泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    芸人


    NO.7595627
    闇営業問題で“復帰計画”頓挫 島田紳助が宮迫に激怒
    闇営業問題で“復帰計画”頓挫 島田紳助が宮迫に激怒
     反社会的グループのパーティーに参加し、100万円のギャラを受け取ったとして「無期限謹慎処分」となった「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)。同時に処分を受けた他の芸人たちに比べ、レギュラーを多数抱える売れっ子だけに、芸能界に与えた影響は計り知れない。

     そうした宮迫の騒動に、宮迫と同じ元吉本興業の島田紳助氏(63)が激怒していると一部週刊誌が伝えた。島田氏は8年前の2011年8月に、暴力団との親密交際で引退している。

     記事によれば、紳助氏は、今年の「24時間テレビ」放送直後の「行列のできる法律相談所」にゲストとして出演する計画があったという。日テレ局内で“Sプロジェクト”と呼ばれていた上層部肝いりの企画だったが、今回の騒動で、プロジェクトは頓挫。紳助氏は「自分の教訓が後輩芸人にまったく生かされていない」ことに憤り、特に「行列」で紳助の後釜となった宮迫に対しては涙を流しながら怒っていたという。テレビ局関係者が声を潜めて話す。

    「紳助氏の復帰計画が極秘裏に進められていたのは本当です。観覧席に座らせておいて、たまたま見に来たという演出も検討されていたと聞いています。それで視聴者の反応..



    【日時】2019年07月09日 13:26
    【ソース】週刊現代
    【関連掲示板】





    【【余波】闇営業問題で“復帰計画”頓挫 島田紳助が宮迫に激怒】の続きを読む


    NO.7588890
    入江軍団の人気芸人「淫行」疑惑 超ロリコン・俳優としても活躍
    入江軍団の人気芸人「淫行」疑惑 超ロリコン・俳優としても活躍
     闇営業よりもヤバイ!! 通称「入江軍団」の人気お笑い芸人Xに“未成年淫行疑惑”が浮上している。

    俳優としても活躍中のXは、闇営業を仲介した「カラテカ」入江慎也(42)と仲が良く、派手に遊び回っていた時期がある。しかも「超」の付くロリコン。

    18歳未満の女の子が大好きで、入江主催のイベントで堂々とお持ち帰りまでしていたという。

    心配した周囲が注意しても、当の本人は「バレても(未成年とは)知らなかったって言えばいい」と、どこ吹く風。知人は「あれで捕まらないのはおかしい」と警告する――。

     特殊詐欺グループの忘年会に出席し、報酬をもらったとして「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)らが謹慎処分を言い渡されたが、仲介したのは「友達5000人」と豪語する「カラテカ」入江だったことはご存じの通り。

    芸人として華々しいキャリアはないものの、所属事務所の垣根を越え、有名無名問わず、多くの芸人からかわいがられていた。

     あの明石家さんま(64)もラジオ番組で「俺、入江には世話になっているから、入江に頼まれたら絶対に行ってた」と告白。

    くだんの忘年会も宮迫は入江の頼みとあって出席したという。..



    【日時】2019年07月07日 11:00
    【ソース】東スポWeb







    【【闇営業よりもヤバイ!‼】入江軍団の人気芸人「淫行」疑惑 超ロリコン・俳優としても活躍】の続きを読む


    NO.7581481
    9割も中抜き…吉本興業の”安すぎるギャラ問題”が急浮上!
    9割も中抜き…吉本興業の”安すぎるギャラ問題”が急浮上!
    所属芸人による闇営業問題で揺れる吉本興業だが、同社にとって最も触れて欲しくない問題を指摘する声も出てきた。

    それは、他の芸能事務所に比べて安すぎるギャラだ。

    6月29日放送の『新・情報7days ニュースキャスター』(TBS系)でも、ビートたけしが「闇営業しなきゃならないような状態にしてしまう事務所も悪いよ。

    最低限の保障をしてあげればいいのにね」と、吉本の所属芸人に対する処遇に疑問を呈している。

    「FUJIWARAの藤本敏史がAbema TVの番組で、吉本の若手芸人のギャラ事情を明かしていましたが、それによると400〜500人が入る地方の営業で、満杯になっているのにもかかわらず、ギャラがたったの1万円だそうです。

