NO.7419888
「NHKから国民を守る党」26人が当選 ここまで大きくなるとは…
「NHKから国民を守る党」26人が当選 ここまで大きくなるとは…
マック赤坂氏や新左翼「中核派」の活動家・洞口朋子氏、そしてインドから帰化したよぎ氏が当選するなど、様々な候補者が話題を呼んだ統一地方選。

中でも注目を集めるのが「NHKから国民を守る党」だ。
 
政党としての主張は明快だ。

代表を務める元NHK職員の立花孝志・葛飾区議の『NHKをぶっ壊す!』というオリジナルソングにもある通り、2013年の発足以来、痛烈なNHK批判を行ってきた。

今回の統一地方選では東京23区や関西を中心に26人が当選、所属議員が13人から39人に急拡大。

中には難病の全身性エリテマトーデスと闘う現役アイドルの夏目亜季氏、NHKの"お膝元"渋谷区から出馬した金子快之氏、さらにダブルで当選した二瓶文徳氏と二瓶文隆氏の親子も含まれる。

そこで23日放送のAbemaTV『AbemaPrime』は立花代表を招き、躍進の理由や活動について話を聞いた。

■「"NHKをぶっ壊す"のポーズはインスタ映えする」
街頭演説では「NHKに金を払わない、受信料を払わない人を応援する。

言い方を変えると受信料を踏み倒す人を応援する」と主張していた立花氏。

「私は14年前にNHKの不正を内部告発し辞めて以来、ずっとNHK問題..



【日時】2019年04月24日 15:30
【ソース】AbemaTIMES





【【躍進】「NHKから国民を守る党」26人が当選 ここまで大きくなるとは…】の続きを読む