泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    社会一般


    NO.7521252
    小児性犯罪者、刑務所出所前に「去勢」米アラバマ州で新法成立
    小児性犯罪者、刑務所出所前に「去勢」米アラバマ州で新法成立
    性犯罪は再犯率が高い。

    だからこそ去勢が必要とアラバマ州議会(画像はイメージです)小児性犯罪事件が報じられるたびに、世間は「この男を一生刑務所から出してはならない」「去勢するべきだ」と騒ぐ。

    アメリカの裁判では小児性犯罪者に数百年、時には千年を超すようなケタ外れの刑期が言い渡されることも増えてきたが、後者の「去勢」についても実は法整備が進んでいたもよう。

    アラバマ州でいよいよその新法が成立した。

    凶悪殺人犯などと異なり、大人しくて刑務所内では模範囚となることも多い小児性犯罪者。

    それゆえ定員オーバーの問題を慢性的に抱えているアメリカの刑務所では、小児性犯罪者の仮釈放や刑期の短縮は容易だと言われている。

    そしてアメリカでは性犯罪者に登録を義務付けているため、出所するにせよ、市民はどんな前科を持った者がどこに暮らしているのかを写真とともに確認できるようになっている。

    だが、幼い被害者たちが受けた心身の傷は大人が考えている以上に深刻であり、多くが心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しみ、事件後に性格、人間関係、人生観が変わることもしばしばである。

    性犯罪は再犯率が高いことに加え、被害者が犯人の出所にひどく怯えていることを法曹界の人々は忘れてはなるまい。

    そんな中、アラバマ州が新しい法案HB-379を可決させた。

    13歳未満の少年少女を襲った小児性犯罪者は、刑務所を出所する前に自らの出費で「去勢」を行なうよう義務付けるというもので、これを拒めば仮釈放はあり得ない。

    ケイ・アイヴィー州知事の署名も済んだという。

    この法案は、共和党の州議会議員スティーヴ・ハースト(Steve Hurst)氏により提出されて審議された。

    スティーヴ議員はメディアの取材に、「被害に遭った子供たちはその後にどれほどの苦しみを乗り越えて生きていかなければならないか。逃げることも自分を守ることもできない非力な子供を相手にみだらな行為をするほど非人道的で許しがたい行為はありません。この法案の成立により小児性愛者が犯行を思いとどまり、犯罪件数そのものが減ることを期待しています」と話している。

    しかし中にはこの法案に断固反対する者もいる。

    アラバマ州のレイモンド・ジョンソン(Raymond Johnson)弁護士は、「それではあまりにも残酷です。人生の時間を服役に捧げるという、これまでの刑罰でも十分ではないかと私は考えます」と話している。
    【日時】2019年06月09日
    【提供】エトセトラ・ジャパン





    booking.com



    【【朗報】性犯罪者、刑務所出所前に「去勢」米アラバマ州で新法成立】の続きを読む


    NO.7498777
    世界の亀山で外国人労働者が3000人がクビ「NHKにダマされた」
    世界の亀山で外国人労働者が3000人がクビ「NHKにダマされた」
    ■こんなに生活が苦しいと思わなかった
    JR亀山駅からバスで15分。

    山道を揺られていくと、白亜の巨大建造物がそびえたつ。

    かつて「世界の亀山ブランド」として名を馳せたシャープ亀山工場(三重県亀山市)だ。

    ここで働き「ものづくりの粋」の底辺を支えてきたのは、主に南米にルーツを持つ日系外国人たち。

    ボリビア出身のシマヅ・シズカさん(27)もそのひとり。

    県内で暮らす姉を頼って2015年、父親とともに来日した。

    脳梗塞を患い車いす生活となった父が「安全で豊かな祖国」で暮らせるよう、考えたうえでの選択だった。

    ところが─。

    「こんなに生活が苦しいと思わなかった。(海外向けに放送されている)NHKにダマされた」

    そう言って苦笑するシマヅさんは昨年9月、3年間働いてきたシャープ亀山工場で「雇い止め」を宣告された。

    4000人もの労働者が突如クビを切られ、このうちシマヅさんを含む約3000人の外国人が職を失った。

    彼らをシャープに送り込んでいた派遣会社は「製造拠点を海外へ移すのでしかたがない」と話すだけ。

    たちまち生活は困窮し、住む家を失い、車で寝泊まりする人まで現れた。

    今回の雇い止めにあった..



