NO.6901595
安倍首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストが転落し重症
安倍首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストが転落し重症
国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団(RSF)」が28日付で〈日本は、首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストの不審な転落事故を捜査しなければならない〉との声明を出した。

過去の山口県下関市長選を巡る安倍事務所の“火炎瓶騒動”を取材するジャーナリスト・山岡俊介氏が遭った不審な転落事故について、当局による捜査を要請。

安倍首相の過去の重大疑惑は、いよいよ世界の知るところとなった。

火炎瓶騒動とは、1999年の市長選で、安倍事務所が支援候補を当選させるため、暴力団に対立候補の中傷ビラまきを依頼し、500万円の報酬を300万円に値切ったため、自宅に火炎瓶を投げ込まれたとされる事件だ。

国会でも指摘され、「#ケチって火炎瓶」のツイートが話題を呼び大炎上している。

この事件を長年追及する山岡氏は8月7日夜9時ごろ、東京・新宿アルタから地下鉄駅に通じる階段上から転落。

肩を骨折し、額を7針縫う全治1カ月の大ケガを負った。

山岡氏に当時の状況を聞いた。

「後ろから押された感覚はありませんが、当時、私は酔っていたわけでも、体調が悪かったわけでもありません。体力には自信がある方ですか..



【日時】2018年08月31日
【ソース】日刊ゲンダイ








【【陰謀】安倍首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストが転落し重症】の続きを読む