泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    虐待


    NO.7876832
    父親に懲役13年「虐待主導、身勝手極まりない」5歳女児死亡
    父親に懲役13年「虐待主導、身勝手極まりない」5歳女児死亡
    東京都目黒区で2018年、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が虐待死した事件で、傷害と保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)の裁判員裁判の判決が15日、東京地裁であった。

    守下実裁判長は「苛烈な虐待を主導し、身勝手極まりない」と指弾し、懲役13年(求刑懲役18年)を言い渡した。

    守下裁判長は、結愛ちゃんは母親優里被告(27)=懲役8年、控訴=の連れ子で、香川県から目黒区に転居した18年1月23日ごろから、雄大被告に食事制限をされ、「1カ月余りで体重の約25%が失われ、異常な痩せ方をした」と述べた。

    雄大被告については、2月24〜26日ごろ、結愛ちゃんを風呂場で手加減なく多数回殴り、「27日には嘔吐(おうと)を把握し、生命の危険を認識した」と判断。

    弁護側の「死亡前日の3月1日に認識した」との主張を退けた。

     さらに「虐待発覚を恐れる保身から、医療措置を受けさせなかった」と非難。

    弁護側は類似事件の量刑傾向から、懲役9年が相当と訴えていたが、判決は「しつけからかけ離れ、言い付けを守らないなどと、感情任せに虐待した。

    児童虐待には従前に増して厳しい非難が妥当。
    ..



    【日時】2019年10月15日
    【ソース】時事通信
    【関連掲示板】







    【【悲しすぎる】結愛ちゃん虐待死父親に懲役13年】の続きを読む


    NO.7314984
    母親が男児を虐待する動画をツイッターに投稿 女の子が隠し撮り
    母親が男児を虐待する動画をツイッターに投稿 女の子が隠し撮り
    【簡単に説明すると】
    ・児童虐待の動画がTwitterに投稿される
    ・母親が倒れている男児に蹴る暴行
    ・撮影は同じ家庭の女の子

    児童虐待が問題になっている中、またも新たな児童虐待が浮上した。

    母親と思われる女性が、幼い男児に対して蹴るなどの暴行を加える動画がTwitterに投稿された。

    動画は同じ家庭の女の子が隠し撮りしたもので、「やばい虐待」と言いながらバレ無いように撮影。

    虐待を受けている男児は床に寝ている状態で、どうやら母親に嘘をついたことで母親から暴行を受けているようだ。

    しかしその暴行が尋常ではなく、お腹や背中を蹴るだけでなく、上から脚を振り下ろすいわゆるストンピングまで。

    さすがにストンピングはかなり痛いようで、男児は泣き叫び部屋から這いずりながら逃げる。

    撮影している女の子も見ていないで助けろという意見もありそうだが、助けに言ったら女の子も同じ目に遭うため証拠を撮影しSNSに投稿し拡散、児童相談所が動くようにしたようだ。

    映像は非常に胸くそが悪い映像なので、覚悟して見て欲しい。

    このTwitterのリプライには「児童相談所に通報しておいたよ」、「警察に通報しました」、「竜聖くんのアイコンから熊本県人吉市」、「他の動画から熊本県警のパトカーが映っていましたのでおそらく熊本県で間違いないと思います」という投稿が行われており、またこのツイートに関して児童相談所に何十件もの通報が来ているという。

    南青山の児童相談所建設が昨年から問題になっているが、やはりこのような映像を見るとどのような場所にも問わず必要なのではと思ってしまう。
    【日時】2019年03月08日
    【提供】ゴゴ通信





    【【児童虐待動画】母親が男児を虐待する動画をツイッターに投稿 女の子が隠し撮り】の続きを読む


    NO.7309669
    大やけどの3歳児放置、母(22)と同居相手を逮捕「パチンコに」
    大やけどの3歳児放置、母(22)と同居相手を逮捕「パチンコに」
    大やけどを負った3歳の長女を自宅に放置したとして、鶴見署は5日、保護責任者遺棄の疑いで、横浜市鶴見区梶山2丁目、無職の母親(22)と、同居する交際相手で自称運転手の男(21)の両容疑者を逮捕した。
     
    署によると、長女は発見時、衣服を身に着けておらず、やけどを負った腰部分にラップをまかれ、紙おむつをはいた状態で布団に横になっていた。

    意識がもうろうとしていたが、命に別条はないという。

    2人は「やけどの認識はあったが、一緒にパチンコに行っていた」と供述、ともに容疑を認めている。
     
    逮捕容疑は、4日正午ごろ、背中や腰などにやけどの重傷を負った母親の長女(3)を病院に連れて行くなどの必要な保護責任を果たさず、自宅アパートに放置した、としている。

    調べに対し、母親は「数日前に長女と2人で入浴中、誤ってシャワーで熱湯をかけた」などと供述しており、署が詳しい経緯を調べている。
     
    母親は、男と長男(5)、長女の4人暮らし。

    4日夕、長男が1人で自宅近くの会社事務所を訪ねて「ママがいない」などと話したため、男性経営者が署に通報した。

    自宅の洋室にいた長女は、駆けつけた署員に発見され、..



