泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    宇宙


    NO.7406115
    ブラックホール会見 NHK記者「日本の貢献は?」の質問で世界が失笑
    ブラックホール会見 NHK記者「日本の貢献は?」の質問で世界が失笑
    世界13か国、200人以上の研究者からなる国際プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ」が人類史上初めてブラックホールの撮影に成功した。

    このプロジェクトには日本の研究者たちも参加しているのだが、国境を越えて構成されたチームが成し遂げた偉業を、日本のメディアはまたもや「日本スゴイ」の文脈で消費。

    それが世界の嘲笑を買うという、なんともお恥ずかしい展開となっている。

    事が起きたのは、アメリカ政府の国立科学財団の会見だった。

    会見のなかで記者からブラックホール撮影に関する科学的な質問が飛ぶなか、NHKの記者はパネラーに対してこんな質問を投げたのだ。

    「私は国際共同研究に関して質問があります。今回の成果が突出した共同研究であることは理解しております。それぞれの国、特に日本がどんな貢献をしたのかについてお聞かせください」

    NHK記者の質問の最後の言葉「especially Japan」の言葉が場内に響いた瞬間、場内のあちこちから他国の記者の笑い声が漏れた。

    それに対し会見出席者は、「日本は多くの国々と同様に非常に重要な役割を果たしました」「それぞれの国、それぞれの地域、それぞれのグループ、それぞれ..



    【日時】2019年04月18日 10:58
    【ソース】LITERA







    【【クズ】ブラックホール会見でNHK記者「日本の貢献は?」の質問で世界が失笑】の続きを読む


    NO.7387931
    ブラックホール観測史上初発表 距離5500万光年 質量は太陽の65億倍
    ブラックホール観測史上初発表 距離5500万光年 質量は太陽の65億倍
    【簡単に説明すると】
    ・ブラックホールの観測を発表
    ・EHTが世界6都市で同時発表
    ・質量は太陽の65億倍

    4月10日の夜にベルギーのブリュッセル、ワシントンDC、東京など世界6都市の電波望遠鏡で観測する国際プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」に参加する天文学者らはブラックホール画像を世界初公開された。

    ブラックホールの撮影が成功したのは世界初で、世界6箇所の地球上の望遠鏡を組み合わせ電波望遠鏡として観測することにより成功したという。

    赤くぼんやりとなっているのはガスで中央部分が銀河M87中心の巨大ブラックホールシャドウとなる。

    地球から5500万光年の距離にあり、その質量は太陽の65億倍にも及ぶ。

    宇宙でも特異な天体で、ブラックホールがあることにより、その周辺の時空間がゆがみ、周囲の物質は激しく加熱される。
    【日時】2019年04月10日
    【提供】ゴゴ通信





    【【神秘】ブラックホール観測史上初発表 距離5500万光年 質量は太陽の65億倍】の続きを読む


    NO.7008899
    25日試験打ち上げ予定韓国型ロケット、機体欠陥で延期へ
    25日試験打ち上げ予定韓国型ロケット、機体欠陥で延期へ
    今月25日に予定されていたヌリ号エンジン試験用発射体(ロケット)の打ち上げ日程が延期になった。

    試験発射体の機体から異常が見つかったためだ。

    韓国科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院(KARI)は、ヌリ号エンジン試験発射体から部品の異常が見つかり、発射管理委員会を開いて日程の延期を決めたと17日、明らかにした。

    KARI関係者は「羅老(ナロ)宇宙センターで発射体飛行モデルを使って燃料供給過程を点検しているときに推進剤加圧系統で圧力が減少する現象を確認した」と説明した。

    KARIは発射体飛行モデルを組立棟に移動させて機体異常の原因を分析している。

    KARIは原因の分析を終えて年内に試験体の打ち上げ日程を改めて決める予定だ。

    エンジンと燃料を含めた試験発射体の重量は52.1トンに達する。

    試験発射体は打ち上げから63秒ほどで音速を突破する。

    上空100キロメートルに到達するのは離床後164秒ごろとなる。

    3段式ロケットのヌリ号の1段目は75トンエンジン4基を束ねて作られている。

    2段目のロケットは75トンのエンジン1基が必要だ。

    最後の3段目には7トン級液体エン..



