自殺未遂がきっかけとなり、突如として1000年前の前世の記憶が蘇った日本人男性が大きな話題となっている。


彼は1000年前の京都に生まれ、僧侶をしていたという。なにより衝撃的なのが、彼の前世の記憶が鮮明であることだ。

・1000年前の京都や自身のようす
前世の記憶を取り戻した男性は「マグロジュース」というハンドルネームでツイッターをやっている人物。彼は「脳の病気だという説は未だに捨ててません」としながらも、1000年前の京都や自身のようすを事細かく語る。

・マグロジュースさんによる前世体験のコメント
「どこまで喋って良いのか分かんないけど、てかヤバい奴だと思われるからあんま言いたくないけど私1000年位前に日本でお坊さんをやってた記憶が存在してまして。お恥ずかしい話ですが自殺ミスった時に鮮明に思い出して記憶を頼りに自分の居た寺と当時の奥さんのお墓に行きました」

「かなり慎重な性格なので脳の病気だという説は未だに捨ててません。ただ自分の前世記憶と同じ行動をした人物が実在して、1000年前の記録に、残っている所まで確認しました…
【日時】2018.01.18
【提供】バズプラスニュース