泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    パチンコ


    NO.7541212
    パチンコ店の売上「大幅減退」業界の危機的状況が浮き彫りに
    パチンコ店の売上「大幅減退」業界の危機的状況が浮き彫りに
    5月末、帝国データバンクより2014年から2018年までの決算内容が判明しているパチンコホール経営業者1,892社を抽出し、売上高合計などについて調査・分析した「パチンコホール経営業者の経営実態調査」が公開されました。

    ■ホール売上は僅か4年で約3.7兆円の大幅減退!!
    同調査対象となった1,892社の売上高合計は、2014年の時点で19兆5,090億円とまずまずの数字を記録していたものの、続く2015年は18兆5,120億円と僅か1年で1兆円近く減退。

    更に2016年は17兆6,803億円、2017年は16兆4,928億円、昨年18年は15兆8,438億円と右肩下がりの現状が明確になったのです。

    同ホール売上の減少幅は直近4年間で何と18.8%!!

    金額にして約3.7兆円もの莫大な売上が、僅か4年でパチンコ業界から消失した計算になるということ。

    中央競馬の年間売上が約2.5兆円と考えれば、この「約3.7兆円」というホール売上の減少幅が、どれだけ危機的な数字かという事は一目瞭然でしょう。

    ■来年以降は更なる大幅減退に!?
    売上の減少幅は、2017年の前年比6.7%減が最大だったため、昨年(2018年)は前年比3.9%減と若干持ち直しつつ見えますが、これは嵐の前の静けさでしかなく、パチ..



    【日時】2019年06月08日
    【ソース】Business Journal





    【【朗報】パチンコ店の売上「大幅減退」業界の危機的状況が浮き彫りに...】の続きを読む


    NO.7334117
    観光立国を目指す日本「パチンコ」「ソープランド」を外国人にどう説明
    観光立国を目指す日本「パチンコ」「ソープランド」を外国人にどう説明
    ■建前国家ニッポンの二大遊戯
    2018年、訪日外国人旅行者数が史上初めて累計3000万人を超えたという。

    今後も2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、訪日外国人の数がさらに増えることは間違いないだろう。

    日本には固有のユニークな文化が多くあり、それを期待して訪日する外国人は多いだろう。

    しかし、海外に大声でアピールできない遊戯もある。

    パチンコとソープランドだ。

    ともに外国人に説明するのが非常に困難な遊戯でもある。

    パチンコはどう見てもギャンブルだし、ソープランドはどう見ても売買春だ。

    これらは日本でも違法のはずなのに、なぜ違法ではないのか。

    あるいはグレーゾーンなのか。

    おそらく多くの人が常々感じていることではないだろうか。

    しかし、この2つのテーマについては、NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』でも答えてくれそうにない。

    実はパチンコとソープランドは、まっとうな感覚の持ち主なら「そんなの屁理屈じゃん」と呆れてしまうような建前で成り立っているのだ。

    ■公営ギャンブルや公営くじは特別扱い 
    日本では公営ギャンブル(公営競技)以外の賭け事は認められていな..



    【日時】2019年03月17日
    【ソース】wezzy








    【【疑問】観光立国を目指す日本「パチンコ」「ソープランド」を外国人にどう説明?】の続きを読む


    NO.6994859
    やっぱり駅前からパチンコ店が消える!閉店間際の予兆8つ
    やっぱり駅前からパチンコ店が消える!閉店間際の予兆8つ
    ■閉店セールが無いパチンコ店
    国が推し進めるパチンコへの逆風を受け、パチンコ業界はこれからのあるべき姿を模索しています。

