泉湧く珠玉の情報

泉湧く珠玉の情報は、Twitter, 2ch, NAVERなどからトレンドの高い情報をいち早くお届けするブログです。 政治、時事、芸能ゴシップからどうでもいい話までたくさんお届けします。



    WTO


    NO.7776446
    韓国政府、日本の輸出規制をWTOに提訴
    韓国政府、日本の輸出規制をWTOに提訴
    韓国政府が日本の輸出制限措置を世界貿易機関(WTO)に提訴する。

    ユ・ミョンヒ通商交渉本部長は11日、政府ソウル庁舎で会見を開き「日本の輸出制限措置は韓国の最高裁判所の強制徴用判決と関連した政治的な動機でおこなわれたもの」とし、「韓国を直接狙った差別的な措置」と述べた。WTO提訴手続きは、日本との協議を要請する書簡を日本政府とWTO事務局に伝達することで開催される。ユン本部長は「日本は何の事前予告や通知なく措置を発表した後、3日で電撃的に施行することで、隣国に最小限の配慮も見せていないのはもちろん、手続き的な正当性も無視した」と指摘した。

    万一、韓国側が要請する二国間協議を通じて、問題が解決されない場合、政府はWTOに紛争処理小委員会(パネル)の設置を要請し、本格的な紛争解決手続きを進める計画だ。
    【日時】2019年09月11日 11:19
    【提供】WoW!Korea





    【【無駄な足掻き】韓国政府、日本の輸出規制をWTOに提訴】の続きを読む


    NO.7639884
    日本、韓国代表団「1対1協議」も拒絶…仲裁期待米国は沈黙
    日本、韓国代表団「1対1協議」も拒絶…仲裁期待米国は沈黙
    日本の韓国に対する輸出規制強化措置が世界貿易機関(WTO)体制に反するかどうかについての韓国と日本の世論戦が24日(以下、現地時間)、スイス・ジュネーブで開かれたWTO一般理事会で繰り広げられた。

    当初、23日に該当の案件が議論されるだろうとみられていたが、他の案件に対する議論が長引き、一日順延となった。

    韓国産業通商資源部や日本NHKなどによると、韓国は今回の日本の措置が政治的動機からもたらされた「貿易報復」というところに焦点を合わせた。

    韓国大法院の強制徴用被害者賠償判決によるもので、WTO規範を違反するという点を公論化した。

    また、日本が輸出規制強化の根拠に挙げた韓国の「キャッチオール規制」などの戦略物資管理問題も韓国のほうがさらに強力に施行中であることを強調した。

    政府首席代表として出席した金勝鎬(キム・スンホ)新通商秩序戦略室長は「自由貿易体制の最も大きな恩恵国であり、G20議長国として自由・公正貿易を強調した日本が、たった1カ月でこれとは正反対となる措置を、韓国だけを特定して取ったもの」としながら「日本の措置は韓国の核心産業である半導体産業を意図的に狙っているが..



    【日時】2019年07月25日 07:45
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】





    【【非韓三原則】日本、韓国代表団との「1対1協議」要求も無視…仲裁期待米国は沈黙】の続きを読む


    NO.7424365
    WTO会合で日本敗訴に疑問の声「紛争処理制度に問題」
    WTO会合で日本敗訴に疑問の声「紛争処理制度に問題」
    韓国による日本産水産物の輸入規制を巡り、世界貿易機関(WTO)の紛争処理の「最終審」に当たる上級委員会が日本の主張を退けたことについて、WTOで26日開かれた会合では、各国から「これでは紛争の解決にならない」と疑問視する声が相次いだ。

    WTOの紛争処理制度の問題点を指摘する意見も多く出た。

    通商筋によると、会合で「第三国」として意見を表明したのは、米国、欧州連合(EU)、カナダ、中国、ブラジルなど10カ国・地域。

    米国は「一審」の紛争処理小委員会が日本の言い分をおおむね認めたのに、上級委で逆転敗訴となったことへの疑念を示した。



    【日時】2019年04月27日 11:51
    【ソース】共同通信
    【関連掲示板】








    【【枕営業】WTO会合で日本敗訴に世界各国から疑問の声「紛争処理制度に問題」】の続きを読む


    NO.7424365
    WTO会合で日本敗訴に疑問の声「紛争処理制度に問題」
    WTO会合で日本敗訴に疑問の声「紛争処理制度に問題」
    韓国による日本産水産物の輸入規制を巡り、世界貿易機関(WTO)の紛争処理の「最終審」に当たる上級委員会が日本の主張を退けたことについて、WTOで26日開かれた会合では、各国から「これでは紛争の解決にならない」と疑問視する声が相次いだ。

    WTOの紛争処理制度の問題点を指摘する意見も多く出た。

    通商筋によると、会合で「第三国」として意見を表明したのは、米国、欧州連合(EU)、カナダ、中国、ブラジルなど10カ国・地域。

    米国は「一審」の紛争処理小委員会が日本の言い分をおおむね認めたのに、上級委で逆転敗訴となったことへの疑念を示した。



    【日時】2019年04月27日 11:51
    【ソース】共同通信
    【関連掲示板】








    【【世界から疎まれる韓国】WTO会合で日本敗訴に疑問の声「紛争処理制度に問題」】の続きを読む


    NO.7390583
    日本、韓国に事実上敗訴 原発事故で8県水産物規制
    日本、韓国に事実上敗訴 原発事故で8県水産物規制
    世界貿易機関(WTO)の紛争処理の「2審」に当たる上級委員会は11日、韓国による福島など8県産の水産物輸入禁止措置を不当とした「1審」の紛争処理小委員会(パネル)の判断を破棄した。

    日本は事実上、敗訴となった。 

    パネルは昨年2月、禁輸を「不当な差別だ」とする日本勝訴の判断を示した。

    今回はこの1審判断を覆したことになる。

    WTOの紛争処理は2審制のため「最終審」の判断となる。

    韓国は、東京電力福島第1原発事故を理由として2013年に青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県で水揚げ・加工された全水産物の輸入を禁止。

    日本は科学的根拠がないとしてWTOに提訴した。

    パネルは、水産物の禁輸についてWTOの検疫関連協定に反して「必要以上に貿易制限的」とし、ブリやサンマなど計28魚種の解除を促した。

    これに対し、韓国政府は「食の安全の重要性などを考慮した場合、パネルの判断には問題がある」として上訴した。



    【日時】2019年04月12日 08:03
    【ソース】SankeiBiz





    【【枕営業】日本、韓国に事実上敗訴 原発事故で8県水産物規制⇒風評被害懸念】の続きを読む

    このページのトップヘ