泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    峯田和伸


    NO.7380985
    「有村架純のオッパイが一番柔らかい」ゲス告白で峯田和伸に嫉妬
    「有村架純のオッパイが一番柔らかい」ゲス告白で峯田和伸に嫉妬
    ロックバンド『銀杏BOYZ』のボーカルにして最近は役者としての活動も増えている峯田和伸が、女優・有村架純へのセクハラにもなりかねない?ゲスエピソード?を明かした。

    3月31日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に出演した峯田は「ずっと忘れられない有村架純さんとの思い出」として、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』で共演した有村とのエピソードを披露。

    何でも、2人きりのシーンを撮影する合間にゆっくりと話していたところ、遠くからスタッフに声を掛けられたため「じゃ、行きますか」と峯田は有村の方を振り返ったのだという。

    すると、有村もこちらに向かっていたようで、峯田は「肘が架純ちゃんのおっぱいに当たった」と思わぬハプニングがあったことを告白。

    さらに、「そのときに触れてしまった胸が、今までで一番柔らかかったです」「良かったなと思って。ドラマに出れて」と続け、当時を思い出したのかニヤケ顔を浮かべていた。

    ■ 昨年は石原さとみとのキスを堪能
    何ともうらやましいエピソードだが、峯田の棚ぼた体験はこれだけではない。

    昨年夏、主演・石原さとみの相手役を務めた『高嶺の花』(日本テレ..



    【日時】2019年04月06日 07:30
    【ソース】まいじつ





    booking.com



    【【羨ましい】「有村架純のオッパイが一番柔らかい」ゲス告白で峯田和伸に嫉妬】の続きを読む


    NO.6548235
    石原さとみ『高嶺の花』初回2ケタスタートも「セリフ古臭い」と酷評
    石原さとみ『高嶺の花』初回2ケタスタートも「セリフ古臭い」と酷評 
    石原さとみ主演の連続ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)が7月11日に放送を開始し、初回平均視聴率11.1%を記録(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。

    見事2ケタ発進を果たしたものの、ネット上には早くもリタイア宣言が相次いでいる。

    「『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)など数々のヒット作を生み出してきた野島伸司氏が脚本を手がける同ドラマは、華道の名門『月島流』本家の長女・月島もも(石原)と、商店街の自転車店店主・風間直人(銀杏BOYZ・峯田和伸)の“格差恋愛”を描きます」(芸能ライター)

    第1話では、結婚式当日に婚約者・吉池拓真(三浦貴大)と破談して傷心の日々を送っていたももが、自転車の修理に訪れた店で直人と出会う。

    ももは父・市松(小日向文世)から“新たな恋”を促されるなか、商店街の人々と、彼らに愛される直人の優しい人柄に癒やされる……という展開だった。

    「同作が放送される日テレ『水曜ドラマ』枠では今年、1月期の広瀬すず主演『anone』が初回9.2%、4月期の吉高由里子主演『正義のセ』が11.0%発進だったとあって、石原はそれらを上回る成績を刻んだことになります。一方、今期だけでみると7月10日にスタートした綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』(TBS系)初回11.5%には敵いませんでした」(同)

    また、同ドラマは当初から「野島脚本はもう時代遅れではないか?」と懸念され、初回を終えた今、ネット上にはやはり「セリフも世界観も古臭い」「サムい」といった書き込みが寄せられた。

    「メインキャストへの批判もあります。序盤は峯田に対して『石原の相手役に相応しくない』との声が多かったものの、次第にもものキャラクターが明らかになってくると、『想像してたお嬢様と違う』『高飛車でも上品さがあれば良かったのに、ただガサツで下品』『言葉遣いがパリピっぽい』『DQNかな?』などと嫌悪感を示す者が続出。同時に、石原についても『お嬢様に見えない』という指摘が散見されました」(同)

    石原に関しては2016年に主演した『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(同)で「早口になるところが苦手」などと言われていたが、今回も同様の演技を見せているため「似たような役が多いのか、石原が似たような演技しかできないのかわからないけど、もう飽きた」という者も。

    そのおかげか、終盤は「峯田のおっとりした雰囲気と演技、嫌いじゃない」と、峯田が重要な存在に。

    「それでも、峯田については好き嫌いが分かれる中、多くのネットユーザーの心を和ませたのは直人の友人・田村幸平役で登場した袴田吉彦。袴田といえば17年に報じられた“アパ不倫”の印象が定着しており、ネット上では『アパ不倫の人だ!』という食いつきから、『アパの人が真面目に演技してるだけで笑える』と、盛り上がっていました」(同)

    とはいえ、すでに「次はもう見ない」「時間の無駄」などと、継続して視聴しないと書きこんでいる者も多い。

    「これから面白くなるかも」と、まだ希望を捨てずにいる視聴者のためにも、次回に期待したい。
    【日時】2018年07月12日
    【提供】サイゾーウーマン





    booking.com



    【【順調?】石原さとみ『高嶺の花』初回2桁スタートも「セリフ古臭い」と酷評】の続きを読む

    このページのトップヘ