NO.7421643
張本智和、世界ランク157位の韓国選手に敗れ号泣 世界卓球
張本智和、世界ランク157位の韓国選手に敗れ号泣 世界卓球
◆卓球 世界選手権個人戦第5日 ▽男子シングルス4回戦 安宰賢4―2張本智和(25日、ハンガリー・ブダペスト)

男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク8位の丹羽孝希(24)=スヴェンソン=が4―2でプツァル(クロアチア)を下し、2大会連続8強入り。

同種目では日本勢40年ぶりのメダル獲得に王手をかけた。

同4位の張本智和(15)=木下グループ=は2―4で157位の安宰賢(韓国)にまさかの敗戦。

大会史上最年少の15歳でのメダルに届かなかった。

張本は早すぎる終戦にベンチからしばらく動けなかった。

「何も考えられなかった。ただ、信じられない気持ちで」。

最終ゲーム。

苦しめられ続けた相手の投げ上げサーブをフォアハンドで払いにいったが、台から外れ、16強での敗退が決まった。

史上最年少で8強に入った前回大会にも届かず、試合後の取材エリアで今大会にかけた思いを問われると、珍しく号泣した。

日本勢40年ぶりのメダルの重圧か、得意のチキータが精度を欠き、対応力も鳴りを潜めた。

13歳だった前回とは異なり、第4シードとして臨んだ大会。

24日の3回戦は過去2戦2敗のフレイ..



【日時】2019年04月26日 06:10
【ソース】スポーツ報知





【【母国に忖度】張本智和、世界ランク157位の韓国選手に敗れ号泣 世界卓球】の続きを読む