泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    朝鮮民族


    NO.7694103
    DHC子会社制作のネット番組が嫌韓発言 韓国法人が謝罪
    DHC子会社制作のネット番組が嫌韓発言 韓国法人が謝罪
    【ソウル聯合ニュース】日本の化粧品販売会社ディーエイチシー(DHC)の韓国法人「DHCコリア」は13日、「DHCテレビ出演者のすべての発言に対して同意しないが、関連問題で物議をかもしたことについて深く謝罪する」とする謝罪文を出した。

     また「韓国と韓国人を卑下する放送を中止するよう要請を続ける」とし、「皆さんのすべての批判を甘受し、もう一度国民・顧客・関連会社に心より謝罪する」と表明した。 

     DHC子会社「DHCテレビ」が制作するネット番組「真相深入り! 虎ノ門ニュース」の出演者による嫌韓発言が韓国に伝わり、DHC製品の不買運動が始まった。

     同番組の出演者は、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」を侮辱する発言をしたほか、ハングルは日本人が広めたなどハングルに対する誤った発言をした。

     12日の放送分では「独島を韓国が1951年から無断占有した」とする自民党の青山繁晴国会議員の発言が、13日には「韓国人はすることが子供のようだ」とするジャーナリストの櫻井よしこ氏の発言を流した。



    【日時】2019年08月13日 19:00
    【ソース】聯合ニュース
    【関連掲示板】








    【【被害妄想】DHC子会社制作のネット番組が嫌韓発言 韓国法人が謝罪】の続きを読む


    NO.7637658
    韓国と北朝鮮、兵士数は日本を圧倒も最新鋭装備に雲泥の差
    韓国と北朝鮮、兵士数は日本を圧倒も最新鋭装備に雲泥の差
    「北朝鮮と一つになれば日本に勝てる」──反日姿勢を強める一方で親北政策に邁進する韓国・文在寅大統領の狙いは、そこにあるのかもしれない。

    だが、実際の「統一朝鮮」の実力となると、未知数だ。

    統一朝鮮の国力は、日本を凌ぐのか、イデオロギーや感情を超えて、3国の数字を冷静に比較した。

    仮に南北統一が実現した場合、その国力は日本を上回るのか。

    ここでは、軍事の分野で、日本、韓国、北朝鮮の実力を徹底比較した。

    保有戦闘機数は日本が290機に対し、韓国が406機、北朝鮮は545機。

    保有戦車数では韓国2654輌、北朝鮮3500輌と、日本の379輌をはるかに上回る。

    兵士数も日本より韓国、北朝鮮の方が圧倒的に多い。

    だが、朝鮮半島情勢に詳しいジャーナリストの李策氏はこう指摘する。

    「軍事力で重要なのは、最新鋭の装備をどれだけ備えているか。日本は護衛艦『いずも』を空母化し、搭載機として最新鋭のステルス戦闘機F35Bを新たに42機購入する予定です。韓国軍も2021年までに40機導入する予定ですが、日本に比べると最先端装備の導入は遅れている。1960年代に導入した戦闘機が2020年代半ばからどんどん退役していくので、戦闘機不足..



    【日時】2019年07月24日 16:00
    【ソース】NEWSポストセブン
    【関連掲示板】


    【【烏合の衆】韓国と北朝鮮、兵士数は日本を圧倒も最新鋭装備に雲泥の差】の続きを読む


    NO.7645546
    「私は日本人…」 覚せい剤所持の韓国人をカンボジアで逮捕
    「私は日本人…」 覚せい剤所持の韓国人をカンボジアで逮捕
    カンボジアの首都プノンペンで7月24日、1人の男が覚せい剤所持で逮捕された。カンボジアのメディアは翌25日、「プノンペン中心部の繁華街で、不審な動きをしていた日本人デザインエンジニア・ハタムラ・ユウイチを拘束し、所持品から覚せい剤の小袋2つが発見された」と一斉に報じた。しかしFNNが日本大使館に確認したところ、意外な返答を得た。

    ■男は日本人ではなかった

    日本人逮捕の一報を受けて、日本大使館の担当者はすぐに本人に直接面会した。その結果、男は日本人ではないことが分かったという。しかしカンボジアメディアも、カンボジア警察も「逮捕されたのは日本人である」と信じ切っている。

    なぜこのようなことが起きているのか。FNNは更に警察関係者に連絡し、情報の真偽を確かめたところ、男が逮捕時に嘘をついていたことが判明した。

    ■逮捕された男は韓国国籍だった

    FNNが地元カンボジア警察に取材をしたところ、男が逮捕された経緯が分かってきた。男は24日夜、プノンペンの繁華街で不審な動きをしていたところ、地元の警察官に拘束され、警察署まで連行された。そして所持品検査を行ったところ、覚せい剤の小袋2つが発見されたという。その..