    その中でどうしてもやっていけなくなりそうなパチンコ店に駅前周辺のパチンコ店が想定されています。

    やはり郊外の大型パチンコ店に利益が集約されそうな勢いがあるのです。

    しかし、パチンコ店の閉店は洋服店などと違ってある日突然、閉められることも多いのです。

    閉店セールをやって客に恩恵を与えることもありません。

    大事な収入源になっていれば、突然カットされるのは苦痛でしょう。

    貯め込んでいたカードのポイントを使わないままだったりもしてしまうのです。

    それがパチンコを止める機会になるかもしれませんが、そうでなければ明日からどのパチンコ店に行くべきか、急に調べ直したりもします。

    そんなことにならないように駅前を中心にパチンコにはまっている人は気を付けたいものです。

    ■閉店を疑っていい予兆
    ・客が減る
    どこからともなく閉店の情報は漏れているものです。

    それが人から人へと伝播して客足に反映されてくるのです。

    少しずつ減って来るのでわかりにくくはありますが、週末などは割と目に見えて減りますので注意しておきましょう。

    もしも知っている常連客を見かけなくなったら、先回りして撤退していることも考えるべきです。

    ・台を更新しなくなった
    定期的に新機種の導入広告などを派手にしていたのが、現状維持の淡々とした営業に切り替わってきます。

    更新をしても中古の機種を入れているようですと、先が短いことも想像されます。

    ・稼働している台が減る
    奥の一列だけが立ち入りできなくなっていたりするなど部分的に閉鎖されていると、順次、台の整理をしているのかもしれません。

    また、ところどころ歯抜けのように台に「調整中」などの張り紙があるのも不自然です。

    いつもならすぐに調整して張り紙も外れるはずなのに、いつまでかかるのかと思ったらきっと閉店までそのままだったりするのです。

    ・フロアレディが減ってくる
    客が減ればサービスも減ってくるのは当然ではありますが、それ以上に人件費を削っている兆候かと思われます。

    その代わりに正社員らしき人がホールを歩き回ったりしているのは、経営が苦しくなっているのではないでしょうか。

    ・イベントをしなくなる
    駅前では少ないかもしれませんが、パチンコ店でも芸能人を呼んでトークショーをしたりすることもあるものです。

    その他にも定期的に客引きイベントをしていたのが、さっぱりしなくなったりするのです。

    ・玉が出なくなる
    閉店するとなれば店の評判を上げる必要も無くなります。

    そこで最後の一稼ぎと出玉を厳しくして知らない客から荒稼ぎをしようとするのです。

    最近、調子が悪いと思ったらそれは店の事情が反映していることもあるのです。

    ・業者っぽい人が店内をチェックしている
    制服姿のおじさん達が台のサイズを測っていたり店内の状況を見回していたりしているのは、閉店後の作業の見積もりが疑われます。

    ・周辺サービスから撤退を始める
    休憩ルームのマッサージチェアが無くなっていたり毎日、並べているスポーツ新聞が無くなっていたりするのは単に経費削減のための場合もあります。

    しかし、そのままパチンコ店自体が無くなるプロローグであることも視野に入れるべきでしょう。

    トイレのメンテナンスがおろそかになったりもします。

    石鹸やトイレットペーパーが切れがちだったり、清掃が微妙に雑になっていたりもします。

    ■全ては想像の世界ではある
    以上のような閉店の予兆は、一つ一つが全て閉店に繋がるとは限りません。

    違和感を感じたら全体を俯瞰的に眺めて自分なりに結論を出すべきでしょう。

    ただの経営改善のための措置を行っているだけのこともあります。

    ただ素人なりに警戒をしておくのは、身を守る習慣としても身に着けておきたい習慣でもあります。
    【日時】2018年10月11日
    【提供】YAZIUP
    【関連掲示板】


    【【朗報】やっぱり駅前からパチンコ店が消える!閉店間際の予兆8つwwwwwww】の続きを読む


    NO.6963977
    景品交換所の違法化によりパチンコ業界消滅 菅氏が本気へ
    景品交換所の違法化によりパチンコ業界消滅 菅氏が本気へ
    日本政府の菅義偉内閣官房長官が、本気でパチンコ撲滅へと踏み出したことが報道により判明した。

    これはニュースメディアが「ほぼ確定要素」として報じているもので、菅氏は今後、パチンコ景品交換所に焦点を当てて集中砲火をしていくようだ。

    ■景品交換所とは名ばかりの換金所
    菅氏は日本における「ギャンブル依存症」に苦しむ人たちの救済に着目。

    法を改廃することにより、パチンコ撲滅を目指すようだ。

    パチンコは、景品交換所とは名ばかりの換金所の存在によって多くの人たちがギャンブル依存症になっているといわれている。

    ■ギャンブルで金儲け
    現在は法の抜け道によって「事実上のパチンコによる換金」が許される状態となっているため、ギャンブルで金儲けすることを目的として多くの人たちがパチンコ屋に入り浸っている。

    ■換金できないとなればパチンコ業界の消滅
    そんな「法の抜け道」となっている景品交換所をなくす(もしくは景品交換所から換金機能をなくす)ことにより、パチンコに対する魅力を削ぐことが可能となる。

    そもそも多くの人たちが現金を求めてパチンコ屋に行っているのだから、換金できないとなればパチンコ業界の消滅..



