泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    エンタメ


    NO.7130997
    「君の名は。」から3年ぶり 新海誠監督 最新作は「天気の子」
    「君の名は。」から3年ぶり 新海誠監督 最新作は「天気の子」
    新海誠監督(45)が13日、都内で最新作「天気の子 Weathering With You」(2019年7月19日公開)の製作発表記者会見を行った。

    製作陣や声の出演者にあわせて、ポスタービジュアルも発表された。

    「君の名は。」(2016)から3年ぶりとなる待望の新作は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。

    東京にやってきた家出少年・帆高は不思議な力を持つ少女・陽菜と出会う。

    美しく、切なく描かれる二人の恋は、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれている。

    声の出演には主人公の森嶋帆高役に舞台「弱虫ペダル」(17)主演などを務めた醍醐虎汰朗(18)、陽菜役にはドラマ「獣になれない私たち」(日テレ系・後10・00)などに出演した森七菜(17)がオーディションで選ばれた。

    キャラクターデザインは「君の名は。」に引き続き田中将賀が担当。

    作画監督はスタジオジブリの作品に多く携わり「猫の恩返し」(2002、監督森田宏幸)、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」(16−18、総監督安..



    【日時】2018年12月13日 17:00
    【ソース】スポーツニッポン
    【関連掲示板】








    【【お手並み拝見】「君の名は。」から3年ぶり 新海誠監督 最新作は「天気の子」】の続きを読む


    NO.7016115
    吉岡里帆の出演映画が大爆死!NGワードの多さに同情の声も…
    吉岡里帆の出演映画が大爆死!NGワードの多さに同情の声も…
    阿部サダヲが主演、吉岡里帆がヒロインを務めた映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が“空席祭り”になっているようだ。

    同作は阿部演じるドーピングで声を作っているロックンローラーと、吉岡演じる声が小さすぎるストリートミュージシャンの物語。

    今月12日に公開されたものの、初週の興行ランキングでは初登場12位と、まさかのトップ10圏外だった。

    「精力的に宣伝していたのに、この結果では大爆死です。興行10億円を目標に掲げていたようですが、このままでは10分の1程度になりそうです」(映画関係者)

    吉岡といえば、男性ファンが多い一方で、なぜか女性ウケが良くない。

    いわく「グラドル上がりなのにあざとい」「腹黒い」。

    誰が吹聴したかは不明だが、まるで伝言ゲームのように浸透してしまっている。

    今回の映画も男性からは「吉岡里帆かわいすぎ」と絶賛の声が飛んでいるが、女性の評価は手厳しいようだ。

    不運な部分もある。

    芸能関係者の話。

    「周りが彼女に対して気を使いすぎなんですよね。本人は気難しいタイプでもないのに……。彼女のイメージが芳しくないのは、環境のせいもあると思いますよ」

    例えば、テレビでインタビューを行う際、インタビュアーには事前に「ネットで炎上している話はNG」や「グラドル時代の話はなしで」と通達されるという。

    「本人はその話も全然していいのに、周りが勝手に判断してNGにしている。所属事務所というより、宣伝会社ですね。彼女はグラドル上がりと言われていますが、役者としての下積みは長い。そのあたりの苦労話をしてもいいように思いますが、こちらも『過去の話はなしでお願いします』とオーダーがくる。これではインタビューで綺麗ごとしか話せませんよ」(テレビ関係者)

    結果、彼女の意外な「泥臭さ」は表には出ず、余計に女性の反感を買うハメになっている。

    同情するほかない……。
    【日時】2018年10月21日 12:00
    【提供】日刊サイゾー







    【【爆死】吉岡里帆の出演映画が大爆死!NGワードの多さに同情の声も...】の続きを読む


    NO.6914744
    映画「寅さん」22年ぶりに新作公開へ
    映画「寅さん」22年ぶりに新作公開へ
    人気映画『男はつらいよ』の22年ぶりとなるシリーズ50作目の最新作が、第1作から50年となる来年に公開されることになりました。

    俳優の渥美清さんが「寅さん」を演じる山田洋次監督の『男はつらいよ』シリーズは、昭和44年の第1作の公開から来年で50年を迎えます。

    松竹は6日、山田監督や寅さんの妹「さくら」を演じる倍賞千恵子さんとともに発表会を開き、シリーズ50作目となる最新作を来年、公開することを明らかにしました。

    新作は現代が舞台で、倍賞さんのほか前田吟さんや吉岡秀隆さんがこれまでと同じ役で出演し、新たに撮影するパートと過去の名場面を組み合わせて作るということです。

    すでに亡くなっている渥美さんは、引き続き主役の「寅さん」として登場するということですが、どのように出てくるかは明らかにされませんでした。

    再びメガホンを取る山田監督は「今という時代にもう一度寅さんを思い出すことで、見る人が新しい時代へのギアチェンジをしようと思えるような映画ができたらいいなと思います」と意気込みを語り、倍賞さんは「50年は自分の青春でもあり、けっこう年も取りました。自信を持って、今の自分のままで『さくらさん』をで..



