泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    歌手


    NO.7190483
    ゆず 重大発表騒動に続き波紋呼ぶチケット価格に ファン「冷めた」
    ゆず 重大発表騒動に続き波紋呼ぶチケット価格に ファン「冷めた」
    5月11日のナゴヤドーム公演を皮切りに、全国4カ所のドームで弾き語りコンサートを行うフォークデュオ・ゆず。

    ドームクラスで公演を行えるアーティストは数少ないだけに、人気と実力を備えたアーティストと言って間違いないゆずだが、昨今の動向には、一部ファンから冷ややかな声も上がっているようだ。

    昨年12月17日、公式サイト上で「今後の活動について重要なお知らせがあります」とし、発表日時は19日21:00と告知したゆず。

    これを知ったファンは、「まさか解散では」「活動休止か」など不安な気持ちを抱えたまま2日間過ごし、予告時間通りに詳細が明らかに。

    それは、ゆず初であり、日本音楽史上初でもある「弾き語りドームツアー」の開催発表で、思わぬ吉報に安堵したという声もある一方、ネットユーザーやファンからは「バカにしている」といったコメントも殺到した。

    「ゆずは、普段のライブ中でも『ここで大事なお知らせがあります』と、わざと不安にさせておいてから、ニューアルバムの発売や翌年のツアー決定を観客に知らせてきたんです。つまり、彼らにとっては常套手段。しかし、今回はネットで告知したため、ファン以外にも知られることとなり、結果、“プチパニック商法”と見られてしまった。そんな中、慣れているはずのファンも正式発表まで2日空いたことで要らぬ心配をし、また世間のゆず叩きを目の当たりにして、気疲れしたという人も少なくないようです」(芸能ライター)

    その際に発表されたドームツアーについて、早速ファンクラブ先行受け付けが行われたが、その内容を見たファンから興ざめの声が相次いでいるようだ。

    「昨年末の重大発表お騒がせ事件と、チケットSS席2万5,000円という金額を見て、気持ちが冷めてしまった」「ツアー発表の仕方にもガッカリだったし、チケット代も2万5000円って、どんどん高くなってる。今までのモヤモヤが大爆発」と、ゆずに見切りをつけるコメントがSNSなどで多数見受けられるのだ。

    「今回のドームツアーのチケットは、FC限定の『ファーストシートSS』席が2万5,000円、『ファーストシートS』席が1万5,000円、そのほかは一律8,900円で、指定席と親子席が用意されています。2年ほど前のツアーでも、1万5000円のFC限定『ファーストシート』席を設け、ファンの間で波紋を呼んでいましたが、その上をいく強気な設定。告知騒動に加え、年々上がっていくチケット価格を受けてファン離れが起こっているようです」(同)

    ファーストシートSS席の特典としては、アリーナ席の前方ブロックの確約、オリジナルグッズのプレゼント、専用入口の通行、さらに並ばず物販を買えるレーンの使用となっているが、歌を生で聞ければ満足というファンからすれば、いらぬサービスと言えるだろう。

    ちなみに今回のツアータイトルは『ゆずのみ〜拍手喝祭』。

    これまでも「二人参客」や「昇心旅行」と、よく知られた言葉に引っ掛けた造語の副題はあったが、最近の一連のゆずの言動には、拍手どころかブーイングせざるを得ない。

    彼らの「ご乱心」はいつまで続くのであろうか。
    【日時】2019年01月12日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン





    【【ゆず】重大発表騒動に続き波紋呼ぶチケット価格にファン「冷めた」】の続きを読む


    NO.5852370
    安室奈美とKEIKOの奇跡2ショット写真を小室哲哉が公開!
    安室奈美とKEIKOの奇跡2ショット写真を小室哲哉が公開!
    90年代を代表するアーティスト安室奈美恵さんですが、来年に引退をすることを発表しました。

    それに伴い、安室ブームが再燃しつつあり今年の紅白も安室奈美恵が登場するのではないかと期待を寄せつつも、彼女であればそうやすやすと登場するわけがないと、冷静に受け止めるファンも居ます。