    しかも2回公演になると、2回目のギャラはなぜか5,000円という理不尽さ。

    結成13年目のお笑いコンビ、金属バットの友保隼平も自身の給与明細をTwitterでさらしながら、吉本の給与の低さを嘆いています。

    さらに極楽とんぼの加藤浩次やハリセンボンの近藤春菜が、吉本と所属芸人との間に契約書が存在しないことを暴露するなど、ここに来て吉本のブラックな実態が明らかになっています」(週刊誌記者)
    つまり、闇営業による反社勢力とのつながりは芸人としてのモラルの欠如以前に、吉本の企業体質という構造的問題が招いたとも言える。

    吉本芸人のギャラの安さは、よく彼らがネタにしているように、ギャラの取り分が芸人が1割、事務所が9割という凄まじい搾取構造に起因している。

    所属タレントと事務所のギャラ配分は、5対5からそう遠くない比率に設定されていることが一般的だ。

    「タレントの取り分が多い事務所として知られるのが浅井企画(キャイ〜ン、ずんらが所属)で、ギャラの7割がタレントに入ります。

    人力舎(おぎやはぎ、アンジャッシュ他)やサンミュージック(カンニング竹山、スギちゃん他)、太田プロ(有吉弘行、劇団ひとり他)、ケイダッシュステージ(オードリー、原口あきまさ他)もタレントが6割なので、厚待遇でしょうね。

    人気のサンドウィッチマンが所属するグレープカンパニーも、伊達みきおがテレビ番組で6割だと明かしていました。

    ホリプロコム(バナナマン、スピードワゴン他)とワタナベエンターテインメント(アンガールズ、ハライチ他)は半々といった具合。

    一方、松竹芸能(よゐこ、TKO他)はタレントの取り分が2割なので、東京に比べて大阪の芸能プロダクションは待遇が悪いと言えそうです」(同)
    こうして見ると、ギャラの9割も中抜きする吉本は突出している。

    反社も真っ青のブラックぶりだ。

    闇営業問題を早期に終息させるには所属タレントと正式な契約を結び、生活できる最低限の収入を保証するしかなさそうだが、吉本は6,000人もの芸人を抱えている。

    全てを保証するとなると、大変な出費を迫られ、会社が傾きかねない。

    果たして、どう対応するのか。
    【日時】2019年07月04日 17:58
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】





    【【超ブラック企業】9割も中抜き…吉本興業の”惨過ぎるギャラ搾取問題”が急浮上!】の続きを読む


    NO.7576265
    上沼恵美子「闇営業せな生活できんなら芸人やめた方がいい」
    上沼恵美子「闇営業せな生活できんなら芸人やめた方がいい」
    “関西の女帝”上沼恵美子が7月1日放送のラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)で、芸人の“闇営業”問題に言及し、ネット上では「納得!」の声が続出している。

    「直に事務所を通さず“ギャラちょうだい”というやつは、もう30年、40年前、当たり前にいた」という上沼。海原千里・万里時代、ある局のプロデューサーにビルの落成に行くように頼まれて出向くと、現場には多くの芸人、国会議員がいたという。

    「車を降りると、黒い背広を着た人が17〜18人ズラリ。反社会的勢力だと丸わかりだったことから、『タクシー呼んでいただけますか』と上沼が立ち去ろうとすると、背広の人物が寄ってきて『姉さんがた、ちょっとお待ちください、お茶を飲んでください』と言って喫茶店に入れられたのだそうです。
    そこへ、一番偉いと思われる人物が登場したのですが、立っていた背広姿の8人ぐらいの男たちを殴る蹴るの暴行。
    『姉さんがた、失礼があって申し訳ありません』と、まるでドラマのような展開となり、若かりし頃の上沼は『失礼なんかございません!』とビビリまくったのだそうです」(夕刊紙記者)

    結局、落成式の壇上で簡単な挨拶をして、写真撮影にも..



