泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    俳優


    NO.7460382
    保釈当日、愛人と密会 高橋祐也を蝕む18年前の"リンチ殺人事件"
    保釈当日、愛人と密会 高橋祐也を蝕む18年前の"リンチ殺人事件"
    10月9日、覚せい剤取締法違反の罪で東京地検に起訴された女優・三田佳子(77)の次男・高橋祐也被告(38)は、保釈金300万円を納付し、保釈された。

    渋谷署を出た高橋は、紺のジャケット、黒のジーンズに白いスニーカー姿。

    無言で深々と報道陣に頭を下げ、迎えに来た父親の車に乗り込み、署を後にした。

    この日は実家のタワーマンションで一夜を過ごしたという。

    今回で4度目の逮捕・起訴となった高橋だが、300万円の保釈金を支払ったのはやはり母親ではないかという憶測から、ネットでは厳しい声が上がっていた。

    「三田は、これまで逮捕の度に保釈金を払ってきた過去があり、『また母親がカネを出した』『どこまで甘いんだ』と非難が集まりました。昨年、清水アキラの息子が覚せい剤で逮捕されたとき、清水は『反省が足りない』と最後まで出さなかった。境遇が近い芸能人二世同士ということで、比較されています」(スポーツ紙記者)

    だが、三田家には払わざるを得ない事情があった。

    過去、家族ぐるみで親交があった高橋の友人が話す。

    「これまで、祐也は散々遊ぶ金を両親にせびってきた。拒否すると暴れ、三田さんは泣きながら彼が遊んでいる店..



    【日時】2019年05月13日
    【ソース】文春オンライン








    【【禁止薬物】保釈当日、愛人と密会 高橋祐也を蝕む18年前の”リンチ殺人事件”】の続きを読む


    NO.7458326
    中山麻聖「僕の父は三田村邦彦」発言に観客どよめく
    中山麻聖「僕の父は三田村邦彦」発言に観客どよめく
    俳優・水谷豊(66)が監督した映画「轢き逃げ−最高の最悪な日−」(公開中)の舞台あいさつが12日、大阪・梅田ブルク7で行われ、主演の中山麻聖(30)、石田法嗣(29)とともに登壇した。

    中山は俳優・三田村邦彦(65)と元女優・中山麻理の三男。

    「父親の旅番組によく出させていただいてるので、よく大阪には来させていただいて…」と三田村が出演するテレビ大阪「おとな旅あるき旅」(土曜、後6・30)に出演することを交えて大阪の印象を語り始めると会場を見渡し、「あ、僕、父親、三田村邦彦なんですけど」と照れ笑い。

    三田村の息子だと知らない人も多かったようで、観客からは「へえ〜っ!」の声があがり、中山は「(ということで)…勝手に親近感を抱いております」と笑顔で語った。

    三田村と中山は1999年11月に離婚。

    三田村は2010年5月、27歳年下の制作会社社員(当時)と再婚している。

    同作は昨年4月26日に神戸ロケからクランクイン。

    北野、南京町、元町高架通り商店街などで3週間ロケを行い、その後、関東近郊で撮影し、7月27日にクランクアップした。



    【日時】2019年05月12日 00:00
    【ソース】デイリースポーツ
    【関連掲示板】








    【【隠し子?】中山麻聖「僕の父は三田村邦彦」発言に観客どよめく...】の続きを読む


    NO.7455249
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽
    福山雅治(50)の主演ドラマ「集団左遷!!」(TBS系)の視聴率が振るわない。

    初回こそ13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したが、その後は下降気味なのだ。

    そんな福山について今、ファンの間で囁かれているのが、4年前に結婚した吹石一恵(36)との“離婚説”だ。

    一部メディアが6月にも離婚発表に踏み切るのではないかと報じた。

    この観測記事は本当なのか。

    福山を長年追い続けてきた芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏がこう言う。

    「私が、福山を乗せた所属事務所の送迎車を彼の自宅付近で目撃したのは2017年12月末のこと。なので、少なくとも約1年半前まで福山は家族で渋谷区内の自宅マンションに住んでいたと言って間違いないでしょう。ただ、定期的に福山の自宅周辺で取材しているカメラマンに“離婚説”を確認すると、意外な答えが返ってきました。『確かにこの数カ月間は吹石の姿は見かけましたが福山は確認していません。送迎車を替えている可能性も否定できませんが……』と言うのです」

    ■“兄貴分”とも家族の話題なし
    芋澤氏によると、「集団左遷!!」の撮影現場からは次のような情報が飛び込んできたと..



