泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    女子アナ


    NO.7311455
    河野景子「こころの真実」出版に批判 目立ちたいだけと指摘も
    河野景子「こころの真実」出版に批判 目立ちたいだけと指摘も
    昨年10月に元貴乃花親方・花田光司と離婚した元・フジテレビアナウンサーの河野景子が、自身の結婚生活を赤裸々につづった著書『こころの真実 23年のすべて』(世界文化社)を3月5日に発売した。

    しかし発売後、結婚生活の苦悩だけでなく、元貴乃花親方引退騒動や、離婚の真相についてもつづられた“暴露本”のような内容だとわかると、ネット上では「賢い人だと思ったのに見損なった」「別れた途端に暴露本?」と批判の声が噴出している。

    「同書には、貴乃花の相撲協会引退が引き金となり、河野から離婚を切り出したことや、女将時代に相当なストレスを抱えて“円形脱毛症”になったことなどが、包み隠さずつづられています。一方で河野は、“相撲部屋の女将”だった間も、女将業と並行して自身の講演会を頻繁に行なっていたため、稽古場にほとんど現れない“通い女将”と報じられた過去が。そのため、ネット上では『ほかの女将さんたちはもっと大変な思いしてるのでは?』『ろくに女将業してなかったくせに』などと指摘されています」(芸能ライター)

    さらに、離婚してわずか半年足らずで“暴露本”を出したことにも、「予想してた流れ」「絶対出すと思ったから驚かない」などと冷笑されている状態だ。

    「日々積み重なるストレスから精神的に追い詰められ、壁に頭を打ち付けるなどの“自傷行為”に走ったという衝撃的な内容も暴露されているのですが、こうした内容がネットユーザーには『結局、自分が目立ちたい人なんだね』『やってることが“かまってちゃん”』と言われており、注目されたいがための暴露本だと受け止められています」(同) 

    そんな過激な内容とは裏腹に、河野が5日に出演した情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、現在の気持ちとして「この23年がなく、河野景子のままだったらなんの成長もなかった。いろんな経験と感情を持ったので、あの時よりはずっと違う自分がいる。やっぱり彼は必要だったし、子ども必要だった。(元貴乃花親方や家族は)私をつくり上げる一つだったと思う」と語っていた。

    「これを見ていた視聴者からは、『散々“つらかった”と暴露してるくせに、言ってることが矛盾してると思わないの?』『言わなくていいことまでペラペラしゃべりすぎ。本当に感謝してるなら、暴露本なんて出さないでしょ』『自分が叩かれそうになったら良いこと言って保身? すごい神経だね』と批判が続出。逆に反感を買うことになったようです」(同) 

    河野の離婚後は、息子の優一もスピード離婚したうえ、最近は“暴行事件隠蔽疑惑”が浮上するなどお騒がせ続き。

    波乱万丈の人生は、これからもまだ続くのかもしれない……。
    【日時】2019年03月06日 18:14
    【提供】サイゾーウーマン





    booking.com



    【【河野景子】「こころの真実」出版に批判 目立ちたいだけと指摘も】の続きを読む


    NO.7309738
    新井恵理那の“残念女子”ぶり、広瀬アリスもドン引き
    新井恵理那の“残念女子”ぶり、広瀬アリスもドン引き
    フリーアナウンサーの新井恵理那(29歳)が、3月1日に放送されたバラエティ番組「東京らふストーリー」(テレビ朝日系)に出演。

    「残念女子」のテーマで語られる例に多く当てはまる実態が明らかになった。

    女優の広瀬アリス(24歳)が「残念女子」として、デパートなどの化粧品のテスターでがっつり化粧をしてしまう女子を挙げる。

    すると、新井は「ダメですか?」と許しを請うように尋ね、「大学生の頃は遅くまで寝てたいじゃないですか。ギリギリまで寝て、1限(の授業)だけ受けて、時間ができたらベースから塗ったりしてました」とコメント。

    広瀬をドン引きさせてしまう。

    また、スマホの画面がバキバキに割れている女子が「残念」という話が出ると、新井はすぐには直さず、わりと時間がかかると語り、保護シールが割れても、割れ方次第ではすぐに直さないと話すと、「それは替えた方がいい」「貼り直したら」とツッコまれた。

    さらに、洗濯物を干す時などにバランスが取れず、服が斜めになってしまっている女子が残念という話になると、新井は「じゃあ、洗い物にまだ少し油汚れが残っている感じだったら直しますか?」とすこしズレた質問。

    即座..