    【日時】2019年07月02日 17:41
    【ソース】アサ芸プラス
    【関連掲示板】





    【【関西の女帝】上沼恵美子「闇営業せな生活できんなら芸人やめた方がいい」】の続きを読む


    NO.7573935
    ザブングル謹慎期間は8月末まで…過ちを厳しく追及反省させ
    ザブングル謹慎期間は8月末まで…過ちを厳しく追及反省させ
    大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントは1日、報道各社にFAXを送付し、反社会性力との闇営業が発覚したザブングルについて、謹慎期間を8月末までとすると発表した。

    ファクスでは「ザブングル松尾陽介(42)、加藤歩(44)の両名が参加した件につきまして、関係各位、ファンの皆様に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを、改めまして深くお詫び致します」と謝罪。

    さらに同社は「今回の事件の重大さを痛感しておりますが、過ちを犯した所属タレントに対しては過ちを厳しく追及し、真摯に反省させ、今後同様のことが行われないよう再発防止策を講じることが多くのタレントを抱える芸能プロダクションのとしての弊社の役割、使命であると考えております」とし、謹慎期間を「2019年8月末日までとすることと致しました」とした。

    当初、24日の発表では「当面の間、謹慎処分とする」としていた。

    【以下、FAX全文】

    弊社のコンプライアンスに関する取組み及び弊社所属ザブングルに対する対応について

    1.お詫び

    連日報道されております、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力が主催する会合に所属タレントのザブングル(松尾陽..



    【日時】2019年07月01日
    【ソース】デイリースポーツ
    【関連掲示板】





    booking.com



    【【朗報】ザブングル 過ちを厳しく追及反省させ謹慎期間は8月末まで…】の続きを読む


    NO.7566015
    スリムクラブ【画像】稲川会幹部のお誕生会で千円札の首飾り
    スリムクラブ【画像】稲川会幹部のお誕生会で千円札の首飾り
    吉本興業は27日、お笑いコンビ「スリムクラブ」と「2700」が暴力団関係者の会合で闇営業したとして、無期限謹慎処分にした。

    吉本興業はマスコミ各社にファクスで処分を報告。

    「スリムクラブ」の真栄田賢(43)と内間政成(43)、「2700」の八十島宏行(35)と常道裕史(36)の4人が約3年前、他事務所の芸人を通じ、飲食店オーナーの誕生日パーティーで芸を披露してほしいと直接依頼されて参加し、一定の金銭を受領したとした。

    同社では闇営業問題で、コンプライアンスの徹底と反社会的勢力の排除に関する決意表明を準備していたこともあり、謹慎処分よりも重い処分となった。

    きょう28日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)では「スリムクラブ」が指定暴力団「稲川会」No・3に当たる本部長の男性の誕生会で闇営業していたと報道。

    16年8月ごろ、川崎市内の韓国クラブを貸し切りにして開かれたと伝え、上半身裸の内間が1000円札をつなげて作った首飾りを下げている写真を掲載している。

    本紙の取材では、仲介役を務めたのは他事務所のモノマネ芸人Bだった。

    Bの知人は「Bはパーティーの主催者と何度か仕事をしたことがあるそうです。

    スリムクラブには建設会社の社長関連の会合だと言って声を掛けた。

    彼らは初めてその場に行った」と話した。

    裏側で一体どのようなやりとりがあったのか、Bの証言が待たれる。

    関係者によると、スリムクラブ2人へのギャラは10万〜15万円とみられ、ネタを披露した後は客と数時間、宴席をともにしたとみられる。

    「事前に説明受けてたはず」2人は反社会勢力のパーティという認識はなかったというが、記事の中で暴力団幹部の知人女性は「パーティを開いたキャバクラの社長が呼んだのだと思います。

    大幹部であることは間違いなくわかっていたはず」と話している。

    反社会勢力に詳しいジャーナリストの石原行雄さんはこう見る。

    「参加した芸人が『おっさん、ノリ悪いぞ』などと幹部をいじるようなことがあると大変なので、直前に一定の説明を受けていた可能性は高いと思います。

    ただ、誘われた人間関係などもあって土壇場で断れなかったのではないでしょうか」土田晃之「帰れなくないですか?」内間政成が上半身裸でお札の首飾りをかけた写真が掲載されたことに「わからなくもない」「とにかく安全に帰ろうと思うんじゃないか」とそのような格好をせざるを得なかったのではないかと推察した。

    「よその番組を見ていたら、元芸人さんが会場の雰囲気で分かると。逆に分かったら帰れますかって。もし自分が行って、ヤバイ、間違いなくそうだとなっても、逆にそうしたら帰れなくないですか?」と、暴力団関係者などがいたと分かったら、余計に帰れないと自分に置き換えて語った。