    【日時】2019年05月11日 06:00
    【ソース】日刊ゲンダイDIGITAL








    【【破局】福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽】の続きを読む


    NO.7399569
    渡哲也 石原軍団解散へ 決断の背景に俳優の高齢化と体調問題
    渡哲也 石原軍団解散へ 決断の背景に俳優の高齢化と体調問題
    東京都内にある病院の前で、酸素ボンベの入ったバッグを右手に持ち、車から降りてきたのは俳優・渡哲也(77)だった。

    本誌が渡を目撃したのは4月上旬。

    実はその直前に驚きの証言をキャッチしていた。

    「渡哲也さんが、ついに俳優引退と、石原プロモーションの幕引きを決断したのです」

    そう語ったのは石原プロの関係者だった。

    石原プロは、故・石原裕次郎さんにより’63年1月に設立された。

    「’71年には渡哲也が副社長に就任。舘ひろし(69)や神田正輝(68)など人気俳優を擁し、その結束の固さから所属俳優たちは“石原軍団”と呼ばれたのです。’87年に社長の裕次郎さんが逝去した後は、渡が24年間にもわたり二代目社長を務めました」(芸能関係者)

    社長辞任後も、専属俳優や“相談取締役”として石原プロを支え続けてきた渡。

    なぜいま“石原軍団解散”を決断したのだろうか? 

    前出の石原プロ関係者は次のように語る。

    「以前から“高齢化”は問題視されていました。現在、代表取締役会長を務めている石原まき子さん(※石原裕次郎夫人)が85歳、そして渡さんが77歳。渡さんが辞任してから8年になりますが、社長職は空席のまま。そ..



    【日時】2019年04月16日 00:00
    【ソース】女性自身








    【【悲報】渡哲也 石原軍団解散へ 決断の背景に俳優の高齢化と体調問題】の続きを読む


    NO.7369288
    ギャンブル狂・田中圭に薬物疑惑 ピエール容疑者の芋づる逮捕が噂に
    ギャンブル狂・田中圭に薬物疑惑 ピエール容疑者の芋づる逮捕が噂に
    競艇のイメージキャラクターに抜擢された田中圭。

    遅咲きの売れっ子俳優だが、無名時代から賭け麻雀の常連というギャンブル狂。

    ピエール瀧、DJTANAKA関連の薬物報道で、芋づる逮捕が噂されている模様。

    日テレで始まる主演ドラマは「あなたの番です」という意味深なタイトル。

    芸能界の薬物蔓延は周知の事実だが、井上陽水と研ナオコ以来、連続した薬物汚染の摘発は無し。

    捜査の行方が気になるところである。
    【日時】2019年04月02日 14:00
    【提供】激裏情報





    booking.com



    【【戦々恐々】ギャンブル狂・田中圭に薬物疑惑ピエール容疑者の芋づる逮捕が噂に・・・】の続きを読む


    NO.7355777
    新井浩文 付き人で再出発計画! 浅野忠信が更生への温情提案
    新井浩文 付き人で再出発計画! 浅野忠信が更生への温情提案
    「新井さん逮捕による違約金は億単位ともいわれており、所属事務所も責任を問われることになるでしょう。浅野さんは『俺が頑張らないと!』と言って、必死で仕事に向き合っているそうです」(芸能関係者)

    2月に強制性交罪で逮捕・起訴された新井浩文被告(40)。

    その影響は大きく、所属していた事務所『アノレ』の屋台骨が揺らぎかねない状況。

    そんななか、先輩の浅野忠信(45)が孤軍奮闘しているという。

    新井はすでに保釈され、世田谷区内にある自宅マンションへと戻った。

    だが、今後の見通しはかなり厳しそうだ。

    「俳優としては、誰もが認める実力派でした。しかし性犯罪を起こしたことによる世間の反発は大きかった。友人のムロツヨシさん(43)が擁護した途端にバッシングを浴び、謝罪に追い込まれたほど。いまや、誰も彼をサポートできない状態です。新井さんは2月27日に500万円を払って保釈されましたが、今後は巨額の賠償金も抱えることになるでしょう。そのためこれまで住んでいた高級マンションを引き払い、単身者向けの安い部屋に引っ越すつもりだと聞きました」(映画関係者)

    四面楚歌状態のなか、ひっそりと新生活を始めた新井被..