    【日時】2018年09月26日
    【ソース】BuzzPlusNews







    【【朗報】「景品交換所の違法化」によりパチンコ業界消滅へ菅氏が本気に!!!】の続きを読む


    NO.6787728
    パチンコって確率悪いのになぜ依存症になってしまうのか?
    パチンコって確率悪いのになぜ依存症になってしまうのか?
    ■パチンコ依存症が発生する仕組み
    カジノ法案に反対していた勢力のその根拠にギャンブル依存症の問題がありました。

    念頭に置かれたのはパチンコ依存症の人々の多さにあったことは疑う余地もありません。

    実際にパチンコ店にはそれらしき人々が年中たむろしているのも事実なのです。

    どこでどうしてそんなにパチンコにはまり込んでしまったのか、そんなにパチンコは止められないのか、わからない人にはわからないものです。

    パチンコ依存症になる原因は人それぞれに違いはありますが、その主なものを取り上げてみます。

    もしも自分に思い当たる節があれば、これを機会に原因を除去してもらえれば幸いです。

    要は外からの攻撃に内からの守備が崩壊してしまって起こるのが依存症発生の仕組みなのです。

    ■パチンコ店の戦略からくる依存症
    ギャンブル依存症は問題にはなっていますが、パチンコ店にしてみれば貴重な資金源であることに変わりはありません。

    ですから、いかにして依存症になってくれるかを考えながら経営しているとまで思われかねないような戦略がいろいろとあるのです。

    ・店内の空気
    店内に流れる音楽による聴覚効果、煌びやかな照明による視覚効果で脳を麻痺させています。

    それは前方の台からのものもありますが、店からも背後から客を包み込むようにしてくれるのです。

    特にフィーバーした時に発生する音と光は何事が起こったのか、興奮させるものにもしています。

    まさに光と音が人間を拘束し切ってしまうかのような世界になっているのです。

    ・新機種の登場
    同じような台に向き合っているだけなので普通に飽きてしまいそうですが、パチンコ店は常に目新しい台を供給しています。

    人気アイドルを使ったものなどオタクを狙ったような台もごく普通に出回っています。

    数字が揃った時の台のリアクションは自分と一緒に喜んでくれているようで、いとおしくなってしまうほどに工夫されています。

    ・店の数が多い
    都会ではもちろんちょっと田舎町であっても車を走らせていればすぐに見つかるのがパチンコ店でもあります。

    トイレ休憩でもそこに入れば、夏は涼しく冬は暖かいものです。

    最近ではただの雑誌コーナーなども備えてあったりで時間を潰すついでにパチンコで一勝負という環境でもあるのです。

    これだけではいたって健全な娯楽施設なのですが、それは入り口だけのことなのです。

    こうしていったん引き込まれると、その奥にある怪しげな爽快感が脳を依存症に導いてしまうのです。

    ■個性からくる依存症
    ギャンブル依存症になる人は総じてプライドの高い人であるとも言われてます。

    数年前のカジノ依存に陥っていた某製紙メーカーは社長の御曹司は有名です。

    「まさか自分が」の根拠のない自信が生み出すのがギャンブル依存症であり、庶民であればその対象がパチンコであることが多いのです。

    他にも以下のような特徴が挙げられます。

    ・友達が少ない
    話し相手がいないと他人の世界が見えず、自分の世界にはまり込んでいくものです。

    パチンコにはまっていても当たり前のようにしか感じなくなったりします。

    道を追求すれば、そのうち負けは取り返せると延々と負けを繰り返していても平気だったりするのです。

    パチンコ玉が友達のようにさえ感じているのかもしれません。

    ・金銭感覚がおかしい
    パチンコ依存症の人は、お金に対する価値観が変わっています。

    スーパーの安売りチラシなどはしっかりチェックしているのに、パチンコには毎回、数万円をポンポン店に投げ込んでも平気でいるのです。

    本人的には「今日の投資はいい勉強代として懐に舞い戻ってくる」などと思い込んでいたりです。

    実際、時には成果を上げて意気揚々とすることだってあるのがまた反省する隙を与えません。

    これも根拠のない自信がそうさせているのかもしれません。
    【日時】2018年07月29日
    【提供】YAZIUP





    【【依存症】確率悪いのになぜパチンコ依存症になってしまうのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