    【日時】2018年10月18日 06:47
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】







    【【低技術国】25日試験打ち上げ予定韓国型ロケット、機体欠陥で延期へ】の続きを読む


    NO.6942223
    ZOZO前澤社長「月に行くことにしました」スペースXと月旅行契約
    ZOZO前澤社長「月に行くことにしました」スペースXと月旅行契約
    ■米「スペースX」月旅行 前澤友作氏との契約発表
    米宇宙ベンチャーのスペースX社は17日、月を周回して戻ってくる旅行計画について、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(42)と契約したことを明らかにした。

    月面には降りないが、実現すれば民間人としては初めての月旅行になる見込み。

    同社が開発を進めている大型ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」に搭乗し、地球と月を往復する。

    火星への有人飛行を目指す同社は今年2月、別の大型ロケットの試験機を打ち上げ、マスク氏所有のスポーツカーを火星への軌道に投入することに成功している。

    米航空宇宙局(NASA)は1960〜70年代にアポロ計画で月へ人を送ったが、計画が終了した72年を最後に人類は月へ行っていない。

    ■前澤友作「月に行くことにしました」
    ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ社社長の前澤友作氏が18日、ツイッターを更新し、世界初の月旅行を契約した記者会見の様子を公開。

    前澤氏は米宇宙ベンチャー「スペースX」が開発中の大型ロケット「BFR」で月の周囲を飛行する月旅行を初めて契約したとして、同日、米国で行われた記者会見に出席していた。

    前澤社長は現地での会見の様子を動画で添付。

    ロケットの前で笑顔で会見に臨む動画の後に再びツイッターを更新し、「月に行くことにしました、アーティストとともに」とのコメントをつぶやいた。

    そのツイッターには「#dear Moon」とハッシュタグが作成され、「画家、音楽家、映像作家、ファッションデザイナー…偉大な才能達が宇宙船に乗り込み、今までにないインスピレーションを得る」と、前澤氏だけでなく、数人のアーティストも月に同行させるとした。

    更には今回のプロジェクトについて「パブロ・ピカソが月を間近に見ていたら、どんな絵を描いたんだろう。ジョン・レノンが地球を丸く見ていたら、どんな曲を書いたんだろう」と切り出し「このプロジェクトが皆さまの夢を拡げるきっかけになることを願っています。地球を代表するアーティストとともに、皆さまより少しだけお先に月にいってきます」と、その意義を語っていた。

    ■月旅行にいくら払ったのか?
    前澤氏は2023年にともに月に向かう6〜8人のアーティストを招待したいとその計画を語りました。

    アーティストと言ってもすぐに思い浮かぶミュージシャンや画家ばかりではなく、写真家、映画監督、建築家、そしてファッションデザイナーなどをその例にあげています。

    この旅行によって「アーティストどうしがコラボレーションして何かが生まれることに期待している」と語っています。

    BFRによる、地球から38万4400km離れた月への旅程は約1週間、帰還までを含めるとには約11日間を想定しています。

    続いて行われた質疑応答では、まず日本の記者から月旅行にいくらの払ったのかという質問が。

    これに対し前澤氏は「その質問には現時点は回答できない」としたものの、すでにいくらかの手付金は支払ったことを認めました。

    お金の話で言えば、イーロン・マスクCEOにもBFRの建造費用についての質問がありましたが、BFRがまだ完成していないこともあり、はっきりした回答はありませんでした。

    ネットの反応
    ・あのスーツ着て行くのか
    ・おまえらこれ剛力との結婚旅行だよ!
    ・剛力彩芽さんと行ったら、本当のハネムーンだ!!
    ・2023年予定か。英語記事もふんだんに書かれてるし、巧い広告戦略。
    ・剛力を月に移住させるんだっけ
    ・おいくら払うん?10億ほどかな
    ・なんだ 周回するだけで着陸はしないのか
    ・ZOZO 月支店。
    ・堀江化が止まらないww
    ・ITあるあるだな 宇宙に行きがち
    ・前澤さんはアーティストにとって新時代のパトロン、パートナーですね。
    ・お金が余ってて 生きてる間に使い切らないんだろうな
    ・どんだけ剛力から逃げたいねんw
    ・見た目は完全にチンパンジーを使った生体実験やなw
    ・月の最初の猿になるんだな
    ・猿の惑星の誕生である。
    ・世界初の月からインスタうp
    ・宇宙食は「ランチパック」
    ・普段はそうでもないけど、金持ちはこういうとき羨ましいなっておもうわ
    ・お金持って溜め込むのも良いけどこういう事にチャレンジ出来る人の感性が単純に凄いし尊敬できる。ワクワクとドキドキしかない
    ・スペースXって結構失敗するところだよね
    ・事故って星に
    ・死ぬつもりはないかもしれないけど これ死ぬよね
    ・いつものように金だけ取られて終わりだろなw
    ・宇宙で剛力に中出氏
     >まじで被験体として連れてかれそう
    ・前澤と剛力の子が人類初のルナリアンになるのか
    【日時】2018年09月18日
    【提供】gossip!