    【日時】2019年07月26日 11:30
    【ソース】FNN
    【関連掲示板】


    【【日本人のフリして悪さする】覚せい剤所持の男をカンボジアで逮捕=「私は日本人…」と言うも実は南朝鮮人wwwww】の続きを読む


    NO.7588618
    少女像に唾を吐いた日本人? 全員韓国人だった
    少女像に唾を吐いた日本人? 全員韓国人だった
    京畿道安山(キョンギド・アンサン)で日本人と推定される男らが平和の少女像に唾を吐いたという通報を受け警察が捜査に入った結果、容疑者は全員韓国人であることがわかった。

    警察によると、安山常緑(サンロク)警察署は6日、侮辱容疑で20〜30代の韓国人の男4人を刑事立件する方針だと明らかにした。

    これに先立ち6日午前0時8分ごろ、安山市常緑樹(サンロクス)駅広場で日本人と推定される男4人が少女像に唾を吐き、これを制止する市民と口論になっているという通報2件が警察に寄せられた。

    通報した市民は男らのうち1人が日本語を駆使したとし、彼らが日本人と推定されると主張した。

    警察は周辺の防犯カメラの映像を通じ事件発生から15時間ほど過ぎた同日午後2時55分ごろに2人の身柄を確保し、残り2人に対しても警察に出頭するよう通知した。

    男らは通報者の推定と違い全員韓国人であることが明らかになった。31歳の男は「酔った勢いで少女像に唾を吐き、この様子を動画で撮影した。日本語を話せたので制止する市民に日本語を使った」と陳述した。

    警察は男らが唾を吐いた対象が人ではなく造形物でも侮辱罪適用が可能とみている..



    【日時】2019年07月07日 10:36
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】





    booking.com



    【【捏造国家】売春婦像に唾を吐いた日本人?全員韓国人だった】の続きを読む


    NO.7581248
    世界は技術戦争、日本は技術報復、韓国は…
    世界は技術戦争、日本は技術報復、韓国は…
    日本が貿易報復措置を発表した翌日、本紙に「明かりの消えた研究所」の写真が掲載された。

    今月1日から国立シンクタンクが週52時間労働制の例外業種から除外されたため、これまでなら深夜まで業務に当たっていた研究員らが午後6時に全員帰宅したという。

    シンクタンクが密集する大徳研究団地でも午後6時にパソコンなどの電源が強制的に切られ、残業するには上司の許可を受けねばならなくなった。

    情報技術(IT)、通信、宇宙航空など国家次元の戦略技術はもちろん、軍事や安全保障関連の技術開発に当たる研究機関が、午後6時には強制的に仕事を終わらせねばならないのだ。

    日本が韓国における技術面での弱みにつけ込んで報復に乗り出し、世界が科学技術分野の研究開発に全力を挙げているにもかかわらず、韓国は研究者が研究をしたくても、それができない国になってしまった。

     半導体の製造に必要な3素材をターゲットとした日本の貿易報復は、韓国の産業界における技術力の実態を改めて見せつける結果となった。

    韓国のメモリー半導体産業は世界全体の60%という圧倒的なシェアを占めているが、その生産設備の国産化の割合は17%、素材は50%にすぎず、核..



    【日時】2019年07月03日 11:00
    【ソース】朝鮮日報
    【関連掲示板】








    【【迷走】世界は技術戦争、日本は技術報復、韓国は…】の続きを読む


    NO.7541603
    海外に行くと、途端に横柄になる韓国人! ベトナムでお断り増える
    海外に行くと、途端に横柄になる韓国人! ベトナムでお断り増える
    2019年6月18日、ベトナムでも韓国人旅行者の評判が悪い。

    以前は中国人旅行者のタイ王国でのマナー違反が、度々指摘されていたが、ついに韓国が断然トップに躍り出た。

    ベトナムの名所、旧跡に韓国語で落書きをする旅行者が多い。

    主だった観光地には、韓国語で落書き禁止の掲示が登場。

    韓国人お断りの飲食店も増えている。

    英語、中国語、日本語の表示は無く、韓国語のみの注意喚起の掲示が一番多い。

    また、ダナン大聖堂や、カオダイ教寺院では、トイレのドアに、韓国語で『お静かに』と書かれた貼り紙も。

    元々、責任転嫁や見栄を張ったり、カラ威張りする人の比率が高い韓国。

    また、韓国人男性によるベトナム人女性への性的な乱暴で誕生した子どもからも、問題を定義されてもいる。

    文大統領もリーダーの資質が低く、韓国への諸外国からの評価は下がりっぱなしだ。

    韓国は、政府主導で謙虚さを身につけるマナー講習を実施する必要がありそうだ。
    【日時】2019年06月18日 9:15
    【提供】Global News Asia
    【関連掲示板】





