泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    生命


    NO.7441483
    がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?
    がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?
     ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

     全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

     英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

     2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

     医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

     ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

     ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。

     連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。獣医はジョーさんに、次のように説明した。

    「偶然、犬の駆虫薬..



    【日時】2019年05月04日 09:26
    【ソース】日刊ゲンダイDIGITAL


    【【ホンマかいな?】がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?】の続きを読む


    NO.6235857
    小保方晴子さん、顔が別人になったと話題に!STAP細胞発見?
    小保方晴子さん、顔が別人になったと話題に!STAP細胞発見?
    STAP細胞で話題となった、法人理化学研究所の元研究員「小保方晴子」さんが久々に話題となっております。

    今月20日に単行本を出版し、久々にメディアに登場して現在の様子が公開されているとのことですが、あまりの変わりぶりに「STAP細胞が見つかったのか」などネットでどよめいております。

    一体小保方晴子さんに何が起きたのでしょうか。

    ー現在の小保方さん
    久々にメディアに登場した小保方さん。

    顔はほっそりとして、ずいぶんと落ち着き今風のスタイルになっております。

    以前は愛嬌のある丸顔で、お茶の間からも人気が伺えましたが、もし仮にこれが現在姿とするのであれば、かなり勢いのあるイメチェンを行なったのではないかと思われます。

    とは言えネットではこの変化ぶりにむしろ歓迎の様子です。

    3月20日には、小保方晴子日記という単行本も出版されており、活躍の場を更に広げている様子の小保方さん。

    現在34歳の彼女、発売された書籍では「STAP騒動を経て、壮絶な日々をどう生き延びたのか」という内容でまとめられております。

    どん底に落とされ、手記の通りまるで魔女狩りのような壮絶な日々を過ごした彼女、騒動が一旦落ち着いた現在、表舞台で今後活躍するのでしょうか。

    話題性は十分あるはずですので、更なる活躍が期待されます。

    【日時】2018年03月28日 12:56
    【提供】秒刊SUNDAY









    【【STAP細胞発見?】顔が別人のように美人に・・・=小保方晴子さん、】の続きを読む


    【絶賛】古生物史のアダムとイブ 最初のオスとメスを作った性染色体を東大が解明


    NO.6206579
    古生物史のアダムとイブ 最初のオスとメスを作った性染色体を東大が解明
    古生物史のアダムとイブ 最初のオスとメスを作った性染色体を東大が解明
    多くの生物はオスとメスの二つの性を持つが、進化論の一般的見解に従う限り、はじめは性などというものは無かったところにある日オスとメスに分かれる生物が登場したもの、と考えられる。つまり「最初のオスとメス」...



    【日時】2018年03月16日 21:42
    【提供】財経新聞









    【【称賛】古生物史のアダムとイブ 最初のオスとメスを作った性染色体を東大が解明】の続きを読む

    このページのトップヘ