泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    セックス


    NO.6264540
    ヤクザと交際の女性巡査 非日常的なセックスに溺れ、関係は続け退職
    ヤクザと交際の女性巡査 非日常的なセックスに溺れ、関係は続け退職
    マル暴の女性巡査が溺れたのは、禁断の恋だった。

    よりによって、暴力団組員と交際したうえ、捜査情報まで漏らしていたのだ。

    結局、女性巡査は地方公務員法(守秘義務)違反で書類送検され、依願退職。

    ところが、実は未だに恋愛関係を断っていないという。

    「もともと、23歳の女性巡査は新宿署の留置管理課に勤務していたのですが、昨年7月から暴力団事件などを担当する組織犯罪対策課の応援に駆り出されました」と、警視庁詰めの記者が解説する。

    「そのうち、傷害事件で逮捕された30代の暴力団組員と知り合いました。保釈後、2人は電話やメールで連絡を取り合い、11月下旬から交際するようになったのです。しかも、旅行に一緒に出掛けるだけでなく、彼女は組員が所属する組織の“事始め式”にも顔を出す始末でした」

    捜査情報を漏洩したのは、恋愛関係になって間もなくの12月に入ってからのことだという。

    「新宿署管内で起こった暴力団同士の諍いの当事者として、交際相手は捜査対象になっていました。女性巡査は捜査の進捗状況を教えるよう頼まれ、言われるがままに伝えてしまっていたのです。しかも、暴力団組員に100万円を貸してもいました」(同)

    今年の2月ごろから、2人が男女の仲になっているのではないかとの噂が立ち、警察官の不祥事を取り締まる警視庁本庁の人事1課が調査に乗り出した結果、情報漏洩が発覚。

    3月19日、女性巡査は書類送検され、その日のうちに依願退職した。

    ■“不問に付すから”
    暴力団組員と禁断の恋に落ちた女性巡査とは、どのような人物か。

    警視庁関係者によれば、「父親も警察官で、本庁に勤務する警部です。本人はメガネをかけていて、小柄ながら整ったスタイルの美人。ただ、以前にも妻子持ちの上司との不倫が噂になったことがあったから、男女関係にはルーズなのかもしれません。実は、ヤクザとの交際が発覚し、人事1課が動き始めた当初、新宿署の上層部が、“いますぐ別れれば、不問に付すから”と温情をかけた。にもかかわらず、女性巡査がヤクザと別れることを拒絶したと言われています」

    実は、いまなお懲りずに、女性巡査は暴力団組員にゾッコンらしいのである。

    「ヤクザには、女性の扱いに長けているのが多いのは事実。女性を夢中にさせて、金づるに仕立て上げるためです」

    とは、暴力団に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏だ。

    「親密なスキンシップを欠かさず、しかし、ある時には暴力も振るい、飴とムチで女性をコントロールする。そのうえ、ヤクザは性的な面での努力は惜しまず、性器に真珠を入れたり、SMチックなことを取り入れたりして自分とのセックスを強烈に印象付けるのです。
    女性巡査は、交際相手のヤクザに、例えば手錠プレイや制服プレイなどの手ほどきを受け、非日常的な行為に溺れてしまったのかもしれませんよ」

    桜田門の「マル暴の女」は色の欲に散ったというわけか。

    ■留置場で逆ナンパ&不倫も
    留置場内で出会った女性警察官と懇ろになるとはある意味度胸のあるヤクザだが、捜査関係者によると、相手の男は、暴走族OBを吸収して拡大した関東の暴力団の組員で、「モンモン(入れ墨)の入ったイケメンの武闘派」だという。

    一方のA巡査は、「カーリング女子韓国代表の“メガネ先輩”ことキム・ウンジョン選手のようなクールビューティー系」(警察関係者)という評判だ。

    真面目な女性巡査を、イケメンヤクザがたぶらかして……というストーリーが思い浮かぶが、取材を進めると、どうも真相は“逆”だったようだ。

    「A巡査は昨年7月頃から同署組織対策課に勤務。男の取り調べに同席した際、男の携帯を盗み見て番号を記憶し、自分からアプローチしていたというのです」(捜査関係者)

    別の捜査関係者はこう証言する。

    「暴力団員との関係を確認するために監察官がAを尾行していると、妻子持ちの男性警察官とラブホテルに入っていったという話がある。Aのお父さんも警視庁の警察官なので、我々も気まずさを覚えている」