    【日時】2019年03月05日 06:48
    【ソース】Narinari.com
    【関連掲示板】





    【【新井恵理那】“残念女子”ぶり、広瀬アリスもドン引き】の続きを読む


    NO.7290678
    小川彩佳アナ 報ステからNEWS23に テレ朝女子アナが退社する裏事情
    小川彩佳アナ 報ステからNEWS23に テレ朝女子アナが退社する裏事情
    ■身内に冷たいテレ朝?
    テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(34)が結婚と退社を発表したのは2月8日。

    当初は「結婚」に力点が置かれた報道だったが、すぐに「引き抜き」が焦点になった。

    まず10日、デイリースポーツが「寿退社発表 小川アナ NEWS23 新キャスター候補 昨年9月まで『報ステ』 テレ朝辞めて即TBS裏番組へ 華麗なる転身!?」と報道。

    次いで14日には夕刊フジが「“寿退社”小川彩佳アナに『ニュース23』起用報道 TBS女子アナは地獄…歯ぎしりのテレ朝」とTBSの女性アナウンサーに動揺が広がっていると伝えた。

    結婚自体がテレ朝に対する“恫喝”だったと報じたのは21日に発売された「女性セブン」(小学館・3月7日号)だ。

    掲載された記事「小川彩佳アナ(34)局内騒然!“あてつけ婚”退社 責任感の強い彼女がなぜ……」でテレビ朝日の関係者が背景を証言している。

    一部を引用させていただく。

    《「『報道ステーション』からの降板が、退社の引き金となったのは間違いないでしょう(中略)後任は元テレ朝の徳永有美アナ(43才)。なぜ今さらOGの起用なのか、他の局員からも疑問の声があがっていたし、彼女も不満を感じていたはず。そんな中、“報ステに戻れないなら、結婚して退社する”と会社側に突きつけたという話は耳にしました。でも、会社側は聞きいれてくれず、退社にふみ切るしかなかったとか。ですから彼女の決断を“あてつけ婚”と言う人もいます》

    そして23日、遂にスポニチアネックス(電子版)が「テレビ朝日を寿退社する小川彩佳アナがTBS『NEWS23』メインキャスター就任へ」とスクープ記事を打った。

    これが今のところ最新の状況になる。

    2019年に入り、女性アナウンサーの退社が相次いでいる。

    1月31日にTBSを退職した、元アナウンサーの吉田明世(30)が2月17日、人気番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列)に出演した。

    吉田アナは2月1日に大手芸能事務所のアミューズと契約。

    フリーアナウンサーとなった途端、さっそく仕事が入ってきたわけだ。

    反響は大きかった。

    ざっと検索しただけでも、スポニチアネックス、サンケイスポーツ、ORICON NEWS、ザテレビジョン……と多くのネットメディアが「吉田アナが他局初登場」と報じた。

    民放キー局の関係者が明かす。

    「TBSでは番組進行アシスタントの役割を担っていたので、『行列のできる法律相談所』では自分がひな壇に座っていることへの戸惑いを吐露する場面もありました。とはいえ彼女は『サンデージャポン』や『爆報!THE フライデー』で鍛えられています。下ネタも軽くかわす明るいキャラクターは、好感度抜群でしょう。『行列』のスタッフは、そこに目をつけてキャスティングしたようです。フリートークもこなせるようですから、今後の活躍が期待されます」