    「そう思ったなら、なおさら、内間がああいう格好をしてるのは分からなくもないかなと。とにかく盛り上げて安全に帰ろうと思うんじゃないか」と、写真週刊誌に掲載された、内間の上半身裸でお札の首飾りをかけ笑う写真に同情を寄せた。

    MCの坂上忍は「だからこそ、事務所を通さないリスクっていうのはそういうところに存在する」と、闇営業の怖さを指摘していた。

    テレビ朝日コメンテーター玉川徹氏は「稲川会の幹部だと最初から知っていて10万円とか15万円でそんなリスク取りますかね」と疑問を投げかけ「例えば建設会社の社長の宴会だったら10万、15万っていうこともあり得るかなということだと思うんですけど、行ってから本当はこういう会合だと言われても、もう帰れないですよね怖くて。やるしかないですよね、行っちゃったら。そういうことなのかなとボクは見てましたけど」と明かしていた。

    玉川徹「直前に説明された場合、どうすればいいんでしょうか」
    石原「『お手洗いに行かせてください』と言ってそのまま逃げるのが一番です。暴対法や暴力団排除条例があるので、通報すれば警察が守ってくれます。そこは逃げるしかありません」
    反社は身の隠し方が巧妙
    吉本興業の広報担当者は同日、デイリースポーツの取材に対応。

    反社会的組織の排除を改めて誓った上で、所属タレントに伸びる反社勢力の“罠”について指摘。

    スリムクラブらが陥った状況に、一定の理解を示した。

    反社会的勢力にとって、芸能界とのつながりを示すことは、自らの“格”を誇示するために有効な手段となっている。

    担当者によると、この日、同社が行った「決意表明」は反社会的勢力の完全排除に加え、反社会勢力が「あの手この手」で仕掛けてくる罠に対して屈しないという意味もあるという。

    担当者は「法整備が整ってきたこともあり、そうした集団は、表だった活動ができなくなっている。
    パーティーを行うにも部屋も借りられない」とし、「その分、身の隠し方がどんどん巧妙になり、一般人を装った形で芸人をゲストに呼ぶケースが増えている」と説明。

    今回のスリムクラブの一件についても「飲食店のオーナーのパーティーとして呼ばれた。

    ヒアリングしたが、普通の飲食店だと思ってしまってもやむを得ない状況であったことは理解できる」と話した。

    2011年、島田紳助氏は暴力団との交際を認め、自ら芸能界から身を引いた。

    今回の稲川会幹部との交流も、本来なら十分に解雇事由となる案件だが、無期限の謹慎処分にとどまったのは、反社会勢力側の手練手管により無意識的に関わってしまったという“情状酌量”が働いたものとみられる。

    M-1の呪い
    スリムクラブの闇営業問題を伝えた「朝日新聞デジタル」は、関係者の話として“飲食店オーナーの誕生会”ではなく「暴力団関係者の会合」と報道。

    「FRIDAYデジタル」は、さらに具体的に「Sという有名ヤクザ。指定暴力団『稲川会』の大幹部」と伝えている。

    また発覚した芸人の反社勢力との闇営業について、インターネット上では
    「これは悪質。暴力団とわからないわけはないでしょう」
    「ここまで次々に出てくると、吉本の体質自体に問題があるのでは」
    「契約書もないのにギャラを大幅にピンハネするようなやり方は今の時代に合っていない」
    「芸能界と反社勢力、どこまでズブズブなんだ?」
    などという声が上がっている。《中略》「スリムクラブの活動禁止でささやかれているのが、2010年の“M-1の呪い”です。05年結成のスリムクラブは10年の『M-1グランプリ』で決勝戦進出を果たします。優勝は4票を獲得した笑い飯にさらわれましたが、スリムクラブは3票を得ており、大接戦の末の惜敗でした。その際、スリムクラブに投票した3名は島田紳助、宮迫、中田カウスで、全員が反社勢力との関与が報じられているのです。これまで『スリムクラブを推した3人、みんな反社勢力とつながってる』とネット上でネタ化されていましたが、当のスリムクラブも暴力団のパーティーへの参加が明らかになったことで、『本当に笑えない』『最高のオチがついた』『9年前の“M-1の呪い”』と話題になっています」(週刊誌記者)
    ちなみに、闇営業問題の発端となった入江について、TBSは独自取材により「手渡しで現金100万円を受け取っていた」と報道。
    「スポニチアネックス」は、関係者や複数の芸人による証言から、入江はそのギャラをほぼ独り占めしたのではないかとも指摘している。《中略》
    スリムクラブの問題を受けて、吉本は公式サイトで「決意表明」を発表。
    「社員・タレントが一丸となってコンプライアンス遵守の再徹底を図ります」と宣言しているが、「ここまできたら、吉本の幹部が会見を開いて説明する必要がある」「宮迫や亮もだけど、スリムクラブも会見すらしないで雲隠れするのは不誠実では」との声も上がっている。
    今後の対応が一層注目されるところだ。