    そんな中小室哲哉が奇跡のショットを公開しております。

    ーKEIKOと安室奈美恵のツーショット
    僕からしたら、奇跡の1枚です。
    撮影してくれた方にありがとうと、伝えたい。
    2017年10月14日

    小室哲哉さんは昨日「安室奈美恵」さんと奥さんである「KEIKO」さんとの軌跡のツーショットを公開しました。

    奇跡って言っても当時二人は小室ファミリーでしょう?と思うのかもしれませんが、KEIKOさんと安室さんは当時非常に忙しく、小室ファミリーとはいえなかなか接触することがなかったものと思われます。

    さらにKEIKOさんは現在自宅で療養中でなかなか表に出にくい状況であり、更に来年は安室さんも引退。

    今後ほぼ二人が「アーティスト」として写真で肩を並べることが無いのかもしれません。

    そのような背景もあり「奇跡」と言うべきなのかもしれません。

    もちろん、安室さんが引退後、KEIKOさんの元を訪れることもあるのかもしれません。

    ちなみにKEIKOさんについて小室さんが最近の奇跡の歌声を公開しております。

    今後更に奇跡が起こるのかもしれません。
    【日時】2017年10月15日 11:06
    【提供】秒刊SUNDAY








    【【奇跡】安室奈美とKEIKOの奇跡の2ショット写真を小室哲哉が公開!】の続きを読む


    NO.5929300
    西野カナは会いたくて震えるだけじゃない!暖かい恋もある!
    西野カナは会いたくて震えるだけじゃない!暖かい恋もある!
    西野カナの「手をつなぐ理由」。

