泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    自動車


    NO.7457822
    トヨタGRスープラ発売日5月17日、オーストリア生産輸入
    トヨタGRスープラ発売日5月17日、オーストリア生産輸入
    トヨタ新型GRスープラの発売が迫っている。

    ここれまで公開されてきた新型スープラの映像をご覧いただきながら、発売前の情報、カスタマイズモデルなどを紹介します。

    グレードラインアップとして3種類が用意される。

    最上級のRZグレードは、直6 3.0L ツインスクロールターボエンジンが搭載される。

    最高出力340ps、最大トルク51.0kgfm、スープラ伝統の直6ユニットを引き継ぐグレードとなる。

    SZ-Rは、直4 2.0L ツインスクロールターボエンジンの高出力版を搭載。

    最高出力258ps、最大トルク40.8kgfm。

    SZは、直4 2.0L ツインスクロールターボエンジンの通常版を搭載。

    最高出力197ps、最大トルク32.6kgfm。

    0-100km/hの加速データも出されていて、直6ターボのRZで、4.3秒となる。

    新型スープラはトヨタとBMWの協業によって生み出された。

    直6、直4ともにBMWのエンジンで、トランスミッションはいずれのグレードもZF製の8速ATとなる。

    新型スープラの開発はBMWが主体になって行われ、BMWの新型Z4とはプラットフォーム共用されている。

    スープラはハードトップで、Z4はオープンカー。

    ボディタイプ、エクステリアは違うが、主要部分..


    【日時】2019年05月12日
    【ソース】自動車リサーチ
    【関連掲示板】








    【【トヨタGRスープラ】発売日5月17日、オーストリア生産輸入【動画あり】】の続きを読む


    NO.7433024
    ペダルの踏み間違えはなぜ起きる?対処法は?
    ペダルの踏み間違えはなぜ起きる?対処法は?
    自動車のブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が、あとを絶たない。

    アクセルとブレーキは運転操作の中でも基本中の基本である操作であり、また、踏み違えによる事故はいわゆる「暴走」状態で起こることが多いため、「なぜそうなるのか」と疑問を持つ方も多いだろう。

    では、なぜ踏み違えは起きるのか、対処法はあるのだろうか。

    元日産自動車の開発エンジニアである自動車ジャーナリストの吉川賢一氏に、そうした原因と対処法について伺った。

    ■踏み違え事故は、実は若者も起こしている…が…
    交通事故総合分析センターによると、ペダルの踏み違えによる人身事故の割合は、平成24-28年調べにて、24歳以下は約1.5%、25-54歳は0.8%、55-64歳は0.9%、65-74歳は1.5%、75歳以上では3.1%と、加齢の影響が運転応力の低下をもたらしていると考えらえる」としている。

    AT車の場合、アクセルとブレーキが並んで配置されており、それぞれ「踏み込む」という同じ動作で操作するペダルが並んでいるため、誰にでも踏み間違える可能性はある。

    運転経験が絶対的に少ない24歳以下であっても、踏み違えが発生している傾向にあるが、やはり75歳以上の高齢者にて..


    【日時】2019年05月01日
    【ソース】ベストカーWeb
    【関連掲示板】








    【【疑問】ペダルの踏み間違えはなぜ起きる?対処法は?】の続きを読む


    NO.7395586
    ハスラー、2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化
    ハスラー、2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化
    スズキの軽自動車、ハスラーがフルモデルチェンジを受けて、2020年の前半にも発売される見込み。

    映像のハスラーワンダラーは特別仕様車という位置づけで、一般販売されているモデル。

    車両価格がFFで約161万円からという、軽自動車としてはハイクラスな部類となる。

    専用の内外装だけでなく、ハイブリッドシステムも採用されている。

    ■現行ワゴンRの最新技術を導入、商品コンセプトは変わらずか
    さて、ハスラーシリーズは、先代ワゴンRのプラットフォームをベースにクロスオーバーSUVタイプの内外装が与えられたモデル。

    2013年の東京モーターショーでの初公開であった。

    発売当初は、ワゴンRを超えるセールスとなった。

    スズキとしても想定外の販売実績を残した人気車種に成長した。

    そして、販売期間5年が過ぎた現段階においても月間5000台ベースを維持。

    フルモデルチェンジを受けて、2代目モデルへ引き継がれることになる。

    ベースとなったワゴンRのほうは、2017年のフルモデルチェンジで新しくなっている。

    ハーテクトと呼ばれる軽量プラットフォームの採用、R06A型エンジンとハイブリッドシステムのブラッシュアップ、これらによる..