    この“不倫関係”については相手の男性警察官にも調査が入っているという。

    警視庁は事実関係について、「その女性巡査については厳正に処分いたしました。その他の個別の質問については回答を差し控える」(広報課)と話すが、A巡査は処分を受けた日に依願退職。

    “禁断の情事”に溺れた代償は大きかった。

    ネットの反応
    ・当初報道ではうぶな婦警が引っかかったのかと思ったが全く逆ね(笑)
    ・とんだアバズレだぜ!
    ・よりにもよって警官の娘がこれか 悲しいなぁ
    ・まあ桜田門組と言うくらいだし 暴力的なのに憧れがあるんだろな
    ・女性巡査「何が悪いの?人権侵害だ!」とか思っていそうw
    ・淫乱警官というAVの実写版
     >警察ものは規制が厳しいんだよ。
     >「婦警もの」の企画は国営ヤクザが許さないからNGって聞いたことあるが 本当なんだろうか
    ・いろいろとガバガバやねこの女
    ・メガネ先輩みたいな委員長タイプが淫乱ってメッチャ興奮するわ
    ・ヤリマン刑事
    ・情報は漏らすわオマタは濡らすわ軽率官♀専門刑務所造らねば。……アバズレ刑務所番外地。
    ・ヤクザに捜査情報を流しても懲戒免職にならないって そっちの方が驚きだw
    ・そーゆーのは漫画とAVの中だけにしてくれ。
     現実世界ではさすがに香ばしすぎるわ。

    【日時】2018年04月09日
    【提供】gossip!



    【【禁断の恋】セックス依存症の女性巡査 非日常的なセックスに溺れヤクザと関係を続けるために退職を選択】の続きを読む


    NO.6229303
    夫のセックスレスで離婚…再婚できない心の傷
    夫のセックスレスで離婚…再婚できない心の傷
    男性が拒否するセックスレスも、離婚の原因になり得る離婚の原因としては、相手の浮気や金銭問題が挙げられますが、実はセックスレスが原因で別れてしまう夫婦も少なくありません。結婚前にはそれなりに性交渉があっ...



    【日時】2018年03月25日 21:15
    【提供】All About









    【【恐怖症】夫のセックスレスで離婚…再婚できない心の傷】の続きを読む

    ポリネシアンセックスとは


    「ポリネシアンセックス」という言葉を聞いたことがありますか? これはポリネシア地方(太平洋の最も北にあるハワイ、最も南にあるニュージーランド、最も東にあるイースター島を結ぶ三角形の広大な地域にある無数の島々)に伝統的に伝わっているとされているセックスの方法。

    今まで私がセックスについてお伝えしてきたテクニックは、「肉体的な快楽」を得るためのものが多くありました。しかし、今回ご紹介する「ポリネシアンセックス」は、肉体的快感(イクこと、射精すること)より、精神的な繋がりや喜びを重要するセックスなんです。

    通常のセックスと大きく違う点は、ポリネシアンセックスは「5日間かけて行うセックス」ということ。といっても、5日間連日、セックスをするというわけではありませんよ~!4日間は性器以外の愛撫のみ、そして5日目に挿入するという方法なん。

    「ポリネシアンセックス」を体感した方々は、「これまで体験したことがないほどオーガズムが止まらない」「ピストンがないセックスがこんなに気持ちいいと思わなかった」という意見があるほど、今までのセックスに対しての概念が大きく変わった方も少なくないようです。最近セックスがマンネリ気味のカップルには新鮮な刺激と快感になるはず! ふたりで「ポリネシアンセックス」の過程を理解していないと難しい行為なので、ちゃんと理解し合って、深い快感に満たれたいですね。ということで、今回は「ポリネシアンセックス」の基礎をご紹介します!

