NO.7886958
池袋暴走事故 88歳元院長「パーキンソン症候群」の疑い
池袋暴走事故 88歳元院長「パーキンソン症候群」の疑い
東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が手足の震えや筋肉のこわばりが起きる「パーキンソン症候群」に罹患(りかん)していた疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は加齢による身体機能の衰えや認知症など別の病気の有無も調べ、運転操作への影響について詰めの捜査を進めている。
 19日で事故から半年。警視庁は早ければ年内にも自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検する方針。捜査関係者によると、飯塚元院長は片脚の具合が悪く通院していた。パーキンソン症候群と似た症状もあり、医師は「運転は許可できない」と伝えていた。事故後には別の医師が、パーキンソン症候群の疑いがあると判断した。



【日時】2019年10月19日 05:30
【ソース】スポーツニッポン





【【なにがなんでも無罪に導く】池袋暴走事故加害者「パーキンソン症候群」だと⁉】の続きを読む