    そして今3月末にはTBSの宇垣美里アナ(27)、そしてテレビ朝日でも小川アナに加え、宇賀なつみアナ(32)も退社する。

    実を言うと業界では、「テレビ朝日が番組制作の方針を変えない限り、退社する女性アナは増える」と囁かれているという。

    一体、テレビ朝日の何に問題があるのか。

    「テレビ朝日は、自局のアナウンサーより、他局を退社してフリーになったアナウンサーを起用することが多いのです。自局のアナだと出演料がゼロです。本来ならプロデューサーは、自局の女性アナを起用し、予算を他に向けたいはず。ところがテレ朝では上層部が、番組の知名度上昇や話題作りを狙い、『他局で人気になり、フリーに転身したアナを起用しろ!』とトップダウンで指令を出す。最近こういうケースが多発しているそうです」(同・関係者)

    具体例を挙げてみよう。

    朝の看板情報番組「モーニングショー」(月〜金:午前8時〜午前9時55分)でキャスターを務めるのは、元日テレの羽鳥慎一アナ(47)だ。

    同じく元日テレの夏目三久アナ(34)は、2月からレギュラー番組「ポルポ」(日曜:午前1時〜1時半)が始まった。

    土曜夜の「サタデーステーション」(午後8時54分〜午後10時10分)では、メインキャスターは元フジテレビの高島彩アナ(40)。

    そして日曜夕方の「サンデーステーション」(午後4時半〜午後6時)でも、元フジテレビの長野智子アナ(56)だ。

    ■TBSも身内に冷たい?
    ちなみに長野アナは古舘プロジェクトに所属しており、2000年から12年まで「ザ・スクープ」のキャスターを務めるなど、テレ朝との関係は深い。

    また夏目アナの場合は、フリーに転身してから、半ば芸能人に近い立ち位置もキープしている。

    局アナではなく夏目アナがトークバラエティ番組「ポルポ」の司会に抜擢されるのは、仕方のないことかもしれない。

    しかしながら、テレ朝が力を入れている情報・報道番組のうち3番組で、他局出身のフリーアナがキャスターを務めているわけだ。

    テレ朝の女性アナたちが「自社の報道番組なら自社のアナウンサーを使うのが筋。

    それをなぜ、他局出身のフリーアナばかり重用するのか?」と不満を持つのも、ある意味当然かもしれない。

    それでは、これまでにどんな女性アナがテレ朝を退社してきたか、表にまとめてみた。

    表を眺めてみれば、そもそもアナウンサーという職業を辞めてしまった女性も少なくないことに気づく。

    20代を社員アナとして突っ走っても、30代を契機に「キャリアチェンジ」を考えさせられる――それがテレ朝における女性アナウンサーの“伝統”とでも言うのだろうか?

    「テレ朝の女性アナは、『アナウンサーとして能力を高め、キャリアを重ねても、看板番組のメインキャスターには就任できない』という事実を突きつけられ、辞めていくわけです。皮肉なことにテレ朝は、小川彩佳アナだけは育てようとしていたようです。上層部にとって彼女の退社は、想定外だったと聞いています」(同・関係者)

    民放キー局の予算は、年々、厳しさを増している。

    テレ朝は、ギャラが高額だった古舘伊知郎(64)を「報道ステーション」から降板、期待する小川アナはAbemaTVで”武者修行”させるなど、社員アナウンサーの活用にシフトしようとした矢先、彼女は退社を発表した。

    「仮に小川アナが退社せず、彼女をしっかり育てていったとしても、他の女性アナウンサーにくすぶる不満が、消えるはずはありません。この問題、非常に根深いのです。テレ朝は今の状況を改善していかないと、更に女性アナの退社が続くでしょう」

    こうして小川アナはTBSを新天地に選んだわけだが、ライバル番組「報道ステーション」に出演していた女性アナが、「NEWS23」のメインキャスターに就任するとは前代未聞である。