    【【月旅行】ZOZO前澤社長「月に行くことにしました」スペースXと月旅行契約】の続きを読む


    NO.6521116
    ホリエモンロケット打ち上げ失敗
    ホリエモンロケット打ち上げ失敗
    北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが直後に落下して爆発、炎上した。けが人はいな...



    【日時】2018年06月30日 07:19
    【提供】共同通信





    booking.com



    【【悲報】ホリエモンロケット打ち上げ失敗=爆発炎上】の続きを読む


    NO.6252863
    韓国初の宇宙飛行士が「米国行き」を選んだ理由を告白=韓国ネットからは厳しい声「裏切られた」「国民の税金が…」
    韓国初の宇宙飛行士が「米国行き」を選んだ理由を告白=韓国ネットからは厳しい声「裏切られた」「国民の税金が…」
    2018年4月3日、韓国初の宇宙飛行士イ・ソヨンさんが、5年前に経営学修士(MBA)の学位を取得するため突然、米国行きを発表した理由を明らかにし、話題となっている。韓国・マネートゥデイが伝えた。記事に...



    【日時】2018年04月04日 17:30
    【提供】レコードチャイナ



    【【韓国人】講演はもう飽きた・・・=韓国初の宇宙飛行士が「米国行き」を選んだ理由を告白】の続きを読む


    NO.6245473
    中国版宇宙ステーション「天宮1号」大気圏突入は2日朝か?
    中国版宇宙ステーション「天宮1号」大気圏突入は2日朝か?
    欧州宇宙機関(ESA)などの追跡チームは、制御不能に陥った中国版宇宙ステーション「天宮1号」の大気圏突入予想時刻を、「日本時間2日午前8時25分」を中心に前後10時間と発表した。

    天宮1号はすでに高度約170キロまで降下している。

    引退した衛星やロケットなど、地球上空に漂う宇宙デブリ(ごみ)を監視しているESAの観測チームによると、天宮1号の墜落時刻を予測するには、太陽から流れ出すプラズマ粒子の風から、地球を守る磁気圏に含まれる大気の密度が関係している。

    当初、天宮1号は予想されたより2017年後半に大気圏に再突入すると予測していたが、大幅に後ろにずれた。

    ESAは、「太陽活動の低下が影響している可能性が高い」として、墜落予想時刻を世界標準時間「4月1日午後11時25分(日本時間2日午前8時25分)±10時間」に絞り込んだ。

    一方、米国のエアロスペース社(AEROSPACE CORPORATION)は「2日午前9時20分(日本時間)±7時間)」、イタリアのSATFLAREは「2日午前5時15分(同)±12時間」などと予測を立てている。

    【日時】2018年04月01日 13:59
    【提供】ハザードラボ



    【【やばい!】中国版宇宙ステーション「天宮1号」大気圏突入は2日朝か?】の続きを読む


    NO.6232643
    高エネ研、新型加速器「スーパーKEKB」が稼働 宇宙誕生の謎に迫る
    高エネ研、新型加速器「スーパーKEKB」が稼働 宇宙誕生の謎に迫る
    高エネルギー加速器研究機構(高エネ研)は22日、日本最大の粒子加速器スーパーKEKBが稼働したと発表した。4月には衝突実験を開始、新計測器の改造を経て、2019年2月から本格稼働の予定だ。 スーパーK...



    【日時】2018年03月27日 06:39
    【提供】財経新聞









    【【宇宙の謎】新型加速器「スーパーKEKB」が稼働 宇宙誕生の謎に迫る=高エネ研】の続きを読む

    このページのトップヘ