    booking.com



    【【韓国の反応】海外に行くと途端に横柄になる韓国人!ベトナムでお断り増える】の続きを読む


    NO.7537238
    韓国 女子大キャンパス内で飼育された犬が飼い主の酒のつまみに
    韓国 女子大キャンパス内で飼育された犬が飼い主の酒のつまみに
    韓国・京畿道の大学に出入りしている清掃業者の従業員が犬をキャンパス内で飼育した上で殺して食べたことから、学生や大学職員らが処罰を求めて警察に告発する騒動に発展している。

    警察は捜査に着手したが、処罰できるかどうかは不透明だ。

    現行法では遺棄犬(飼い主がいない捨て犬)を殺すことは違法だが、飼い主が所有する犬を殺すこと自体は違法ではないからだ。

    警察は問題の犬が遺棄犬に当たるかどうかを検討している。

    事件は今月5日、京畿道華城市にある水原女子大の海蘭キャンパスで学生らが構内に壁新聞を張って告発したことに端を発する。

    大学と学生らの説明を総合すると、清掃業者の従業員が昨年12月ごろ、黒毛の子犬を連れてきて、構内のごみの分離収集所で飼い始めた。

    子犬をどこから連れてきたのかは判明していない。

    学生らは子犬にえさを与えたり、毛並みを整えてやったりして可愛がった。

    「カムスニ」という名前も付いた。

    ところが、先週からカムスニの姿が見えなくなった。

    学生らは大学側にカムスニの捜索を求めた。

    大学側が清掃業者にカムスニの行方を尋ねたところ、従業員は「別の場所に引き取られた」と説明し..



    【日時】2019年06月16日 06:01
    【ソース】朝鮮日報
    【関連掲示板】








    【【犬食文化】韓国 女子大キャンパス内で飼育された犬が飼い主の酒のつまみにwww】の続きを読む


    NO.7512082
    アメリカ・コリアンタウン 壁画の旭日旗に現地韓国人激怒 作者渋々修正へ
    アメリカ・コリアンタウン 壁画の旭日旗に現地韓国人激怒 作者渋々修正へ
    【簡単に説明すると】
    ・ロスのコリアンタウンにある学校の壁画が旭日旗に見える?
    ・在米コリアンが激怒し削除を求める
    ・作者と学校側は突っぱねてきたが修正することに

    アメリカの公立学校の建物の壁に旭日旗と思われる壁画が描かれており、現地の韓国人が激怒。

    この学校はロサンゼルスのコリアンタウンの中心地に位置し、アメリカ最大規模の公立学校。

    ロバート・F・ケネディ・コミュニティ・スクール(RFKスクール)と名の学校の壁に旭日旗形状の壁画があり、韓国人団体が抗議集会を昨年11月に開いた。

    また2018年11月15日には、旭日旗の壁画反対という内容の抗議プラカードと立て札を持ってRFKスクール正門前に集まった。

    これら抗議に対して一度は「冬休みに消す」と回答した学校側。

    しかし作者のビュー・スタントンは「ハリウッド女優エヴァ・ガードナーの肖像画像に集中するように太陽の光を背景に描いただけで、日本帝国主義とは全く無関係」と旭日旗との関係を否定。

    在米コリアンの声も相当大きく学校側への要望も相当数あったが、削除をつっぱねてきたが、今年3月19日になり再度校舎に描かれた絵を消すように呼びかけていたことがわかった。

    具体的には壁画に描かれた絵を消去するか、相当部分の修正をしないとならないという要求の内容の書簡をLAで活動する韓国人アーティスト団体がLA統合学区に送った。

    作者と学校側は在米コリアンの要望を突っぱねてきたが、余りにも声が大きくこの度絵を修正することで決着となった。

    具体的には既存の絵に追加の画像を加えて旭日旗を見えなくするという。

    ただビュー・スタントンの過去の作品を見たらわかるが、集中線を描くのが好みなようで、今回の修正も本望ではないようだ。
    【日時】2019年06月05日
    【提供】ゴゴ通信








    【【韓国の悪行】アメリカ・コリアンタウン 壁画の旭日旗に現地韓国人激怒 作者渋々修正へ】の続きを読む

    このページのトップヘ