泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    IT・科学



    (出典 portal.st-img.jp)






    1 ■忍【LV28,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :19/11/15(金)14:44:18 ID:???


     法律で宣伝、広告の禁止が定められているNHKが、中国のファーウェイ製品を大々的に宣伝している。
    以前にも韓国のサムスン製品を宣伝していたことで問題視されていたが、今回も同様の「性能・価格」が強調されており、
    とても報道のためとは思えない内容だ。

    (以下略)

    全文コピー禁止(1/3程度まで)掲示板やまとめは「続きは・・・」等の誘導必須
    https://ksl-live.com/blog27344 .

    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 103◆ !max700
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572488930/
    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------


    【【広告】NHKがファーウェイの新型スマホを宣伝「安い!高精細!急速充電!」、日本の皆さんへの熱いメッセージも放送される】の続きを読む


    NO.7760721
    ネッシー、存在せず=正体は巨大うなぎか−科学者チーム
    ネッシー、存在せず=正体は巨大うなぎか−科学者チーム
    【ロンドン時事】「ネッシー」は存在しなかった−。英北部スコットランドのネス湖で目撃情報が相次ぎ、20世紀最大の謎の一つとなった「未確認生物(通称ネッシー)」をめぐり、国際的な科学者チームは5日、「正体はおそらく巨大なうなぎだ」と発表した。未知の生物の存在を示す科学的な証拠は「全く見つからなかった」という。

     調査はニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授らのチームが実施。ネス湖の約250カ所でサンプルを採取し、水中に存在する膨大な量の生物由来のDNA(環境DNA)を調査・分析した。

    ゲメル教授は5日の記者会見で「大量のうなぎのDNAを発見した」と説明。「うなぎが通常よりも極端に大きく成長する可能性もある」と指摘した。ただ、教授は「よく分からない点も多くある」とも述べ、さらなる解明の必要性を訴えた。



    【日時】2019年09月05日 19:41
    【ソース】時事通信







    【【悲報】ネッシー、存在せず=正体は巨大うなぎか???】の続きを読む


    【五輪を語る 産経新聞特別記者・佐野慎輔】観客のためにも暑さ緩和させる方策を - サンケイスポーツ
    暑いときに暑苦しい話も恐縮だが、避けては通れない。「去年の酷暑と比べたら…」という声も聞く。しかし、今年の夏も危険な暑さ。日陰を求め、ペットボトルは片時も手放…
    (出典:サンケイスポーツ)



    (出典 www.obayashi-road.co.jp)








    1 ガーディス ★ :2019/08/09(金) 05:50:33.26

    2019年8月9日 0時09分
    東京オリンピック・パラリンピックに向けた暑さ対策が、「逆効果」になる可能性もあるという研究結果です。

    道路の表面温度を下げるとして整備が進められている「遮熱性舗装」の効果を専門家が検証した結果、人が立つ高さの気温は通常の舗装よりも上がるケースがあったことがわかりました。専門家は「選手や観客の熱中症のリスクが高まるおそれがある」としています。

    道路の「遮熱性舗装」は、路面に白などの塗装を施し太陽光を反射させることで表面温度の上昇を抑える対策で、東京都や国は、オリンピックのマラソンコースを含む100キロを超える道路で整備を進めています。

    熱中症の対策に詳しい東京農業大学の樫村修生教授の研究グループは先月と今月、晴れた日の日中に「遮熱性舗装」と「通常の舗装」の路面で、気温の差を比較する調査を行いました。

    その結果、「遮熱性舗装」を施した表面温度は、「通常の舗装」に比べて10度前後低くなり、これまでの国などの調査と同じような傾向でした。

    しかし、高さ50センチと1メートル50センチ、それに2メートルの空間の気温を計測した結果、「遮熱性舗装」のほうが、いずれも平均の気温が高くなっていたことがわかりました。

    「遮熱性舗装」の上の空間は、特に日射が強かった日には平均の気温が1.5度前後高くなり、最大で3度以上高い時間帯もあったほか、熱中症を予防するための指標となる「暑さ指数」も高くなりました。