    【日時】2019年05月30日 00:00
    【ソース】週刊女性PRIME







    【【NHK】世界の亀山で外国人労働者が3000人がクビ「NHKにダマされた」】の続きを読む


    NO.7458050
    「理解に苦しむ」"ベビーカートラブル"告発で議論読んだ芸能人
    「理解に苦しむ」"ベビーカートラブル"告発で議論読んだ芸能人
    公共の場、特に公共交通機関などでしばしば噴出する“ベビーカー問題”。

    近年はバリアフリー化が進み、ベビーカーでの外出がしやすくなったものの、通勤ラッシュ時や人が多く集まる場所では、「ベビーカー利用を避けるべき」という声もある。

    また、外出先でベビーカーを使用し、トラブルに巻き込まれたという芸能人も。

    その一人が、流れ星・瀧上伸一郎の妻で、タレントの小林礼奈だ。

    「4月19日に自身のツイッターを更新し、娘をベビーカーに乗せてエレベーターが来るのを待っていたところ、『おじさんが降りてきていきなり娘とベビーカー蹴飛ばし』たと告白。さらに、『気をつけろ! バカヤロウ!』と暴言を浴びせられたといい、『めちゃくちゃキレられた』と振り返っています」(芸能ライター)

    男性がなぜ激怒したのかは不明だが、小林は「おじさんが降りるときにベビーカーが近くで邪魔だったからブチ切れたんだと思う」と推測。

    一方で、「そんなにドアの近くにはいなかったんだけど」と疑問を呈している。

    「小林は続けて、ベビーカーを利用していたことで中年男性・女性から因縁を付けられた過去を告白。そして『可哀想に、娘は怖かったのか 泣きました。オジサンに蹴られて』とつづりました。ネット上では『片方の言い分だけだと状況がわからないけど、それでもベビーカーを蹴った方が絶対に悪い』『警察に通報するレベルの話だと思う』『どんな事情があろうと、赤ちゃんが乗っているベビーカーを蹴るなんてありえない』との声が相次ぎ、ベビーカー利用について議論が巻き起こるほど話題になりました」(同)

    また、双子のパパ、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明も、買い物中の“ベビーカートラブル”を明かしている。

    「石田は18年7月31日に更新したブログにて、妻が双子用ベビーカーで子どもを連れ、スーパーで買い物をしていた際の出来事を報告。なんでも、レジに並んでいたところ、後ろにいた中年女性から『もうちょっと前行けないの?』と注意され、妻が『すみませんベビーカーなんで』と答えたところ、舌打ちをされたとのこと。また会計後、レジ付近の道幅が狭くベビーカーでは出られなかったため、来た通路を戻ろうと、妻がその女性に『通してもらっていいですか』と声を掛けたところ、『人の迷惑って考えた事ある?』『買い物する時すら預ける人いないの?』『頼るところもないのに産むからこうなるのよ!』などと罵倒されたとか」(同)

    ブログでは「迷惑かけているのはわかってますよ」としつつ、「でも、そんなに言われなきゃいけないことですか?(中略)いくらなんでもひどくないですか?」と悔しさを吐露。

    石田のこの訴えには、ネットユーザーから「どうして協力してあげようとしないんだろう?」「舌打ちに暴言なんてひどすぎる」「『頼るとこないなら産むな』って……? 理解に苦しむわ」「心の狭い人が増えたな。本当に悲しい」など、中年女性を非難する声が続出した。

    さらに、女優の北川弘美も、一歩間違えば大事故につながりかねない経験をブログにつづっている。

    「北川は2月13日に更新したブログにて、狭い歩道でベビーカーを押しながら歩いていたところ、後ろから来た自転車が北川にぶつかりながら走り去っていったと報告し、『とっても気分が悪かったです』と怒りをあらわにしました。その後、前方の交差点にその自転車が止まっていたため、北川が『ぶつかりましたよね? ぶつかる必要ありましたか?』と問うと、自転車を運転していた女性は『聞こえないふりをし私を視界から外すように別方向を向かれました』とのことで、北川への謝罪はなかったようです」(同)

    その女性の自転車には「3歳くらいの女の子」が乗っていたらしく、「なんて無責任な行動なんでしょう? 子供を乗せた自転車で赤ちゃんを乗せたベビーカーにぶつかる!? お互いにリスクしかないですよね」とブログで激怒していた北川。

    ネット上でも「子どもを巻き込む大きな交通事故になりかねない、本当に危険な行為」「明らかに自転車側が悪いのに、この態度はなに!?」「たまたま大事故にならなかったからいいけど、北川さんが気の毒すぎる」と、同情を集めた。

    芸能人がこうしたトラブル体験を明かすことで、少しでも啓蒙につながればよいのだが――。
    【日時】2019年05月12日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン








    【【理解に苦しむ】”ベビーカートラブル”告発で議論読んだ芸能人】の続きを読む


    NO.7458880
    「走行税」1000キロで5000円?その実態とは
    「走行税」1000キロで5000円?その実態とは
    自動車で走った距離に応じて税金が課される「走行税」。