    冒頭で紹介した夕刊フジの記事によると、TBSの女子アナに異論や憤懣が渦巻いているという。

    小川アナはテレ朝の社員だった時、外様起用の“被害者”だった。

    そして今度はTBSで自分が“加害者”に回る。

    テレ朝だけでなく、TBSでも退職者が増加するのかもしれない。

    いや何より、こんな“女性アナ転職ゲーム”を半ば呆れて眺めている視聴者は存外、多いのではないか。

    ネットの反応
    ・小川は感情出しすぎるんだよな。ニュース向いてないんじゃないの?
    ・この人の顔怖い
    ・あの人を喰う中国人みたいな目付きはどうにかならんのかね?
     >めっちゃ分かるw
    ・まさか偽装結婚じゃないだろうなw
    ・徳永はないやろ あのキャスティングは小川彩佳たんのみならず視聴者を敵にまわしてるわ
     >人材育ってないのと、誰がやっても女子アナ内がギスギスするからとか?
    ・安倍とベッタリのテレ朝社長が報道現場に介入してくるんだから そりゃやってられんわな
    ・看板番組しかやりたくないから退社するってわがまま過ぎるなこの女
    ・小川が降ろされたのは、社内のセクハラ問題で、露骨にイヤな顔してクビかしげたからだよ。ああいうの権力持ってる上層部からしたら懲罰対象なんだよ
    ・TV局をやめて別のTV局で働くのをみんなやってるならプラマイゼロじゃん
    ・なんかJリーグみたいだな 中でグルグル回すみたいな
    ・前代未聞じゃねーよ 渡辺真理
    ・逆に女子アナが誰も辞めずにみんな勤続15年30年になったらどうよ?
     >外注だと労基法とか関係なくなるしな
    ・フリー使いたがるのはテレ東以外は多少どこもあるからな
    ・ジャイアント林が「有田の夢なら醒めないで」でまさにこれ言ってた。元テレ東のフリー大橋がアシスタントやってるが、本来TBSアナの立ち位置なのにと
    ・朝の夏目といいまあTBSは訳ありフリーアナ 好きだよな
    ・相変わらず朝夕晩のメインはフリーアナか
    ・民放の女子アナなんてもう必要ないんじゃないか?
    ・テレ朝より高い視聴率叩き出してアベマ落ちさせた連中見返してほしいわw
    【日時】2019年02月25日
    【提供】gossip!








    【【小川彩佳】報ステからNEWS23に...テレ朝女子アナが退社する裏事情】の続きを読む


    NO.5422842
    塩地美澄アナ 最新写真集の生尻セミヌード解禁 ファン大興奮
    塩地美澄アナ 最新写真集の生尻セミヌード解禁 ファン大興奮
    元・秋田朝日放送でフリーの塩地美澄アナ(34)が、3月27日に2冊目の写真集『すきだらけ』(ワニブックス)をリリースする。

    先日表紙カットが解禁されたが、なんと湯船からお尻を浮き上がらせた全裸入浴セミヌード。

    ネット上のグラビアファンの間で「セクシーすぎる」と期待の声が高まっている。

    塩地アナは、秋田朝日放送時代に癒し系の美貌で"東北ナンバーワン美人アナ"と呼ばれ、2014年のフリー転向後は身長165センチ、スリーサイズ上からB89・W64・H88の女子アナらしからぬダイナマイトボディにも注目が集まった。

    特に"しおちち"と呼ばれるGカップバストの破壊力はすさまじく、その需要に応えて水着グラビアを解禁するとファン層が一気に拡大。

    昨年3月にファースト写真集『みすみ』(ワニブックス)で衝撃の手ブラショットや極小ビキニ姿を披露し、グラビアファンの間で「身体がエロすぎる」などと話題になった。

    2冊目の写真集『すきだらけ』は第二の故郷・秋田と東京を舞台に撮影。

    出版元によると、Gカップバストと抜群のプロポーションの魅力を惜しげもなく披露し、下着姿から露天風呂の入浴シーンまでタイトル通りに"隙だらけ"の限界露出に挑んでいるという。

