泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    政治


    NO.6557648
    マレーシアのロスマ夫人と安倍昭恵 国を傾かせた首相夫人の共通項
    マレーシアのロスマ夫人と安倍昭恵 国を傾かせた首相夫人の共通項
    今年5月のマレーシア下院議員選挙で大敗し、政権の座を追われたマレーシアのナジブ・ラザク前首相が7月3日、政府系ファンド「1マレーシア・デベロップメント・ブルハド」(以下、1MDB)の資金を不正に流用した疑いで逮捕された。政権明け渡しからまだ2カ月。事態のあまりの急展開とナジブ氏の急転落は、平家物語の冒頭にある一節「おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし」のくだりをも思い出させる。

    1957年の英国からの独立以来61年にわたり、マレーシアは最大与党「統一マレー国民組織」(UMNO)を軸にした与党連合による超安定政権が国を運営し続けてきた。 今回、92歳で再び首相に返り咲いたマハティール首相も、この超安定政権の枠組みのなかで、22年にわたりマレーシアを統治してきた経験を持つ。

    ナジブ氏もマハティール氏も、かつては共にUMNOの幹部として、同じ釜の飯を食ってきた仲間。ナジブ氏が政権の座を追われたことで、これを、“落としどころ”とするのだろうと思われた。いわば、金持ちケンカせずというわけだ。しかしマハティール氏は、終始一貫してナジブ氏の汚職を追及し続け、ついに今回の逮捕につながった。

    ナジブ氏を輩出したラザク家は、「マレーシアのケネディ家」とも称される名門中の名門。第2代首相で「マレーシア発展の父」と呼ばれたアブドゥル・ラザクがナジブ氏の父親で、第3代首相フセイン・オンは叔父に当たる。さらにさかのぼれば、ナジブ氏の母方の祖父は、マレーシアに最初にできたカジノで財を成し、UMNOの誕生を資金面で支えた人物である。

    翻って我が日本の安倍晋三首相も、母方の祖父が岸信介元首相、大叔父が佐藤栄作元首相で実父が安倍晋太郎元幹事長と、そうそうたる政治家を輩出した政治家一家出身であり、その点ではナジブ氏に似ていなくもない。しかし、日本の大学でも学んだことのある、ある親日家のマレーシア人は、「共に、ファースト・レディの妻の言動に振り回されている点でも、非常に似通っていますね」と、苦笑気味に語るのだ。

    学校法人「森友学園」の国有地売却をめぐる一連の騒動は現在進行中の問題であり、安倍昭恵夫人の関わりがあったか否かの論評は、ここでは控えよう。

    【日時】2018年07月16日 15:15
    【提供】デイリーニュースオンライン





    【【下げマン】マレーシアのロスマ夫人と日本の昭恵夫人「国を傾かせた」首相夫人の共通項=一国の長たるもの「妻の言動」には要注意】の続きを読む


    NO.6555540
    あきれた…野党の「災害ズル休み」
    あきれた…野党の「災害ズル休み」
    西日本の各地を襲った「平成30年7月豪雨」は、記録的な被害をもたらした。多くの人は当初、これほどの被害が出るとは予想しなかったのではないか。

    雨が降り始めた7月6日朝、私は新幹線で大阪に向かっていたが、車内アナウンスは「遅れが出ている」程度だった。

    それが途中から「新大阪から先は運休になります」に変わり、新大阪駅に到着したのは結局、品川駅を出てから5時間後だった。

    普段の倍以上である。

    その後も雨は降り続け、被害は同夜から翌朝にかけて拡大していった。

    亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者のみなさまには、心からお見舞いを申し上げたい。

    これから生活再建だけでなく、心のケアも重要になる。とりわけ、高齢者には行政が目配りしてほしい。

    大災害を目の当たりにして、改めて感じるのは河川や橋といったインフラの弱さだ。

    かつて、民主党政権は「コンクリートから人へ」を叫んでいた。だが、こうなると、やはりコンクリートは重要である。

    河川の氾濫や土砂崩れを抑えられれば、かなりの被害は軽減できただろう。美辞麗句だけでは、暮らしの安全・安心は確保できない。

    安倍晋三政権はこの..