    【日時】2019年04月14日
    【ソース】自動車リサーチ
    【関連掲示板】








    【【ハスラー】2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化】の続きを読む


    NO.6912188
    トヨタがプリウスなど3車種100万台超をリコール
    トヨタがプリウスなど3車種100万台超をリコール
    トヨタ自動車(7203.T)は5日、電気装置(エンジンワイヤーハーネス)に不具合があるため、「プリウス」「プリウスPHV」「CーHR」の計3車種(2015年6月から18年5月に生産)、世界で約102万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。

    エンジンルーム内の電気配線で、保護カバーのない部分が周辺部品と干渉しているものがあり、走行時の振動で配線の被覆が損傷し、配線同士がショート、発熱・焼損することがある。

    最悪の場合は車両火災になる恐れがあり、トヨタは周辺部品と接触している配線に保護材を巻くなどの改善措置を取る。

    地域別の内訳は、日本が55万3870台と最も多く、欧州は約21万9000台、北米はプリウスのみで約21万7000台となっている。



    【日時】2018年09月05日 15:45
    【ソース】ロイター


    【【速報】トヨタがプリウスなど3車種100万台超をリコール】の続きを読む


    NO.6520082
    驚異の5分台! ポルシェ919ハイブリッドEvoがニュルブルクリンクの新レコード樹立
    驚異の5分台! ポルシェ919ハイブリッドEvoがニュルブルクリンクの新レコード樹立
    ポルシェは6月29日、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コース“ノルドシュライフェ”でポルシェ919ハイブリッドEvoによるタイムアタックを行い、従来のレコードタイムを大きく上回る5分19秒546をマーク...



    【日時】2018年06月29日 19:59
    【提供】AUTOSPORT web








    【【驚愕】驚異の5分台! ポルシェ919ハイブリッドEvoがニュルブルクリンクの新レコード樹立】の続きを読む


    NO.6516393
    デートで使ったらかっこいいって言われる夢の自動車4つ!
    デートで使ったらかっこいいって言われる夢の自動車4つ!
    ■本来、女子は車には興味がない生き物
    80年代の車についての記事を書いていたときに、常に頭から離れなかった1台の車がありました。

    それはトヨタ「ソアラ」、80年代最強のナンパカー。

    これに乗ってさえいれば、向かうところ敵なしといわれたらしいのですが、うーん、犬助はマユツバな話だと思っています。

    なぜなら、車1台で男の価値など上下するはずがないと犬助は思うから。

    男がモテるモテないなどは、車も含めたトータルでのことだと思いますし、全体から考えたら、車の占める割合など微々たるものにすぎないと思うのです。

    でも、ですよ。

    そんな考えは犬助の思い込みかもしれません。

    ひょっとして、世間では「もうコレに乗っているだけでたまらん」と、女子がうめき声を上げるような1台があるのかもしれない!!そう思って調べてみたところ、以下のランキングを発見しました。

    「10・20代部門」
    1位 ポルシェ 
    2位 スカイライン 
    3位 ハリアー

    「30代部門」
    1位 ミニクロスオーバー(BMW) 
    2位 ランドクルーザー 
    3位 セレナ

    「40代以上 部門」
    1位 レクサス 
    2位 アウディ 
    3位 アルファード

    はい、何のことかわかりませんね。

    分別がまだつかない、10・20代の子どもたちの意見はともかく、30代部門の1位がBMW「ミニ」だけならばともかく、なぜ「クロスオーバー」なのか?ランドクルーザーにしても70なのか100なのか、プラドなのか?40代以上部門の1位のレクサスにしても、レクサスのCTなのかLXなのか、はたまたLF-Aなのか、全くわかりません。

    つまり、これを見て気がつくのは女子は車なんぞ見ていないということ、車なんてどうでもいいと思っているということです。

    このことを踏まえて、タイトルの「デートで使ったらかっこいいといわれる夢の車」を考えていきましょう。

    ポイントは「夢」である点、実際に所有することは難しいかもしれないけれど、デートの待ち合わせ現場にこれで現われたら、車なんてどうでもいいと思っている女子ですら卒倒するに違いない、そんな車を考えていこうではありませんか!!

