泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    新川優愛


    NO.7837618
    新川優愛の夫のロケバス運転手、チャラ男と発覚
    新川優愛の夫のロケバス運転手、チャラ男と発覚
    ロケバス運転手と結婚した新川優愛。

    芸能人と下請け運転手というドラマのような結婚が話題になっていたが、そのルックスが、オダギリジョー、金子ノブアキを彷彿とさせる、イケメンチャラ男系と話題になっている。

    メインの仕事は、ロケバス運転手より、制作会社の現場責任者ポジション。

    ロケバスドライバーに女優からアプローチという、夢のある話だったが……。

    イケメンという、ガッカリなオチだったようだ。

    【日時】2019年10月01日 11:00
    【提供】激裏情報
    【関連掲示板】







    【【ロケバス運転手】新川優愛の夫がチャラ男だったωωω】の続きを読む


    NO.7385590
    新川優愛がエッチな大失言 とっさの一言に「何を想像したの?」
    新川優愛がエッチな大失言 とっさの一言に「何を想像したの?」
    4月7日放送の『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)に出演した女優の新川優愛が、思わず?やらかし発言?をしたとネットが騒然としている。

    同番組は2016年から改編期のたびに放送されているスペシャル番組。

    毎回スタジオに現役東大生40名を招いて独特の生態に迫っていくのだが、今回は現役の京大生も参加して東西の天才たちが個性をぶつけ合った。

    番組中、両大学の学生が抱える悩みをランキング形式で発表すると、両校とも1位は「モテない」という結果に。

    さらに、スタジオの京大生の1人が「恋愛テクニック本に縛られ過ぎてモテない」という自身の恋愛観を明かし、愛読しているという?奥手男子?向けの恋愛テクニック本を紹介し始めた。

    ■発想が1人だけエッチな方向に!?
    本の表紙にはアニメキャラのようなイラストが描かれており、スタジオは「えぇ〜…」とドン引きする声に包まれる。

    続けて、京大生が「まず女性と話すことができないというファーストステップから…」と早口で力説すると、ゲスト席の陣内智則から「どんなこと書いてあんの?」との質問が飛んできた。

    京大生が「これ本当にいいこと書いてあって、『爪をちゃんと切りましょう..



    【日時】2019年04月09日 19:01
    【ソース】まいじつ







    【【考えすぎ】新川優愛がエッチな大失言 とっさの一言に「何を想像したの?」】の続きを読む


    NO.7122052
    「男に媚び媚び!」放送発表で早くも批判まみれのドラマ2本
    「男に媚び媚び!」放送発表で早くも批判まみれのドラマ2本
    ドラマの設定や演出がネット上で叩かれることも少なくない昨今。

    そんな中、放送前から早くも批判まみれのドラマがある。

    まずは、1月よりスタートすることが発表されたドラマ『ちょうどいいブスのススメ』(日本テレビ系)。

    本作は、お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの同名エッセイ(主婦の友社)が原作で、商社の総務部に勤める3人のイケてない女性が、原作者・山崎演じる?ちょうどいいブスの神様”に導かれ、仕事も恋愛もスマートにこなす「ちょうどいいブス」を目指すというストーリー。

    主演は夏菜で、その他メインキャストとして発表されているのは高橋メアリージュン、小林きな子となっている。

    「ドラマ化発表直後から、『“ちょうどいいブス”とか、男に媚び媚びな言葉に反吐が出る』『男目線だけを意識した、こういう作品はもうやめてほしい』『なんでドラマを見る癒やしの時間に、ブスブス言われなきゃならないんだ』といった批判の声が続出。また、原作者の山崎にも矛先が向けられ、『女芸人として話術があるのに、なんで男社会に媚びるんだろうね』『伊達メガネにイラッとする』といった声も噴出してしまいました」(芸能ライター) 

    メインキャストの夏菜、高橋についても「全然ブスじゃない」「周囲にこの2人いたら、うわさになるレベルの美女」といったコメントが。

    早くも炎上は避けられない雰囲気になっている。

    また、12月27日の放送が発表された特別ドラマ『ブスだってI LOVE YOU』(テレビ朝日系)もネット上で物議を醸している。

    お笑いコンビの尼神インター・誠子と、新川優愛がダブル主演することが発表された本作は、美的感覚が正反対になった世界で、ブスだったはずが絶世の美女扱いされてしまう異色の“シンデレラ”(誠子)と、美女だったはずが突然ブス扱いされてしまうもう1人の主人公(新川)の姿が描かれる。

    「制作が発表されると、ネットユーザーからは『嫌な気持ちになるタイトル』『世の中?顔”って価値観が、いい加減古いことがわからないのかな』『ブスってつけておけば女が見ると思ってんの?』といったコメントが相次ぐことに。さらには、『こういうドラマが容姿差別を助長するんだよ』『だから、いつまでたっても容姿批判する人が減らない』といった指摘も。早くも女性たちを呆れさせています」(同) 

    ドラマのメイン視聴者層である女性を避けては、作品の成功はあり得ないが、良くも悪くも話題になった両作には、どんな結果が待っているのだろうか。
    【日時】2018年12月09日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン





    【【ブスネタ】「男に媚び媚び!」放送発表で早くも批判まみれのドラマ2本】の続きを読む

    このページのトップヘ