NO.7386016
日本の新1万円札「渋沢栄一」 植民地時代の韓国経済収奪を主導
日本の新1万円札「渋沢栄一」 植民地時代の韓国経済収奪を主導
日本が「令和時代」に合わせて発行する新しい紙幣のうち、1万円札の顔となる人物が、日本による植民地時代に韓半島(朝鮮半島)の経済を奪い取った主役だったことが分かり、波紋を呼んでいる。

日本の麻生太郎副総理兼財務相は9日の記者会見で、紙幣の図案を全面的に刷新すると発表し、1万円札には渋沢栄一(1840−1931)の肖像画を採用することを明らかにした。

渋沢栄一は韓国の歴史でもよく知られた人物だ。

日本による植民地時代の1902−04年に大韓帝国で発行された最初の紙幣に渋沢の顔が描かれていたからだ。

渋沢は日本で設立した第一国立銀行を韓半島に進出させ、日本による利権収奪を主導した。

当時、渋沢は第一銀行を大韓帝国の中央銀行にするという野心を抱いていたが、韓国統監だった伊藤博文がこれを阻んだ。

渋沢は代わりに、第一銀行の紙幣に自身の肖像画を入れて恨みを晴らしたのだ。

渋沢は日本では実業家として仰がれた人物だが、韓半島では植民地時代の経済収奪の主役とされている。

渋沢は植民地収奪の柱だった貨幣発行と鉄道敷設の二つの事業を主導した。

京仁鉄道合資会社を設立し、我が国の至る所で資源を収奪して日本に..



【日時】2019年04月09日 21:51
【ソース】朝鮮日報








【【日本が気になる...】日本の新1万円札「渋沢栄一」植民地時代の韓国経済収奪を主導】の続きを読む