    樫村教授は、「遮熱性舗装」は太陽光を反射させやすいため、表面温度は下がる一方、反射した熱の影響で、人が立つ高さでは気温が上昇したと分析しています。

    そのうえで、「遮熱性舗装は熱中症のリスクを減らすと言われてきたが、昼間の日射があるときには逆効果で、オリンピックでは、選手や観客などのリスクを高めることが考えられる。国や東京都は、このデータを受け止め、遮熱性舗装の効果を検証するとともに対策を立ててほしい」と指摘しています。

    一方、国土交通省は、「遮熱性舗装」と「通常の舗装」の違いについて、平成28年にそれぞれの道路上の空間の「暑さ指数」を調査して比較した結果を公表しています。

    公表された暑さ指数のグラフでは時間帯によって「遮熱性舗装」のほうが高くなっているものの、調査で誤差が出やすく、おおむね1度以内の差で収まっているなどとして、「有意な差とは言えない」と結論づけています。

    そのうえで、国土交通省は、「アスリートが実際に走って温度を低く感じたと評価されるなど、さまざまな調査を総合すると、遮熱性舗装には暑さを緩和する効果があると考えている」とコメントしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012028891000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【研究】東京五輪の暑さ対策で道路を白く塗ったら「逆効果」だった可能性 国交省「総合的には効果がある」】の続きを読む


    NO.7547174
    充電中のスマホが爆発、22歳男性が左手失う ベトナム
    充電中のスマホが爆発、22歳男性が左手失う ベトナム
    17日、東南部地方ドンナイ省ディンクアン郡在住の男性(22歳)がモバイルバッテリーで充電しながらスマートフォンを使用していたところ、スマートフォンとモバイルバッテリーの両方が爆発し、男性の左手が吹き飛ばされる事故が発生した。

    この事故により、男性は左手の手首から先を失った。

    男性は手から多量に出血し、顔と胸部にも軽傷を負ってドンナイ省トンニャット総合病院に入院し、引き続き治療を受けている。

    同病院のグエン・トゥオン・クアン医師は、男性の左手はほぼ原形を留めておらず、やむなく切断手術を行ったと話した。男性の容体は安定しており、5日ほどで退院できる見込みだ。

    クアン医師によると、充電中にスマートフォンを使用して爆発し、手などを負傷する事故はしばしば起きているが、今回のけがはこれまでで最も深刻なケースだという。

    クアン医師は、同様の事故の再発を避けるため、充電しながらスマートフォンを使用しないよう注意喚起している。



    【日時】2019年06月20日 04:37
    【ソース】VIET JO








    【【韓国品質】ベトナムで充電中のスマホが爆発し22歳男性が左手失う(´;д;`)】の続きを読む


    NO.7512972
    韓国LGのバッテリーが爆発! 韓国でも電子たばこ爆発
    韓国LGのバッテリーが爆発! 韓国でも電子たばこ爆発
    2019年6月4日、韓国・時事ジャーナルによると、電子たばこに装着されていた韓国LG化学の製造したバッテリーが爆発し、韓国人男性1人が顔に重傷を負う事故が発生した。

    韓国で電子たばこ爆発による被害が確認されたのは初めてという。

    記事によると、被害者はソウルに住む20代の男性で、3月10日に自宅で電子たばこを吸おうと過熱スイッチをオンにしたところ、顔の前で電子たばこが「ボン」という大きな音をたてて爆発した。

    これにより男性は右目下の骨や鼻の骨などを骨折、鼻の右側の軟骨を損傷・破裂、やけどするなどの重傷を負った。

    男性は2回の手術を終え、9月にも再建手術を受ける予定だが、病院側は「完全に元どおりになる可能性は低い」と話しているという。

    男性は現在、LG化学に損害賠償を請求する訴訟を準備している。

    男性は特に、同社の事故後の対応を問題視しているという。

    男性側は「LG化学は韓国内での事故発生に備えた処理手続きを用意しておらず、事故発生から2カ月もたった後に爆発したバッテリーを回収しにくるなど、事故の調査に誠実でなかった」と主張している。

    一方、LG化学は爆発したバッテリーセルの危険性を認めつつも..