    【日時】2018年09月06日 16:45
    【ソース】NHK







    【【朗報】映画「寅さん」22年ぶりに新作公開へ】の続きを読む


    NO.6909591
    自殺ゲーム「モモ自殺チャレンジ」拡散、自殺者続出か?
    自殺ゲーム「モモ自殺チャレンジ」拡散、自殺者続出か?
    マインクラフト上のゲーム「モモ自殺チャレンジ」のプレイにより、12歳の少女が自殺したと話題になっている。

    ゲームプレイには、様々な個人情報が必要。

    抜き取られ、モモが途中から命令をし始める。

    プレイ動画は「No can’t」と突き通すが、命令に従っていると、ロシア製の自殺教唆ゲーム「ブルーホエール」のように、いつか自殺に追いやられるのだろうか。

    この不気味なキャラクターは、日本人である相蘇敬介氏の作品「姑獲鳥」のパクリ。

    日本人の関与も噂されているようだが、相蘇敬介氏とは何の関係もなく、無断使用の模様。

    これ以上自殺者が出なければいいのだが……。
    【日時】2018年09月04日 13:00
    【提供】激裏情報








    【【注意!】自殺者続出か?自殺ゲーム「モモ自殺チャレンジ」拡散中=『絶対にやらない様に』【恐怖動画あり】】の続きを読む


    3周年を迎えた「FGO」はVRでも展開中! コンテンツ・体験方法などまとめ
    3周年を迎えた「FGO」はVRでも展開中! コンテンツ・体験方法などまとめ  Mogura VR
    (出典:Mogura VR)


    Fate/Grand Order (FGOからのリダイレクト)
    night』を元として製作されるスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。 『Fate/Apocrypha』というFateオンラインプロジェクトのリベンジ及びリブートとして製作されたFateシリーズのスマートフ
    177キロバイト (18,710 語) - 2018年8月9日 (木) 12:46



    (出典 xn--f9j9d8dsd4hk75y.net)







    1 非通知さん@アプリ起動中 (4段) :2018/08/10(金) 07:09:56.86 0.net

    VIPQ2_EXTDAT: none:vvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【悲報】fgoのガチャ糞すぎ】の続きを読む


    竹内涼真の肉体は”新ジャンル” 『センセイ君主』共演者陣母も虜に
    竹内涼真の肉体は”新ジャンル” 『センセイ君主』共演者陣母も虜に  マイナビニュース
    (出典:マイナビニュース)


    センセイ君主』(センセイくんしゅ)は、幸田もも子による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2013年8月号から2017年7月号まで連載された。全13巻。教師と生徒の恋愛をコミカルに描いた、ラブコメディーである。 2013年にVOMIC化され、2018年には実写映画が公開される予定。
    23キロバイト (2,645 語) - 2018年7月26日 (木) 08:45



    (出典 eiga.k-img.com)






    1 名無シネマ@上映中 :2018/04/28(土) 20:07:04.04 ID:tTvrlrNa.net

    ニッポンの恋を 明るくします。

    映画『センセイ君主』公式サイト
    http://sensei-kunshu.com/
    映画『センセイ君主』公式Twitter
    https://twitter.com/senseikunshu_m

    2018年8月1日(水) 公開

    竹内涼真 浜辺美波
    佐藤大樹 川栄李奈 矢本悠馬 佐生 雪 福本莉子 / 新川優愛

    原作:幸田もも子「センセイ君主」(集英社マーガレットコミックス刊)
    監督:月川 翔
    脚本:吉田恵里香
    音楽:得田真裕


    【【竹内涼真 浜辺美波】竹内涼真扮するクールな先生に浜辺美波のおバカな女子高生が猛アタックする学園ラブコメ『センセイ君主』】の続きを読む


    NO.6827097
    「テコンVは日本のパクリじゃない」の判決に韓国ネットもびっくり
    「テコンVは日本のパクリじゃない」の判決に韓国ネットもびっくり
    2018年7月31日、韓国・ニュース1によると、韓国の裁判所が、韓国を代表する巨大ロボットアニメのキャラクター「テコンV」について、日本のキャラクター「マジンガーZ」の模倣ではなく、独立した著作物であると判断した。

    ソウル地裁は同日、株式会社ロボットテコンVが玩具類輸入・製造会社の運営者Aを相手に起こした損害賠償請求訴訟で、原告の訴えを一部認め、Aに4000万ウォン(約400万円)の支払いを命じる判決を下した。

    テコンVの美術・映像の著作権を持つ株式会社ロボットテコンVは、Aの会社が製造し販売した玩具について「テコンVに類似しており、著作権を侵害している」と主張し、訴訟を起こした。

    これに対し、Aは「テコンVは日本のマジンガーZを模倣したものであるため、著作権法によって守られる創作物に当たらない」と反論していた。

    ソウル地裁は「テコンVはマジンガーZやグレートマジンガーとは違う独立した創作物、またはそれらに手を加えた2次創作物にあたる」と説明。

    また、「テコンVは登録された著作物であり、マジンガーZなどとは見た目に明らかな違いがある。さらに韓国の国技であるテコンドーをテーマにしているため、日本文化に基づ..



    【日時】2018年07月31日 17:40
    【ソース】Record China





    【【パクリの韓国】マジンガーZに酷似の「テコンV」は「パクリじゃない」の判決=韓国ネットもびっくり】の続きを読む


    NO.6516172
    復刻版ファミコンの販売再開
    復刻版ファミコンの販売再開
    任天堂は28日、1983年発売の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」を小型で復刻させた「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の販売を再開した。2016年11月の発売直...



    【日時】2018年06月28日 10:37
    【提供】共同通信







    【【朗報】復刻版ファミコンの販売再開】の続きを読む

    このページのトップヘ