泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    経済


    NO.6916015
    自民党税調会長 自動車税の引き下げ検討
    自民党税調会長 自動車税の引き下げ検討
    自民党の宮沢税調会長は来年度の税制改正に向けて、消費税率10%への引き上げによる消費の落ち込みを防ぐため、自動車税の引き下げなどを検討する方針を示しました。

    宮沢会長は、来年10月に消費税率を10%に増税した際に消費の落ち込みを防ぐ対策を検討していく考えを強調しました。

    その一つとして、「自動車の取得、保有に掛かる税金が他の国に比べて高いのは確かだ」と述べ、地方財政に影響を与えずに自動車税を引き下げられるかどうか議論を始める方針を明らかにしました。

    また、食料品などの消費税率を据え置く軽減税率の導入には約1兆円必要な財源のうち6000億円が確保できていないため、年末に向けて議論を進める考えを示しました。



    【日時】2018年09月07日 08:02
    【ソース】テレ朝news





    【【朗報】自民党税調会長 自動車税の引き下げ検討】の続きを読む


    NO.6881280
    電子マネーやクレジットカードなど現金使わない決済に税優遇を検討
    電子マネーやクレジットカードなど現金使わない決済に税優遇を検討
    政府は21日、電子マネーやクレジットカードなど現金を使わない決済手段を普及させるため、地方の中小小売店への税制優遇措置などを検討していることを明らかにした。

    秋に産業界と有識者が参加する新たな官民協議会を設立し、具体的な支援策を議論する。

    海外から出遅れているキャッシュレス化を後押しする。

    経済産業省によると、2015年の日本の非現金決済の比率は18%で、韓国の89%、中国の60%と比べて低い。

    現金自動預払機(ATM)をはじめ金融機関の負担が大きいほか、訪日外国人観光客の利便性を下げている。

    普及の足かせは、現金を好む国民性のためなどと指摘されている。



    【日時】2018年08月21日 17:38
    【ソース】共同通信





    【【朗報】現金使わない決済に税優遇を検討=電子マネーやクレジットカードなど...】の続きを読む


    NO.6869818
    ZOZO前澤社長、食の専属アシスタント募集に「愛人募集すんな」
    ZOZO前澤社長、食の専属アシスタント募集に「愛人募集すんな」
    ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長は8月16日、自身の公式SNSを更新し、「食のプライベートアシスタント」を募集すると発表した。