    控えめだけれど、歌声に華を添える様に優しく滑らかに響くピアノ伴奏。

    その伴奏にエスコートされながら『恋をしていると恋をしているとなぜか身体が心で温もる』と優しく暖かみのある歌声で曲が始まっていく。

    その世界観は彼女の伝えたい想いが温かみを帯びながら真っすぐ届く様に作られたのだな。

    と素直に思う程、シンプルで純粋無垢。

    ■西野カナの「手をつなぐ理由」
    手の温もりというのは、手を繋いでいる時は当たり前に感じるもの。

    けれど手を離してから時間が経ってしまえば、その温かさは当たり前に消えてしまいます。

    ここで歌われる『手の温もり』。

    それは「一緒にいた時間」であり、共有した時間の中で感じた嬉しかった事楽しかった事。

    「大切な思い出」の事を歌っているのです。

    手が離れると、どうしても消えていってしまう手の温もり。

    その温もりを感じ合った相手が大事であればあるほど、思い出は嬉しくもあり時には心を揺らすものにもなりえます。

    どうしてでしょうね。

    大事すぎると「自分だけかな」なんて思ってしまうのは。

    大事に想っているのは自分だけで、あなたはどう想っているのかな?なんて心配になったり…。

    手をつないで温もりを感じた。

    その幸せは確実にあるのに。

    幸せでなんだか不安になる不思議な気持ちを、私も同じ。

    ちゃんと分かっているからね。

    と安心させる様にそして自分にも言い聞かせるように続く歌詞。

    『大丈夫忘れない。いくつ歳を重ねても』この一言が、想いが同じである事を真実にして心を通わせていくのです。

    ■楽曲のテーマは絆
    心が通えば、想いは変わらないけれど、その想いの上に重なっていくのが時間です。

    重なる時間は良い事ばかりではないのです。

    思わぬ態度や一言に傷つく事。

    時には腹を立ててしまって、好きという気持ちよりも嫌いと思う気持ちが上回ってしまう事もあるでしょう。

    でもそれは『心と心が強くひかれ合っている』からなのです。

    好きの反対は嫌いではないのです。

    好きの反対は「無関心」なのです。

    好きだから、関心を持ちすぎてしまって嫌いになるくらい、心配もするしやきもちも焼いてしまう事もある。

    なんだかちょっとややこしい。

    けれど、それが好きという事、誰かを大事に想う事、なのでしょう。

    「手をつなぐ理由」。

    この歌は今年でデビュー10周年を迎える西野カナが自身の10年続けてきた音楽に対する想い。

    そして、これまで自身を支えてきてくれた人たちへ「絆」をテーマに想いを込めた曲なのだそうです。

    誰かを大事に想っている事。好きだと想う事。

    この感情が必ずしも曲中で表現される「恋」に当てはまるわけではありません。

    恋ではないけれど、恋と同じ様に誰かを大事に想う。

    その感情を表す言葉が、この曲のテーマである「絆」なのではないでしょうか。

    ■歌詞に込められた「これからも一緒に居よう」という強い想い
    彼女がこの曲を通して伝えたい想い。

    それが目一杯込められているのがこの歌詞。

    「恋」で表されているのは「大好きだよ」という、彼女自身が大事に想っている全てに対してのとても純粋で温かい想い。

    そして「君」というのは、西野カナの音楽への情熱と歌を聴いている人の存在を指しています。

    好きだからこそ続けてこられた音楽活動。

    10年の節目を越えて、これからまた出逢ってゆく様々な出来事。

    時には音楽を嫌う事もあるかもしれない。

    だけどそれは「好き」だから「恋をしている」から起こりうる出来事なのです。

    そんな出来事の繰り返しでも、支えてくれる人達と心を通わせる事が出来れば、必ずまた好きになる。続けていける。

    だから「これからも一緒に居よう」という想いがこの歌詞には込められているのです。

    ■大切な人を想う恋歌でもあり応援ソングでもある「手をつなぐ理由」
    最後に歌われる事で『記憶を失う』という表現がとても印象を残します。

    この先に何があっても『大切な想いだけは消えない』という、彼女自身が注ぐ愛情と彼女自身に注がれる愛情を大切に想っている事を心から伝えたい。

    そんな想いが胸に残ります。

    大事な人を想う事で生まれる温もりが大切な宝物だと気がつかせてくれる、冬にぴったりな温かい恋歌でもあり。

    想うだけで心が温もるくらい、自分を愛し支えてくれる誰かがいるから「大丈夫。頑張ろうね」と何かを続ける人へ寄り添うような応援ソングにも聴こえる、西野カナが歌う「手をつなぐ理由」。

    柔らかいけれど、想いに真っすぐな歌声と温かい歌詞が心にも。

    そして、これから始まる冬にも温もりを添えてくれますよ。
    【日時】2017年11月20日
    【提供】UtaTen








    【【西野カナ】会いたくて震えるだけじゃない!暖かい恋もある!】の続きを読む


    NO.5242811
    西野カナ「イケメン以外は用なし!」の肉食ぶり
    西野カナ「イケメン以外は用なし!」の肉食ぶり
    今月5日、「第49回日本有線大賞」を「Dear Bride」(SME)で初受賞した西野カナだが、その直前の11月末にはイケメンマネジャーとの半同棲愛が報じられた。

    写真付きで記事を掲載した「フラッシュ」(光文社)によると、マネジャーは小柄だが、目力が強い市川海老蔵似のイケメン。

    西野は男性にかなりメロメロで、すでに一部のファンの間では交際がウワサになっていたが、昨年夏に西野が現在の自宅マンションに引っ越してきて以来、そのマネジャーと思われる男性が1人で出入りすることがあり、半ば同棲状態だというのだ。

    「“恋愛ソングのカリスマ”と呼ばれる西野だけに、なかなかのスキャンダル。ところが、『フラッシュ』の早刷りが出た日は、ちょうどASKAが覚せい剤で2度目の逮捕をされてバタバタ。おまけに、西野の版権は某大手芸能プロが押さえているため、マスコミ各社に『後追いはやめてくれ』とお達しが出た。おそらく、『NHK紅白歌合戦』の取材でもマスコミが西野に接触する機会はないだろう」(芸能デスク)