    ポリネシアンセックスのやり方

    まず、「ポリネシアンセックス」のルール(事前準備)はただひとつ! “セックスする日をふたりで決めておく”ということ! 先程お伝えしたように、4日間は愛撫までで留めておき、5日目に挿入することになります。お互いが休日である午前中に行えるように調整するとベスト! とにかく根気強さが必要な行為のため、女性の場合、生理周期なども念頭に置きながら相談しておきましょう。いよいよ「ポリネシアンセックス」実践当日! ここでは“ポリネシアンセックスに集中できる環境をつくる”ことからはじます。

    *スタート直前にしておくこと

    これは、“能で感じる”ためには食事を控えることが効果的とされています。実は、食事で満腹になると脳が満足してしまい、セックスへの集中が低下していまうんだとか。そのほか、食事を控えることで“自分のカラダのラインに自信が出て思い切りさらけだせる”という意見もあるようです。確かに前日の夕食にきちんと食事をとっても、翌朝はむくみも取れてスッキリしていることもありますよね。さらに、セックス前には精神的にリラックス効果をもたらしてくれる、お茶、ハーブティー、果物などを取るとより効果的! 集中力を途切れさせるものは排除するため、携帯電話は電源オフ! 深呼吸してリラックスした状態でスタートしましょう!

    ◆1~4日目:ハグ・キス・愛撫

    まず、お互に全裸になって横たわり、向き合いましょう。相手に触れずに黙ったまま、見つめ合いましょう(理想は30分間)。黙って数十分も見つめ合うって、なかなかしていない行為なのでこれだけでドキドキと新鮮な感覚になります。最初は恥ずかしいかもしれませんが、これが精神的に興奮を高める第一歩ですよ!

    30分が経過したら、抱き合います。このまま興奮にして相手のあらゆる場所をまさぐりたくなる衝動に襲われるかもしれませんが、抱き合うだけですよ! お互いの体温を感じて、興奮を徐々に高めたらいよいよ愛撫解禁! お互いの耳や背中、首筋など普段はスルーしがちな部分も優しくタッチしたり、キスしていきます。このあたりで息が荒くなりそうですが、抑え・なだめながら、1時間かけて愛撫し合いましょう(お互いの性器には触れないように)!

    1~4日目までは、ここで終了です。きっと男性はビンビンに勃起し、女性はトロトロに濡れているはずですが……最高の快感を得るためのガマン! 挿入しない1~4日目も可能であれば裸で抱き合って眠ることで5日目の快感が倍増する、とも言われています。しかし興奮状態で逆に眠れない! ということも無きにしも非ず。お互いのいい睡眠のための策はお任せします。

    ◆5日目:いよいよ挿入の日。 ピストンはダメ! 挿入後30分は動かない

    きっと、ふたりとも「やっとキターーー!」状態ですよね。でも、即挿入! とならないようにしてください。それは「ポリネシアンセックス」ではアウトー! 1~4日目と同じように見つめ合い、1時間の愛撫をするようにしてください。そして、お互いの性器に触れる“前戯”にも1時間以上かけて、お互いにじっくりゆっくり興奮を高め、感度を上げていきましょう。

    お互いに挿入の準備万端になりました。ようやく挿入していきます。が、ここでもゆっくりと挿入していきましょう。時間をかけて挿入して奥まで入ったら……ペニスが膣に、膣がペニスにフィットして相手の体温を感じるように、30分間はそのまま抱き合います。ノーピストンです!

    ◆ゆ~っくり動かす→休憩 を40分繰り返す

    30分間が経過したら、ゆっくりと腰を動かしていきます。これも本当にゆっくりが鉄則! 数回ゆっくり動かす→休憩を40分ほど繰り返しましょう。お互いに敏感に感じるカラダになっているので、この繰り返しだけでも興奮状態で大きな快感を得ているはず! そして女性は幾度となくオーガズムに達しているかもしれません。40分経過したあとは、通常のセックスと同じようにしてOKです。激しくしてもよし、そのまままったりとしたセックスを楽しんでもよし!

    ◆オーガズム後も、挿入したままハグ! 余韻を楽しむ

    通常のセックスでも、すぐ寝る、すぐシャワーを浴びることに寂しさや苛立ちを抱える女性も少なくないですが、「ポリネシアンセックス」は“行為の余韻を大切にする”ことも重要ポイントです。結合したまま、しばらく抱き合ってキスしたり、話したりして、思う存分余韻に浸ってください。

    ★「ポリネシアンセックス」に最適な体位は……

    ちなみに、「ポリネシアンセックス」をするときの体位に決まりはありませんが、“お互いがリラックス”することが重要です。騎乗位やバックなど女性に負担がかかる体位はおすすめしません。

    男性が女性に覆いかぶさるような「正常位」やキスしたり抱きしめ合える「座位」、快感を得ながら顔を見られるのが恥ずかしい方は「横バック」など、高い密着を感じることができる体位が最適だと思います。

