泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    ゴーン


    NO.8098179
    「経営者として三流、犯罪者なら一流」のゴーンは日本に何を残したか
    「経営者として三流、犯罪者なら一流」のゴーンは日本に何を残したか
    ■ゴーンは皇帝ではない「カルロス・ゴーン逃亡」のニュースは、メディア閑散期の日本の年末を大いに騒がせた。

    逃亡の方法や詳細は諸説入り乱れており、いまだ判然としないし、トルコでは関与したとされる航空会社の幹部が逮捕されている。

    保釈条件に違反して逃げた逃亡者=ICPO(国際刑事警察機構、インターポール)国際手配犯であるため慣例に従って、以下敬称は付けない。

    犯罪の結果の懲罰を恐れる関係者の口は堅いであろうし、捜査機関による解明にも相当な時間がかかるであろう。

    ただ、ゴーンが二重(多重)国籍を活用し、1000億円とも噂される蓄財の一部を使ってプロの犯罪チームを雇うなど、「一般国民とはかけ離れた特権」を駆使して逃亡したのはほぼ間違いないと思われる。

    二重国籍の不公平さについては、4月12日の記事「ゴーン氏妻の出国が示した、事件とは違うもうひとつの『論点』」で詳しく述べた。

    したがって、フランス国民が「ゴーン逃亡に肯定的だ」などというアンケート結果を公表しているメディアの話は眉唾ものだと考えている。

    実際、12月21日の記事「年金改革でパリが炎上中、日本でも改革を行えるのか?」で述べた様に、フランス..



    【日時】2020年01月12日
    【ソース】現代ビジネス
    【関連掲示板】








    【【ゴーン】経営者として三流、犯罪者なら一流?】の続きを読む


    NO.7380120
    ゴーン容疑者の妻・キャロル出国 特捜部が聴取要請も応じず
    ゴーン容疑者の妻・キャロル出国 特捜部が聴取要請も応じず
    日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)がオマーンの販売代理店に日産資金を不正に支出したとされる特別背任事件で、東京地検特捜部がゴーン容疑者の妻、キャロル氏に任意聴取を要請したが、応じずに出国していたことが7日、関係者への取材で分かった。

    キャロル氏は日産資金の一部が流れた会社の代表だった。

    特捜部は東京地裁に証人尋問の実施を請求したが、実現しないとみられる。

    ゴーン容疑者は27年12月〜30年7月、子会社の中東日産(アラブ首長国連邦)からオマーン代理店のスハイル・バハワン自動車(SBA)に計1500万ドルを支出させ、うち計500万ドル(約5億6300万円)を、実質的に保有するレバノンの投資会社グッド・フェイス・インベストメンツ(GFI)に送金させたとされる。

    GFIからは、キャロル氏が代表を務める会社ビューティーヨットに少なくとも約9億円が流れ、家族で使用する大型クルーザー(約16億円)の購入費用に充てられたとみられることが判明。

    息子が代表を務める米国の投資会社ショーグン・インベストメンツにも資金が流れ、私的投資に使われた可能性もある。

    こうした状況から特捜部..



    【日時】2019年04月07日 12:37
    【ソース】産経新聞
    【関連掲示板】





    【【国外逃亡】ゴーン容疑者の妻・キャロル出国 特捜部が聴取要請も応じず】の続きを読む

    このページのトップヘ