    【日時】2019年03月05日 14:36
    【ソース】カナロコ(神奈川新聞)







    【【パチンコ依存症】大やけどの3歳児放置、母(22)と同居相手を逮捕「パチンコに」】の続きを読む


    NO.7235646
    小4虐待死 SOS届かず…父親、虐待隠そうとした疑い
    小4虐待死 SOS届かず…父親、虐待隠そうとした疑い
    千葉・野田市で、小学4年生の女の子が死亡した事件。

    自治体や児童相談所の判断ミスなどが相次いで発覚する中、父親が虐待を隠そうとしていた疑いも浮上した。

    「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか」

    死亡した栗原心愛(みあ)さんが、2017年11月、学校に提出したアンケートの回答。

    用紙には、当時の担任が心愛さんから聞き取った、「お母さんがいない時、せなかをける」、「なぐられる10回(こぶし)」などの記載もあり、父親の栗原勇一郎容疑者(41)の虐待が日常化していたことがわかる。

    ところが、アンケートで心愛さんが助けを求めていたにもかかわらず、野田市の教育委員会は、2018年1月、栗原容疑者に迫られ、回答のコピーを渡していた。

    この対応をめぐって、野田市には、苦情の電話がおよそ830件あったという。

    一方、警察の調べで、心愛さんの体のあざなどが、腹や胸に集中していたことがわかった。

    学校の発育測定などでは、体のあざは見つかっておらず、栗原容疑者が、虐待を隠すため、服の上から見えにくい箇所を狙って、殴るなどして..



    【日時】2019年02月02日 18:07
    【ソース】FNN





    booking.com



    【【悲惨】小4虐待死 SOS届かず…父親、虐待隠そうとした疑い】の続きを読む


    NO.6545904
    キャバ嬢が愛犬プードルの虐待動画をSNSに公開 店側が犬を保護
    キャバ嬢が愛犬プードルの虐待動画をSNSに公開 店側が犬を保護
    【簡単に説明すると】
    ・六本木エースというクラブのキャバ嬢が愛犬プードルを虐待
    ・糞の始末が悪いなどの理由で物を投げつける
    ・店側が買い取ることで保護

    六本木エースのキャバクラ店に勤めるキャバ嬢が自身の愛犬であるプードルを虐待する動画がInstagramに投稿され批判を浴びている。

    既に投稿者はInstagramから動画を削除しているが、別の人物が虐待の事実を知ってもらうためにTwitterに転載する形で投稿し「動物は飼い主を選べないから本当に可哀想」とツイート。

    動画はケージの中を映す映像から始まっており、動画の下には説明が書かれている。

    ケージの中のトイレの糞を犬が踏んでしまい、マットにおしっこしたことに飼い主が激怒。

    飼い主はカメラを移動させ、シンクに隠れている犬に向けて物を投げつけるという酷い映像。

    既に折れている足の怪我は事故のものか飼い主の虐待か不明だが、この飼い主に対してSNSでは批判が相次ぎ動物保護団体へ通報するという投稿も見られた。

    犬を保護そんな虐待を受けていたプードルだが、キャバクラ店側が買い取るという条件で保護した。

    経営者の男性が犬を抱いている写真が公開されており、今後はこの男性が犬を飼うことになりそうだ。

    これまた甘やかしそうな男性飼い主である。

    また、虐待していた女性の処分などは現時点では不明。
    【日時】2018年07月11日
    【提供】ゴゴ通信







    【【虐待動画】キャバ嬢が愛犬プードルの虐待動画をSNSに公開 店側が犬を保護】の続きを読む


    NO.6505224
    故人の母親宛にNHKから督促状「死後の分まで受信料を払え」
    故人の母親宛にNHKから督促状「死後の分まで受信料を払え」
    【簡単に説明すると】
    ・死んで何年も経つの母親にNHKから督促状
    ・NHK「死んでから今日までの受信料を払え」
    ・この場合は払わないといけないのか?

    何かと問題になっているNHKの受信料問題。

    受信機があり視聴していたら払わないといけないのはもちろんだが、見てない世帯や受信機すら無いのに強引に契約させようとして日々被害を訴える人が後を絶たない。

    NHK側も受信料をより多く取れるようにネット接続環境があれば取れるように検討しているとのことだ。

    そんなNHKにまつわるツイートが問題となっている。

    亡くなってから何年も経つ母親宛にNHKから未払い分の受信料の督促状が届いたのだという。

    家にはもう誰も住んでおらず、屋根にはBSすら映らないVHFアンテナしかない。

    NHKにこのことを電話すると仕事の分まで払えの一点張りだという。

    更に転居先の情報を全部渡さないと解約手続きができないとまで言われた。

    転居先の情報を渡したら渡したで新たに受信料を払えと言ってきそうなものだが。

    今回の問題に対してツイッターでは「色々調べましたが、同じような人がいらっしゃるようですね…」、「全く同じ経験をしました」、「5年無視したら時効成立します」という意見が投稿されている。

    これから高齢化社会がすすみ、同様の問題が更に多くなりそうだ。

    私はNHKが好きなのであえて受信料を払っているが、見てない人まで払わされるのは納得がいかないだろう。

    もちろん見ていたら払う義務が生じる。

    見ていても払わずに督促状を無視し続ければ裁判沙汰となるだけである。

    そんな面倒に巻き込まれるなら受信料をさっさと払ってしまい、受信機出来る環境を家から無くして解約するのが一番だろう。

    【日時】2018年06月24日
    【提供】ゴゴ通信







    【【あまりに惨い】NHK「死後の分まで受信料を払え」と故人の母親宛に督促状】の続きを読む

    このページのトップヘ