NO.7482442
「スロット優先させた」やけどの娘を放置 母親ら初公判
「スロット優先させた」やけどの娘を放置 母親ら初公判
ことし3月、横浜市で重いやけどをした3歳の長女に治療を受けさせないまま放置したとして、保護責任者遺棄の罪に問われている22歳の母親と同居する男の初公判が開かれ、2人は起訴された内容を認めました。

いずれも住所不定・無職の橋本佳歩被告(22)と同居している田中聡被告(21)は、ことし3月、橋本被告の3歳の長女が全身にやけどをしていたのに治療を受けさせず、当時住んでいた自宅アパートに放置したとして、保護責任者遺棄の罪に問われています。

23日、横浜地方裁判所で開かれた初公判で、2人は「間違いありません」と述べて、起訴された内容を認めました。

このあと、検察は冒頭陳述で「長女が食べたものを吐くなどしていたが、病院に連れて行かず放置したままパチンコ店に行った」などと指摘しました。

そして、捜査段階の供述調書を読み上げ、橋本被告が「病院に連れて行くべきだと思ったが、スロットをしたい気持ちを優先させた」と供述していたことを明らかにしました。



【日時】2019年05月23日 15:31
【ソース】NHK





【【依存症】「スロット優先させた」やけどの娘を放置 母親ら初公判】の続きを読む