    だが、ファースト写真集で「女子アナの限界」ともいえる手ブラを披露したこともあり、ネット上では過激度の上昇は見込めないのではないかという意見もあった。

    しかし、解禁された表紙は雪が舞い散る中で全裸で入浴している塩地アナが湯船からお尻を浮かせ、横乳と生尻を露出しているというもの。

    前作ではブラジャー姿でGカップ乳の谷間を強調する表紙だったが、間違いなくそれ以上の衝撃度。

    前作の大きなウリだった「手ブラ」のインパクトを超えてきたといっても過言ではなく、いい意味で予想を裏切っている。

    これにネット上のグラビアファンからは「とんでもなくエロい」「東北の美人アナがお尻まで出しちゃうとは...」「手ブラの次は生尻セミヌード...どこまでエロくなるんだ」「30代でこの身体ってたまらん」「これだけでも十分に使える!」「女子アナなのに出し惜しみしないのが最高」などと絶賛の声が寄せられている。

    まだ予約段階にもかかわらず、Amazonのタレント写真集ランキングで10代・20代のアイドルやグラドルに混じってトップ20位入りを果たしており、30代の現役女子アナとしては異例の売上が期待できそうだ。

    フリー転向後はセクシー路線が加速する一方となっており、レギュラー出演しているAbemaTVの人気ネット番組『妄想マンデー』では、人形の耳を優しく愛撫しながらリアルなペッティング音を視聴者に届けるという女子アナの限界を突破した大胆企画に挑戦。

    さらに共演者の今野杏南(27)にGカップ乳を揉まれたり、浴衣のままお風呂に投げ込まれたりとカラダを張って男性視聴者を楽しませている。

    また、今年2月から同じAbemaTVで始まったニュース番組『Abema One Mnute News』では、かつて「スイカップ」として話題になった古瀬絵理アナ(39)とともにキャスターに抜擢。

    同番組はバストの谷間をのぞかせたセクシー衣装でマジメなニュースを読むという斬新なスタイルとなっており、普段は報道番組にあまり興味がない男性たちまでこぞって視聴する人気番組となっている。

    「今年2月に『週刊プレイボーイ』(集英社)のグラビアに登場した際には『すべてがちょうどいい。』というキャッチコピーがつけられていましたが、まさに男性ウケするルックスとスタイルながら高嶺の花すぎず、そのリアルなエロティシズムが大きな魅力となっています。また、塩地アナは非常にノリがよく、番組制作サイドの意図を汲んでどんなことでも全力でぶつかってくれると評判。さらに『中途半端にしたくない』という気持ちが強く、写真集でも限界ギリギリに果敢に挑んでいる。もちろん女子アナとしての本分も忘れずに取材などで努力しており、そんな一生懸命な姿勢もグラビアファンに高く評価されています」(アイドルライター)

    男性人気が沸騰している中、前作以上の過激度となること間違いなしの新作写真集のリリース。

    これが大ヒットとなれば、塩地アナが「セクシー女子アナ」の頂点に上り詰めることになりそうだ。
    【日時】2017年03月18日
    【提供】メンズサイゾー








    【【塩地美澄】最新写真集の生尻セミヌード解禁 ファン大興奮】の続きを読む


    NO.7288038
    元貴乃花親方と離婚の河野景子 フジ完全復帰“不可能”の原因
    元貴乃花親方と離婚の河野景子 フジ完全復帰“不可能”の原因
    自身のブログで「インスタグラムを始めました。日々のことを写真と共に紹介していきたいと思います。ぜひフォローしてみてください」とアピールし、宣伝している。