    ポリネシアンセックスのメリット・デメリット
    今まで感じたことない深い快感を体験できるのが最大のメリットである「ポリネシアンセックス」ですが、5日間という長い期間、長い時間をかけて行うため、向いていない方もいるでしょう。では、メリット・デメリットはどんなことがあるのでしょうか。

    ◆メリット

    冒頭でお伝えしたように、経験したことのないような快感は“精神的にも大きな幸福感を得られるセックス”だということ。はじめる前から5日目を迎えるまでお互いに協力すること、我慢し合うこと、という共有する時間がより一層深い愛情を感じることに繋がるのはメリットのひとつだと思います。

    ◆デメリット

    計画と時間が必要な行為のため、お互いに仕事をしている場合は時間調整が難しいかもしれません。時間をかけて愛撫をする時間だけでも4日間を必要とします。遠距離カップルの場合は時間を合わせるだけでも困難なものかもしれません。

    行為中のデメリットとしては、コンドーム問題が挙げられます。5日目の挿入ではあまりの気持ちよさにすぐ射精してしまう男性もいると言います。そのたびにゴムを付け替えなければいけませんが、この工程が繰り返されると、興奮状態が落ち着いてしまうこともあると言います。そのため、普段から早漏の男性にはなかなか難しい行為かもしれません。

    スローセックスとは違うの?

    「ポリネシアンセックス」は「スローセックス」と同じもの(呼び方が違うだけ)と思っている方もいるようですが、ちょっと違います。「スローセックス」は、セラピストのアダム徳永さんが定義しているセックス法のひとつです。

    “愛と性エネルギーを交流させ、人生に喜びと幸福をもたらすもの”“射精が目的ではなく、時間をかけてゆっくりお互いの愛を感じるのが目的”“挿入してからも激しい動きをしないこと”などはポリネシアンセックスと通ずるものを感じます。

    しかし、“前戯15分・交接5分のセックス、欲望の処理を目的としたセックス、相手を無視した自分勝手なセックス、これらを「ジャンクセックス」と呼び、その対極をなすもの”と定義しています。つまり、大きく違うのは「ポリネシアンセックス」のように挿入するまで5日間を要するということはありません。

    距離恋愛中や「さすがに5日間は我慢できる自信がない!」という人は「スローセックス」

    大きな快感が得られる「ポリネシアンセックス」は興味深いけど、正直5日間かけて行うのは我慢できる気がしない! という方は「スローセックス」からはじめてみてはいかがでしょうか。

    しかし、色々とリサーチして基礎ステップは理解できても、いざ実践! となると「どうしたらいいんだっけ?」とわからなくなってしまいそうですよね……。そんな時におすすめなのは実践動画! スローセックスの提唱者・アダム徳永先生の詳しい解説つきのハウツー作品はおすすめです!
    【日時】2018/02/19
    【提供】messy


    2日、米メディア・デイリーメールが、精神学医で性科学者のマデリン・カステヤノス氏による、既婚男女5000人を対象にアンケート調査にて【セックスでもっとも喜びを感じるのは「男性は64歳、女性は66歳」】という研究結果を発表しました。マデリン氏いわく、同年齢の男女は、自分たちが望むことを理解しており、性感の境界を広げることをためらわないことが関係するそうです。


    これを受け、先週から募集した【皆さんにとって、これまでの人生においてセックスが一番好きだった時期はいつですか?】調査。今回もたくさんのご意見を誠にありがとうございました! 早速、開票です。

    【一番セックスが好きだった年齢】
    ・15歳~19歳:3.3%
    ・20歳~24歳:16.1%
    ・25歳~29歳:9.7%
    ・30歳~34歳:17.6%
    ・35歳~39歳:12.9%
    ・40歳~44歳:21%
    ・45歳~49歳:9.7%
    ・50歳~54歳:0%
    ・55歳~59歳:6.5%
    ・一度もない:3.2%

    【理由】

    ■15歳~19歳
    ・とにかくいつでもヤりたかった。猿みたいにしてた(39歳)

    ・セックスが楽しかった(54歳)

    ・覚えたてで何もかもが新鮮だった。今も気持ち良いけど、当時のドキドキ感はもうない(38歳)

