泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    能年玲奈


    NO.7325779
    のん(能年玲奈) 下着ブランドモデル!? ランジェリー姿に期待
    のん(能年玲奈) 下着ブランドモデル!? ランジェリー姿に期待
    “のん”こと能年玲奈が、下着ブランドのウンナナクール(une nana cool)の2019年のビジュアルモデルに起用された。

    下着ブランドの広告塔ということは、ランジェリー姿ののんが拝めるのか、と早合点してしまいがちだが、もちろんそんなことはない。

    「ブランドのホームページやインスタグラム、店頭ポスターなどで、すでにビジュアルが展開されていますが、ちゃんと服を着ています(笑)。そもそも、のんはこれまでドラマや映画でかたくなにキスシーンや濡れ場を拒むなど、NG項目が多い女優ですよ。手をつなぐシーンにも難色を示すほどですから、人前で下着になんかなるわけないじゃないですか」(芸能記者)

    今回、のんは、店頭で販売終了となった商品に、さまざまなアイデアで新たな価値を加え、新商品としてかっこよく生まれ変わらせるという同ブランドの新プロジェクト「ウンナナ リサイクール」のアンバサダーにも就任。

    企画に賛同するデザイナーやアーティストとコラボレーションしたアイテムを展開する。

    「“創作あーちすと”を名乗る、のんがいかにも好みそうな意識高い系のプロジェクトですね。そうはいっても、のんとしては女優をやっぱりやりたいはず。視聴率で苦境が続くNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜(ばなし)』の“救世主”として、出演が期待されたのんですが、元所属事務所のレプロエンタテインメントとの和解へ動きだしたものの決裂し、出演は絶望的。しかし、仮に和解して契約問題がクリアになったとしても、今ののんを女優として起用したいテレビ局なんてありますかね。今年26歳になろうかというのに、濡れ場が一切NGなんて使い勝手が悪いでしょう。その上、クリエーター気取りで、変に意識が高いのも始末が悪い」(同)

    女優業がままならないのは、契約トラブルだけでなく、意識高い系だからか。
    【日時】2019年03月13日 12:00
    【提供】日刊サイゾー








    【【能年玲奈】のん、下着ブランドモデルに⁉ ランジェリー姿に期待膨らむ】の続きを読む


    NO.4808264
    能年玲奈 事務所に干され消えた広瀬すずの二の舞いに?
    能年玲奈 事務所に干され消えた広瀬すずの二の舞いに?
    「いまだに事態はどうなるかわからないですね。
    契約自体は6月末で切れますが、契約を更新したとも独立が決まったとも聞かないですからね。
    ここ2週間くらいで動きはありそうですけど、彼女にとってはどちらに転んでも茨の道が待っていそうですよ」(テレビ局関係者)

    所属事務所との契約トラブルに揺れている女優・能年玲奈。

    事の発端は2015年1月、能年が所属事務所に無断で個人事務所を立ち上げたことだった。

    「芸能界では、事務所に所属中に個人事務所を立ち上げるのは基本的に御法度です。
    事務所が認めれば別ですが、それはあくまで“節税”対策としてのものだけです。
    彼女の場合、“独立”を視野に入れていたのがまずかったということです」(芸能事務所関係者)

    実際、能年以外にも一時的に売れたことで独立を企てて干された芸能人は、これまでごまんといる。

    「広瀬すずさんがブレークしたことで、彼女が過去に出演していた『幽かな彼女』(フジテレビ系)という番組が話題になったんです。
    実は、そこでは彼女よりも番手が上で注目されていた女優がいたんです」(同)

    その女優は未来穂香で、エヴァーグリーン・エンタテイメントという芸能界でも屈指の大手事務所に所属していたのだが――。

    「能年さん同様、事務所とモメて契約を打ち切られたそうです。
    彼女の場合は親が出てきて、待遇について文句をつけたのだとか。
    もし、あのままずっと事務所に所属していたら、広瀬さんよりもブレークしていたともっぱらです。
    今は穂香と名前を変えて活動しているようですが、目立った活動はないですね。
    それだけ“独立”とういうのは難しいんです。
    能年さんも早く騒動が収まって、女優活動ができればよいのですが」(ドラマ関係者)

