職人の作業着や安全靴を販売しているチェーン店「ワークマン」が若い女性の人気を集めている。なにを購入しているのか。

軍手10組178円、長靴980円――。ヘルメットや地下足袋など2000以上のアイテムが、広い店内にずらりと並ぶ。多彩な品ぞろえと手ごろな価格がワークマンの魅力だ。

1980年に群馬県伊勢崎市に「職人の店」をうたい文句に誕生し、今では全国に825店舗。客の多くは建設などの作業現場で働くガテン系男性だが、「20代、30代を中心に、女性のお客様が急激に増えています」と埼玉・新座野火止店の周東慶和店長は話す。


【日時】2018年8月2日 12時39分
【ソース】J-CASTテレビウォッチ










ワークマンに女性客急増 子育てママからの反響で売り切れ商品も
ワークマンに女性客急増 子育てママからの反響で売り切れ商品も  livedoor
(出典:livedoor)


株式会社ワークマン(英: WORKMAN CO.,LTD.)は、群馬県伊勢崎市を本拠にGMSベイシア、ホームセンターカインズなどを抱えるベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として国内最大手に成長した。関東地方を中心に北海道から九州にかけてフランチャイズ展開しているチェーンストアである。
7キロバイト (671 語) - 2018年3月31日 (土) 17:12



(出典 i.ytimg.com)



1 名無しさん@涙目です。 :2018/08/02(木) 13:40:29.29 ID:afkQtZo/0●.net BE:324064431-2BP(2000)


(出典 img.5ch.net)

ワークマン、高機能ウエアの新業態店 東京・立川に出店
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00483290


ソース今朝のTBS

(出典 i.imgur.com)


【【朗報】「ワークマン女子が急増」 ガチで流行っている模様】の続きを読む