    【日時】2019年06月05日 10:50
    【ソース】Record China
    【関連掲示板】





    【【韓国品質】韓国LGのバッテリーが爆発!韓国でも電子たばこ爆発】の続きを読む


    NO.7441483
    がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?
    がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?
     ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

     全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

     英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

     2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

     医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

     ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

     ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。

     連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。獣医はジョーさんに、次のように説明した。

    「偶然、犬の駆虫薬..



    【日時】2019年05月04日 09:26
    【ソース】日刊ゲンダイDIGITAL


    【【ホンマかいな?】がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?】の続きを読む


    NO.7440365
    中国の病院には”男性の精液を搾り取る”マシーンがある!
    中国の病院には”男性の精液を搾り取る”マシーンがある!
    エロとテクノロジーで知られる日本にもこんなのない。

    ない? ないよね?

    中国の病院にピンクのイソギンチャクの口みたいなのが内蔵されているマシンがあるとネットがざわついています。

    Lad Bibleによると、どうやら男性の体液を採取するための電動ホールみたいなものなんですが、なんでそんなものがあるのでしょうか?

    ■病院でピーーーーーなんてしたくない
    男性が体液を病院に提出する理由はいくつかありますが、一般的に、新鮮な体液を提出するためには、個室に入ってひとりでコトを済ませないといけないわけです。

    ところが、中には「ひとりでなんてしたくない」という人もいるわけで…。

    そこで誕生したのが、このマシン。

    どこの『デモリションマン』だよ、と言いたくなるほどの近未来感に溢れるテックが『ふたりエッチ』な動きを再現して体液を搾り取ってくれるのだそうです。

    とりあえず、マシンが動く様子を動画でご覧ください。

    「中国の会社によると、これはクリニックで使う自動精液摂取マシンだそうだ。ドナーが病院の提供する環境でマス(中略)ションするのを嫌がったら使うらしい」

    この衝撃的な映像は瞬く間に拡散され、多数の..


    【日時】2019年05月02日 22:00
    【ソース】ギズモード・ジャパン








    【【笑えるwww】中国の病院には”男性の精液を搾り取る”マシーンがある!】の続きを読む


    NO.7435679
    韓国『Galaxy S10 5G』が自然発火 サムスン「製品には問題ない」
    韓国『Galaxy S10 5G』が自然発火 サムスン「製品には問題ない」
    【簡単に説明すると】
    ・サムスンの『Galaxy S10 5G』が自然発火
    ・サムスンは「製品に問題ない」と調査結果
    ・過去にもサムスンのGalaxyでは発火が問題になっていた

    サムスンのスマートフォン『Galaxy S10 5G』が自然発火したと所有者が報告している。

    4月30日、SNSに「購入して1週間足らずで、『Galaxy S10 5G』が自然発火した。サムスンは払い戻しや交換に応じてくれなかった」と写真と一緒に投稿。

    『Galaxy S10 5G』の画像を見ると中心部分は黒焦げになっているのがわかる。

    これに対してサムスンは「該当製品を回収しレントゲン分析を終えたが外部の原因による痕跡が明白で、製品の不具合ではなかった」と語った。

    ほかにこのような問題を経験した消費者はいないと主張している。

    『Galaxy S10 5G』は4月5日に発売されたばかりの高性能スマートフォン。

    サムスンのスマートフォンでは過去に『Galaxy note 7』や『Galaxy S7』が発火問題が起きていた。
    【日時】2019年05月02日
    【提供】ゴゴ通信





    booking.com



    【【韓国品質】『Galaxy S10 5G』が自然発火 サムスン「製品には問題ない」と...】の続きを読む

    このページのトップヘ