NO.7498276
韓国産ヒラメなど検査強化 政府、輸入規制への対抗措置
韓国産ヒラメなど検査強化 政府、輸入規制への対抗措置
政府が6月1日から韓国から輸入するヒラメのモニタリング検査を強化することが29日、わかった。

特定の国の水産物輸入を規制強化するのは極めて異例。

韓国が東京電力福島第1原発事故後、福島など8県の水産物の輸入規制を続けていることを受けた、事実上の対抗措置となる。

厚生労働省が30日に発表する。

検査を強化する輸入水産物は韓国産ヒラメのほか、生食用冷蔵むき身のアカガイ、タイラギガイ、トリガイ、ウニ。

韓国産ヒラメについては、全輸入量に対するモニタリング検査を現在の20%から40%に引き上げる。

嘔吐(おうと)や下痢をもたらすクドアという寄生虫を原因とする韓国産ヒラメによる日本国内での食中毒が平成27年が8件(患者数62人)、28年が10件(同113人)、29年5件(同47人)、30年が7件(同82人)発生していた。

アカガイ、タイラギガイ、トリガイ、ウニについては、腹痛や発熱をもたらす病原微生物、腸炎ビブリオの検査を現行の10%から20%に引き上げる。

30年に輸入ウニを原因とした腸炎ビブリオによる食中毒が発生しており、同種の食品についても対象にする。

政府は検査を強化す..



【日時】2019年05月30日 05:03
【ソース】産経新聞








【【制裁強化】韓国産ヒラメなど検査強化 政府、輸入規制への対抗措置】の続きを読む