NO.8126797
韓国、0.00000000696ミリシーベルトを問題視する背景
韓国、0.00000000696ミリシーベルトを問題視する背景
2020年の幕開けとともに、韓国による“放射能五輪”キャンペーンが激化している。

1月6日には、韓国で「サイバー外交使節団」を自称する民間団体VANKがソウル・日本大使館建設予定地の壁に貼り出したポスターが物議を醸した。

防護服姿の人物が聖火を掲げて走る絵柄に、「TOKYO 2020」の文字を重ねたデザインだったからだ。

東日本大震災以降、日本が放射能に汚染されていると主張し、世界に印象付けるかのような韓国の活動は、民間だけに限らない。

韓国政府は2011年の福島第1原発の事故を受け、2013年9月から日本の8県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉)のすべての水産物と、14県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、神奈川、長野、埼玉、山梨、静岡、新潟)の農産物のうち27品目を輸入禁止にしている。

日本はこの輸入規制が非科学的であるとして世界貿易機関(WTO)に提訴した。

すでにこれらの県の水産物や農産物から原発由来の放射性物質はほぼ検査機器の測定限界以下にまで下がっているからだが、昨年4月に日本が敗訴するという想定外の事態となった。

あまり知られていないが、韓国の規制は、上記の「輸入禁止..



【日時】2020年01月22日 07:00
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】





【【韓国】0.00000000696ミリシーベルトを問題視する背景は?】の続きを読む