泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    宇宙


    NO.6521116
    ホリエモンロケット打ち上げ失敗
    ホリエモンロケット打ち上げ失敗
    北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが直後に落下して爆発、炎上した。けが人はいな...



    【日時】2018年06月30日 07:19
    【提供】共同通信





    booking.com



    【【悲報】ホリエモンロケット打ち上げ失敗=爆発炎上】の続きを読む


    NO.6252863
    韓国初の宇宙飛行士が「米国行き」を選んだ理由を告白=韓国ネットからは厳しい声「裏切られた」「国民の税金が…」
    韓国初の宇宙飛行士が「米国行き」を選んだ理由を告白=韓国ネットからは厳しい声「裏切られた」「国民の税金が…」
    2018年4月3日、韓国初の宇宙飛行士イ・ソヨンさんが、5年前に経営学修士(MBA)の学位を取得するため突然、米国行きを発表した理由を明らかにし、話題となっている。韓国・マネートゥデイが伝えた。記事に...



    【日時】2018年04月04日 17:30
    【提供】レコードチャイナ



    【【韓国人】講演はもう飽きた・・・=韓国初の宇宙飛行士が「米国行き」を選んだ理由を告白】の続きを読む


    NO.6245473
    中国版宇宙ステーション「天宮1号」大気圏突入は2日朝か?
    中国版宇宙ステーション「天宮1号」大気圏突入は2日朝か?
    欧州宇宙機関(ESA)などの追跡チームは、制御不能に陥った中国版宇宙ステーション「天宮1号」の大気圏突入予想時刻を、「日本時間2日午前8時25分」を中心に前後10時間と発表した。

    天宮1号はすでに高度約170キロまで降下している。

    引退した衛星やロケットなど、地球上空に漂う宇宙デブリ(ごみ)を監視しているESAの観測チームによると、天宮1号の墜落時刻を予測するには、太陽から流れ出すプラズマ粒子の風から、地球を守る磁気圏に含まれる大気の密度が関係している。

    当初、天宮1号は予想されたより2017年後半に大気圏に再突入すると予測していたが、大幅に後ろにずれた。

    ESAは、「太陽活動の低下が影響している可能性が高い」として、墜落予想時刻を世界標準時間「4月1日午後11時25分(日本時間2日午前8時25分)±10時間」に絞り込んだ。

    一方、米国のエアロスペース社(AEROSPACE CORPORATION)は「2日午前9時20分(日本時間)±7時間)」、イタリアのSATFLAREは「2日午前5時15分(同)±12時間」などと予測を立てている。

    【日時】2018年04月01日 13:59
    【提供】ハザードラボ



    【【やばい!】中国版宇宙ステーション「天宮1号」大気圏突入は2日朝か?】の続きを読む


    NO.6232643
    高エネ研、新型加速器「スーパーKEKB」が稼働 宇宙誕生の謎に迫る
    高エネ研、新型加速器「スーパーKEKB」が稼働 宇宙誕生の謎に迫る
    高エネルギー加速器研究機構(高エネ研)は22日、日本最大の粒子加速器スーパーKEKBが稼働したと発表した。4月には衝突実験を開始、新計測器の改造を経て、2019年2月から本格稼働の予定だ。 スーパーK...



    【日時】2018年03月27日 06:39
    【提供】財経新聞









    【【宇宙の謎】新型加速器「スーパーKEKB」が稼働 宇宙誕生の謎に迫る=高エネ研】の続きを読む


    NO.6216509
    【ガチ悲報】NASA発表 2135年の小惑星ベンヌ地球衝突
    【ガチ悲報】NASA発表 2135年の小惑星ベンヌ地球衝突
    全長487メートル、エンパイアステートビル大の小惑星「ベンヌ(Bennu)」。現在、時速10万kmで太陽を周回しており、来世紀、地球に衝突する可能性が指摘されている。以前トカナでは、「もし、ベンヌが地球と衝突する..



    【日時】2018年03月19日
    【ソース】TOCANA









    【【ガチ悲報】NASA発表 2135年の小惑星ベンヌ地球衝突】の続きを読む


    NO.6163874
    H2Aロケット打ち上げ 32機連続成功 種子島
    H2Aロケット打ち上げ 32機連続成功 種子島
    三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日午後1時34分、政府の情報収集衛星「光学6号機」を載せたH2Aロケット38号機を種子島宇宙センター(南種子町)から打ち上げた。約20分後には、予定の...



    【日時】2018年02月27日 23:00
    【提供】南日本新聞









    【【日本製】H2Aロケット打ち上げ 32機連続成功 種子島】の続きを読む

    UFOに乗り込んで空に飛び立つ宇宙人をキャッチ!?


    ルーマニア南部の都市・トゥルゴヴィシュテでUFOに乗り込む宇宙人が撮影されたとして大きな話題を呼んでいる。

    1月2日に撮影されたとされるこの動画には、大きな頭とスリムなボディをした不思議な生き物(?)が映っている。

    その生き物はうっすらと雪が積もった野原をトコトコと歩いてハシゴらしきものを使ってUFOに乗り込み
    【日時】2018/02/05
    【提供】カラパイア


    火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像から作成したパノラマ映像が発表された。


    これまで360度をワンショットで捉えた画像は公開されていたが、風景を見渡す臨場感たっぷりの映像が公開されたのはこれが初めて。見ていると、自分が火星の地表に立っている気にさせられる。

    NASAジェット推進研究所が発表

    その映像は、米国カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所が発表したもの。2012年に火星に到着した探査機キュリオシティが、2017年10月25日に撮影した16の画像を元に作られている。
    【日時】2018/02/04
    【提供】IRORIO


    このページのトップヘ