    【日時】2018年07月14日
    【ソース】zakzak





    booking.com



    【【あきれた…】野党の「災害ズル休み」=ゴールデンウィーク18連休に続き夏季休暇】の続きを読む


    NO.6556709
    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに
    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに
    米国の“押し売り”じゃないか――。

    防衛省が国産開発を目指している次期戦闘機について、米国の軍用機メーカー「ロッキード社」が13日正式に提案した、ステルス戦闘機「F22」に基づく共同開発。

    そのせいで、今までの国内での開発費用がムダになるとの指摘が出ている。

    防衛省は、2030年ごろから退役する戦闘機「F2」の後継機「F3」を造るため、09年から研究を続けてきた。エンジンやレーダー開発、実証実験などに投じた費用は約1400億円。

    しかし、開発費だけで1兆〜2兆円ものコストがかかるため、共同開発を検討する方向にシフトし、名乗り出た企業のひとつが米ロッキードだった。

    元陸自レンジャー隊員の井筒高雄氏がこう言う。

    「米国は、軍用機の共同開発において主導権を握ってきた。『F3』の共同開発によって、日本は国産開発で培った技術を米国側に見せることになるが、投資に見合うだけの結果を得られるとは思えません。三菱重工などの国内メーカーが開発の主導権を握ることができないのが現状です。仲間に入れてもらって、手の内を明かした結果、体よくあしらわれる可能性は高いでしょう」



    【日時】2018年07月16日
    【ソース】日刊ゲンダイ








    【【米国の言うことは...】米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに...】の続きを読む


    NO.6550239
    文大統領「米朝、約束破れば国際社会から厳しい審判」 韓国
    文大統領「米朝、約束破れば国際社会から厳しい審判」 韓国
    シンガポールを国賓訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、シンガポール東南アジア研究所(ISEAS)が主催するシンガポールレクチャーに招待され、オーチャードホテルにて「韓国とASEAN:東南アジアの平和と繁栄のためのパートナー」をテーマに演説した。

    文大統領はこの日の演説で、南北経済協力を「シンガポールにない、世界どの国にもない、韓国にとってまた一つの機会」と紹介。

    続けて「韓国は、朝鮮半島の完全な非核化と平和を基盤に新たな経済地図を描いていくだろう」とし、「南北は経済共同体に向けて歩んでいる。自身の実力を公正に発揮できる国として、平和のために繁栄が花開く朝鮮半島をつくり上げていく」と述べた。

    この日、文大統領は傍聴者より朝鮮半島の未来平和保障、韓・ASEAN関係、兵役問題などに関する質問を受けた。

    これに、文大統領は「国際社会の前で、米朝首脳が自ら交わした約束を守らなければ、国際社会から厳しい審判を受けることになるだろう」とした上で、「両首脳が国際社会と約束を交わしたため、実務交渉の場でいくつかの紆余曲折があったとしても、結局は首脳らの約束は守られると信じている」と言及した。
    【日時】2018年07月13日 17:07
    【提供】WoW!Korea





    【【どの面下げて...】文大統領「米朝、約束破れば国際社会から厳しい審判」 韓国】の続きを読む


    NO.6553176
    韓国、竹島のインフラ事業や認知度向上に88億円投入
    韓国、竹島のインフラ事業や認知度向上に88億円投入
    2018年7月10日、韓国・KBSによると、韓国政府は今年、竹島の生態系復元や認知度向上など64の竹島関連事業に883億ウォン(約88億円)を投入する。

    韓国政府は同日、李洛淵(イ・ナギョン)首相主催の独島(竹島の韓国名)持続可能利用委員会を開き、3次独島基本計画に基づいた今年の施行計画を審議、確定した。

    最も多い予算が割り当てられた分野は、竹島関連のインフラ事業で、全体の82%に当たる728億ウォンが投入された。

    ここには2022年の完工を目標に建設されている鬱陵島の空港や周回道路、港の開発事業も含まれている。

    その他、竹島の認知度を向上させる事業に66億ウォン、竹島の情報館建設と生態系の復元にそれぞれ63億ウォンと16億ウォンが投入されるという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは「独島を日本から守らなければならない。独島に李舜臣(イ・スンシン:文禄・慶長の役で朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したとされ、韓国で英雄視されている人物)像を建てよう」「独島に湾港施設と大型ヘリポートを建設し、有事の際に備えたレーダーとミサイル基地を造るべき」「独島に宿泊施設を造って外国人向けの観光事業を実施するのもよ..