    仲介したモノマネ芸人は誰?
    スリムクラブに営業を依頼した人物について、吉本があえて「他社所属芸人」と明言したのには、「当該人物に対する強い憤りも感じられる」(スポーツ紙記者)という。
    「闇営業問題は吉本だけでなく、ほかのお笑い事務所、ひいては芸能界全体に昔から蔓延しているとされています。
    今回、スリムクラブを仲介したとみられているのは、報道されている暴力団幹部と交流があることで知られる、有名歌手のものまね芸人・T。
    大手プロの所属ではなく、また知名度も決して高くはないものの、反社会的組織に『非常に近い人物』と評判です」(実話誌編集者)
    先のカラテカ・入江慎也が仲介役となった闇営業騒動では、入江のみが契約解除となり、ほかの芸人に比べて一段と上の厳しい処分を受けている。
    「今回の件でも、闇営業を行ったスリムクラブ以上に、仲介者となったTの方が、より罪は大きい。しかし、同じ吉本所属であれば、社内で処分できるものの、他事務所となると、もし知らぬ存ぜぬの態度を取られてしまえば、それ以上打つ手もない。Tが幹部の素性を知っていて、かつスリムクラブを“だまし討ち”していたとすれば、入江以上に悪質と言えるでしょう」(同)

    暗躍する“闇の仲介人”
    事務所を通さずに行う闇営業では“闇の仲介人”の存在がある。
    14年12月に詐欺グループの忘年会などを仲介して吉本興業から契約解消されたカラテカ入江。
    今回のケースで「スリムクラブ」や「2700」に声を掛けた“闇チュー”はモノマネ芸人Bだった。
    関係者は「本業ではあまり売れていないので、つい闇営業のうまみにはまる。
    仲介で利ざやを稼ぐことがある。
    そんなことを繰り返しているうちに素性のよく分からない人物とも軽い感じで仕事をしてしまう」という。
    知らず知らずのうちに反社会的勢力につけ込まれる実態。そこには闇営業の本当の“闇”が隠れている。
    詐欺グループの忘年会では入江が正規営業の相場より「格安」で雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮らを呼び、自身が半分以上のギャラを受け取った可能性も浮上した。
    自身の裁量でギャラを決めるため、こんなに実入りのいい仕事はない。
    だが、芸能事務所では黙認しているケースが少なくない。
    個人の人脈による結婚式やパーティー、地方営業など「全ての実態をチェックするのは難しい。
    個人の人脈による仕事は許可している」(芸能事務所スタッフ)という。
    タレントの間では「直(ちょく)」「直営業」「内職」「ショクナイ」と呼ばれるほど「闇営業」は身近でもある。
    ある芸人は「親しい知人に誘われた場所に反社会的勢力がいたとしても見かけでは分からない」と話す。
    「キャバクラなど不特定多数が集まる飲み屋が要注意。みんなで撮影して後で反社だったと言われても分からない」と眉をひそめる。
    暗躍する“闇チュー”が呼び込む闇。
    個人で対応するには危険がつきまとう。

