泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    アイドル


    NO.7780501
    後藤真希 大反響スクープ! “不倫愛”の超過激AVが急浮上
    後藤真希 大反響スクープ! “不倫愛”の超過激AVが急浮上
    本誌大反響スクープだ。元『モーニング娘。』の後藤真希(33)に、AV出演の情報が持ち上がっている。

    自由奔放な下半身の持ち主だけに、“不倫”をテーマにしたAVを発売するというのだ。

    「芸能界では数多くの不倫スキャンダルが報じられていますが、彼女ほど欲望のままに行動する人間も珍しい。不倫裁判に至った上に、自身のブログで経緯まで明かしたのは仰天。ある意味、立派です」(芸能ライター)

     夫のA氏は今年3月、ゴマキの不倫相手であるB氏に対し、330万円の損害賠償訴訟を起こしているが、「B氏は元カレで、ゴマキとは8年ほど前に付き合っていたそうです。夫A氏のDVに悩むゴマキがメールで連絡。会って相談するうちに関係をもつようになるという、焼けぼっくいに火がついた典型的パターン。ラブホで2回エッチしたことも、彼女自身が明かしています」(同)

     ゴマキは3月、不倫報道による裁判をブログで認め、『…一部週刊誌報道で報じられている通り、昨年、夫とは別な男性と関係がありました…夫よりDVを受けていると報じられておりますが…相手との勝手なやりとりから訴訟を招く内容となり、大変反省しております…』(原文抜粋)
     と記述。

    DV説はほ..



    【日時】2019年09月12日 21:00
    【ソース】週刊実話








    【【スクープ!】 “不倫愛”の超過激動画が急浮上【後藤真希】】の続きを読む


    NO.7607571
    BTS(防弾少年団)が日本で活動できなくなる?
    BTS(防弾少年団)が日本で活動できなくなる?
    韓国の男性7人組グループ『BTS』が7月3日にリリースした日本10thシングル『Lights/Boy With Luv』が初週62.1万枚を売り上げ、7/15付オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得した。

    「BTSは過去に『原爆Tシャツ』で波紋を広げたものの、日本での人気は圧倒的。

    8月7日には新作映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』も公開予定で、ライブの舞台裏などが明かされるとあって、ファンは心待ちにしているようです」(芸能記者)
    しかし、7月4日に日本政府が打ち出した半導体などの材料3品目を対象にする輸出規制強化で、政治の世界では日韓関係の冷えこみは過去最悪レベルに。

    それが芸能界にも波及しそうな雲行きだという。

    「韓国では、日本製品の不買運動を呼びかける声が起きており、その火の粉がK-POPアイドルとして活動する日本人へ降りかかっているようです。

    とりわけ、『TWICE』のミナ、サナ、モモ、『IZ*ONE』の宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美といった日韓合同グループの日本人メンバーに対して、韓国のネット民から“退出要求”まで出ている。

    彼女たちの身に危険がなければいいのですが」(同)
    もちろん日韓のK-POPファンは「政治の話を音楽に持ち込むな」と反発しているが、ここにきて深刻な状況に突き進む可能性もあるという。

    「韓国が政治的理由で芸能を利用することはままあること。実際、今回の件でも韓国の政府関係者からは『BTS』ら人気K-POPの日本での活動を制限して反撃しようとする強硬派もいるようです。もっとも、日本での活動でK-POPグループが韓国にもたらすマネーは100億円はくだらない。規制したら自分たちの首を絞めるだけでしょうね」(同)
    日韓の文化交流までこじれてしまうのか。

    ファンは気が気でない?
    【日時】2019年07月14日 09:58
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】







    【【朗報】BTS(防弾少年団)が日本で活動できなくなる?】の続きを読む


    NO.7587600
    韓国「日本出身アイドル追放論」キム・イソンがくぎを一刺し
    韓国「日本出身アイドル追放論」キム・イソンがくぎを一刺し
    日本政府による経済報復的な措置を受けて始まった日本製品不買運動が、思いもよらずガールズグループTWICEの日本人メンバー、サナの追放論争へと飛び火していることについて、俳優キム・イソンがくぎを刺した。

    キム・イソンは4日、フェイスブックに「安倍がのさばっているのに、なぜサナを追放するのか。土着倭寇を追い払うべきなのに」という書き込みを掲載した。

    さらにキム・イソンはコメントで「いずれにせよ、サナには触るな」と付け加えた。

    今月1日に日本政府は、スマートフォンやディスプレイの部品、半導体の製造工程などに使われる3つの品目について、韓国向けの輸出規制を強化すると発表した。

    これは、日本統治時代の強制徴用被害者などへの損害賠償を命じた韓国大法院(最高裁に相当)の判決に対する、報復的な措置だといわれている。

    これに対し多数の韓国ネットユーザーは、オンライン上で「日本製品の不買をしよう」という意見を強く提起している。

    この過程で、韓国で活動している日本人の芸能人にまで矢が飛んでいる。

    ガールズグループTWICEのサナ、モモ、ミナやIZ*ONEの宮脇咲良、本田仁美、矢吹奈子など日本の芸能人を韓国芸能界..