    最近は、テレビでの露出が急激に減っている河野。

    大相撲の元貴乃花親方と離婚した直後はバラエティー番組に出演していたが、それもすぐに飽きられてしまった。

    一時は元職場のフジテレビで4月からのレギュラー番組が内定したとのウワサが駆け巡ったが、それも立ち消えに。

    その原因になっているのが自称・靴職人で息子の花田優一だというのだ。

    「優一はこれまで注文を受けながら納品期限を守らない等の金銭トラブルを起こしたり、スピード離婚をしたりと、すっかりお騒がせキャラとなっています。いまの状態だと、そういった問題がこれからまた噴出するか、分かりません。もし優一のスキャンダルが出れば、景子さんにも、景子さんが出演している番組にも大きな影響を及ぼし、スポンサー対応に追われることになってしまいます。テレビ局側がそこまでのリスクを負って、景子さんを使うメリットはないという判断をしているということです」(テレビ局スタッフ)

    離婚し、独り身になった優一の世話は、母の景子がしているという。

    「靴職人としての収入がまだまだ少ない優一に景子さんが金銭援助を行っているようです。昨秋には700万円ほどする新車を買い与えるなど、足を引っ張られているはずの息子を甘やかしています。その甘えがトラブルを頻発させている大きな要因なのかもしれないのですが……」(同)

    息子がトラブルをクリアにして母親離れをしないかぎり、景子さんの復活の可能性は低そうだ。
    【日時】2019年02月24日 12:00
    【提供】日刊サイゾー








    【【原因】元貴乃花親方と離婚の河野景子 フジ完全復帰“不可能”】の続きを読む


    NO.7259100
    加藤綾子アナがフジの“新・女帝”に!「人事権掌握」の異常事態
    加藤綾子アナがフジの“新・女帝”に!「人事権掌握」の異常事態
    フジテレビの「新女帝」に君臨か!? フリーアナウンサーの“カトパン”こと加藤綾子が、4月1日にスタートするフジテレビ系ニュース番組のメインキャスターに起用され、初めて報道番組のキャスターを務めることが発表された。

    「現在放送されている『プライムニュース』の看板を外し、全面リニューアルした新番組となるようです。鳴り物入りでフリー転身したカトパンですが、レギュラー3本、CM契約も毎年2本以上あるとはいえ、思っていたほどは活躍できていないのが現状。ギャラも夕方としては超破格の1本100万超えだそうですから、飛びつかないわけがない」(テレビ関係者)

    フジの夕方のニュース枠は“鬼門”と呼ばれ、15年に『スーパーニュース』を終らせ、『みんなのニュース』を開始するも視聴率1%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録して打ち切りに。

    昨年4月に始まった『プライムニュース イブニング』では、メインに決まっていた元NHKの登坂淳一アナのセクハラ問題が発覚し、一度も画面に登場することなく降板。

    開始直後も反町理解説委員のパワハラ問題が取り沙汰され、視聴率も3〜5%と苦戦続きだった。

    新たな元号が発表されるタイミングに合わせて、加藤をキャスターに据えて巻き返しを図り、東京五輪を迎えたいところだろう。

    「加藤はキャスター就任にあたり、さまざまな要求を突き付けているといいます。プロデューサーやディレクターまで指名してきたそうですよ。なんとしてでも夕方帯を復活させたいフジはNOとは言えず、結果、要求は全てのんだのとか。人事権を握られたことで、かつての同僚や先輩たちは、タメ口をやめて敬語を使うようになり、『カトパン様』と皮肉る局員もいるようです」(同)

    男性人気でのし上がってきた加藤が、夕方ニュース番組のメイン層である主婦たちに受け入れられるかは未知数。

    もし、大コケなんてことになれば、局内からのバッシングを浴びることになるかもしれない。
    【日時】2019年02月12日 12:00
    【提供】日刊サイゾー





    booking.com



    【【女帝】加藤綾子アナがフジの“新・女帝”に!「人事権掌握」の異常事態】の続きを読む


    NO.3806505
    打倒・夏目三久!大橋未歩アナ、朝の生番組に参戦
    打倒・夏目三久!大橋未歩アナ、朝の生番組に参戦
    テレビ東京が4月の平日朝から生情報番組を放送すると『東京スポーツ』が報じた。