    仲介役ものまね芸人Bの特徴
    ・吉本興業とは別の事務所
    ・スリムクラブよりも先輩の芸人
    ・モノマネ芸人
    ・本業のモノマネではあまり売れていない
    ・パーティの主催者(稲川会幹部)と過去にも仕事をしたことがある
    ネットの反応
    ・仲介した他事務所のものまね芸人Bの名前も出さないと不公平やわ
    ・もしかしてビジーフォーか?
    ・イニシャルがBのモノマネ芸人※()は所属事務所
     BBゴロー(トップカラー)
     バーモント秀樹(パンダ軍)
     ビューティーこくぶ(ビッグワールド)
     ビトタケシ(オフィス庄屋)
    ・ジーニーなんとかってモノマネ芸人がテレビで芸人のエージェントやってるって言ってたけど、違うよな
    ・近藤春菜のそっくりさんのジーニー堤かな?とも思ったけどBじゃないもんね?
    ・BなのTなの?
    ・そのモノマネ芸人はラーメン屋をやってますか?
    ・昨日はよしおの名前が上がっててショックだったけどものまねなら違うか
    ・ミラクルさんは六本木に結構行ってるらしいが
    ・暴力団関係者どころか山川の最高幹部じゃねーか
    ・川崎の諏訪さんっつったらガチガチの強面だよ
    ・FRIDAYここ数年ショボショボやったのに久々にデカいスクープかましたな
    ・15万でキャリア白紙……。
    ・仮に知らなかったとしたら、その場で「ヤクザだから帰ります」なんて言えないしね。必死で盛り上げるしかない。
    ・フロント企業なんて一般人でもわからんわ
    ・ジーパンとTシャツじゃあヤクザとはわからんな
    ・フロント企業なんて一般人でもわからんわ
    ・ただでさえ 内間なんてテンパるのにヤクザの前でちゃんとネタ出来たのか心配
    ・仲介屋はそれなりにいるんだな。
    ・もともと芸能事務所自体がヤクザと近しい存在でそれがだんだんと浄化されてきた歴史を思えば個人が手探りで芸能事務所まがいなことやり始めたら必然的にそういうところに行っちゃうわな
    ・ヤクザ専属の芸人としてやるなら誰も文句言わん
    ・事務所を通さずに行う全ての営業を闇と呼称するあたりに何かしらの圧力を感じる。出張先が反社会勢力じゃないなら普通に副業でいいだろ。
    ・闇営業って事務所の看板使って勝手に営業してるのと同じだからな
    ・直の営業黙認してるのがもうダメじゃん 見分け付かないリスク放置してきたツケやろ
    ・吉本が紙なしの奴隷契約を改めれば闇営業とやらも減るんじゃないの
    ・コンプライアンス教育をしましたーって、契約書も作らない、ピンハネしまくりの会社のどの口からでるのか謎
    ・自浄作用に期待できそうもないなw
    【関連記事】
    スリムクラブ 闇営業先は稲川会ナンバー3の大幹部だったw「一番ヤベェとこw」「そら断れんw」
    【吉本】スリムクラブ終了!?ヤクザ闇営業で無期限謹慎 更に千円札パタパタ路上ナンパ報道で撃沈w
    【日時】2019年06月28日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】





    【【アウト!】スリムクラブ【画像】稲川会幹部のお誕生会で千円札の首飾り】の続きを読む


    NO.7567608
    闇営業吉本興業が中堅事務所に仕事を奪われ、勢力図が激変か
    闇営業吉本興業が中堅事務所に仕事を奪われ、勢力図が激変か
    13人もの芸人が謹慎処分となった、反社会勢力が主催するパーティーでの闇営業問題。

    今度は、吉本興業所属のスリムクラブと2700が、他事務所の芸人の仲介で稲川会系の暴力団幹部が参加する会合に出席し、ネタを披露していたことが発覚し、それぞれ無期限謹慎処分となった。

    「カラテカ入江だけでなく、ほかにも反社会勢力と接点を持つ芸人が複数いたという状況。今回の仲介芸人は吉本ではないものの、こういった不適切な闇営業が芸人たちにとって身近なものであったというのは間違いないでしょう」(週刊誌記者)
    一連の闇営業問題は、お笑い事務所の通常業務にも影響を与えているようだ。

    「芸人そのものが、ものすごくダーティーな存在となってしまった。

    一般の企業や自治体にしてみれば、何の気なしに呼んだ芸人が実は反社の闇営業もやっていた……なんていうリスクを負うこととなる。

    普通の企業も、気軽に芸人を呼べなくなってしまったわけです。

    少なくとも、絶対に反社との付き合いがない芸人だけしか呼べませんね」(お笑い関係者)
    たとえば、カラテカ入江と仲がいい芸人などは、真っ先に警戒されることになるのだ。