    【日時】2019年07月05日 20:13
    【ソース】朝鮮日報
    【関連掲示板】





    【【輸出優遇除外】韓国「日本出身アイドル追放論」キム・イソンがくぎを一刺し】の続きを読む


    NO.7526350
    伊織あい 小っちゃめ水着も「おっぱいが大きければ…」と嘆く
    伊織あい 小っちゃめ水着も「おっぱいが大きければ…」と嘆く
    6月2日、グラビアアイドルの伊織あいさんの2ndDVD&Blu-ray『れんあいCHU!』(グラビジョン)の発売記念イベントがソフマップAKIBA?号店 サブカル・モバイル館で行われた。

    3月にタイで撮影された本作の内容について「お家で私がそばにいるような感覚になる作品です。一番自分ぽいのは最初の西部劇みたいな感じで、水鉄砲で遊んだりするんですけど、そこはいつもの自分ぽくて笑いながら撮影しました。ちょっとエッチでセクシーな所もあって、朝、寝起きの感じでイチャイチャしてるみたいなシーンや、アイスもいっぱい舐めさせてもらって、そこはおススメポイントです。全部のチャプターでいろいろお話をしてるので、ちょっと照れくさくて恥ずかしかったんですけど、画面の向こうにいつも応援してくれてる人たちを想像しながら頑張りました。」と紹介。

    伊織あいさんは「セクシーな感じやエッチな感じのイメージで撮られるのが好きなので、やる気満々で撮りました。」とコメント。

    お気に入りのシーンは「衣装的にはニットを着ていて、結構小っちゃめな水着を、ニットを脱いで見せていくシーンはすごく可愛く撮れてお気に入りです。」とニッコリ。

    点数を付けたらの質問に「伸びしろを考えて80点! もうちょっとおっぱいが大きければ良かったなと思って・・・。」と語ると、「貧乳な所も私の売りなので、なるべく寄せるように頑張っているんですけど、次回もし出せるとしたら、もっともっとおっぱいマッサージに通って行きたいと思います。」と話していた。
    【日時】2019年06月11日
    【提供】日刊エンタメクリップ
    【関連掲示板】







    【【食い込み】伊織あい 小っちゃめ水着も「おっぱいが大きければ…」と嘆く】の続きを読む


    NO.7475752
    元AKB48・渡辺麻友に視聴者驚愕!「顔が別物・・・」整形疑惑も
    元AKB48・渡辺麻友に視聴者驚愕!「顔が別物・・・」整形疑惑も
    5月15日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した元『AKB48』渡辺麻友が、ネット上で「顔が変化している」と話題になった。

    同日の放送は『ガツガツしてるぞ埼玉女子 PART2』というテーマで、スタジオには埼玉出身の有名人が多数集結。

    渡辺の他にもフリーアナウンサーの田中みな実、女優の夏菜、元プロレスラーの北斗晶といった、個性的な?埼玉女子?が多数出演していた。

    以前、史上最強の地方ディス映画と名高い『翔んで埼玉』に絡めて?埼玉あるある?などで盛り上がった同番組。

    好評を受けての第2弾ということで、今回の放送にも多くの注目が集まったが、視聴者の間では埼玉ネタより渡辺の顔が話題になったようだ。

    ネット上を見ると、

    《渡辺麻友って顔の原型なくない? 突貫工事しまくり?》
    《まゆゆ…なんか顔変わった、、??》
    《まゆゆ、顔変わってる…よねぇ》
    《渡辺麻友の顔が全然別物になってる》
    《渡辺麻友か。。誰かと思った。さっしーといい顔変わり過ぎ》
    《デタ、整形、、、いじらなくてよかったのに》
    《まゆゆの顔がまた変わってる…。いじらなくても十分かわいいのに》
    《目頭と鼻の形がAKB卒業前と完全..