    同紙によると新番組のタイトルは『チャージ730』で、平日の朝7時30分から8時15分まで放送されるという。

    メーン司会者には同局の人気女性アナウンサー・大橋未歩(36)が起用される方向で進められており、すでにコメンテーターなどのキャスティングにも着手している状況とのこと。

    近年、オリジナリティのある番組制作で注目を浴びるテレ東が、NHKを含めたキー局が激戦を繰り広げる平日の朝7時台に打って出るというわけだ。

    「これまでテレ東は平日の同時間帯に情報番組を放送したことがありません。昔からテレ東は他局との競合を避けてきましたから、ほかのテレビ局がニュースを報じているときに、わざわざ同じニュースを扱う必要はないと考えていたのでしょう。しかし、そうした考えも近年薄れつつあるようです。そのきっかけは池上彰さん(64)の選挙特番での高視聴率でしょう。2012年の衆院選から始まり、2013年の参院選、そして昨年の衆院選でも同時間帯に放送された選挙特番でトップでしたからね。選挙という同じ素材を扱いながら、独自の目線で切り取ることにより、どの局よりも高い数字を記録したことが自信につながっているのだと思います。また、バラエティも好調で、特に蛭子能収さん(67)が出演する『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は熱心なファンを獲得し、キラーコンテンツとして成長しています。DVDの評判もよく、すでに同局の看板番組といった印象です。ほかにも『YOUは何しに日本へ?』や『家、ついて行ってイイですか?』などの素人にスポットを当てた番組は新しいカタチのバラエティとして認知されつつあります。既存のバラエティも根強い人気ですから、何事にもチャレンジする余裕があるのでしょう」(芸能ライター)

    全体の視聴率でいえば、昨年、全日(6時〜12時)・ゴールデンタイム(19時〜22時)・プライム(19時〜23時)で三冠を達成した日本テレビが頭ひとつ抜け出しているものの、年末年始でフジテレビ以上の数字を残したテレ東の躍進は多くのメディアが取り上げている。

    4月から放送される『チャージ730』が結果を残すことになれば、さらに勢いは増すだろう。

    そして、そんなテレ東の存在に頭を悩ませているのがTBSだという。

    「TBSの朝の情報番組といえば、夏目三久さん(30)がメーンを担当している『あさチャン!』です。2014年の春から始まりましたが、夏目さんという人気アナを起用したものの、開始当初からなかなか数字は伸びません。同時間帯では、日本テレビの『ZIP!』やフジテレビの『めざましテレビ』が常時10%前後の数字を記録していますが、『あさチャン!』は3%程度です。そうした状況にもかかわらず、さらにテレ東の大橋未歩が参戦するとなれば、さらに数字が落ち込んでしまう可能性もあります。大橋さんは既婚者ですが、いまでもたびたび豊満なバストが話題になるほど男性視聴者からの人気は健在です。2013年に脳梗塞を患って以降、担当番組を減らして仕事をセーブしていますが、平日朝の帯番組に起用されることになれば、いよいよ本格的な再始動といえるでしょう。健康状態も問題ないようですから、本人もかなり気合いが入っていることと思います。まずは打倒・夏目三久といったところかもしれませんね」(テレビ関係者)