    政府・与党は、自動車の税金の抜本的な見直しを検討する方針で、その1つの案として去年の末に急浮上してきた。

    しかし、日常的に車を使っている人たちからは、早くも懸念の声が相次いでいる。

    いったい走行税とはどんな税なのか。

    すでに制度を導入している国があると聞き、現地に入って実態を取材した。

    ■走行税の導入国は…
    日本から飛行機で約11時間。

    空港に降り立つと、季節は日本と真逆の秋へと変わっていた。

    向かったのは、南半球の島国・ニュージーランドだ。

    500万人近い人口より羊のほうが多いことで有名なこの国だが、自動車の数も多い。

    保有台数は約400万台に達し、都市部から郊外に向かう幹線道路は、夕方になると帰宅する人の車で大渋滞が起きていた。

    世界に先駆けて走行税を導入しているこの国に、世界の道路料金システムを調べる道路新産業開発機構の中村徹さんが調査に入ると聞いて、制度の実態を取材するため同行することにした。

    ■1000キロ=5000円〜
    まず課税の仕組みを調べるため、私たちは最大の都市、オークランドにある観光ツアー会社を訪れた。

    ..



    【日時】2019年05月12日 17:18
    【ソース】NHK







    【【新税】「走行税」1000キロで5000円?その実態とは...】の続きを読む


    NO.7455251
    バス運転手が少年の命を救う 脇を猛スピードの車が通過 米
    バス運転手が少年の命を救う 脇を猛スピードの車が通過 米
    日本では今、保育園児の列に車が突っ込むという琵琶湖沿いの道路で起きた非常に痛ましい事故のニュースが大変な話題となっている。

    一方ニューヨークではバスの運転手がとっさの判断で少年の命を救ったという話題が大きな関心を集めているもよう。

    同じような状況での事故は日本でも各地で起きているため、警鐘を鳴らす意味でもご紹介してみたい。

    ニューヨーク州の各当局、ノーウィッチ学区の教育委員会、そして何より市民から「素晴らしいグラブ(ギュッと掴むこと)、お手柄でしたね!」と称えられているのは、スクールバスを運転するサマンサ・コールさんという女性。

    ある停留所でバスが止まり、1人の少年がバスを降りようとしたところ「ダメ!」と叫んで少年のジャケットを思い切り掴んだのだ。

    その直後に白い乗用車が少年の目の前を猛スピードで通過。

    あのまま降りていたらはねられていたに違いない。

    今月8日にはインターネット上でもその映像がシェアされているが、Facebookでこの件を紹介したノーウィッチ学区の教育委員会は、「あのままバスを降りていたら少年は間違いなく悲劇に見舞われていたことでしょう」として、それを防いだコールさんのとっさの判断と即時の行動力を大きく称え、感謝の気持ちを綴っている。

    市民からも何百という称賛コメントが寄せられているようだ。

    車線の幅が広く、きっちりとした道路標識や道路に塗装表示がないような土地ではこんなことも起きてしまうのかもしれないが、路線バス、スクールバスを問わず、また国を問わず、停止したバスと停留所の間を車やオートバイが通ることは法で禁じられている。

    日本ではそうした規則を知らない自転車が間を通ることでバスを降車した人に怪我を負わせる事故がまま起きているが、これには過失割合0対100という判例もある。

    今一度「停車したバスと停留所の間を通ることは禁止」ということを誰もが認識すべきであろう。
    【日時】2019年05月11日
    【提供】エトセトラ・ジャパン







    【【責任感】スクールバス運転手が少年の命を救う 脇を猛スピードの車が通過】の続きを読む


    NO.7429302
    悠仁さま中学校に侵入 容疑の56歳男を逮捕
    悠仁さま中学校に侵入 容疑の56歳男を逮捕
    お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区大塚2)で秋篠宮家の長男悠仁さまの机に果物ナイフが置かれていた事件で、警視庁捜査1課は29日、同校に侵入したとして住所・職業不詳、自称長谷川薫容疑者(56)を建造物侵入容疑で逮捕した。

    「間違いない」と容疑を認めている。

    長谷川容疑者は神奈川県平塚市内のホテルで捜査員に確保された。



    【日時】2019年04月29日 22:02
    【ソース】毎日新聞





    【【ロンギヌスの槍】悠仁さま中学校に侵入 容疑の56歳男を逮捕】の続きを読む


    NO.7425943
    「座らせなさい!」と恫喝 電車で強制的に席を譲らせる
    「座らせなさい!」と恫喝 電車で強制的に席を譲らせる
    電車やバスなどの公共交通機関では、乗客同士のトラブルが後を絶たない。