    全国のおいしいレストランの情報を収集し、実際に食べ歩き、味がよかった店舗に前澤社長を連れていく−−といった業務を担うという。

    アシスタントは地域を問わず、日本全国を食べ歩き、おいしいお店を探す。

    料理のジャンルも不問で、「高級、B級、ご当地、何でも、とにかくおいしいものを食べまくるお仕事です」としている。

    レストランを予約・手配したり、SNSで食に関する情報を発信する業務も行う。

    レストランのシェフやオーナーとのコミュニケーションも任せる。

    アシスタントが選定した飲食店と前澤社長が、同社長の出身地、千葉県で共同事業を始める可能性もあるという。

    ■業務委託契約、応募期間は31日まで
    募集要項によると、定員は1人で、報酬は「能力と経験により応相談」。

    スタートトゥデイへの入社ではなく、業務委託契約を結ぶ形となる。

    求められる能力は「食が好き」「舌が良い」「お酒の嗜みがある」「コミュニケーション能力が高い」「営業力がある」「元気で健康」−−と多岐にわたっている。

    応募期間は8月16〜31日。

    書類審査、スタッフとの一次面接、前澤社長との最終面接を経て内定となる。

    前澤社長は「前澤の『食』に関する知識や造詣をさらに深めるためのお手伝いをお願いします」「3度の飯より飯が好き!という方のご応募をお待ちしています」としている。

    前澤社長が9日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。

    交際中の女優・剛力彩芽(25)との食事を公開した。

    前澤氏はアワビやフカヒレ、トリュフといった高級食材を使った豪華な料理の写真を連続して投稿。

    デザートの後には「おなかいっぱい」の言葉とともに、剛力の満足そうな表情をアップした。

    ネットの反応
    ・金余ってんだな
    ・秘書にやらせろよ
    ・人に頼って食通気取りか
    ・まじかよゴーリキちゃんと一緒に飯食えるなら行ってやるわ(´・ω・`)
    ・どうせ若くてきれいな娘を選ぶんだろ
    ・公然とカキタレ募集w
    ・新しい玩具探してる 剛力飽きたか
    ・もうお払い箱かよw
     >勘ぐられるよな
    ・しかしまあ、この社長の道楽、女好きが見え見えバレバレ。
    ・社長目当ての女性が殺到するから女性の方が応募多そう、剛ちゃんピンチ
    ・女性が選ばれたら剛力さんがインスタで更にややこしくなりそう
    ・公然と愛人募集すんなや
    ・男でも女でも微妙な野心家しか来なさそう
    ・飲食を次の事業への展開として、全飲食費を合法的に経費にする作戦だろ
    ・体悪くしそうな仕事やなあ・・・
    ・こいつ友達少ないの?
    ・渡部でいいんじゃない
     >ほんと、専属契約を結べばいいのにな。
    ・本当の食通が馴染みの店をお前に教えるわけねーだろ
    ・たぶん晩年は、紀州のドンファンみたいになるんだろなw
    >3度の飯より飯が好き!
    ・こんな寒い奴と一緒に行動せにゃならんのは辛いだろw
    ・前澤の接待をずっと続けると思うと精神病むわ。
    ・結局会社というのは社長役員を崇拝できるかできないかで全く精神負担が違う宗教施設だしな。
    ・金があるときは周りからチヤホヤされ、なくなった瞬間に誰もいなくなるだろうな 貧乏人の僻みですが
    ・もうだれかれかまわず構って欲しくてたまらんみたいだなw
     >ZOZOTOWNの宣伝だよ ずっとマスコミは前澤の報道するやん
    ・売れなくなった芸能人が沢山応募したら面白いな
    ・太鼓持ちが欲しいんだろ カラテカの入江とか
    ・早い話 剛力に飽きた だよね
    ・いいじゃん 金持ちはどんどん無駄遣いしろよ
    >業務委託契約
    ・これな いつでも終了できる思いつき企画w
    ・「ぼくは100万以下のワインは飲まないんですよ、場所変えましょう」とか平気で抜かしてたらしいな
    ・こいつに格付出てほしい GACKTにボコボコにされて 写る価値無しになってほしい
    ・ランチパックでも食っとけよ

    ■「100万円以下のワインは」
    前澤はまだ40代に入ったばかり。

    伸び盛りの数年前までは、「人たらし」が行き過ぎることもあった。

    2012年の9月頃のこと。前澤は東京・表参道の高級レストランで、株主だった大手企業にまねかれ、幹部ら3人と食事をしていた。

    この幹部は、スタートトゥデイがまだ規模が小さい頃から目をかけてくれて、出資を働きかけたり、有名ブランドが出店するように口をきいてくれた「恩人」だ。

    「次は何を飲みましょうか」。

    ホスト側が提案すると、前澤はこう話したという。

    「僕は最近、100万円以下のワインは飲まないんですよね。こちらの店にはないようなので、店を変えてみませんか」

    ホスト役である幹部はその場で激高こそしなかったものの、次の店には行かず、そのまま解散になった。

    それ以降、このメンバーでの会食は開かれずじまいになっているという。

    ツイッターで、商品の送料がかかることを「詐欺」だとつぶやいた利用者に、ただで商品が届くと思うな、と返信をし、問題になったのも同じ年の出来事だ。

    この頃から前澤は言動に慎重になりはじめた、と近しい 人物は話す。
    【日時】2018年08月17日
    【提供】gossip!





    【【愛人募集】ZOZO前澤社長、食の専属アシスタント募集に「愛人募集すんな」!!!】の続きを読む


    NO.6837825
    韓国自動車メーカーが危ない!韓国メディア「すべて中国のせい」
    韓国自動車メーカーが危ない!韓国メディア「すべて中国のせい」
    2018年7月30日、東北網は、韓国GMが倒産の危機に晒されており、韓国メディアからは「すべて中国のせい」との声が出ていると報じた。

    記事は「韓国・群山市の韓国GM工場が閉鎖した。報道によると、その大きな原因は、中国の自動車市場が熱を帯び続けており、米GM(ゼネラル・モーターズ)が戦略の核を中国へ、上海GMをはじめとする合弁企業へとシフトしたからだという。この状況にともない、韓国にあるGM工場の戦略的地位が急速に低下したというのだ」と伝えている。

    さらに、「米GMは韓国GMに対し、黒字転換を見据えた赤字削減を条件に28億ドル(約3120億円)という巨額投資の意向を示したが、実際は赤字続きの韓国GMに対する信頼度を大きく下げている。もし韓国GMが清算となれば、韓国国内に約20万人の失業者を生むことになる」とした。