    【日時】2019年03月27日 06:00
    【ソース】女性自身
    【関連掲示板】








    【【新井浩文】付き人で再出発計画!浅野忠信が更生への温情提案】の続きを読む


    NO.7359419
    ピエール瀧だけじゃない!芸能人がひた隠す稽古場というヤリ部屋
    ピエール瀧だけじゃない!芸能人がひた隠す稽古場というヤリ部屋
    コカイン使用容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者(51)。

    瀧容疑者に薬物を譲渡したとして20年来の友人という女(48)も逮捕されたが、瀧容疑者が「自宅とは別に借りているマンションの部屋でコカインを吸った」と供述した“仕事部屋”の存在も、実は注目を集めている。

    歌手や俳優など芸能人が“稽古場”などと称し、自宅とは別に借りているマンションは、芸能スクープを潰す仕掛けとしても知られている。

    約8年前、俳優の内野聖陽(50)と元宝塚トップ女優の一路真輝(54)をめぐる離婚騒動が浮上した時も、“稽古場”が大きな障害となったという。

    「内野と一路の不仲説をキャッチした私は、杉並区にあった当時の内野家が暮らすマンションを連日のように張り込みました。ところが、内野の姿を一度も目撃することができず、実際にこの目で確認できたのは、一路と長女の買い物シーンだけ。そのため、内野の行動確認に取材を切り替え、彼が杉並区の自宅を出て都内で1人暮らしをしている事実を突き止めたのですが、内野の当時の所属事務所は頑として“夫婦別居”を認めなかったのです。ネックになったのは“稽古場”の存在です。事務所側が『内野クラスの俳優ともなれば、自宅以外に別の部屋を借りているのは当然のこと』と主張したため、それを覆すことができませんでした」(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄氏)

    ところが、その取材をした半年後に、内野夫妻は“離婚”を発表。

    芋澤氏は地団太を踏んだという。

    昨年「ハリウッド進出」を口にした人気俳優も東京・三軒茶屋界隈に“稽古場”を持つ俳優の1人。

    この俳優は妻子持ちで、妻に内緒で女性を“お持ち帰り”する時は稽古場にしけ込むのがお決まりのコースだったという。

    「私と一緒にいたカメラマンは、女性と2人きりで稽古場に姿を消す“ツーショット写真”を押さえていましたから、その時点で記事にすることも考えましたが、所属事務所に確認すると、『あれは一緒に台本を読んでいただけです』『部屋には他の友人もいて、彼女に頼まれて演技指導をしていました』などと弁解するのです。この人気俳優には同じパターンで何度もスクープを潰されて、悔しい思いをしました」(前出の芋澤氏)

    3月13日に瀧容疑者の自宅を家宅捜索した関東信越厚生局麻薬取締部は、コカインの現物を押収できなかった。

    なぜ、最初から“稽古場”に踏み込まなかったのか。
    【日時】2019年03月28日
    【提供】gossip!







    【【蔓延】ピエール瀧だけじゃない!芸能人がひた隠す稽古場というヤリ部屋】の続きを読む


    NO.7359609
    萩原健一さん死去68歳 GIST患うも公表せず
    萩原健一さん死去68歳 GIST患うも公表せず
    俳優萩原健一(はぎわら・けんいち)さん(本名・萩原敬三)が26日午前10時30分に都内の病院で亡くなったことが28日、分かった。

    所属事務所によると、萩原さんは11年から、GIST(消化管間質腫瘍)を患っており、闘病してきたという。

    容体が急変し、帰らぬ人になった。

    故人の強い遺志で、病気は公表してこなかったという。

    葬儀は、家族葬として営まれ、27日に荼毘(だび)にふされたという。

    萩原さんは、今月18日に、内田裕也さんが亡くなった際に所属事務所を通じて「非常に残念です。近々、企画書をもって裕也さんと共演することを楽しみにしていましたが、奥様のご不幸があり、タイミングを逃しました。心よりご冥福をお祈りします」とコメントを発表していた。

    さらに、11年に結婚したモデルの冨田リカが24日に更新したブログでも、冨田とともにバランスボールに乗るなどジムに通う様子が伝えられていた。

    ◆萩原健一(はぎわら・けんいち)本名・萩原敬三。
    1950年(昭25)7月26日、埼玉県生まれ。
    67年に「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビュー。
    72年の映画「約束」で本格的に俳優に転身。
    ドラマではNHK大河「勝海舟」、日本テレ..



    【日時】2019年03月28日 22:26
    【ソース】日刊スポーツ





    【【訃報】萩原健一さん死去68歳 GIST患うも公表せず】の続きを読む

    このページのトップヘ