NO.7741988
阪神鳥谷に“引退勧告” 事実上の戦力外で退団へ
阪神鳥谷に“引退勧告” 事実上の戦力外で退団へ
阪神鳥谷敬内野手(38)が事実上の戦力外通告を受けたことが29日、球団関係者の話で明らかになった。

この日までに球団から“引退勧告”を受け、今季限りでの退団が決定的となった。

生え抜きスターとして16年目を迎えた今季は出場機会が激減する中、本来の打棒を発揮できずにいる。

他球団移籍の道を模索するのか、現役引退を選ぶのか。今後、背番号1の決断が注目される。 

鳥谷が、今季限りで縦じまユニホームを脱ぐ。球団関係者の話を総合すると、この日までに球団から“引退勧告”を受けた模様。

今後、球団が方針を変更するとは考えにくく、19年限りでの退団が決定的となった。

虎16年目を迎えた今季は出場機会が激減し、代打中心の出番が続く中、打率は2割8厘。

25日の敵地ヤクルト戦後には「自分もこれが最後(の神宮)になるかもしれないので…」と意味深な発言を残し、その去就が注目されていた。

今季は5年契約の最終年だった。開幕前には「年齢的にも立場的にも、より強く進退を考えないといけないタイミングに来ている」と並々ならぬ決意でシーズンに臨んでいた。



【日時】2019年08月30日 02:30
【ソース】日刊スポーツ
【関連掲示板】





【【悲報】阪神鳥谷選手に“引退勧告” 事実上の戦力外で退団へ】の続きを読む