    【日時】2018年08月01日 08:20
    【ソース】Record China








    【【またまた他人のせい】韓国自動車メーカーが危ない!韓国メディア「すべて中国のせい」】の続きを読む


    NO.6837794
    高過ぎる物価にあえぐ韓国人、サラリーマンはランチに外食できず
    高過ぎる物価にあえぐ韓国人、サラリーマンはランチに外食できず
    2018年7月31日、環球時報は、物価上昇の圧力により、韓国人が外食ランチを控えているとする韓国メディアの報道を伝えた。

    韓国の英字紙コリア・タイムズは30日、「物価の上昇がサラリーマン家庭に影響している。これまで会社付近の飲食店で食事していた会社員が外食を取りやめざるを得なくなり、会社の食堂で昼食を取るようになった。政府は収入増で消費を刺激し、経済成長を実現しようとしているが、最低賃金の上昇に伴って農作物の価格も高騰しており、消費者からは『給料が上がっても、購買力がなくなった』との不満が出ている」と報じた。

    ある調査によると、韓国で現在会社内の食堂でランチをとる社員の割合は36.8%で前年より3.2ポイント上昇したほか、昼食を持参する社員が8.3%、コンビニで昼食を買う社員が7.8%いることが分かったという。

    慶北日報は、「人件費と全材料価格の高騰などによって韓国の加工食品や飲食店のメニュー価格が上昇している」と指摘。

    韓国消費者院が先日発表したデータでは、6月には韓国の大衆消費加工食品30種のうち17種の製品が昨年より値上がりしたという。

    SBSテレビは、「近ごろの物価高騰は主に、酷暑による野..



    【日時】2018年08月02日 11:30
    【ソース】Record China








    【【無策の大統領】高過ぎる物価にあえぐ韓国人、サラリーマンはランチに外食できず】の続きを読む


    NO.6840501
    UFJ銀行 小銭を客に数えさせ、銀行側は硬貨計測器を使い炎上
    UFJ銀行 小銭を客に数えさせ、銀行側は硬貨計測器を使い炎上
    三菱UFJ銀行に大量の小銭を持ち込んだところ、とても理不尽な目にあったと一人の男性が写真をアップした。

    ■「自分で数えてください」
    まず窓口に小銭を持ち込むと驚いたことに自分で数えるように指示された。

    てっきり硬貨計測器(コインカウンター)で一瞬にして数え終わるのかと思ったのだが、手作業で仕分けしていく。

    そして数え終わってから書類を記入して提出。

    すると行員はなんと硬貨計測器を使って一瞬で数え終わり「5円違うので書類をもう一度はじめから書き直してください」と言ったのだ。

    であるならば、なぜ自分が数えさせられたのか意味がわからない。

    怒りを覚えた男性は入金を諦めてコンビニの募金箱に全額を寄付した。

    実はこのエピソードを披露したのは編集者の柿内芳文さん。

    光文社で「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の編集を担当した後に「嫌われる勇気」「ゼロ」「インベスターZ」「君たちはどう生きるか」を世に送り出している。

    1枚目の写真を見ると左下に三菱UFJ銀行という文字が確認できる。ぎりぎり写り込むように撮ったのは計算かそれとも偶然か。

    ネット上ではこの話が拡散され、似たような経験があるとま..



    【日時】2018年08月04日
    【ソース】netgeek





    【【殿様】UFJ銀行 小銭を客に数えさせ、銀行側は硬貨計測器を使い炎上】の続きを読む



     ECの拡大で宅配便の再配達問題がクローズアップされ、にわかに注目を集めている宅配ボックス。最近ではスマートフォンで解錠操作が行えたり、納入記録をブロックチェーン上に記録するといった高度な「IoTボックス」も登場している。しかし、宅配ボックスは37年前に誕生したときから“つながっていた”ことはあまり知られていない。そして今、それが便利なシェアリングサービスや再配達問題の対策につながっていることも。

    ●宅配ボックス誕生のきっかけは労働時間問題

     フルタイムシステム(東京都千代田区)は、1983年に「フルタイムロッカー」の名称で集合住宅向け宅配ボックスを初めて商業化した「宅配ボックスのパイオニア」だ。ハードウェアの設計からソフトウェア開発まで自社で行うが、同社の原周平副社長は「メーカー」ではなく「サービスプロバイダー」と表現する。

     理由は宅配ボックス開発のきっかけにも関係している。「フルタイムシステムの前身はマンションの管理会社です。70年〜80年代、マンションの入居者に届く荷物は管理人室で預かっていました。しかし、預かりメモを入れてもいつ受け取りに来るか分かりません。当時は住み込みの管理人さんもいて、夜中に荷物を取りに来られると大変。(管理会社として)対応を考えなければいけませんでした」(原副社長)