    ■ロールス・ロイス「ファントム」
    遂にSUVを発表するとかで、近年話題のロールス・ロイスなのですが、ラグジュアリーさでいうならば、何といっても別格のブランド。

    誰が見ても安い車ではないというのが伝わる説得力でいうならナンバーワンでしょう。

    特にこのファントムの特徴は、観音開きになっているリアドア。

    デートの待ち合わせ現場に現れてドアを開けてやり、彼女を広々としたリアシートにみちびけば、まあ100%感動してくれること間違いなしなのです。

    6,000cc・V12、460馬力という、モンスター級のエンジンが別世界へと2人を誘ってくれるでしょう。

    ■フェラーリ「カリフォルニア」
    何といってもスーパーカーといえばフェラーリなのです。

    中でも「カリフォルニア」はラインナップの中でも室内は広く、トランクスルーにもなっているという実用性が高いタイプ。

    シフトチェンジのショックと轟音のエキゾーストノートで、デートどころではないであろうF40などのスパルタンなモデルとは異なるスムーズな走り。

    大満足なひとときとなるに違いありません。

    加えて、カリフォルニアならではの電動オープンも楽しいところ。

    行き交う人々の熱い視線に、助手席の彼女も昇天してしまうかもしれません。

    ■ポルシェ「911カレラS」
    上にも掲載したアンケート結果の通り、10代・20代の女子も感激してくれるに違いない1台が「911カレラS」。

    数ある911の中でも、最もスポーティかつ攻めたモデルで、0−100kmの加速は実に7.71秒!!遊園地にあるアトラクションがどうでもよくなるような、とんでもないスピード感とスリルに、彼女もニッコリと微笑んでくれるに違いないはず。

    何といっても伝統のRRのポルシェなのです!!腰高や4ドアのモデルを横目にぶっ飛ばす瞬間は、何物にも代えがたい優越感を与えてくれることでしょう。

    ■トヨタ「ハイエース」ベース「rem」
    広々としたリビングごと移動しているような……この車の快適さを一度味わうと他の車すべてが、かすんで見える。

    そんな1台が「rem」、ハイエースのロングタイプを改造したキャンピングカー、広々としたリビングはまるで車の中にいるのを忘れてしまう様。

    これならば、どこまでも走っていけることでしょう。

    そして、忘れてはならないのが、2人がゆったりと眠りにつけるベッドも搭載しているところ、そこはキャンピングカーですから抜かりなし!!

    つまり、愛の逃避行にピッタリなのです。

    ドライバーにとっても取り回しのしやすい大きさというのも、嬉しいポイントですね。

    ■これらは、すぐにでもかなう夢の車なのです!!
    さてさて、ここまで目を通して「確かに女子にウケるかも知れないけれど、何を現実味がない話を!!」と、お怒りの皆さんもいるでしょう……何といっても「夢」の車ですからね。

    でも、安室奈美恵さんがおっしゃっている通り「夢は見るものではなくて、かなえるもの」、以上4台の注目ポイントは、すべてレンタカーであるという点。

    実車を購入することから考えればわずかな金額で、特別なデートを盛り上げることができるのです。

    これらの車で乗り付けて相手を完璧にだますもよし、大爆笑を誘うもよし、活かすも殺すもユーザーの腕次第といったところでしょうか?まあ、すでに述べた通り女子は車なんぞ見ていないもの。

    にもかかわらず、そんな女子にすら突き刺さるであろう4台……あなたなら、どう使いますか?