    これまで「会いたくて 会いたくて」「トリセツ」など数々の恋愛ソングがヒットしている西野だが、どうやらプライベートでは恋愛ソングのネタに事欠かないようだ。

    「今回、交際が発覚したマネジャーは、コネ入社した所属レコード会社の役員の息子で、いわば“禁断の恋”。マネジャーとの仲が公になる前には、ツアーやレコーディングを担当している“ぐっさん”ことギタリストの山口隆志氏との関係が、ファンの間でも公認の仲となっていた。業界内では、お気に入りのバックダンサーをホテルの部屋に呼んでマッサージさせているのも知られていた」(大手レコード会社関係者)

    表沙汰になっていないだけで、なかなかの肉食系のようだが、そのせいもあってか、西野の曲の歌詞は、ややワガママな女性目線が多い気がするのだが……。

    「西野は、名古屋で有名なお嬢様大学を卒業している。デビューできたのも、中部地区では資産家として知られる父親の資金力のおかげだったとか。一部メディアが報じたところによると、大学生時代は『合コン女王』として有名。しかし、イケメン以外には興味を示さないなど、かなり態度が悪く、みな彼女との合コンには、二度と行きたがらなくなってしまうとか」(女性誌記者)

    もっぱら、今年のレコ大の大本命に浮上しているとのウワサだが、受賞すればくだんのマネジャーと勝利の美酒に酔うことになりそうだ。
    【日時】2016年12月21日 11:00
    【提供】日刊サイゾー







    【【西野カナ】「イケメン以外は用なし!」の肉食ぶり】の続きを読む


    NO.7178315
    AAA浦田と熱愛公表の浜崎あゆみ、年末ライブが悲惨と話題
    AAA浦田と熱愛公表の浜崎あゆみ、年末ライブが悲惨と話題
    AAAの浦田直也との熱愛が発覚した浜崎あゆみ。

    年末恒例のカウントダウンライブが酷すぎると話題になっている。

    abemaTVの生中継あり、75万人が視聴したというが……

    ゲイ疑惑もある浦田。

    カモフラしたい浦田と話題作りをしたい浜崎の利害が一致したとの噂も。

    歌手としての努力を怠り、インスタ豚と化した浜崎、今年も痩せる気はなさそうだ。
    【日時】2019年01月05日 12:00
    【提供】激裏情報





    【【浜崎あゆみ】年末ライブが悲惨と話題 AAA浦田と熱愛公表】の続きを読む


    NO.7182494
    西野カナが来月のライブ後の無期限活動休止を表明
    西野カナが来月のライブ後の無期限活動休止を表明
    人気歌手の西野カナさんが、来月のライブを終えたあと活動を休止することを、自身のホームページで明らかにしました。

    西野さんは8日、自身のホームページに「いつも応援してくれる皆さんへ」と題したメッセージを掲載し、「もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。

    旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります」と、29歳になった今の心境をつづったうえで、「来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずにいろいろと挑戦したいと思っています」と、活動を休止することを明らかにしました。

    そのうえで、「とは言っても、やっぱり私は歌が好きで、これからもきっと毎日のように歌を口ずさんでいる気がします。またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています」と記し、「最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとう」と結んでいます。

    西野さんは三重県の出身で、平成20年にメジャーデビューしたあと、「会いたくて会いたくて」や「あなたの好きなところ」などのヒット曲を出してきました。

    同世代の女性..



    【日時】2019年01月08日 19:07
    【ソース】NHK
    【関連掲示板】





    【【西野カナ】が来月のライブ後の無期限活動休止を表明】の続きを読む


    NO.7172246
    山本彩、髪ばっさりカットに大反響「天使降臨」
    山本彩、髪ばっさりカットに大反響「天使降臨」
    2018年11月にNMB48を卒業、現在は歌手・アーティストとして活動する山本彩が、1月3日に自身のオフィシャルInstagramを更新。