     管理人に代わって荷物を預かり、入居者は24時間いつでも受け取れる——そんな仕組みとして宅配ボックスを考案した。開発に際しては事前にテストマーケティングを行い、マンションに届く宅配物の大きさや数を検証、ボックスのサイズを決定したという。

     「当時はネット通販などありませんから、郵便局が扱うミカン箱サイズの荷物か、お中元、お歳暮が中心。またゴルフバッグやスキー板の入るロングボックスも必要でした」。サイズが異なる複数のボックスを用意し、マンション全体で共用する。「今で言うシェアリングの先駆けです」(原氏)

     宅配ボックスには、いつでもコールセンターにつながる電話の他、荷物を入れたり、取り出したりした際に証明となる紙のレシートを発行する機能などを備えた。専用回線を使ってコールセンターから集中管理を行い、例えばレシートの紙が切れそうになったり、ボックスの扉が開かないといった不具合があるとすぐにセンターに警報が届く。遠隔操作でボックスの扉を開閉できるなど、リモート管理に対応した高度なシステムだった。同社は「ロボットシステム」と名付けた。

     「当時の専用回線は毎月12万〜13万円はしました。ごついカメラも設置していたのでコストはかかります」。費用をかけてもトラブル対応を重視したのは「管理会社のロジック」だ。管理を業務の中心と捉えている同社は、今も「サービスプロバイダー」を名乗り、開発する宅配ボックスはコールセンターとつながることを前提にしている。

     「管理会社だったころから社内では『即時対応と安心感』というキーワードがあります。トラブルは小さいうちに素早く対応し、早期に解決する。このスタンスは今でも変わりません」(原氏)。結果として、宅配ボックスを「作って売る」だけの競合他社との明確な差別化になったという。

     ただし、宅配ボックスも登場してしばらくは認知度や制度、慣習に阻まれて使われないケースが多かった。受取人のサインや印鑑がもらえない宅配ボックスに荷物を入れるかどうかは運送会社次第。荷物の取扱量が多い郵便局も使わないケースが多かった。

     創業者の原幸一郎社長は、「普及のためには国に認めてもらう必要がある」として郵政省(当時)に働きかけ、2年越しの交渉を実らせる。93年、「配達ボックスの普及促進に関する調査研究会」が発足。翌94年には全国の郵便局に対し、宅配ボックスへの預け入れを可能とする通達が出て、ようやく“お墨付き”を得た。「これが(宅配ボックスの)一番の転機だったと思います」と原副社長。99年には郵便規則改正により、宅配ボックスは指定場所配達と認められた。


    【日時】2018/07/27 07:00
    【ソース】ITmedia NEWS











    「宅配ボックスだけでは解決できない」 業界のパイオニアが挑む「再配達ゼロ」への道
    「宅配ボックスだけでは解決できない」 業界のパイオニアが挑む「再配達ゼロ」への道  ニコニコニュース
    (出典:ニコニコニュース)


    ゲームの目的である。運送中にはライバルの運送会社からの妨害が入り、これを回避・排除しながらゲームを進める。 ジローの働くドン亀宅配会社…しかし、そこには、悪の宅配会社ジャクニク通運の魔の手がせまる。 本作は時間内に荷物を届ける、宅配(デリバリー)アクションゲームである。カーアクションを基本とし
    6キロバイト (922 語) - 2015年3月12日 (木) 04:25



    (出典 ecnomikata.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2018/08/02(木)22:53:37 ID:a4W

    彡(゚)(゚)「あー、不在票入っとるわ。明日営業所に取りに行くやで」

    翌日

    S川「宅配しておいたぞ。いなかったから不在票入れておいたぞ。持ち出し中だから営業所に来ても無駄だぞ」

    彡(゜)(゜) 「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)


    【【再配達問題】日本の宅配会社とかいう救いようのない馬鹿】の続きを読む


    NO.6538767
    総理、10兆円枠設けましょう!…自民・若手が提言
    総理、10兆円枠設けましょう!…自民・若手が提言
    自民党の若手議員らが安倍晋三総理大臣に来年度の予算編成で消費税引き上げの対策として10兆円規模の特別枠を設けるよう求める提言を手渡しました。

    自民党・安藤裕議員:「来年、消費税増税も控えているので、そ..



    【日時】2018年07月07日 07:06
    【ソース】テレ朝news





    booking.com



    【【消費税引上げ準備】総理、10兆円枠設けましょう!…自民・若手が提言】の続きを読む

    このページのトップヘ