    【日時】2018年06月28日
    【提供】YAZIUP







    【【1位は安全運転でしょ】デートで使ったらかっこいいって言われる夢の自動車4つ!】の続きを読む


    NO.6484661
    世界で一番高価な車って実は〇〇なんです!
    世界で一番高価な車って実は〇〇なんです!
    ■高級車を超える車
    車が趣味のオヤジとしては、高級車に興味があるのではないでしょうか。

    フェラーリやベンツ、BMWなど乗ってみたい高級車ばかりだと思います。

    しかし、庶民クラスのオヤジとしては、なかなか高級車は手が出せません。

    ですが、世界を見渡すと高級車なんて目じゃないぐらいの高価な車が存在しているのです。

    そこで今回は、世界で一番高価な車について紹介していきたいと思います。

    ■販売価格で世界一高価な車!
    世界で一番高価な車は、ロールスロイスの「スウェプテイル(Sweptail)」です。

    スウェプテイルの価格はなんと1,300万ドルであり、日本円に換算すると約14億円5,000万円となっています。14億円超えの車とあって、文句なしの世界一高価な車となっているのです。

    なぜスウェプテイルが作られたのかというと、「ビスポーク」というロールスロイスのオリジナル車両を製造するオーダーシステムによるものです。

    このオーダーシステムを利用して注文されたのがスウェプテイルであり、ロールスロイスは4年もの月日を費やして完成させたのです。

    ■世界一高価な車「スウェプテイル」とは?
    14億円を超える世界一高価な車であるスウェプテイルは、オーダーシステムによって注文された車です。

    2シーターであり、ラグジュアリーな車となっています。

    過去にロールスロイスが製造した、ロールスロイス・ファントム1ラウンドドアやロールスロイス・ファントム2ストリームラインなどの影響を受けており、車体はそれらの特徴が色濃く出ています。

    内装も非常にラグジュアリーであり、装飾品も超一流です。

    スウェプテイル専用に作られたハンドメイドのシャンパンクーラーまで内蔵されており、車内で高級シャンパンを嗜むことができます。

    スウェプテイルは世界一高価な車だけであり、デザイン性や装飾品、機能性など様々な点で超一流の車となっているのです。

    ■オークションの落札価格で世界一高価な車は?
    新車で世界一高価な車はロールスロイスのスウェプテイルですが、実はオークションの落札価格はもっと凄い価格となっています。

    オークションによる落札価格で世界一高価な車とされているのが、フェラーリ335Sスパイダー・スカリエッティです。

    2016年2月5日にフランスのパリで行われたオークションに出品されており、3,200万ユーロ(日本円で約42億円)で1957年製のフェラーリ335Sスパイダー・スカリエティが落札されています。

    ロールスロイスのスウェプテイルを大きく超える金額で落札されており、もしかしたら世界一高価な車はフェラーリ335Sスパイダー・スカリエッティにこそ相応しいのかもしれません。

    ■オークション落札者のウワサ!
    日本円で約42億円にて落札されたスカリエッティですが、実はオークションの落札者で思わぬウワサとなり話題となっています。

    実は、サッカー選手のメッシが落札者であり、落札するまで競い合ったのが同じくサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドと報じられたのです。

    世界最高峰のサッカー選手である2人なら、約42億円で落札していてもおかしくないだけの収入があります。

    そのため、まことしやかにウワサになっているようです。

    ただし、オークションで落札した人の身元は明かされていないため真実はわかりません。

    ■世界で一番高価な車!
    結局、新車で世界一高価な車はロールスロイスのスウェプテイルであり、1,300万ドルで日本円に換算すると約14億5,000万円です。

    そして、オークションの落札額から世界で一番高価な車となれば、フェラーリ335Sスパイダー・スカリエッティとなり、3,200万円ユーロで日本円に換算すると約42億円となっています。

    いずれにしても、庶民的なオヤジとしてはとんでもない金額となっています。

    それだけに、ぜひ一度でいいからお目にかかってみたいものです。

    【日時】2018年06月16日
    【提供】YAZIUP





    booking.com



    【【42億円】世界で一番高価な車って実は〇〇なんです!】の続きを読む


    NO.6246754
    【韓国】現代自ジェネシス、初EVのコンセプトカー[車両]
    【韓国】現代自ジェネシス、初EVのコンセプトカー[車両]
    韓国・現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」が29日、ニューヨーク国際オートショーで、電気自動車(EV)のコンセプトカー「Essentia」を初公開した。ジェネシスブランドで初のEV。Essenti...



    【日時】2018年04月02日 01:59
    【提供】NNAアジア経済ニュース



    【【欠陥車】現代自ジェネシス、初EVのコンセプトカー=こんな車買うやつはいない・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