    近年は、その様子を撮影した動画がネット上に出回り、個人が特定されるといった騒動も多発している。

    しばらく前には、バス内での口論の様子を撮影した動画が世間の注目を集めた。

    Twitterで公開されて反響を呼ぶと、たちまち各所に情報が広まった。

    問題の動画は、2019年3月末に公開されたものだ。

    バスの1人用座席に座っていた幼い子供を、高齢の男性が押しのけて座ってしまったという。

    それを見ていた子供の母親が男性と口論する様子を、他の乗客が後方から撮影したものだ。

    その内容はテレビ番組で取り上げられる事態となり、ネット上でも様々な意見が飛び交った。

    上記の動画を見た読者から、「私も電車内で、非常識すぎる人を目撃しました」との情報が当サイトに寄せられた。

    情報提供者は、2月中旬にJR新宿駅から中央線に乗った。

    その後、中野駅で1人の男性が乗車してきた。

    そして、ドア付近の席に座っていた、大きな荷物を手にした男性の目の前に立った。

    次の瞬間、「座らせなさい!」と大声で相手を恫喝。

    相手の男性が立ち上がって席を譲ると、空いた席にドカッと座り込み、満面の笑みを浮かべたという。

    情報提供者曰く、「暴力沙汰になったら証拠の動画を被害者に提供できると思って、慌ててスマホで撮影を始めました」。

    当サイトではその動画の提供を受けて、内容を確認した。

    動画には、当該の男性が横柄な態度で席に座っている様子が約1分間にわたって記録されている。

    靴を履いたまま片足を座席に乗せて座っており、隣は空席になっている。

    男性は早口で何かをつぶやいているが、よく聞きとれない。

    情報提供者によると、男性は時折、奇声を上げるなどして周囲を威嚇していたという。

    情報提供者は通勤で中央線を利用しているが、1月にも乗客同士のトラブルに遭遇したそうだ。

    新宿駅から乗車した若い男性がシルバーシートに座った途端、隣に座っていた高齢男性が「ここは年寄りの席!」と若い男性に怒鳴ったという。

    若い男性は驚いた様子で、「すみません」と言って隣の車両へ移動してしまった。

    若い男性が退くと、その席に高齢女性が座った。

    すると高齢男性は、その女性と意気投合した様子で、「近頃の若い奴は、すぐに座りたがる。ビシッと叱ってやらないと、ああいう愚か者は分からないんだ」などと延々と話していたそうだ。

    情報提供者が吉祥寺駅で下車する際も、男性はまだその話題を続けていたとのこと。

    情報提供者は言う、「確かにシルバーシートはお年寄りが優先ですが、若い人だって疲れていて座りたい時もあるでしょう。

    注意するなら、もう少し別の言い方があったのではないでしょうか」。

    また、若者を追い払ったことを得意気に話し続ける高齢男性を見て、違和感を覚えてしまったという。

    今回紹介したようなトラブルは、公共交通機関を利用する誰もが巻き込まれる可能性のあるものだ。

    もし自分がそのようなトラブルの当事者になったら、あるいは、トラブルを目撃したら、どうすべきか。

    咄嗟の判断が裏目に出る可能性もあり得るゆえに、日頃からトラブルを想定した「対策」を立てておくことも無駄ではないかもしれない。
    【日時】2019年04月28日
    【提供】探偵Watch








    【【老害】「座らせなさい!」と恫喝 電車で強制的に席を譲らせる】の続きを読む


    NO.7415856
    京都で修学旅行中、校長ら昼から利き酒か 福岡の町立中学
    京都で修学旅行中、校長ら昼から利き酒か 福岡の町立中学
    福岡県粕屋町の町立中学校の50代の男性校長と男性主幹教諭が1月、修学旅行先の京都市で昼間に飲酒していたことが分かった。

    町教委によると、修学旅行には2年生約240人が参加し、1月中旬に2泊3日で京都方面を訪れ、校長以下13人が引率した。

    2日目の昼、生徒が班ごとに寺社などを巡る研修中、校長と主幹教諭は寺を訪れたあとで酒蔵を紹介する店へ入り、利き酒のセットを注文。

    十数種類の日本酒を飲んだという。

    他の教員らは緊急時のためにホテルで待機したり、生徒の研修を見守ったりしていた。

    2人は初日と2日目の夕食時も、生徒や他の教員とは別の部屋でビールや日本酒を飲んだという。

    町教委は「服務中の飲酒は職務専念義務に違反し、生徒への安全配慮にも問題がある。事実関係を確認して指導を検討したい」としている。

    県教委は「事実であれば遺憾で、確認して対処する」としている。



    【日時】2019年04月23日 12:18
    【ソース】朝日新聞








    【【羽目を外し...】京都で修学旅行中、校長ら昼から利き酒か 福岡の町立中学】の続きを読む

    このページのトップヘ