    6月末には、すべてが明らかになりそうだ。
    【日時】2016年06月20日 09:00
    【提供】日刊サイゾー








    【【独立騒動】能年玲奈 事務所に干され消えた広瀬すずの二の舞いに?】の続きを読む


    NO.6558486
    能年玲奈こと"のん"HPから名前削除も…未だに干されているワケ
    能年玲奈こと"のん"HPから名前削除も…未だに干されているワケ
    2016年公開の大ヒットアニメ映画『この世界の片隅に』が、7月15日から連続ドラマ版としてTBS系で放送開始となった。

    ネット上では、アニメ版で主人公・すずの声を担当した能年玲奈こと“のん”のドラマ起用が期待されていたものの、同役には新人の松本穂香が抜てきされた。

    のんは、独立問題で揉めた前所属事務所・レプロエンタテインメントから圧力をかけられ、テレビに出演できないといわれているだけに、今回もその影響とみる向きもあるが……。

    のんは15年頃から所属事務所と対立、その背景には、彼女の芸能活動を支援する“生ゴミ先生”こと滝沢充子氏の存在があるなどと報じられた。

    「ちょうどその頃、のんに関して『洗脳疑惑』や『引退へ』など、バッシングに近い報道が盛んに流れるようになりました。どうやらレプロが親しいマスコミ関係者に、彼女にとって不利となる情報を提供していたようなんです。また、レプロはテレビ局に対しても、のんの起用や過去映像の使用までNGと通達していたそうで、ネットを中心に『のんを干そうとしているレプロは許せない』などと、批判が噴出する事態となりました」(芸能ライター)

    その後、のんは16年7月、“能年”の名前を捨て、新たに芸能活動をスタート。

    世間では、前事務所の手前、本名である「能年玲奈」名義が使用できなくなったから改名したとされ、レプロ側へのバッシングはさらに過熱することとなった。

    「のん名義での活動が始まっても、ずっとレプロのホームページには『能年玲奈』のプロフィールが掲載され続けているという異様な状況でした。しかし今年4月、ようやく名前が消失。批判が相い次ぎ、またトラブル勃発から時間が経過したことにより、レプロも“折れた”ということでしょう。しかし、その後も能年がテレビに映るのはCMばかりで、民放のドラマや情報番組などに関しては、いまだ出演できない状況です」(同)

    しかしこの事態は、ネット上で指摘されているように「レプロの圧力が続いているから」発生したわけではなさそうだ。

    「レプロ側も、以前ほど強行に『のんを使うな』などと言わなくなっており、むしろのんがテレビに起用されないのは、各局が彼女に拒否反応を示しているからだといいます。もちろん、のんとレプロは和解したわけではないので、レプロに忖度している部分もあるでしょうが、それ以上にのんサイドが、以前『BPO(放送倫理・番組向上機構)への申し立て』をチラつかせてきたことが、いまだに尾を引き、問題視されているようです」(テレビ局関係者)

    騒動時、のん側に立った報道を行っていた「週刊文春」(文藝春秋)には、滝沢氏の代理人弁護士やのんの母親がコメントを寄せており、バッシング報道について所見を語っていた。

    「そこで滝沢氏の代理人が、一部テレビ局の報道に対して『誠意ある対応が見られない場合は、BPO(放送倫理・番組向上機構)に対し、「放送による人権侵害の申し立て」を行うことも検討しています』と明言していました。昨今では、一般人がBPOに対して放送への意見や苦情を入れることも珍しくありませんが、芸能関係者による申し立ては“禁じ手”とされています。テレビ局にとって、『何かあった時、BPOに連絡する危険人物』と見なされ、起用を見送られてしまうのです」(同)

    のん側からすれば、「BPO」の名前を出したのは、頼る者がない中で行った“捨て身の反撃”だったかもしれない。

    どこかの局がのんを起用すれば、自然とテレビ復帰できることだろうが、その日はまだ近くはないのが実情のようだ。
    【日時】2018年07月17日
    【提供】サイゾーウーマン





    【【いじめ】能年玲奈こと「のん」HPから名前削除も…未だに干されているワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