    改めてショートヘアにしたことを報告し、ファンの注目を集めている。

    「久しぶりのショートはこんな感じ」とつづられた今回の投稿では、“パンダ団子”を手にした山本の姿が写し出されている。

    家族で「アドベンチャーワールド」を訪れたという山本。

    パンダの「彩浜(さいひん)」にも会えたことも伝えている。

    2019年、新年を迎えた山本は、最初の投稿で「ファンクラブの開設」「全国ライブハウスツアーの開催」を発表。

    それと同時にロングヘアをバッサリカットしている途中の姿もファンに公開し、大きな反響を呼んでいた。

    そんな山本のショートヘアに、ネット上では「やばい可愛い」「さや姉はショートも似合う」「強烈にかわいい」「まじでかわいいやっぱショートいいね」「おかえり!ショートの女王」「思った以上にショート」「破壊力やばいっす」「天使降臨」「ショートもロングも神 いや、女神」「ショートの彩ちゃん待ってたー」「最高かよ」「原点回帰ですね」「ずっとこの時を待ってました」など絶賛の声が多数寄せ..



    【日時】2019年01月04日 04:30
    【ソース】ザテレビジョン





    booking.com



    【【天使降臨】山本彩、髪ばっさりカットに大反響】の続きを読む


    NO.7175672
    松任谷由実、2019年は「NHK露出が激増」!?紅白で関係者絶賛
    松任谷由実、2019年は「NHK露出が激増」!?紅白で関係者絶賛
    「平成最後」となった『第69回NHK紅白歌合戦』だが、全出演者の中で最も“NHK株”を上げたのは、7年ぶりの出場となった松任谷由実なのだという。

    番組後半、スペシャルメドレーとして「ひこうき雲」と「やさしさに包まれたなら」の2曲を歌い上げた松任谷だったが、番組のオオトリを飾ったサザンオールスターズとのステージは、まさに「歴史に残る名コラボとなった」(NHK関係者)と絶賛されていたのだという。

    2018年の『紅白』では、紅白のトリをそれぞれ石川さゆり、嵐が務め、最終歌唱者には特別企画枠のサザンが登場。

    「希望の轍」「勝手にシンドバット」の2曲を披露した。

    「『勝手にシンドバット』には大勢の出演者がステージに登場し、桑田のバックで番組を盛り上げるという演出が行われました。その中央に、松任谷が突然登場して、桑田の頬にキスをして、『胸騒ぎの腰つき』という歌詞に合わせて、腰ふりダンスまで披露しました」(スポーツ紙記者)

    実はこの松任谷の“乱入”は、リハーサルでは一切行われなかったもので、土壇場での“飛び入り”だったのだという。

    「リハでは本番同様、桑田は北島三郎にマイクを向け『そうねだいたいね』と歌ってもらう演出で進めていましたが、松任谷は登場さえしなかったんです。ちなみに北島はといえば、リハ時にも、歌っている素振りこそ見せてはいたものの、マイクに音声は一切乗っていなかったため、『やはり数年のブランクがたたったのか……』と心配されていたものです」(同)

    平成最後の区切りとあって、出演を快諾したという北島だったが、今回ばかりは松任谷に「全部持っていかれてしまった」(前出・関係者)ようだ。

    「客席やモニターでステージを見ていた、記者やNHK関係者までが、松任谷と桑田のコラボシーンに盛り上がりを見せていました。本来の松任谷の出場場面は、別スタジオでの1曲目の歌唱後、サプライズ的にNHKホールに登場するという演出でしたが、そのシーンがかすんでしまうほどの“桑田との夢の共演”には、関係者一同舌を巻いていました」(同)

    ここ数年はNHKとそこまで深い関わりもなかった松任谷だが、19年以降は扱いがまるで変わってくることになりそうだ。

    「番組でのテーマソングや主題歌起用、特番など、『紅白のオオトリへの貢献』に対するお返しが、次々と企画されることになりそう。あの瞬間を目撃した視聴者からは、絶対に文句も出ないはずです」(同) 最初に出場歌手が発表された際には、例年以上に「目玉なし」と冷笑されていた『紅白』だったが、土壇場での松任谷による“飛び入りサプライズ”は、すべてをひっくり返してしまうほどの爪痕を残したようだ。
    【日時】2019年01月05日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】








    【【松任谷由実】2019年は「NHK露出が激増」⁉紅白で関係者絶賛】の続きを読む

    このページのトップヘ