    「吉本内部でも、できるだけクリーンな芸人に営業仕事を回すようにしているようですね。

    入江と仲がいい芸人はもちろん、今回レイザーラモンHGや天津木村、ムーディ勝山など“一発屋芸人”も多く闇営業に参加していたことが発覚しているので、一発屋系の芸人も敬遠されがちなようです。

    一発屋芸人は知名度も高いし、誰もが知っているネタを持っているし、営業では重宝されていたんですが、本当にもったいないですね」(同)
    もはや、吉本芸人を使うことそのものがリスクだという声もある。

    広告代理店関係者はこう話す。

    「用心深いスポンサーであれば、吉本は避けるようになるでしょう。またザブングルが謹慎になっているナベプロもしかりです。今回の騒動は芸人が謹慎するというだけでなく、事務所の監督責任も問われるもの。吉本やナベプロは大きな痛手を負うことになりましたね」そんななか、その他の中堅事務所は仕事を増やすこととなりそう。

    「たとえば、サンドウィッチマンが所属するグレープカンパニーなどは、サンドの好感度の高さもあって、かなりクリーンなイメージです。

    今まで吉本興業に営業を頼んでいた企業が、グレープカンパニーに鞍替えするということは十分にあり得るでしょう」(同)
    闇営業問題をきっかけに、吉本やナベプロといった大手事務所が、新興の中堅事務所に仕事を奪われるかもしれない……。

    お笑い事務所の勢力図が、いま書き換えられようとしている。
    【日時】2019年06月28日 05:55
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】





    【【危機】闇営業吉本興業が中堅事務所に仕事を奪われ、勢力図が激変かwww】の続きを読む


    NO.7564208
    スリムクラブ闇営業先は稲川会ナンバー3の大幹部だった 一番ヤベェとこ
    スリムクラブ闇営業先は稲川会ナンバー3の大幹部だった 一番ヤベェとこ
    6月27日、吉本興業は人気コンビ「スリムクラブ」の真栄田賢と内間政成を無期限謹慎処分にしたと発表した。

    吉本が、報道各社に送ったファックスによると、「飲食店オーナーの誕生日パーティへの演芸提供を直接依頼され」とあるが、実際には、指定暴力団幹部の誕生日パーティへの参加だった。

    FRIDAY6月28日発売最新号では、「まだまだ出てくる吉本興業の『闇芸人』スリムクラブ 稲川会幹部の誕生会で『闇営業』」と題し、その時の様子を詳しく報じている。

    今回スリムクラブが行った「闇営業」の相手は、Sという有名ヤクザ。指定暴力団「稲川会」の大幹部である。

    「Sは稲川会の最有力団体の本部長(ナンバー3)を務めている人物で、今年4月に稲川会の六代目に就任した内堀和也会長の側近中の側近。
    年は40代半ばですから、若手の出世頭ですよ。10代後半から稲川会に所属するバリバリのヤクザですが、Sの一番の”ウリ”は経済力。
    川崎(神奈川県)の繁華街をシマ(縄張り)にしており、さまざまな”ビジネス”でメチャクチャ儲けていると聞きます」(暴力団関係者)
    本誌では、これまで「雨上がり決死隊」宮迫博之や「ロンドンブーツ1号2号」田村亮らの詐欺グループへの闇営業を報じてきたが、その営業先は指定暴力団の幹部にまで及んでいたことになる。

    今回の件で、吉本興業に取材を申し込んだが、これまでと同じく「無回答」だった。

    6月28日発売のFRIDAY最新号では、彼らが暴力団幹部の横で、上半身裸の状態で「札びら」を首に巻いて乱痴気騒ぎをする様子などを掲載し、パーティの様子を詳報している。

    ■「2700」も出席で無期限謹慎
    暴力団関係者の会合に出席していたとして、吉本興業が所属するお笑いコンビ「2700」の八十島宏行(35)と常道裕史(36)を無期限の謹慎処分にしたことが27日、分かった。

    この日、無期限の謹慎処分にしたことが発表された「スリムクラブ」の真栄田賢と内間政成と同じ会合に出席していた。
    関係者によると、「2700」の2人に暴力団関係者の会合という認識はなかった。スリムクラブと同じく、3年前に知人である他社所属芸人を通じ、飲食店オーナーの誕生日パーティーへの演芸提供を直接依頼され、参加。