    ・体力も時間も無限の性欲もあったから、永遠に出来る気がしてた。今は1日2回が限界、それもさくっと(31歳)

    ・今はセックスに慣れちゃった。あのワクワクする特別感は10代の頃しかなかったな(27歳)

    ■20歳~24歳
    ・初体験から 2人目の彼が いろいろ教えてくれて 毎日毎回 驚きと発見と絶頂の日々だったから(53歳)

    ・当時付き合っていた彼氏のことが大好きで、愛し合いたいって気持ちが大きかったから。また、若くて体力もあったから(27歳)

    ・20歳の頃は、不特定多数とセックスすることがステータスだった。元気があった(22歳)

    ・高校生から付き合っていた彼氏と「ハタチまではセックスしない」と2人で決めていた。念願のハタチの年は嬉しくて時間があれば何回でもしてました(25歳)

    ・不倫相手。体の相性ばっちり。不倫という背徳感もあり、あんな快感はあれ以来味わってない。初めて潮吹きもした。今は夫も子供もいるけど、夫が下手すぎて性欲も湧かない(32歳)

    ■25歳~29歳
    ・本気で愛せる、愛し合った人に出会ったから(34歳)

    ・性欲が強く、相手もすぐに見つけられたから(39歳)

    ・元気もあったし好奇心もあったから(38歳)

    ・自分の身体にも自信があったし、積極的にセックスを楽しめた。今は胸は垂れ始め、贅肉も付き、肌のハリもなくなってきた気がして消極的になっている(33歳)

    ・異性に結婚とかお金とか余計なことを考えずに、セックス自体に興奮出来たし、「ヤっちゃった(笑)」ってネタに出来たから。気持ち良くなれば誰でもよかった。今は適当な人とセックスすると、翌日「私、何やってんだろ」って虚無感が襲ってくる。彼氏とするのは楽しいけど、20代中盤~後半のセックスに対して無双状態だった時のように楽しんでいるわけではない(32歳)

    ■30歳~34歳
    ・ホルモン的なものなのか、とにかくセックスがしたかった。「あぁセックスしたい」と独り言を(もちろん部屋の中で)言ってた時期でした(35歳)

    ・四六時中そのことばかり考えてたから(37歳)

    ・その当時人生の中で1番好きだった人と付き合っていたので、その人と会うたびにセックスしてました。あの時は何であんなにヤってたのか不思議なくらいヤリまくってましたね(36歳)

    ・もともと好きだったが、最高のパートナーと出会えたので。今の彼とは毎日でもしたい(32歳)

    ・処女膜強靭症の手術を受けて性交痛がなくなったので(32歳)

    ■35歳~39歳
    ・体力的にも持続力的にも今が一番(37歳)

    ・モテ期だった(55歳)

    ・セックスの気持ち良がわかってきたから(35歳)

    ・新婚直後、どっちもモテなかった二人が一緒に住み始めて盛ってた。お風呂でしたり、夜から次の日の夕方まで裸のまま断続的にしてたり。一番の思い出深いセックスは、旅先の宿で突如はじまった対面座位(46歳)

    ・体力があった。赤ん坊を育てる時期をすぎて、睡眠時間が一定だった。生理周期が落ち着いて、毎回決まった時期に生理が来たので、デートの計画が立てやすかった。まだ大病を患う前だった。 彼が底なしの性欲だった。旦那の要求に付き合う余裕があった。今は体力が落ち、更年期で睡眠と生理周期が安定せず、大病を患い、彼も歳相応になり、旦那とセックスする余裕を失った。過ぎたことは追いかけないな。手の届く今を愛おしく思って、彼と穏やかに過ごせたらそれで充分かな(48歳)

    ■40歳~44歳
    ・32歳をすぎた頃から充実してるなって気づいたのですが、この1年の相手がすごく相性がいいので。何度もしたくなります(44歳)

    ・ますます性欲が湧いてくる感じがする(41歳)

    ・今まで、流れと好奇心で何となくセックスしてきたので、イッたことがありません。生活も落ち着き自分と向き合うようになり、「どうせなら自分もイキたい!」と強く思うようになり、ネット等で勉強するようになりました。恥ずかしいけど「こうして欲しい」とパートナーに言えるようになってきました。それがまた嬉しいです。本当はもっといろいろお願いしたいけど、恥ずかしいので少しずつ……。パートナーの要求もよく聞いて、お互いに気持ち良くなりたいです。まだイケないけど、確実に近づいてると思います。素直になれてきたから、今が1番気持ちいいです。多分これからはもっと良くなると思います。(41歳)