    【日時】2018年07月15日
    【ソース】Record China





    booking.com



    【【日本のために整備】国、竹島のインフラ事業や認知度向上に88億円投入=ありがとね】の続きを読む


    NO.6554356
    蓮舫「被災地にクーラーより宿泊施設を借り上げるべき!」←既実施
    蓮舫「被災地にクーラーより宿泊施設を借り上げるべき!」←既実施
    西日本豪雨により被災地では多くの方々が今でも避難所生活を強いられております。

    そして、雨の被害の後は今度は猛暑というとんでもない地獄に耐えなければなりません。

    現地では連日の暑さに加え、近隣とのプライバシーの問題もあり、日々刻々と体力を消耗しつつあります。

    そんな中、蓮舫議員が発言した内容が物議を醸しております。

    ークーラーより宿泊施設を

    総理視察の直前に避難所にクーラーが設置されたとのツイッターに、経産大臣が随分とお怒りの様子で、かつ上から目線のような書きぶりで反応されていたが、もはや避難所にクーラーのレベルではなく、災害救助法上のみなし避難所の旅館・ホテルを借り上げ、被災者の居場所を確保すべきです。
    ― 蓮舫・立憲民主党 (@renho_sha) 2018年7月13日

    事の発端は、以前ツイッターで、安倍首相の視察前に被災地では急遽クーラーが設置されたという「怪しい噂」に対し経済産業大臣が大激怒したというニュース。

    それ対する蓮舫議員のコメントは「災害救助法上のみなし避難所の旅館・ホテルを借り上げ、被災者の居場所を確保すべきです。」と、クーラーよりも宿泊施設を借り上げろという内容のもので..



    【日時】2018年07月15日 10:15
    【ソース】秒刊SUNDAY





    【【勉強不足】蓮舫「被災地にクーラーより宿泊施設を借り上げるべき!」←政府により実施済み】の続きを読む


    NO.6552524
    公共事業60%削減の蓮舫、災害後「公共事業にもっと金を使え」
    公共事業60%削減の蓮舫、災害後「公共事業にもっと金を使え」
    蓮舫議員の手のひら返しが酷い。

    事業仕分けで公共事業の予算を散々削っておきながら災害が起きてから主張を変え始めた。

    ■時系列で紹介。
    スーパー堤防を視察する蓮舫、「仕分けの対象として分かりやすい」として予算を削減する気満々。

    同じく民主党の緒方林太郎が「スーパー堤防はスーパー無駄遣いということで」と半笑いで宣言したことも有名になった。

    予算をカットする理由は「100年に一度の災害に備える意味が分からないから」というもの。

    しかし、「100年に一度」という数字に根拠はなく、その災害が本当に起きてしまうことになる。

    予算を分析してみると民主党政権下になってから約60%も削減された。

    さらに民主党は保育士の給与アップに年間2,800億円を振り分ける案を公表。

    主な財源は公共事業の削減というとんでもない計画だった。

    さて、ここまでの紹介で蓮舫議員をはじめ民主党がいかに間違え続けたかが分かるだろう。

    しかし話が酷くなるのはここから。

    なんと蓮舫は自分の過去の悪事を棚に上げて主張を180度変えたのだ。

    蓮舫「環境変化、天候変化に応じた今そこにある一次産業、生活。その公共事業やインフラにお金..



    【日時】2018年07月14日
    【ソース】netgeek





    【【認知症】公共事業60%削減の蓮舫、災害後手のひらを反して「公共事業にもっと金を使え」=自分のやった事を忘れたのか?】の続きを読む


    NO.6549557
    金委員長、日本へ拉致問題の調査結果「再説明」を指示
    金委員長、日本へ拉致問題の調査結果「再説明」を指示
    金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が、「日本人拉致問題に関する調査結果を日本側へ再度説明せよ」と指示したことがわかった。

    日韓の複数メディアが12日、報道した。

    報道によると、崔成龍(チェ・ソンリョン)拉北者家族会代表の発言を引用し、崔氏が北朝鮮・平壌の消息筋よりこのような情報を入手したという。

    これを通して、金院長は日本側がこの調査結果を受け入れることを先決条件とし、日朝間の対話が成立すると伝達したものとみられる。

    一方、北朝鮮の調査結果が日本を満足させるかどうかについては「依然、懐疑論として残っている」とメディアは分析した。
    【日時】2018年07月13日 09:47
    【提供】WoW!Korea





    【【どうせ...】金委員長、日本へ拉致問題の調査結果「再説明」を指示】の続きを読む

    このページのトップヘ