重)国籍を活用し、1000億円とも噂される蓄財の一部を使ってプロの犯罪チームを雇うなど、「一般国民とはかけ離れた特権」を駆使して逃亡したのはほぼ間違いないと思われる。

    二重国籍の不公平さについては、4月12日の記事「ゴーン氏妻の出国が示した、事件とは違うもうひとつの『論点』」で詳しく述べた。

    したがって、フランス国民が「ゴーン逃亡に肯定的だ」などというアンケート結果を公表しているメディアの話は眉唾ものだと考えている。

    実際、12月21日の記事「年金改革でパリが炎上中、日本でも改革を行えるのか?」で述べた様に、フランス..



    【日時】2020年01月12日
    【ソース】現代ビジネス
    【関連掲示板】








    【【ゴーン】経営者として三流、犯罪者なら一流?】の続きを読む


    NO.8094100
    「悲劇、許されない過ち」イラン大統領、撃墜認める
    「悲劇、許されない過ち」イラン大統領、撃墜認める
    イランの首都テヘランで8日に墜落したウクライナの旅客機について、イラン国営テレビは11日、誤って撃墜したことを認める軍当局の声明を発表した。

    旅客機が革命防衛隊の施設の近くを飛行したために起きた「人的ミス」で、撃墜の意図はなかったとしている。

    ロウハニ大統領はツイッターに「大きな悲劇で許されない過ちだ」と投稿し、「深い哀悼」の意を表明した。

    イラン側が撃墜を認めたことで、国際社会を巻き込んだ問題は収束に向かう見通しとなった。

    撃墜されたのはウクライナ国際航空のキエフ行きボーイング737−800型機で、現地時間の8日早朝にイランの首都テヘランの空港を離陸した直後に墜落、乗員乗客176人全員が死亡した。

    カナダのトルドー首相は9日、同盟国など複数の情報機関の分析として「イランから地対空ミサイルが発射され、撃ち落とされたことを示す証拠がある」と述べ、原因究明を要求。

    トランプ米大統領も「誰かが間違いを犯した可能性がある」と撃墜の可能性を示唆していた。

    欧米の疑念が強まるなか、イラン側は「イランに対する心理戦だ」などと関与を否定していた。

    イランは革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」..



    【日時】2020年01月11日 14:34
    【ソース】産経新聞





    【【悲劇】「許されない過ち」イラン大統領、撃墜認める】の続きを読む


    NO.8050106
    娘と性交、父に懲役6年 眠る妻の隣での行為は「悪質」
    娘と性交、父に懲役6年 眠る妻の隣での行為は「悪質」
     実の娘(当時17)と性交したとして監護者性交等罪で起訴された三重県名張市の男(45)の判決が24日、津地裁であった。

    平手一男裁判長は「甚だ非常識で卑劣」として懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。

     判決によると、男は8月20日、自宅で同居する娘と性交した。男は3年ほど前から酒に酔うと性的行為を繰り返しており、妻が眠っている隣で就寝中だった娘と性交をしたのは「大胆で悪質だ」と指摘した。



    【日時】2019年12月24日 18:31
    【ソース】朝日新聞デジタル








    【【近親相関】娘と性交、父に懲役6年 眠る妻の隣での行為は「悪質」】の続きを読む


    NO.7899808
    「障害者だからって許されると思うな」大阪府の支援学校教員が生徒に暴言、処分へ
    「障害者だからって許されると思うな」大阪府の支援学校教員が生徒に暴言、処分へ
     大阪府教育庁は23日、府立特別支援学校の40代男性教諭が中学部の男子生徒に、「障害者やからって許されると思うな」などと暴言を吐いたと明らかにした。

    同庁は「教諭として許されない人権侵害だ」として、教諭の処分を検討している。

     同庁支援教育課によると教諭は9月、教室内で男子生徒の歩行介助のために手を差し出した際、関節の変形症があった自身の指を強くつかまれて激高し、暴言を吐いた。

    「ぶん殴るぞ」とも発言し、座っていた生徒を押すなどした。

     居合わせた同僚教諭が教頭に報告。同校は生徒の保護者に謝罪した。

    教諭は自宅待機中。「激痛で冷静になれなかった」と話し、退職の意向という。



    【日時】2019年10月23日 20:53
    【ソース】産経WEST







    【【正論】「障害者だからって許されると思うな」】の続きを読む


    NO.7886958
    池袋暴走事故 88歳元院長「パーキンソン症候群」の疑い
    池袋暴走事故 88歳元院長「パーキンソン症候群」の疑い
    東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が手足の震えや筋肉のこわばりが起きる「パーキンソン症候群」に罹患(りかん)していた疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は加齢による身体機能の衰えや認知症など別の病気の有無も調べ、運転操作への影響について詰めの捜査を進めている。
     19日で事故から半年。警視庁は早ければ年内にも自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検する方針。捜査関係者によると、飯塚元院長は片脚の具合が悪く通院していた。パーキンソン症候群と似た症状もあり、医師は「運転は許可できない」と伝えていた。事故後には別の医師が、パーキンソン症候群の疑いがあると判断した。



    【日時】2019年10月19日 05:30
    【ソース】スポーツニッポン





    【【なにがなんでも無罪に導く】池袋暴走事故加害者「パーキンソン症候群」だと⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