NO.7608174
れいわ・安冨歩候補が「子どもを守ろう」とだけ演説する理由
れいわ・安冨歩候補が「子どもを守ろう」とだけ演説する理由
◆「女性装」の東大教授がれいわ新選組から立候補

参院選の投開票を7月21日に控え、立候補者の熱い演説が全国各地で始まっている。

その立候補者の中でも際立っているのが、安冨歩(やすとみあゆみ)氏だ。

安冨氏は、比例代表候補としてれいわ新選組から出馬した東京大学東洋文化研究所教授で、「女性装」でも話題を集めた人物。

各地に馬を連れて「子どもを守ろう」と連呼し、楽しく歌いながら有権者ではない子どもたちとも対話を重ねている。

このユニークな選挙活動のスタイルは、昨年7月に埼玉県東松山市長選に出馬した時から一貫している。

しかも、今回の選挙戦では、「当選したら国政調査権を使ってこの国がどう作動しているかを解明したい」としつつも、「選挙期間中はすべての政治課題を判断する基準を『子どもを守れるかどうか』にしようと言いたい」とし、自分に一票を入れてほしいというアピールは一切しない。

その真意はどこにあるのか?

7月5日に新橋駅SL広場で行われた安冨氏の演説を引用しよう。

(注:読みやすくするために文章を再構成・中略をしています。)

◆エリートコースを歩んだ安冨氏、自身は「虐待のサバイバー」..



【日時】2019年07月13日 15:31
【ソース】ハーバー・ビジネス・オンライン
【関連掲示板】








【【要は無策】れいわ・安冨歩候補が「子どもを守ろう」とだけ演説する理由】の続きを読む