    事務所を通さない“闇営業”で、また、その対価として一定の金銭を受領していたことが新たに判明した。

    ■サバンナ高橋の反応に心配の声
    25日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)にサバンナの高橋茂雄が出演。闇営業で謹慎処分になった芸人たちについてコメントしたのだが、その様子に心配の声があがっている。

    ・「自分の解雇」が怖くなった?
    番組内では、謹慎処分となったロンドンブーツ1号2号の田村亮が、嘘をついた理由について「保身」と説明したことにも触れる。
    高橋は、そのことについても「入江がスピードで解雇されたんで、お金をもらったと認めてしまうことが自分の解雇につながるって思って怖くなるっていう気持ちは、なんかちょっとわかります」と理解を示す。
    入江の解雇はそれほどまでに芸人たちに大きなショックを与えたということなのだろう。

    ・ネット上では心配の声
    自らも世話になっている先輩や仲間の謹慎処分は、相当ショックなものだったに違いない。高橋の様子に、ネット上では「大丈夫?」「顔がおかしい」と心配の声があがっている。
    「表情が青ざめて半分死んでました。何か不安でもあるんですかね?」
    「グッディの高橋くんの顔! 顔色悪すぎやし、顔つき曇りすぎ!」
    「様子変じゃない? 目泳ぎまくってるよ大丈夫?」
    「サバンナ高橋泣きそうやん。かわいそうになるわ」
    また、中には「目が泳いでる」と指摘する人の姿も見られた。

    ・ネットの反応
    ・超エグいw
    ・よりによって一番ヤベェとこいってるやんw
    ・芸能界はズブズブやな
    ・振り込め詐欺のチンパラとは訳が違うやん
    ・稲川会幹部に闇営業って、詐欺グループなんかと比べ物にならない黒さやないか…。
    ・しかも吉本興業は山口組と縁があったから余計やばいw
     >ライバル組織のとこに出たって感じか
     >昔は、だけどな 吉本が大きな旗持ってからは無理やり縁切って大惨事起きてた
    ・ほんまもんのヤクザさんしかもでっかいとこに関わってたら そりゃあ無期限謹慎だろ てか廃業になりそうな勢いだけど
    ・明日発売のフライデーに載るということで、吉本が先に発表したわけか。
    ・宮迫達の最初から3週間くらい間があるよね。ストックしておいて小出しにする作戦だったんだね。
    ・タチ悪すぎ…。知らなかったわけないよな、これ。
    ・庇うわけじゃないが、闇営業に行って相手が稲川会の幹部とその場で知っても、断って帰るのは難しい。
    ・稲川会はヤベェwそら断れんわな
    ・さぁワイドショーの皆々様が、どこまで突っ込んだ議論が出来ますやら。ちらし寿司のあのお方のお名前を出そうものなら、芸能界永久追放かもしれませんね。
    ・反社の誕生日会って言うけど、北島三郎は毎年、稲川会の新年会で歌ってたよね。
    ・これって組織的に吉本がやらせてたんじゃないの?お金の流れの解明を待つ。
    ・吉本が未だに正式な会見をしないのは黙認していたからだとしか考えられないんだけど?
    ・こいつらにその仕事回したほかの事務所の先輩って誰だろう?そっちが知りたい
     >関係持ってるそっちの方がヤバイw
     >直系と関わりあるって、すごいパイプw入江ルートなんかよりヤバい
    ・稲川会系の奴がやってる会社なんて腐るほどある 従業員すら社長がヤクザって知らないからな
    ・タピオカビジネスしてた団体かな?
    ・自分の誕生パーティーに名指しでスリムクラブを呼ぶ稲川会幹部かわいいな
    ・大物なのにスリムクラブでいいのっていう
     >後藤組組長も以前流出した警察の内部情報で確定されてた愛人はショボいグラドルだったし内情はそんなもんだろう
    ・山口組 住吉会 稲川会 どこのフロント企業のタピオカが美味いか飲み比べてみた!←実話誌でありそうな企画w
    ・ぶっちゃけ稲川の怪談より怖い話になりそうでぞくぞくする
    ・これはただの記念撮影か?
    【日時】2019年06月27日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】





    【【リスク】スリムクラブ闇営業先は稲川会№3の大幹部だった 一番ヤベェとこ】の続きを読む

    このページのトップヘ