    ・もう15年以上夫とセックスしていて、今が一番楽しいです。長年、同じ相手とセックスしていると、深みが出ることを知りました。途中、妊娠&出産を機に5年ほどセックスレスでしたが、それを超えるとまた楽しいことを知れてよかった(44歳)

    ■45歳~49歳
    ・もともとは、どっちかと言うとセックスが苦手で夫とも仕方なくしてました。でも、今のセフレとは相性が良いみたいで、初めての潮吹きも、初めて愛撫でイケたのも、初めて中イキできたのもその人だったので。今のセフレとするセックスが人生で一番好きかも(45歳)

    ・良いセックスパートナーがいて、女性として身体の調子がとても良い時期だったから(50歳)

    ・今の彼氏がセックスの相性が今までで最高だから(48歳)

    ・子育てが落ち着き、自分の時間が確保できる上に、若い頃のように生活に刺激を求めることもなくなり、環境的にも精神的にも落ち着いて夫とセックスできる時期でした。安心感って大切ですよね。今は子供の反抗期や親が倒れてしまったのでセックスどころじゃないですが(52歳)

    ・同い年の夫と、セックスについて腹を割って話したのが45歳でした(笑)。マンネリなんてとっくに感じていましたが、今後なくなるのは嫌だし、だからと言って他の人とするのも面倒で。いろんなプレイを試行錯誤しながら試していたのが楽しかった。今はセックスブームは去って、時にする程度ですが満足です(54歳)

    ■55歳~59歳
    ・心身ともに楽しめる相手に出会った(60歳)

    ・体力的にもパートナーとの波長が合っていました(60歳)

    ・更年期がすぎて妊娠しなくなり、でも女でありたいと思う女性が周りに多くいたので(60歳)

    ・体の相性の良い相手と巡り合えたことが大きい。相手も同い年だけれど、お互いにもうつまらないことで恥ずかしがったりしないので、率直にコミュニケーションがとれる。若い時よりも一皮剥けた感じで楽しめている(55歳)

    「まさに今」「今が一番」と回答された人は全体の41.6%でした。一方で、もちろん「一度もない」という方もいらっしゃいます。なくても良い行為ですし、セックスとの付き合い方は人それぞれですからね。
    【日時】2018/02/17
    【提供】messy


    この季節のセックスは、相手の肌のぬくもりが気持ちいいですよね。


    体温の素晴らしさを改めて感じている日々であります。体温を大いに感じることができる密着体位といえば……あなたにとっては、どの体位ですか? 定番の「正常位」? 向き合ってイチャイチャできる「対面座位」? どれもいいですね~ヌクヌクですねぇ~。

    そんな私の大好きな体位は……
    【日時】2018/02/06
    【提供】messy


    友達には聞けないオーラルセックス、その実態とは


    パートナーと更に愛を深めるためには、どうしたらいいんだろう……そんな悩みを抱えている人は多いはず。特に長い付き合いになると、どうしてもお互いマンネリ化してしまうのも無理はありません。そんな皆さんにご紹介したい手段が、「オーラルセックス」。「何それ?」という人も「知っているけどやり方がわからない……」という人も、一度注目!...
    【日時】2017.08.29 00:00
    【提供】FORZA STYLE


    これであなたも女性を虜に


    いきなりですが、あなたはセックスの際、前戯をしていますか? 前戯をなおざりにしてすぐ挿入を求めているそこのアナタ、もしかしたら女性は不満に思っているかもしれません。実は、前戯が本番だと考えている女性も多くいるほど、前戯は重要なものなのです。ここで一度、前戯の基本を学び、ベッドの上で女性を虜にしてしまいましょう...
    【日時】2017.7.31
    【提供】FORZA STYLE


    全国23万人以上のデータを心理学、統計学のアプローチで分析する木原誠太郎氏はこう断言する。


    「草食系か肉食系か、不倫したことがあるかないかなどのSEXや恋愛観に関して都道府県別の違いははっきりと表れます」

    また、全国各地で素人をハメ撮りしてきたAV監督のカンパニー松尾氏もこう...
    【日時】2014年08月23日
    【提供】日韓SPA!


    このページのトップヘ