    放送時間帯にズレがあるため一概に比較することはできないが、テレ東の『チャージ730』が高視聴率を叩き出せば、他局にとっても大きなプレッシャーとなることだろう。

    特に低視聴率にあえぐ夏目にとって、さらなる低迷は死活問題になりかねない。

    TBSとしても何とか夏目に踏ん張ってもらいたいとの思いは強いだろう。

    「朝の情報番組も気になりますが、4月の番組改編でTBSは平日の1時55分から『ゴゴスマ』を放送すると発表しました。この時間帯といえば日本テレビ系の『情報ライブ ミヤネ屋』がひとり勝ち状態ですから、何とかその牙城を崩そうと目論んでいるのでしょう。しかし、この『ゴゴスマ』は2013年から中部日本放送が制作して東海地方で流しているものを全国版にしただけ。『ミヤネ屋』と同じパターンですが、司会は局アナで宮根誠司さん(51)ほどのインパクトはありません。業界内では、すでに『結果は見えてる』と冷めた視線を送る関係者もいるようです。もちろん大化けする可能性もありますが...。いずれにしろ、朝も昼も情報番組で苦戦となれば局全体の士気にもかかわってきます。TBSとすれば、『あさチャン!』か『ゴゴスマ』のどちらかでも奮闘してもらいたいところでしょう」(業界関係者)

    オリジナルコンテンツが評価されるテレ東の朝の新番組には独自目線の情報が期待できる。

    TBSや夏目だけでなく、各局が大橋の動向を気にするようになれば、朝の情報番組に大きな変化が訪れるかもしれない。
    【日時】2015年02月19日 10:00
    【提供】メンズサイゾー








    【【大橋未歩】打倒・夏目三久! 朝の生番組に参戦】の続きを読む


    NO.7237624
    TBSに非常事態! 笹川友里が産休で人気女子アナ壊滅状態!
    TBSに非常事態! 笹川友里が産休で人気女子アナ壊滅状態!
    TBSがとんでもない事態に直面した。

    人気女子アナの退社、産休が相次いでいるのだ。

    すでに1月31日をもって、田中みな実アナがフリーに転身した後、大車輪として活躍してきた吉田明世アナが退社した。

    昨年12月に発表された『第15回好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)で9位にランクインするなど、同局でナンバー1の人気女子アナとなった宇垣美里アナも3月いっぱいでのフリー転向が報じられている。

    そんな中、また一人、大事な戦力が抜けることになった。

    同局きっての美人アナ・笹川友里アナが第1子の妊娠を発表。

    出産予定は夏頃というが、アシスタントを務めていた『人生最高レストラン』を、1月26日放送分をもって卒業し、新人の宇賀神メグアナに後を託すなど、引き継ぎを開始。

    近いうちに産休に入るとみられる。

    笹川アナはアナウンサー採用試験で不合格になり、2013年4月に一般職で入社。

    ADとして、『王様のブランチ』などを担当していたところ、“美人過ぎるAD”と話題になった。

    その人気に目をつけた同局上層部は、翌14年4月にアナウンス部へ異動させ、異例の“AD出身女子アナ”が誕生した。

    アナウンサーに転じてからは、『王様のブランチ』『はやドキ!』『あさチャン!』などを担当し、またたく間に看板女子アナの一人となった。

    17年12月に08年北京五輪、12年ロンドン五輪のフェンシング種目で銀メダルを獲得した太田雄貴と結婚した。

    「笹川アナは出産後も仕事を続ける予定としていますが、当分は復帰できませんから、吉田アナ、宇垣アナ、笹川アナと人気女子アナが一気に3人もいなくなるという非常事態に突入します。毎春、女子アナは採用していますから、代役がいないわけではありません。ただ、情報番組やバラエティ番組は、たぶんに進行の女子アナで支えられている部分もありますので、人気女子アナがいなくなると視聴率下落にもつながりかねないのです」(女子アナウオッチャー)

    同局では、ここ数年、田中アナを筆頭に、枡田絵理奈アナ、小林悠アナ、久保田智子アナ、佐藤渚アナが退社している。

    その一方で、若手女子アナの中から、番組を支えるような人気アナがまるで育っていないのが実情。

    このままだと、田中アナなどのフリーアナに頼らざるを得ない状況になりかねないだろう。
    【日時】2019年02月03日
    【提供】日刊サイゾー





    【【TBSに非常事態!】 笹川友里が産休で人気女子アナ壊滅状態!】の続きを読む

    このページのトップヘ