NO.7377974
嵐、活動休止会見「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外される」
嵐、活動休止会見「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外される」
1月27日、ジャニーズ事務所でトップの人気を誇る嵐が、2020年をもってグループ活動を休止すると発表。

同日、メンバー5人が記者会見を行った際、あるスポーツ紙記者が放った「無責任」という言葉をめぐり、ファンを中心にネットが大炎上した。

その後も当該記者にはバッシングのコメントが相次いでいたが、ついにこの春「ジャニーズの担当を外された」(テレビ局関係者)という。

「“無責任発言”をしたのは、『スポーツニッポン』のA記者。嵐の活動休止発表会見は、基本的に和やかな雰囲気で進んでいましたが、A記者から『無責任じゃないのかという指摘もあるのでは?』との質問が出ると、メンバーの空気が一変。特に櫻井翔は、やや苛立ったような表情を見せ、『我々からの誠意はおよそ2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です』と反論していました。ネット上では『あの記者、嵐のどこを見て無責任だなんて言ってるの?』『ファンはそんなこと思ってないのに、失礼な記者だ!』などと、A記者に批判が飛び交っていましたね」(芸能ライター)

一方で、マスコミ関係者の間では、A記者を擁護する声も出ていたそうだ。

「確かに、『無責任』という言葉のチョイス、また、なぜか半笑いで質問していたのも問題アリですが、あえて答えにくい質問をぶつけて、メンバーの感情を引き出したという点は評価できます。ただ、A記者の発言がきっかけとなり、騒動になってしまったため、ジャニーズ側から『スポニチ』に対して、『強制はしないけど、A記者については、何かしらの対策を取ってほしい』と、要請があったそうです」(前出・関係者)

しかし、肝心のA記者本人に、反省のそぶりは見られなかったとか。

「あるジャニーズタレントに『いまお騒がせしている、Aです』と自己紹介をするほどの“おちゃらけぶり”で、周囲もドン引きしていたそう。結局『スポニチ』側が折れるしかなく、この4月から別の記者がジャニーズ担当となりました」(同)

A記者に代わる「スポニチ」の新ジャニーズ担当は、まだ若手の男性記者だというが……。

「ジャニーズ側は、今後のトラブルを防ぐためにもベテラン記者を付けてほしかったようですが、それはかなわなかった。ジャニーズは基本的に、テレビや雑誌よりスポーツ紙を優先すると言われており、スポーツ紙にだけ、タレント個人やジャニー喜多川社長のインタビューを行わせることが慣例化しているんです。しかし一方『スポニチ』は、ジャニーズよりもバーニングプロダクションとの関係を優先するスタンスなので、ベテランや腕利きの記者はほとんどバーニングやその周辺の担当になっているんです」(同)

「スポニチ」の新ジャニーズ担当記者には、熱心なファンをも満足させる記事を、ぜひ作ってもらいたいものだ。
【日時】2019年04月06日 11:45
【提供】サイゾーウーマン





【【マスゴミ】『嵐』活動休止会見で「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外される」】の続きを読む