    【日時】2019年05月20日 10:30
    【ソース】まいじつ








    【【失敗】元AKB48・渡辺麻友に視聴者驚愕!「顔が別物・・・」整形疑惑も・・・】の続きを読む


    NO.7471804
    山口真帆卒業公演 欅坂46「黒い羊」披露 騒動想起の歌詞
    山口真帆卒業公演 欅坂46「黒い羊」披露 騒動想起の歌詞
    NGT48山口真帆(23)が18日、新潟・NGT48劇場で卒業公演「太陽は何度でも」が行われた。

    同時に卒業する菅原りこ(18)長谷川玲奈(18)と合同の卒業公演。

    王道アイドルソングが多く並ぶ中で、本編ラストには、出演が発表されていなかった日下部愛菜(17)角ゆりあ(18)ら5人を呼び込んで、一緒に欅坂46の「黒い羊」を披露した。

    「<歌詞>黒い羊 そうだ僕だけがいなくなればいいんだ そうすれば止まっていた針はまた動きだすんだろう?」

    まるで騒動が起きてからの自らと運営側のことを体現するかのような楽曲で、会場のファンをどよめかせた。

    山口は先月21日に卒業を発表した際「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる場所でなくなってしました。目をそらしてはいけない問題に対して『そらせないならやめろ、新生NGT48を始められない』というのがこのグループの答えでした」と痛烈に批判した。



    【日時】2019年05月18日 21:06
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】





    【【山口真帆】卒業公演 欅坂46「黒い羊」披露 騒動想起の歌詞】の続きを読む


    NO.7463147
    「仕事は1日1時間」酒とパチンコに溺れる元人気アイドル
    「仕事は1日1時間」酒とパチンコに溺れる元人気アイドル
    2018年9月に9年間の活動に幕を閉じた7人組アイドルグループ・PASSPO☆の元メンバー・岩村なちゅ(27)が、13日深夜放送『中居くん決めて!』(TBS系)に出演。

    グループ解散後の「酒」と「パチンコ」の溺れた私生活を明かし、かつてのファンに大きな衝撃を与えている。

    ■酒とパチンコの日々
    番組で岩村の1週間に密着。

    渋谷駅付近の1K、家賃10万円のマンションに一人暮らしの岩村は、ほぼ毎日「パチンコ」に通っている。

    朝イチで南町田に向かいパチンコ店の開店待ち。

    長いときには開店から閉店までパチンコ三昧、この日も10時間の遊戯を楽しんでいた。

    一旦帰宅後、着替えてすぐに出かける。

    午後9時には繁華街に繰り出し、友人らと11時間飲み歩き朝帰り。

    玄関で倒れ込むように爆睡する日々を過ごす。

    朝からパチンコ、夜は飲み歩く、ほぼ毎日のようにそんな自堕落な生活を繰り返していることが明かされた。

    ■1日1時間の仕事
    そんな生活をおくれるのは、現在の岩村の仕事内容も関係している。

    毎日1時間だけ、食事風景などをスマホでライブ配信するのが現在の岩村の仕事。

    生配信では視聴するユーザーからお金代わりの有料プレゼ..



    【日時】2019年05月14日 18:00
    【ソース】しらべぇ





    【【自堕落】「仕事は1日1時間」酒とパチンコに溺れる元人気アイドル】の続きを読む


    NO.7456500
    「秋元康に逆らったら生きていけない」NGT48騒動で見解
    「秋元康に逆らったら生きていけない」NGT48騒動で見解
    いったい、彼らは何を守ろうとしているのか?

    人気アイドルグループのAKB48の姉妹グループで新潟の?ご当地アイドル?として活躍してきたNGT48の一連の騒動である。

    騒動が勃発したのは昨年の暮れのこと。

    メンバーの山口真帆(23)が帰宅した際、自宅前でファンに襲われた事件が発端となった。

    その後、NGT48の現役メンバーが事件に関与していたことが取りざたされたことから、その真相やメンバーの処分、グループの改革を訴える山口と、騒動をウヤムヤにしようとする運営会社「AKS」との間で押し問答が繰り広げられてきた。

    事件発覚以来、私も幾度ともなく、この欄で取り上げてきた。

    ところが、その騒動は一向に解決、沈静化することなく、逆に悪化の一途をたどっている。それも、もう半年になる。



    【日時】2019年05月12日 00:00
    【ソース】BLOGOS
    【関連掲示板】





    【【ドン】「秋元康に逆らったら生きていけない」NGT48騒動で見解】の続きを読む

    このページのトップヘ